パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 夏から秋にかけても「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • アトレ恵比寿 有隣堂内「ぼわっと」コーナー
  • 8月24日(金)から9月13日(木)まで
  •    
  • シャポー船橋 期間限定「ぼわっと」ショップ
  • 9月18日(月)から10月1日(月)まで
  •      
  • 熊本 鶴屋フランスフェア
  • 10月17日(水)から10月23日(火)まで

タグ:さんぽ ( 583 ) タグの人気記事

黄金に輝く秋色のパリ



パリはずいぶん日が短くなりました。
朝も起きても真っ暗なのでイマイチ体がすぐ目覚めず。
これからどんどん朝がやってくるのが遅くなると思うとちょっと恐ろしい。
今はまだ子供達の登校時間には明るくなっているからいいけれど、真冬は真っ暗な中登校しなくては行けないパリの子供達。


見かけるたびにかなりかわいそうだと思っていたけれど。
我が家も毎日プチモンスターの保育園の送り迎えでついに実際に体験するのだ・・・。
人間って太陽の光を浴びると「朝だ!」って体が目覚めるのだなあと感じます。



c0024345_16354754.jpg


この間、仕事と仕事の間、メトロで移動するにはちょっと早すぎるし。
一度家に帰るには時間が足りないし。
ということがあったので4kmくらいひたすらセーヌ川沿いを歩いて移動することに。
久しぶりにゆっくりと美しいセーヌ川沿いの景色を堪能しました。
今のパリは秋色の葉っぱの輝きも見事。



c0024345_16354750.jpg



せわしなくメトロに駆け込んでしまいがちだけど、たまには歩いてパリの美しさを再認識しなくては。
と思った1日。
「秋」という季節はとても短く、あっという間にやってくる「冬」。
束の間の黄金に輝くパリをさんぽしよう♪



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-11-08 16:49 | パリの公園 | Comments(0)

夕暮れのルーブル美術館



ルーブル美術館のつづきです。
世界一の芸術の町といっても過言ではないパリに暮らしているのに、どうも美術品などへの苦手意識がぬぐえないダメダメな私。
世界史が苦手だからなのか。
そもそもこういう美術館とかに興味を持てなかったから世界史が苦手になったのか・・・。
いまや真相はわからないけれど、少しずつだっていいのかな。
こういうことに遅すぎるとかはないのかな。
と最近は苦手なりに足を運ぶようにしています。



せっかくこんな近くにいるんだから。
ちょこっと短い時間にお散歩を楽しめばいいのだと。
夜まで開いている曜日にふらっと立ち寄ったり。



c0024345_19330475.jpg


特にやっぱり子供が生まれてからは、小さい頃からたくさんのものを見て、聞いて、触って、感じて。
あらゆる世界に触れていくことってきっと大切なんだろうなと思うので。
一緒に連れて行ったりしています。



c0024345_19330403.jpg


観光には必須の有名どころはあえて素通りしちゃったり。
いつもは見上げていないところで天井画の美しさを発見したり。

ちなみに、昨日登場した豪華絢爛な「ナポレオン3世の居室」は、ほとんど人がいかないところなのですが、バブー家の旦那様がルーブル美術館の中で実はいちばん好きな場所だということで。
私も自分のお気に入りのコーナーを探してみようかなと。



c0024345_19325834.jpg


ルーブル美術館以外にも、あちこち。
パリで暮らして15年目。
なんだか全部が当たり前になってきてしまったから。
新鮮な気持ちで改めてパリを再発見してみようと。
プチモンスターに色々なものを見せるという目的もできたし。



c0024345_19325866.jpg



フットワークの軽くない、けっこう引きこもりがちな私は色々反省しているわけなのです。
パリは今日もいい天気ですが、昨日くらいから一気に気温が下がり。
中央暖房の温度が上がったようです。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-10-23 19:54 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


明日、18日(火)からシャポー船橋での「ぼわっと」ポップアップショップが始まります。
(そんなわけで相変わらず我が家はバタバタしております)
船橋近辺にお住いの方はみなさんご存知のシャポーだと思いますが、駅の改札直結の便利な場所。
「ぼわっと」ポップアップショップはJR船橋駅の中央改札を出てすぐのシャポー入り口入ったところになります。



館内マップで見ると1階ライフスタイルゾーンという館に当たるようですが、とにかく改札出てすぐのところなのできっとわかりやすいですね?!
東京にほど近く、東の千葉初方面。
初めての船橋。
西荻まではちょっと遠くてなかなか来れない方に楽しんでいただける場所でようやく「ぼわっと」開催できることになりました。



c0024345_11002600.jpg


通勤で通る方もたくさんというシャポー。
10月1日(月)まで。
船橋に上陸するフランスをお楽しみください。



c0024345_11002662.jpg


日本は今週も来週も3連休。
バブーは来週の3連休のどこかでお店に連れていけたらなあと思っていますのでまた決まったらお知らせします。
そして我が家はあっという間に、秋のパリに帰る支度をし始めなくてはいけないカウントダウンに突入し。
100円ショップに家電ショップにデパートに本屋に・・・。
行きたいところにいけないまま終わりそうなので慌ててアマゾンでポチポチ買い物をしたりしています。



c0024345_11002779.jpg



今日も朝からセミがミンミン鳴いています。
東京はまだまだ夏が続いていますね。
9月下旬、帰るまで日本はきっと暑いかなあと思って秋服を持ってこなかったのですが、大正解。
しばらくまだ夏の残りが続くのかなあ・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-09-17 11:50 | 雑貨&蚤の市イベント「Boite」 | Comments(0)


セーヌ川に浮かぶ島、サンルイ島をおさんぽ。
サンルイ島といえば、とりあえず「ベルティヨン」のアイスクリームを食べなくちゃ。
島の中ほどにある本店はバカンス中は長い休みに入りますが、サンルイ島はあちこちのカフェやテイクアウトのお店が「ベルティヨンのアイス」をうたっているのでどこでもいつでも食べられます♪



「ベルティヨン」といえば、「パリでいちばんおいしいアイス」みたいのがお決まりの頭にくっつく言葉。
他にもおいしいアイスクリーム屋さんはたくさんあるし、「いちばん」かはさておき、老舗のいちばんおいしいアイスクリーム屋さんのひとつの味はやっぱり最高♪
カシス、マンゴー、パッションなどのフルーツシャーベットに。
塩バターキャラメル、バニラ、ピスタチオ、チョコなど濃厚アイスクリーム。



c0024345_19584181.jpg


外でおやつを食べている時だけ特別に、ほんの一口もらってすでにアイスのおいしさを知っているプチモンスターも。
お姉ちゃんと一緒においしそうにほんの一口の味見を繰り返しねだっていました。
パリに来たかったのは、観光とかよりも何よりもどうやらプチモンスターに会いたくて会いたくてしょうがなかったらしい(ありがたい・・・)いとこの娘ちゃんは、毎日本当にかわいがってくれて。



c0024345_19584125.jpg


プチモンスターが「ママがいい!」的に泣いて拒否することが多かったりしても。
全くくじけずにお世話をしたがってくれます。
あぶなっかしすぎた抱っこも。
おむつ中たっぷりなう⚪️ち掃除も。
フランスにいる間にすっかり上手になったよう。
まるでホンモノのお姉ちゃんができたみたいで2人の様子がとってもかわいい♪



c0024345_19584141.jpg


さて、サンルイ島のお隣のシテ島は、パリいちばんのシンボルのひとつ「ノートルダム大聖堂」がありますが。
夏休み中の観光客の数、ハンパなかった!
バカンスでパリっ子のほとんどが旅に出ていて1年でいちばんすいているパリ。
とはいえ、それは住宅街での話。
観光地は世界中から夏休みを過ごすためにやってきた観光客でいつも以上にすごいことになっていて。



c0024345_19584042.jpg



中に入るの諦めたほどの長蛇の列でした。
この写真の画面に見えている人は全て大聖堂の中に入るためのウネウネの列に並んでいる人たちです・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-08-22 20:44 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(0)


30度後半のパリもようやく数日前に落ち着いて。
すっかり涼しいいつもどおりの夏に戻っています。
ポルトガルやスペインの、45度を越す気温(体感気温は50度以上という未知すぎる世界・・・)に比べたら、比べものにならないほどのパリでしたが、それでもかなりかなり暑かったので水のあるところがあれば人々は水浴びしていました。



最上階の我が家はさらに毎日蒸し風呂のように暑くて。
私もプチモンスターを連れて水のあるところに避難。
せめて水のしぶきを横に感じたら涼しいかも・・・なんて思いながら。



c0024345_03111045.jpg


公園の噴水広場には、どで〜んとど真ん中に「水遊び禁止 by パリ市」と看板が立っていたけれど。
そんなことを守っていられる暑さじゃなくて(というかそもそもいつもここは水遊びする人でいっぱい。私はこの日まで水遊びができる公園だと思っていたくらいいつも大人気。)、大人も子供も海パンではしゃぎまわっていました♪



c0024345_03111085.jpg


ものすごい水圧で水が噴き出るので、ちょっと近くに寄るだけで全身びしょ濡れになる感じだけど。
太陽ギラギラの下にいるとあっという間に乾きます。



c0024345_03111024.jpg


お水遊びをたっぷりした後は。
夕暮れ時のパリを見渡せる気球に乗って空のお散歩。
夕暮れ時といっても21時前だったりで、立派な夜なのですが・・・。



c0024345_03111140.jpg


これから一気に10度くらい下がったパリは、いつも通り朝と夜はかなり肌寒い日々に戻っています。
そして夜10時をすぎても明るかった日が長いパリの夏が。
少しずつ少しずつ日が短くなり夏の終わりに向かっているのを感じます。



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-08-11 07:22 | パリの公園 | Comments(0)


またまた間があいてしまいました。
保育園が夏休みに入って1週間しかまだたっていませんが、すでに2〜3週間モンスター君と夏休みを過ごしたかのような濃密感。
ほ、ほ、保育園・・・。
ありがたや・・・。



そして怒涛の日本からのお客様ラッシュ。
うれしいウェルカムなラッシュですが、次から次へとつづけざまにお客様ラッシュ中です♪

保育園がなくて体力がありあまっているプチモンスター君を外で思いっきり歩き回らせて疲れさせる作戦で1日に1度は外に出るようにしているのですが。
先日、いつものご近所の公園ではなくて、たまにはもうちょっと遠足気分が味わえるところ。
でもパリから近くて半日で楽しめるところ。



c0024345_18272240.jpg


ということで「サンジェルマン・アン・レー」をお散歩してきました。
「サンジェルマン・アン・レー」はパリから郊外に伸びる郊外電車RER A線の終点の駅。
素敵なハイソサエティな雰囲気漂う街で、パリへもすぐ出られるのでけっこう住んでいる友人も多い街ですが、お城があったり、大きなテラス公園があったりとパリからミニ散歩の観光地としても人気の場所です。
観光ミニ列車も走っているくらいだし(↑)。



c0024345_18272222.jpg


城の庭園の先のテラスからは遠くにパリが見渡せます。
写真奥の左の方のビル群がパリをちょっと出たラデファンスのオフィスビル群(↓)。
右の奥にちょこっと出ているとんがっているのがエッフェル塔の先っぽです。



c0024345_18272292.jpg



街のテラス席でお昼ご飯を食べて。
ウィンドーショッピングしながら街をぐるりと歩いて。



c0024345_18272194.jpg



大きな庭の並木道の木陰を歩いて。
遠くに見えるパリを見ながらぼ〜っとして。



c0024345_18272239.jpg



パリの近くにいながらちょっぴりだけバカンス気分を味わえて。
気分転換。



c0024345_18272298.jpg


さて、今週のパリもというか、ヨーロッパ全土、天気図が真っ赤かになってラジオのニュースから1日何度も「酷暑」という言葉が聞こえてくる暑さ。
ちょっと前の39度、40度の時の辛さほどではないけれど、かなりの暑さです。
特に最上階の我が家はもう建物の屋上から日々あたたまったものが全く冷えずにいるようで暑いなんてもんじゃない・・・。
夜になっても部屋の中がモワモワむんむん。
建物の上にのぼって、水をまきたいくらい(泣)。
部屋の中があまりの暑さで、昨日はついにうちの旦那様は明け方までテラスで寝ていましたzzz。



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-08-04 23:04 | フランスの旅 | Comments(0)


サッカーW杯での優勝から一夜明けたパリ。
月曜日はフランスに戻ってきたチームの優勝パレードなどで、再び大変なことになっていたシャンゼリゼ通りやその周辺。
昼頃からシャンゼリゼ通り沿いや近くのメトロの駅が閉鎖され、戸惑いうろうろする観光客の人をたくさん見かけました。
そんなメトロ。
優勝を祝して、いくつかの駅名をサッカーにちなんだ名前に変えちゃいました。

「ノートルダム・デ・シャン」駅は、監督の名前にちなんで「ノートル・ディディエ・デシャン」に。



「ベルシー」駅は、『メルシー』にかけて「ベルシー・レ・ブルー」。
(ブルーはフランスの代表チームの愛称)



c0024345_18262427.jpg


「アブロン」駅は、「ヌ・ザブロン・ガーニェ」。
「私たちは勝った!」という意味に。



c0024345_18262419.jpg



「ベルシー」を「メルシー」とか。
本当は「nous avons」(ヌ・ザボン)という動詞の活用が「nous avron」(ヌ・ザブロン)とか。
ちょっとこじつけのダジャレっぽい感じですが、こういうのとっても得意なフランスのお遊び。



c0024345_18262311.jpg


パリのメトロはエイプリルフールの日に大量に駅名を変えてしまったり、
国民に愛されていた歌手が亡くなった時もオマージュとして駅名を変えてしまったりと
何か機会があるとこういうことをするのですが。
今回も、優勝の次の日そっこう!

「ヴィクトル・ユゴー」駅は、キャプテンのユゴー・ロリスにちなんで、「ヴィクトル・ユゴー・ロリス」に。



c0024345_18262468.jpg


ちなみに、駅のホームの看板の中のひとつだけがダジャレで変わっているとかではなく。
ひとつおきの看板全てが変わってます。
この遊び心、さすがおフランスで素晴らしいけど、ごく一部の路線をのぞき放送での案内も電光掲示もないパリのメトロ。
メトロの地図片手に駅名を確認しながら旅している旅行客の人を混乱させないものかちょっと心配になってしまう・・・。



c0024345_18262412.jpg


凱旋門のある「シャルル・ド・ゴール・エトワール」駅は、「オナ・ドゥ・エトワール」に。
「俺たちは2つの星を持っている」=2回優勝したってこと。
これなんて、もうもとの駅名ほとんど完全になくなっているし・・・笑。



c0024345_18262594.jpg


というか、こういうのを見るたびに叫びたい。
これ、優勝の次の日の朝。
こんな早く仕事ができるなら、普段からもっと仕事やってくれーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!
フランスといえば、「仕事をやらない」「仕事が遅い」「効率が悪い」エトセトラ。
どうやったらこういう仕事の仕方ができるのか・・・ってことで日々腹の中がメラメラメラメラ・・・。
腹立たしいことばっかりの国なのに。
こういうことはできるのかーーーーーーーーーーっ!!!
と、叫びたい。
お願い。
どこかで一度、叫ばしてくれーーーっ(笑)。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-07-18 19:00 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


今日はサッカーのW杯決勝。
フランスの優勝をかけた試合があと数時間後に始まります。
私の大量の写真フォルダの中に、2006年7月『パリお散歩フランス決勝戦の日』というのがあります。
2006年W杯決勝戦の日、バブーと一緒に昼間パリをお散歩した時の写真なのですが、異様な盛り上がりだったのを今でも覚えていて、私はすっかり優勝したからこんなに盛り上がっていたのだと思い込んでいました。
完全に優勝パレード状態でしょ(↓)。



が、今思えば、試合前の盛り上がりだったんだ。(結果負けてしまったけど)
ということは、これ、優勝してしまったら一体どうなるの??
というちょっぴり恐怖すらある、すでにけっこうヒートアップしている今日の街の盛り上がり具合。
実はこれからバブーの散歩に出かけるので、まだ外に出ていないのですが。
すでに朝7時半くらいから、時折群衆のおたけびみたいな声が聞こえてきたり。



c0024345_19451031.jpg


興奮しきって鳴らしまくっている車やバスのクラクションの音。
よくサッカースタジアムでみんなが鳴らしているあのラッパ。
みんな鳴らし過ぎ。
(我が家はひとつだけにょきっと飛び出ている高い建物のいちばん上のなので、周りの街中の音が集まって聞こえてくるんです)



c0024345_19450964.jpg


前回、優勝したもんだと思い込んでいたあの盛り上がっていた2006年住んでいたのは、東京でいえば「渋谷」のど真ん中のような場所。
はちゃめちゃな若者も多いし、まあどんちゃん騒ぎになるのは想定内なのですが。
今住んでいるのは、東京でいえば「杉並」や「中野」の住宅街の中。
どっちといえば子連れのファミリーや長く住んでいるお年寄りばかりで、移民もほとんどいない庶民的なエリア。
だからこのエリアですでに試合開始何時間も前からこの興奮状態だと、優勝したらどうなっちゃうんだ?!
というわけなのです。



c0024345_19450942.jpg



ちなみに、先日決勝進出が決まった時ももう優勝しちゃったんじゃないかくらいの盛り上がりぶりで。
試合勝利が決まった直後、家の裏通りを通るバスが1分間くらいクラクションを鳴らし続けて通り過ぎていきました。
日本でバスがそんなことしたら、もうニュースものですね・・・。
前回の時はバブーもこんな洋服きて盛り上がっていたんだなあ・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-07-15 20:10 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(0)

パリの小さな動物園



パリの動物園に行ってきました。
パリにはパリ東側の郊外ヴァンセンヌの森の中にある大きな動物園(まさに前回糸井さんたちと行った動物園ですが、リニューアルオープン直後でこの時はあまり動物がいませんでしたが・・・)とパリ市内の植物園の中にある小さな小動物園があります。
今回は後者の、5区の植物園の中にある小さな動物園へ。



植物園付属の動物園なので。
キリンとかライオンとかゾウとか・・・。
派手な動物はいず、わりと地味目の動物園ですがのほほんとしたお散歩を楽しめるちびっこ連れにはぴったりの動物園です。
ウィーンにある世界最古の「シェーンブルン動物園」につぐ最も古い動物園(1794年開園)ということなのでとにかく古くて歴史ある動物園なのです。



c0024345_19023703.jpg


ちょっとかなり昔にタイムスリップしたような感覚になる、動物たちのいる建物。
歴史的建造物に指定されているようで、ここだけある時から時間がすすまずとまっているような感覚になります。



c0024345_19023835.jpg


夕方の閉園間際にいったので、動物さんたちは午後のお昼寝タイムという子たちも多かったので、
今度は反省してもうちょっと朝早くに行かなくてはですね。



c0024345_19023937.jpg


この昭和な感じの建物は(↑)爬虫類系やワニがいるところ。
ねっとりじっとり湿気がある暑い空間でたま〜にのっそり動くワニを観察。



c0024345_19023920.jpg


なぜか「熱川バナナワニ園」という言葉が頭をぐるぐるまわっていました。
ワニとのにらめっこ。
子供達も大興奮。

初めての動物園となった、我が家のプチモンスターくんといえば。



c0024345_19023825.jpg



向こうにいる動物よりも、足もとの落ち葉や小石が気になり・・・。
みんながかっこいいチーターに夢中になっているところで。



c0024345_19023956.jpg



小走りに夢中になったり・・・。



c0024345_19023884.jpg



動物を見ているのか、見ていないのかといったら・・・。
もうどっちかといえば見てはいないですよね・・・。
建物の出入り口の階段の上り下りの方が永遠に夢中になっていましたから・・・。



c0024345_19023821.jpg



ま、こんなものだよね。
と予想はしていたので、また頻繁にお散歩がてら遊びにいって。
動物さんとお友達になってもらうことにしよう。



c0024345_19023959.jpg


この動物園は間近に見られるフラミンゴたちが見事で、緑の中を歩くフラミンゴたちのピンクを見ているだけで楽しくなります。
檻も柵もないのに、どうしてここから逃げないのだろう???
レトロな歴史あるパリの小さな動物園。
動物好きの方はぜひパリのお散歩コースのひとつに♪




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-07-13 19:39 | パリの公園 | Comments(0)


日曜日、ほぼ日のアプリ「ドコノコ」オフ会 in パリ with 糸井重里さんが楽しく無事に終了しました。
この写真(↓)で全然全員集合ではないのですが、とにかくたくさんのイヌ・ネコ・人が集まってくれました。
14時から16時にっていったら、もちろん14時になんて集まらないのがおフランス。
なんと最後に現れたのは糸井さんがもうさよならのご挨拶をした16時すぎっていう。
みんな2時間の間に少しずつ少しずつ集合するのです(笑)。
(ちなみに最後に現れたのはプチ天使家です・・・)
ザ・おフランスな楽しい会もパリならではだったのではないでしょうか。



パリやパリ近郊に住む人はもちろん。
ロンドンから車で。
ドイツからも車で。
そしてなんと日本から出張中や旅行中の方々も集まって。
なんとインターナショナルな世界規模のオフ会。



c0024345_17274788.jpg


イヌやネコも色々な種類が集まって賑やかで楽しかったなあ・・・。
外にお散歩に連れ出すのはなかなか難しいネコちゃんも参加してくれたし♪



c0024345_17274874.jpg



ペットは飼っていないけれど、大好きなイヌの絵を描いてきてくれたちびっこもいたし。



c0024345_17274866.jpg



そしてさすがピクニックに慣れている人たちの集まり。
みんななんとなく集まって、なんとなくちゃんとピクニック風のオフ会になります。
飲み物やちょっとしたおつまみ持ってきてくださった方もいて。
みなさん本当にありがとうございました。



c0024345_17274814.jpg


1人でも気軽に参加してくださいと書いてあったのを見て、本当にきちゃいました。
と、1人で参加してくださった方もたくさんいたし。
さすがほぼ日パワー。
そして動物が大好きな人たちのパワー。



c0024345_17274818.jpg


糸井さんは、「ヒト」という動物にもとても優しい。
子供達が勝手に集まってきます。
我が家のプチモンスター君とその小さな恋人(勝手に恋人にしちゃってます♪)2人は一体何を渡そうとしているのでしょう・・・。
よくわからないけれど、糸井さんは動物とだけではなく、ちびっことも会話ができるようです♪

ドコノコオフ会 in パリの様子はまたほぼ日でも改めて!
集まっていただいたみなさん、本当にどうもありがとうございました。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-07-10 17:43 | お仕事に関するお知らせ | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.