パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 2018年バブーカレンダーの在庫は
  • 残り少なくなっております。
  • ご希望の方はお早めに「ぼわっと」店舗
  • もしくは「ぼわっと」HPから通販をご利用ください
  •    
  • 大阪・阪急うめだ フランス展に2018年も参加します
  • 3月7日(水)から13日(火)
  • 詳しくはまたお知らせします
  • みなさんどうぞお楽しみに!
  •    

タグ:レストラン ( 62 ) タグの人気記事

串揚げっ!!

c0024345_11585584.jpg



ブログを読んだら応援クリックも忘れずに!

今日のバブー家の晩御飯♪
・・・だったらいいのだけど・・・。
串揚げちゃん。
日本で連れて行ってもらったお店の回顧録なのでした。
c0024345_11592790.jpg

日本家屋の中がお店になっていて、1階は立ち飲み、2階はカウンターと少しの席(2階は要予約)。
社会人になって「立ち飲み」を体験してから数年。
日本に帰るたびに、女の子だけでもOKなおしゃれな「立ち飲み」のお店がすごく増えているのでとっても楽しい。
c0024345_115940100.jpg

昔は「立ち飲み・・・おやぢっぽ~い。」なんて思っていたけれど、ピッカピカに磨き上げられたきれいな厨房を目の前に、揚げたてをカウンター越しに出してもらえるなんて最高♪
ありがたいことに、パリでは大抵のものは食べる事が出来るのだが。
当然のことながら日本でいただくのとは値段もおいしさも段違い。
黒板にずら~っと書かれたメニュー、迷うほどあります(この写真に写っているのはごく一部)。
c0024345_11594929.jpg

この日も新たな立ち飲み屋さんに出会う事が出来て♪
そういえば、ブログにアップするのが遅くなってしまったけれど・・・。
「パリときどきバブーを見たっ!」と言うと、飲み物1杯サービスしてくれるそうなので、ぜひ試してみてください♪
「じゃあ、ドンペリお願いします♪」と言ったら「それだけは勘弁してください」と言われましたが・・・(笑)。
誰か「ドンペリ」リクエストしてみてください?!
c0024345_11595997.jpg

◆A Alley(エーアレイ)
港区西麻布2-25-14 バルビゾン53
Tel : 03-6419-8181
18:00~翌5:00(L.O)
「パリときどきバブー」を見た方にはドリンク1杯サービス★
c0024345_1211550.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです
by tonomariko | 2007-05-09 12:51 | バブー家の食卓 | Comments(2)

準備はもうこりごり?!

c0024345_7501265.jpg



毎日応援クリックが励みになります★

日本の結婚式でもフランスの結婚式でも共通して花嫁さんとおしゃべりをしていて耳にすること。
それは結婚式やお食事会にまつわる細かい決めごとをするさいの彼との大げんか。
「もう二度とやりたくないっ!これは1回で十分です。」
って、みんな口を揃えて言います。
c0024345_7504452.jpg

残念ながら、わたしはまだ経験したことがないことだけれども(笑)。
どうやら会場決めはもちろん、招待状うんぬん、ランチやディナーでの飲み物&食べ物うんぬん、結婚式後の小さなおみやげうんぬん、上映ビデオうんぬん・・・などなど。
たくさんのたくさんの決めごとをしなくてはいけない過程で大げんかが勃発するらしい。
c0024345_751113.jpg

それでも日本の結婚式は1から10まで業者がわがままを聞いてくれ、至れり尽くせりのためまだまだいいみたい。
アットホームでかなり手作り感のあるフランスの結婚式では、何から何まで張本人の花嫁さん&花婿さんが準備しなくてはいけない。
1から10まで、式の当日までバタバタするものだから、2人とも憔悴しきっている(笑)。
c0024345_7513772.jpg

なんだかんだいって、もちろん当日はとってもとっても幸せそうで楽しそうな2人だけれど。
「結婚式の準備」にまつわる話をするときだけは、なんだかピリピリしたムードが漂いはじめる。
「もう絶対にあれだけはしたくないっ!!」なんて断言されるたびに、「そんなに大変なのねえ。。。」と考えてしまう。
でもでも。手作りのテーブルコーディネート、手作りのメニュー表、手作りの会場、手作りのプチプレゼントetc...を目にするたびに、そんな2人の大げんかの思い出が詰まっている記念の重みが増すような気がして、ああやっぱりいいなあ。。。
c0024345_7522346.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-03-30 08:13 | フランスの結婚式/ウェディング | Comments(8)

生パスタと看板娘

c0024345_13373410.jpg




パリときどきバブーを応援…


東京滞在でかわいいかわいいバブー君を忘れ?!わたしがしてしまった浮気相手はペコちゃん♪
トイプードルのペコちゃんは、人のお家の犬もこんなにかわいいと思ってしまうことがあるのだ・・・とほれぼれしてしまったほどかわいい。
日本に住んでいたら毎日バブーと一緒にお見合いを申し込みにいくのになあ。。。
c0024345_13381178.jpg

このペコちゃん家は笹塚にある生パスタ屋さん。
去年、犬と一緒にフランス旅行をするにあたってメールをいただいたのがきかっけでお友達になった一家。
私も今回の東京滞在、最後の日の夜、ついに念願かなって看板娘ペコちゃんが待つお店へ。
c0024345_1340494.jpgちょっと約束より早くお店に到着したために、生パスタを作る過程を拝見。
生パスタというからには手作りだとは分かっていたけれど、まさかまさか、こんなにひとつひとつのパスタを作って行くなんて想像もしていなかったので、その手のこみようにびっくり!!
c0024345_13411211.jpgリボン型のパスタも、ペンネもみんな、ひとつひとつ丁寧に切ってはギュッとりボンにして、切ってはクルクルっと巻いて・・・。
とにかく気の遠くなるような作業に、見ているだけの私が本当に気が遠くなりました・・・。
「ただのパスタ」という言い方はとても悪いけれど、何でも簡単に買えてしまうありがたい環境にいる今、パスタだっていつもスーパーで箱をポンポンかごに入れるだけ。
「パスタちゃん♪」と感謝の気持ちを持ちながらかごに入れていくことはなかった気がする。
パスタにこんなに敬意を払ったのは初めて・・・。
c0024345_13384285.jpg

今度からイタリア総菜屋さんで生パスタを見かけるたびに、パスタを口にするたびに感謝の気持ちがもてそうで、ペコちゃん一家にとっても感謝感謝なのです・・・。
(スーパーの乾麺にだって愛情が持てそうだな♪)
愛情込められて作られていったパスタたちは、黄金色に光輝いていて、注文を心待ちにしているようでした。
と、そんなパスタを見ていたら、もうお腹がグーグー。
c0024345_13415246.jpg

私が選んだのは「ホタルイカのパスタ」。
前菜と飲み物のついたセットをいただいて。
カウンターのかごの中からペコちゃんにじーっと見つめられながら、おいしいおいしいパスタをいただきました♪
本場イタリアで修行していたご主人の本格生パスタ、ぜひお試しあれ♪
もちろん看板娘ペコちゃんに会いに行くもよしっ。
◆Mi piace(ミ・ピアーチェ) 
京王線笹塚駅前(改札出てすぐ左)  11:30~21:00(日休)
c0024345_13421473.jpg




↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2007-03-25 14:18 | パリの食 | Comments(8)

冷や汁の不思議

c0024345_23202696.jpg



ブログ楽しんでいただけたら・・・

日本に到着したその日から、夕食を食べてから電気街などに繰り出したりして、最初から気合いを入れた。
絶対に時間が足りないような気がして。
結局ぜんぜん時間は足りなかったのだけれども。
それでも帰ってきた日は遠い昔のような気がするほどギューギュー東京滞在。
でもそんな合間をぬって懐かしい顔に再会♪
c0024345_23204783.jpg

「何が食べたい??」
「和食♪」
このピースの人が連れて行ってくれたのは、宮崎家庭料理風居酒屋。
1日目に幸運にもスケジュールが空いていたKIKIちゃんと再会。
パリで遊んで、東京で会って、パリで再会して、東京で飲んで・・・。
お互いに行ったり来たり。
c0024345_23211711.jpg

誰よりもすごいペースで会っているんじゃないかしら?!
パリでも東京でも変わらぬ、「ものすごい勢いで食べ飲む」という「おやぢ飲み」だけど、再会の地としては超インターナショナルだわ♪
焼酎片手に話しても話しても尽きないおしゃべりタイム。
「もうそろそろ終電なくなるかな♪」なんて時計を見ると、気づけばすでに夜中の3時半・・・。
c0024345_2321344.jpg

一般ピープルな私はいいけれど、KIKIちゃんったら次の日の朝から撮影だと・・・あら、大変。
相当酔っぱらっているモデルちゃんを見送って、いやいや一体どうなったかなあ。。。なんて気になっていたら、次の日着物の撮影で大変なことになってしまったKIKiちゃんからメールが入った。
でも冷や汁おいしかったからごめんなさい許して。
楽しかったから許して。
それにしても宮崎料理の冷や汁って、どうして「冷や汁」なのかしら。
気になるからルーツをさぐってみよう!!
c0024345_23215433.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-03-20 23:48 | 私のパリ生活 | Comments(6)
c0024345_2364064.jpg



ポルトガルの旅を楽しめたら・・・

「パリときどきバブー」ではなくなって、すっかり「ポルトガルときどきバブー」になってしまっている。
それだけポルトガルが気に入った。
お天気に恵まれたせいもすごく大きいと思うけれど。
c0024345_236503.jpg

何よりもおいしくて安いんだもん。
それがのん兵衛食いしん坊にはたまらない。
外食なんてちょっとした覚悟の上のパリ。
ポルトガルでは値段を見ないでオーダーしまくっても、パリに比べたらお安い♪
c0024345_237842.jpg

シントラ(Sintra)の街のお昼ご飯。
小さい町だけれど完全なる観光地になっているので地元っぽいレストランを探すのがちょっと大変。
そこで食いしん坊隊はやさしい地元のお兄さんにアドバイスをもらう作戦に。
にぎやかな通りの裏手にあたる小さな食堂。
c0024345_2371925.jpg

小さな店内には、一軒家の庭にパラソルと一緒に置いてありそうな、ガタガタいう簡素なテーブルに折りたたみイス。
テレビでサッカーの試合を見ながらおじちゃんとおばちゃんとその家族が切り盛りしている小さなお店。
厨房からは食器のガチャガチャ洗い物の音とおばちゃんたちのおしゃべり。
これぞ「The・食堂」という懐かしい感じのお店でもやっぱり、大盛りの魚料理&野菜をいただいた。
c0024345_2373551.jpg

英語すら通じているのかあやしい感じだけれども、気さくなご主人とおばちゃんは、お店を出るときまでポルトガルで陽気であたたかい会話を投げかけてくれた♪
さて、デザートはどのガイドブックにも書いてある、シントラの名物お菓子「ケイジャーダ&トラヴセロ」。
小さな丸いお菓子がケイジャーダ。
チーズを使ったお菓子で横綱級だと書いてある。
細長い方がトラヴセロ。
グラニュー糖をまぶしたサクサクほろほろくずれるパイの中には、卵黄でできたようなほんのり甘いクリームが。
c0024345_2374757.jpg

なんといってもこの丸いチーズのお菓子の方が名物らしいのだが、私たちの中ではちょっとこちらは微妙・・・。
あまり味がしない上に、まわりの皮の部分がなんと表現していいか。
「弾力ある生春巻きの皮を長時間外に放置してしまってバリバリになりかけている状態」?!
そんなわけで私たちはパイの方がお気に入り。
いずれにせよガイドブックに載っている名物は全部トライしたい私。
これでシントラの名物も制覇だっ♪
c0024345_238027.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-03-05 03:00 | ポルトガルの旅 | Comments(2)

アルデンテは運次第?!

c0024345_9365444.jpg

牛肉のおいしいおいしいカルパッチョ。

 お腹がぐーっと鳴ってしまったら・・・ここから応援クリック!!

コショウとオリーブオイルをかけ、薄切りカルパッチョの中にちょこっと苦いロケット(ルッコラ)とパルメザンチーズを巻いてパクッといただく。
なんて話とともに、今日はえらくまじめなことを書いて送信しようとしたのに、間違ったボタンを押して、書いたことが全部消えた。
c0024345_937867.jpg

今まで何度かあることだが、ほんとガックリくる・・・。
しかもいつになくまじめに長い文章を書いていたのに、なぜそんなときに限って
こういうことが起こるの・・・(泣)。
そんなわけで消えた文章はさよなら。
いつかまたまじめに書こう(笑)。
c0024345_9372720.jpg

パリでおいしいイタリアンを見つけるのは至難の業。
ほとんどが学校の給食を思い出してしまうような「のびのびノビタ君パスタ」になってしまっていて、アルデンテなど程遠い。
だからおいしいイタリアンに出会うとうれしくなる。
とはいえ同じレストランでもその日の料理人によって、アルデンテ具合も違ったり
することが多いので運も必要なのだが・・・。
c0024345_9374098.jpg

ところでイタリアンに行ったら、ティラミスとパンナコッタ、どっち派?!
私はいつもはパンナコッタ。
牛乳プリンを愛する私にとって、あんなプルンプルンで幸せなものない(笑)。
ここではパンナコッタを裏切って、連れてきていただいた方の極上のすすめだという「ティラミス」を選択。
「お腹いっぱいだ・・・」とぼやきながら、いつものごとくやっぱりデザートは別腹だ・・・。
c0024345_9375464.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2006-12-13 09:50 | パリの食 | Comments(10)
c0024345_14111135.jpg

最高のワインバーでうれしい再会を・・・。

 おいしい香りが届いたらここから応援クリック!!

ブログには絵柄的に美しいものを載せることがどうしても多くなるので、毎日おいしそうなものたちばかりに囲まれているように見えるようです(笑)。
でも昔の写真を引っ張り出したり、撮りダメされているのを引っ張り出したりしてるので、普段はふっくら炊きたてごはんとつくだ煮なんかを楽しんでいるわたし♪
飲み物はもちろん日本茶♪
c0024345_14112165.jpg

外食の高いパリではおいしいビストロ料理はちょっと特別。
毎日こんなことをしていたらあっという間に破産!(泣)してしまうので、ほとんどがパリへ遊びに来てくれた友人や家族たちがいる時や、特別なイベントの時のみ。
だからおいしいビストロでおいしいお料理たちをいただいているときは、おいしさにプラスして友人達と楽しい時間を過ごしていることがほとんど。
c0024345_14113038.jpg

この日はうれしい再会。幼なじみKIKIちゃんとおいしいひと時。
この夏、KIKIちゃん3ヶ月のパリ滞在で10年ぶりに再会し夏をすごした私たち。
「東京に帰るときには大量のチーズとワインを持っていくからっ!!」という約束を9月に果たし、「きのこの季節になったら絶対にパリに戻って来てねっ!!」という約束を11月に果たしてくれた彼女。
忙しい仕事の合間をぬって半ば無理やり?!経由地をパリにしてくれてありがとう!
c0024345_14114524.jpg

「コースで頼んで食べれるかなあ・・・???」
なんて愚問?!
食いしん坊すぎる私たち、(パリのスイーツ!よく食べよく笑え!・・・参照)食べれないはずがないじゃない・・・と思いつつ、一応「食べれるかなあ・・・」なんてお互い口にしてみる(笑)。
前菜は“温かいヤギのチーズクリームがけ”と“自家製田舎風パテ”。
(このヤギのチーズの前菜大ヒット!もともとヤギチーズなんて匂いだけでもダメだった私なのに、おいしくいただけるのは何よりもフレッシュなヤギチーズが食べられるフランスならではなのかもしれない。)
c0024345_14121155.jpg

メインはサーモンステーキ。
ワインバーということもあって色々な赤ワインを楽しんでいた私たちはデザートにも“今日のチーズ”を選択。
なんと一人ひとつ?!丸ごと出てきたフレッシュチーズは、チーズというよりも濃厚なレアチーズケーキ。
いちぢくの甘煮を添えていただくと、本当にケーキのようなデザートに大変身。
よくばりな私たちはチョコレートケーキまで食べる?!
初日の夜からこれで大丈夫なのか?!
私と一緒だと食べすぎるって事務所の社長のブラックリストに載ってたらどうしよう・・・(泣)。いや、もう載ってる?!
c0024345_14122242.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2006-12-02 14:46 | パリの食 | Comments(9)

結婚式のフルコース

c0024345_9353530.jpg

とある結婚式の食事のフルコース(写真だけ・・・もう1度いただきたいなぁ・・・)。

 毎日ブログ楽しんでいただけたらここから応援クリック!!

2人の手作りのネームカードにメニュー表。
結婚式の中で細かい部分だが、2人の手によって作られたり選ばれたりしている小物達を見るのも、毎回の楽しみ。
c0024345_212376.jpg

ところどこころに日本の和紙を使ってあったり、小さな日本のお菓子をプレゼントに用意してあったり。
異国で目にすると、この「和」な部分がなんともいえなく素敵。
さて、この日はフランスの海に程近い街で行われた結婚式。
c0024345_2121499.jpg

小さな街の地元客でにぎわう大人気のレストランは、海の幸がいっぱいの見た目にも美しいお料理たちだった。
前菜の前に出てくる前菜?!まで貝のオードブルで、今見ても思わずごくん・・・。
c0024345_2122737.jpg

ホタテのサラダ↑だけでもかなりボリュームたっぷりで、この時点で結構お腹がいっぱいになりかけてしまったものの、その後も出てくるもの出てくるもの全て美しくおいしくて、結局ぺろりとたいらげてしまった・・・。
c0024345_2123950.jpg

そのまま食べてもおいしいメインのお魚には、数え切れないほどの魚や蟹ミソなどで作った特製ソースをかけて、濃厚なおいしさ!!
メインのお肉は鴨。
「3人分はあるね・・・。」と花嫁さんのご家族と一瞬固まりつつ、やっぱりおいしくてペロリ。
鴨に添えてあるのはなんとフォアグラ。
フォアグラ様がメインでないなんて、なんて贅沢な・・・。
c0024345_2125158.jpg

デザートのケーキは厨房のシェフたちが結婚式の2人のために特別に作った、トロピカルなフルーツたっぷりの爽やかなケーキ。
「さすがにこれは無理だわ・・・。」と思っていたのに、おいしくてやっぱりペロリと食べてしまった・・・。
海の幸たっぷりで日本人にとっても本当においしいレストラン。
いつか個人的にも行ってみたいなあ・・・と思う小さな街のレストランでした。
c0024345_213486.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2006-11-27 02:32 | フランスの結婚式/ウェディング | Comments(8)

おいしいカフェ開拓

c0024345_849552.jpg

行っても行っても行ききれない数のパリのカフェ。

 パリの空気ちょこっと楽しんでいただけたらここから応援クリック!!

ついつい一度気に入ると同じものばかりの「ばっかり人」の私。
家では一度凝りだすと同じメニューばかり登場するし、カフェやレストランも気に入ると同じところへ足を運んでしまう・・・。
c0024345_8502145.jpg

そこで、最近は意識して行った事のないお店にチャレンジしている♪
寒い寒い撮影が終わって、ホットワインを求めてカフェ開拓。
この日は「テラスにポカポカ暖房が備え付けてあって、雰囲気がよくて、小腹を満たしてくれるメニューがあって、ホットワインがあること」という条件を元にカフェを求めてフラフラ・・・。
c0024345_8503354.jpg

食いしん坊女子2人で決定したカフェは条件どおり♪
田舎パンのトーストのクロックムッシューシリーズ。
トッピングはメニューに色々。
c0024345_8504552.jpg

私達は「トマトとモッツァレラチーズとツナ」&「ハムとチーズとじゃがいも」を選択。
空腹に熱々ホットワインでかなりいい気分になりながら、あったかいカフェのテラスでトロトロとろけるクロックムッシュートーストを食べて、疲れはふきとんだっ。
かなりこのメニュー、気に入ったけれど、新しいカフェ開拓の目標を掲げているのでしばらくは来れない・・・。
しばしの間、さようなら・・・。ダンディーズカフェさん。
c0024345_85058100.jpg



↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2006-11-14 09:04 | パリの食 | Comments(8)

レバノン料理

c0024345_2314267.jpg

ヒヨコ豆のペースト、タラマ、ゴマのペースト、オリーブとにんにくのペースト・・・。
選びきれないほどのペースト。
何度か登場済みの、簡単にテイクアウトできるサンドイッチ、ファラフェル。
ピタパンに、ヒヨコ豆のペースト、ヒヨコ豆のコロッケ、揚げナスにたっぷりの野菜たちを挟み特製ソースを・・・というボリューム満点のおいしいファーストフード。
c0024345_231578.jpg

ファラフェル屋さんが何軒もひしめきあうマレ地区。
いつもはテイクアウトで歩きながらファラフェルサンドをいただくが、ゆっくり座りたいときはお店の奥でゆっくり数え切れないほどのペーストを楽しむ。
一体何のペーストなのか、一体何の惣菜なのか、さっぱり分からないレバノン料理のペースト&惣菜たち。
c0024345_2321253.jpg

何種類のペーストや惣菜を選ぶかでお値段が変わるのだが、「2人用で10種類」などお得なのを選ぶと色々楽しめる♪
メニューを見てもまず何を意味するのか分からないのでお兄さんと一緒にショーウィンドーについていき、目で選ぶ。
ほとんど勘。
でもたいていどれをとってもとってもおいしい!
c0024345_2322612.jpg

焼きたてのピタパンに塗りながら、挟みながら、みんなでワイワイ楽しめるレバノン料理。
食後には、あま~い甘いお菓子たちが山ほど待っているのだが、大体ピタパンとペーストたちでお腹いっぱいになって行き着かない・・・。
お値段も手ごろで気軽に楽しめるレバノン料理。
4人くらいで行って出来る限り多種類のペースト&惣菜をちょこっとずついただくのが飽きなくて最後まで楽しめるのでおすすめ!
c0024345_2324287.jpg



↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2006-10-30 03:01 | パリの食 | Comments(0)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.