パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーと3歳の息子プチモンスターと共に、パリの日常をお届けします。
東京・西荻窪のフランス雑貨店「ぼわっと」オーナー。
パリのガイドブックなど著書は13冊。雑誌やウェブメディアでもコラム連載中。
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 6月ぼわっとお休みの日
  • 6月1日(水)、2日(木)、5(日)、6(月)、10(金)、11(土)、22(水)
  •    
  • 8月はバブー2代目も日本に上陸予定?!
  • フェーヴイベントなども企画中です。お楽しみに♪
  •    
  • 新刊「パリの小さなアパルトマンで楽しむおうち時間」(世界文化社)発売しました
  • センスいっぱいのフランス人のおうちもいっぱい登場します
  •    
  • 「ぼわっと」通販サイトがオープン
  • shop@boite.tv から色々お買い物いただけるようになりました!

街を歩いていると、あちこちで黄色いミモザを見かける季節になったパリ。
いつも素敵なパリの花屋さんが、ミモザの黄色でより一層華やかに。
ミモザの前を通りかかるだけでパッと気持ちが明るくなるような気がします。



ミモザ・ミモザ・ミモザ!!_c0024345_17223133.jpg






パリときどきバブーを応援…



我が家は、週の半ばから再びプチモンスター&バブーの2人+1匹生活に。
隊長パパは日本へと旅立ち、無事にホテルでの隔離生活中。
もしものことがあっても大丈夫なようにと2週間以上見込んでいる隔離期間もあるので、我が家はまた2ヶ月半ほど、かなり長い期間ワンオペ生活に。
去年と同じく、4月のプチモンスターのお誕生日ギリギリに帰ってくることになるのかなあ・・・。
数えてみれば、年の半分近く離れ離れな生活を送っているため、私の方はもうけっこう慣れてしまいました。
ワンオペ生活。
それよりも毎日変化していくのが面白くて楽しい、プチモンスターの成長を近くで見れないのがかわいそう・・・。



ミモザ・ミモザ・ミモザ!!_c0024345_17223225.jpg



さてさて、フランスは新規感染者数50万人越えというニュースもちょっと前に流れたと思いますが。
「6万」とか「7万」とか、更新されていく数字を見ては驚いて騒いでいた頃が懐かしいくらい、「えっ??」という大きな数字が続いている最近です。
それはそれは見事に友達たちもコロナに感染していき、先週も「ついに我が家にも」というセリフをあちこちから聞いたので、もはや友人ファミリーでコロナに感染していない人、思いつく限り片手の指分あるだろうか・・・
というくらい、みんな感染しています。
(幸いなことにコロナが流行り出した初期の頃はのぞいて、その後はみな軽症でちょっとした風邪くらいで元気になっていますが)
そんな中でもなぜか回避し続けている我が家。
そろそろ一度はかかるのかな・・・。
なんて覚悟はしているのですが・・・。
そして幸いなことにプチモンスターのクラスもほぼみんな元気に登校中。
クラスメイトに陽性が出て全員検査になっても、他はみな陰性でOKという結果が続いてます。
学級閉鎖という話もあちこちから聞く中、学校に毎日通えているだけでありがたい。



ミモザ・ミモザ・ミモザ!!_c0024345_17223212.jpg



ちなみに、コロナルールは日々しょっちゅう変わっていくのですが、今は学校のクラスの中にコロナの陽性が出ても、濃厚接触のクラスメイトたちは検査をして陰性なら学校に行くことができるし、陽性が何人いても学級閉鎖にはなりません。
1人陽性が出たら閉鎖。
3人出たら閉鎖。
とか、今まで色々ルールが変わってきましたが、今は閉鎖なし。
ただ、コロナ予防対策として、違うクラス同士ができるだけ接触しないようにと学校の中で工夫されているため、先生がお休みになってしまったクラスの生徒たちを他のクラスに混ぜるということができないので・・・。
先生たちが感染してしまうと仕方なく学級閉鎖というのは出てしまうという現状です。



ミモザ・ミモザ・ミモザ!!_c0024345_17223154.jpg



今までもそうですが、人々の生活はいたって通常通り。
コロナに対しての過剰な反応は全くないので、とても暮らしやすいです。
例えばクラスメイトが誰か陽性になってしまっても、

「うちの子が陽性になっちゃったわ。学校にはすぐ連絡しておいた。みんなごめんね!」
「そうなの?!大丈夫??あなたはどうだった?」
「オッケーお大事にね。うちも検査してみるわ。」
「うちはすぐ検査したけど陰性だった。みんなの無事を祈るわ。」

みたいなことがクラスのグループメッセージで流れてきます。
事実を冷静に受け止めるし、いつ誰がどこでなってもおかしくない状況だから誰も責めたり責められたりということはないし、隠す必要もないし。
だから誰かが陽性になってしまっても、みんなで今までの経験とか情報を共有しあって、助けあったりするし。
オープンで生きやすい世界だなと感じてます。



ミモザ・ミモザ・ミモザ!!_c0024345_17223271.jpg


さてさて、美しいパリのミモザ。
見ているだけでワクワクしてくるミモザ、大好きなので、本場の南仏ミモザ街道に行くことが私の夢のひとつなのですが、何しろこの時期は毎年催事で日本に帰っていたり、今は隊長パパだけとはいえやっぱりいなかったり。
もうプチモンスターと2人で、電車で行ってみようかなあなんて考えている今日この頃。
車がなけりゃ、ミモザ街道は回れないけれど、南仏の街に行くだけでミモザいっぱいだったりするのかなあ・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

# by tonomariko | 2022-01-30 18:11 | パリの生活 | Comments(0)

2代目バブーが我が家にやってきてからどのくらいたったかな。
1ヶ月半くらい??
来週で4ヶ月になります。



2代目バブーはあと数日で4ヶ月。しつけトレーニングに苦戦中?!_c0024345_22040205.jpg





パリときどきバブーを応援…



17年間一緒に過ごした1代目バブーがいなくなって、家族が1人減ってしまっていた我が家に元気いっぱいの2代目がきたからもうそれは毎日騒々しさが増してうれしい騒々しさなのだけど。
子犬ってこんなに元気だったものかな・・・
と、戸惑っているところもちらほら。
もともとまあまあ大人しいタイプである上に、17歳まで生きてくれた1代目バブーくんは最後の数年間はすっかりおじいちゃんという感じで過ごしたのでとても静かだったし。
プチモンスターが生まれた時にはすでに子どもの相手なんかはしないおじいちゃんだったし。
すっかり犬の俊敏な動きを忘れている私。
そこへ1代目バブーの20倍くらい活発なタイプの2代目バブー。
さらに人間界の4歳、プチモンスターが加わる。
「子ども」x「子犬」
がまじわるとこんななんだっけ?!
っていう最近の我が家です。



2代目バブーはあと数日で4ヶ月。しつけトレーニングに苦戦中?!_c0024345_22040224.jpg



1代目バブーは「イヌ界の神」って私たち飼い主に呼ばれているくらい(笑)、本当にできた子だったのですが。
2代目バブーは「イヌ界のプチモンスター」って私たちに呼ばれています・・・(汗)。
とりあえず、甘噛み癖に苦労していて、うれしくなると人の足に絡みつきながら甘噛みしてくるし(これがけっこう痛い)。
トイレの場所はまあ覚えたけれど、たまにうんちが的外れなところに落ちていることが多いし・・・。
なぜか外のお散歩では張り切って歩き回って、大好きな子どもたちを見かけると駆け寄って、仲間の犬を見かけると駆け寄って。
楽しんでくれるのに、おしっこもうんちも外でしてくれないし・・・。
1代目では苦労した覚えのないことがいっぱい。

まだまだしばらく「しつけトレーニング」と格闘する日々が続きそうな我が家です。
でもまあ、ハウスに入ってお留守番&吠えないという技だけは、2日目くらいから完璧にマスターして。
半日でも1日でも大人しくお留守番ができる子だからよしとしよう♪
お留守番中の様子が見れるカメラなんてものも用意したけれど、結局つける必要もないくらいすんなりと吠えずにお留守番完了。
というわけで、できることもできないことも。
1代目とは性格の違う2代目バブー。
どんどん大きくなってます♪



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

# by tonomariko | 2022-01-21 22:18 | 子犬っ子バブー | Comments(0)

リュクサンブール公園の舟あそびの続きは、リュクサンブール公園の人形劇。
「マリオネット」「ギニョール」と呼ばれるフランスの公園ではおなじみの子ども用の人形劇。
この公園のようにちゃんとした小さな劇場型になっている建物から、屋外型の簡易型のものまで規模も色々だけど、いずれも昔から変わらぬレトロでノスタルジックなスタイルが残っているのが本当に本当に素敵なところ。



リュクサンブール公園の人形劇_c0024345_21043709.jpg





パリときどきバブーを応援…



舟あそびもそうだけど、現代風にアレンジされていないところがほんわかかわいい、いつまでも残っていて欲しい姿です。
コパリオ弟くん(歳のわりに割とちっちゃめの我が家のプチモンスターと、歳のわわりにとてもおっき目のコパリオ弟くんと並ぶと大と小って感じだわ・・・3歳しか違わないのに・・・笑)と、張り切ってギニョールへ♪



リュクサンブール公園の人形劇_c0024345_21043681.jpg


コパリオ弟くんは本当にいつも写真の時いい顔してくれるのに。
プチモンスターはまじでおちゃらけたことしかしません・・・汗。
カメラを向けてちゃんとしてくれることがまずない・・・汗。

とはいえ、同じ香りがするとよく言われているこのお2人。
よけいなことばっかり。
母に叱られてばっかり。
のお笑い系の2人です♪



リュクサンブール公園の人形劇_c0024345_21043637.jpg


この2人が兄弟じゃなくて、まじでよかった〜。
って、私もコパリオママも会うたびに何百回と同じ話をしとります(笑)。

リュクサンブールの人形劇は、いろいろある中でもとてもちゃんとした劇場で、人形も背景もとても凝ったタイプのもので、大人的にも見応えあり。
今までいろんな友人の子どもを連れてきたし、その前はたま〜に1人でも見にくることがあるくらい好きな世界観。
この日もとてもあたたかい気持ちになって、ギニョールの歌を歌いながら帰りました。
(ちなみにこの写真は↓前に取材をした時に撮らせてもらったもの)



リュクサンブール公園の人形劇_c0024345_21043704.jpg



パリは歩けばフローリストでミモザを見かけるようになりました。
真っ黄色で華やかなミモザを見かけると、ほんのちょっとずつ春が近づいてきたなとウキウキワクワク。
夕方もお迎え時間に真っ暗になることはなくなって、少しずつ日が長くなってきたみたいです。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

# by tonomariko | 2022-01-17 21:28 | パリの観光・公園 | Comments(0)

冬に入ってまだまもなかったころ、パリのリュクサンブール公園におさんぽに行きました。
この時はフランスの学校の2週間のバカンス中。
毎日学童に入れる家庭もあるし、おじいちゃん&おばあちゃんの家に預ける家庭もあるし、バカンス中のスペシャル習い事に送り込む家庭もあるし、家で面倒を見る家庭も。
我が家はフランスに親戚もいないので、いつも大体ちょっと習い事を入れるか家で見るかのどちらかに。



リュクサンブール公園の舟あそび_c0024345_20305837.jpg






パリときどきバブーを応援…



6週間ごとに2週間のバカンスが挟まるフランスの学校、本当に休みが多いなあと思いはしつつ、こんな風にたくさんの時間を今この時に一緒に過ごせるのもとても貴重な時間だなと思って。
私はできる限りプチモンスターと一緒に過ごすことにしています。
この日は大好きなお兄ちゃん、パリオ一家の次男くんと一緒に♪
公園に入ったとたん、2人が走って行ったのはリュクサンブール公園の真ん中にある池。



リュクサンブール公園の舟あそび_c0024345_20305927.jpg


舟を借りて、池でひたすら追いかける遊び。
舟はひたすらアナログです。
ただただその時の風をたよりに漂っていくだけ。
舟と一緒に棒を借りて、池のはじから「えいっ!」と押す。
風にまかせてプカプカ浮かぶ舟を追いかけて、再び舟が池のはじっこにやってきたら再び「えいっ!」っと押す。
これの繰り返し。



リュクサンブール公園の舟あそび_c0024345_20305935.jpg


昔から変わらないリュクサンブール公園の名物遊び。
風の神様にまかせるしかないから、いつまでたっても池の真ん中から戻ってきてくれないこともしょっちゅう。
コパリオ弟くんの舟も、15分くらい池の真ん中の小さな鳥小屋みたいのに引っかかって、戻ってきませんでした・・・笑。
もうちょっと春夏の人が多い時だとね、そんな時はモーター搭載の自分のラジコン舟を動かしている子に頼んで、押してもらったりもできるのですが、冬は遊んでいる子も少なくて。
寒い中、ひたすら舟が戻ってくるのを待つのみ。



リュクサンブール公園の舟あそび_c0024345_20305963.jpg



こんなアナログな風まかせの遊びでいつまでも楽しめる、かわいいパリの子供たち。
この光景は本当にいつみても、ほんわか暖かい気持ちにになります♪
木製のおもちゃがたくさんあるような、素敵なおもちゃ屋さんをのぞくと、この池で遊ぶ用の舟がウィンドーに並んでいたりして、
こんなの買ってあげられたらステキだなあ・・・。
なんて思いながらいつも眺めてます。

大きな池に浮かんでいると、小さくて軽そうに見えますが、これがけっこうな大物で重い!
落としたら大怪我しそうなほどガッツリしてるので、子供が運ぶときもちょっとドキドキ。



リュクサンブール公園の舟あそび_c0024345_20310017.jpg


でもさらにドキドキなのは、いつ、うちの息子が池に落ちるかということ・・・。
子供たちはもうめいっぱい体を乗り出して、棒で思い切り舟を押そうとするから、いつ落ちてもおかしくないくらい乗り出す・・・。
まあ、いくら言っても乗り出すし。
落ちたら落ちたでその時だ。
と思って、いつも諦めてるけれど。
2人とも落ちずに最後まで楽しみました♪




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

# by tonomariko | 2022-01-11 20:57 | パリの観光・公園 | Comments(0)

明けましておめでとうございます。
2022年。パリは10月、11月の寒さはなんだったのかしら?!
と思うくらいパリにしてはちょっと生暖かい、おだやかな年末年始でした。



パリからあけましておめでとう♪_c0024345_20415731.jpg



17年間の相棒、バブーが星になった悲しい出来事もあった2021年でしたが、2代目バブーが新たに家族に加入して、大切な家族たちと笑顔で新年を迎えることができたことが何より。
今年はおせちは作らずおフランスらしい新年を過ごそうと思っていましたが、プチモンスターがだいぶ物事が理解できるようになったからこそ、日本の行事を見せておかないとと思い立ち、手間がかかりすぎる割にその努力が見えない一品達と、おせちには必ず入っているものだけどあまり人気者ではない一品達をのぞき(笑)、食べたいものだけを作るというスタイルでおせちを。
エビとかも煮物的にするんじゃなくガーリック炒めにしたり味付けも中身も食べたいものばっかり♪

それにしても、おせちって、お重箱に入るのは本当に極々ちょぴっとで、この外側に大量に作ったもの達がタッパーに入っているのは毎年のあるあるなのかしら・・・。
毎年何日間も食べ続けることになるおせちは、急遽、仲良し日本人ファミリー達と集まることになったので、見事に1日の昼間の間にぜ〜んぶみんなの胃袋の中に!
タッパーに入った分もきれいに食べ尽くされて、作ったかいがあったわ〜と、気持ちよく元旦が終了したのでした♪
そしてそうこうしているうちにすでに明日から学校が始まり。
友達に会いたくて、「バカンスはあと何個で終わるの??」と、早く学校に行きたがっているプチモンスターはとても喜んでおります♪



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

# by tonomariko | 2022-01-02 20:58 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.