パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 春夏のイベントのため西荻窪「ぼわっと」本店の営業時間が変則的です。
  • 4月から7月は金曜日と土曜日は20時まで
  • それ以外は18時閉店となります(火曜定休)
  • こまめに「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムをチェックくださいね!
  •    
  • 渋谷ヒカリエ・シンクス5階に「ぼわっと」期間限定ショップ
  • 4月1日(日)から7月31日(火)まで
  •      
  • 東京都庭園美術館ミュージアムショップ「ブラン」内
  • 期間限定「ぼわっと」ショップ
  • 3月15日(木)〜6月12日(火)まで
  •    
  • JR阿佐ケ谷駅 ビーンズ内
  • 期間限定「ぼわっと」ショップ
  • 5月16日(水)〜6月30日(土)まで
  •    
  • 5月3日(木)〜5日(土) 国際フォーラム
  • ラ・フォル・ジョルネにも「ぼわっと」が登場します
  •    
c0024345_21181731.jpg私が通い始めたコインランドリーは、ファッションストリートで有名なにぎやかなところにある。
そしてそこには前からおいしいと聞いていたケバブサンドイッチ屋もある。
「TAXI」という名のその店は、半ファーストフード的な小さな店だが、その名の通り、タクシーの運ちゃん達が立ち寄り、夜になればお肉は売切れてしまうほどの人気。
見た目は普通のケバブ屋なので、きっと教えてもらわなかったら過ぎ去っていただろうこの店についに行った。
c0024345_21213077.jpg女の子ひとりでは絶対無理なボリューミーなケバブサンドイッチの横に、揚げたてフライドポテトがたーっぷり。
この店のおいしさの秘密はこのポテトでもあるらしい。
週3回通う友達いわく、このポテトはこの店の自家製で、本当のポテトを切って揚げているそう。
オシャレフレンチからは程遠いが、こういうものがおいしいのもパリの楽しみのひとつだ。
c0024345_21203321.gif人気blogランキングへ★選べるソースは数種類♪
# by tonomariko | 2005-04-18 21:15 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(0)

春ももうすぐ

すっかり春になったと喜んでいたのもつかの間、あの春めいた日から、パリは一転かなり激サムモードになっていた。
一度しまった冬物をまた引っ張り出して着ていた。
が、そんなパリも今度こそは本当の春が来そうな気配。
まだちょっと肌寒いので薄手のコートは着ているものの、青空に入道雲のような雲が浮かび、お菓子屋のウィンドーは春色で、街中が新緑であふれかえっている。
日もどんどん長くなっていって、今では9時くらいまで明るい。
もうそれだけで幸せ。
やっぱり春夏が最高!!
c0024345_2171441.jpg

c0024345_2153146.gif人気blogランキングへ★バブーのお散歩もご機嫌♪
# by tonomariko | 2005-04-16 21:00 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(0)

フランスで最も美しい村

今回の旅、パリからトゥールーズへ飛行機で飛び、その後は行程に沿ってバスで東へ移動、帰りはモンペリエからパリに戻った。
そのバスでの移動もひとつの楽しみだった。
自分ではなかなか行く事の出来ないフランスの田舎町をたくさん通り過ぎたし、なんといっても「フランスで最も美しい村」のひとつに立ち寄れたのが素敵だった!
現在「フランスで最も美しい村」に認定されているのは148あるようだ。
まさに先日母親から、「フランスの美しい村を訪ねて」というこの148の中の26箇所が紹介された本が届いたばかりだったのだが、それによると、認定されるには厳しい条件がある。
例えば、人口が2000人未満である事。
史跡建造物の認定を受けた建物があること。
電線を地価埋め込みにし、花や植物などの装飾などで村全体の美化の努力がなされている事・・・。などだ。
今回立ち寄ったのはOlargues(オラルグ)という村で、本当に小さな小さな村だけど、本当にきれいなかわいらしい場所だった。
私もこの148の村、こちらにいる間に行ける限り訪ねてみたいと思った。
c0024345_830516.jpg

c0024345_8311587.gif人気blogランキングへ★人もみんなあたたかい
# by tonomariko | 2005-04-15 23:20 | フランスの旅 | Comments(0)

治療センター

c0024345_89429.jpg後半はいよいよアベンヌ村へ。
ちょっと散歩をしたら全てというくらいの小さなアベンヌ村。
そこからさらに山を登ったところに治療センターがある。
スキンケア商品を出しているわけだし、この旅に行く前の私は、アベンヌにはいわゆるスパやエステのような施設があるものだと思い込んでいた。
実はアベンヌ村にあるのはほんとにまじめな治療センター。
フランスで肌にいい水と指定されている(多分自然から湧き出るミネラルウォーターの中でという意味だと思う)のは、このアベンヌとロシュポゼ(これまたファーマシーにあるスキンケアブランド)だけらしい。
c0024345_8105884.jpgこの治療センターには、アトピーやその他の皮膚病の患者達が治療にやってくる。
通常3週間の滞在治療を行うということ。
患者の3分の1は子供だという。
月曜日から土曜日まで治療センター内のお風呂(ジャグジーみたいなもの)や、ミストシャワー、各人の患部の症状に合わせた部分シャワーや湿布をして治療を行っている。
治療センターにはホテルも併設されているし、歩いて20分ほどのアベンヌ村には貸しアパートもたくさんある。
c0024345_8137100.jpg私たちはセンターのドクターたちに色々な説明を聞いたり、自らこのジャグジーやシャワーを体験したり、患者にインタビューしたりした。
恥ずかしいかな一応読者モデルな私は、アベンヌのクリームを使ったフェイスマッサージなんかも体験してしまった・・・。
恥ずかしいので黄色いあひると戯れた。
しかし今回のような機会がなければ、単なるスキンケアブランドのひとつとしか捕らえていなかったと思うので、本当によかった。
フランスの水道水と乾燥に悩む私にとってもよかった。
この日以来私は体中にアベンヌスプレーをかけまくっている・・・。
c0024345_817433.gif人気blogランキングへ★大自然の中のアベンヌ村
# by tonomariko | 2005-04-14 23:00 | お仕事に関するお知らせ | Comments(0)

研究所取材

c0024345_751788.jpg今回の旅は、女性誌のOggiの方達の取材の同行だった。
(ちなみに私は読者モデルなんていう恥ずかしい事をやっているので6月発売号に載っちゃいます♪)
私は全く知らなかったが、アベンヌというブランドは、フランスのピエールファーブル社という巨大会社の1つのブランドにすぎず、いつもファーマシーで見ているかなり多くの商品がここの会社のものだった。
c0024345_7514278.jpg処方箋がないと買えない薬から、抗がん剤から、歯ブラシから、シャンプーから、サプリメントから・・・・日常使っているありとあらゆるものが実はここの製品だったのだ。
それだけで感動。
というわけで最初はアベンヌ村へ直行したわけではなく、南フランスに点在するこの会社の研究所や会社を視察、取材。
理科の実験のような研究・開発シーンから、緑と光あふれるオフィスの様子まで、驚く事の連続だった。
c0024345_7543260.jpgちなみにこの写真たちは上から、研究所の研究風景、ピエールファーブル社の全商品がディスプレイされた広すぎるショールームの一部、まるで植物園なオフィス(これが会社なのだ)。
社長のピエールファーブルおじいちゃんが持つぶどう園のワインまであったりして、そしてもちろんおいしかった♪
もう規模の大きさに圧倒。
c0024345_756258.gif人気blogランキングへ★ピエールファーブルはおじいちゃん♪
# by tonomariko | 2005-04-13 23:37 | お仕事に関するお知らせ | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.