パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 夏から秋にかけても「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • アトレ恵比寿 有隣堂内「ぼわっと」コーナー
  • 8月24日(金)から9月13日(木)まで
  •    
  • シャポー船橋 期間限定「ぼわっと」ショップ
  • 9月18日(月)から10月1日(月)まで
  •      
  • 熊本 鶴屋フランスフェア
  • 10月17日(水)から10月23日(火)まで

<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夕暮れのルーブル美術館



ルーブル美術館のつづきです。
世界一の芸術の町といっても過言ではないパリに暮らしているのに、どうも美術品などへの苦手意識がぬぐえないダメダメな私。
世界史が苦手だからなのか。
そもそもこういう美術館とかに興味を持てなかったから世界史が苦手になったのか・・・。
いまや真相はわからないけれど、少しずつだっていいのかな。
こういうことに遅すぎるとかはないのかな。
と最近は苦手なりに足を運ぶようにしています。



せっかくこんな近くにいるんだから。
ちょこっと短い時間にお散歩を楽しめばいいのだと。
夜まで開いている曜日にふらっと立ち寄ったり。



c0024345_19330475.jpg


特にやっぱり子供が生まれてからは、小さい頃からたくさんのものを見て、聞いて、触って、感じて。
あらゆる世界に触れていくことってきっと大切なんだろうなと思うので。
一緒に連れて行ったりしています。



c0024345_19330403.jpg


観光には必須の有名どころはあえて素通りしちゃったり。
いつもは見上げていないところで天井画の美しさを発見したり。

ちなみに、昨日登場した豪華絢爛な「ナポレオン3世の居室」は、ほとんど人がいかないところなのですが、バブー家の旦那様がルーブル美術館の中で実はいちばん好きな場所だということで。
私も自分のお気に入りのコーナーを探してみようかなと。



c0024345_19325834.jpg


ルーブル美術館以外にも、あちこち。
パリで暮らして15年目。
なんだか全部が当たり前になってきてしまったから。
新鮮な気持ちで改めてパリを再発見してみようと。
プチモンスターに色々なものを見せるという目的もできたし。



c0024345_19325866.jpg



フットワークの軽くない、けっこう引きこもりがちな私は色々反省しているわけなのです。
パリは今日もいい天気ですが、昨日くらいから一気に気温が下がり。
中央暖房の温度が上がったようです。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-10-23 19:54 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)

ルーブル美術館さんぽ



パリは一体どうしちゃったのだというくらいいいお天気が続いています。
しかも暖かい。
いつもならもう冬がやってきてしまったと悲しんでいる今頃。
まだまだテラスでビールにワインにご飯を楽しんでいるパリっ子がいっぱいです。



さて、今日はルーブル美術館。
写真はこの夏のものですが。
いとこの娘9歳がひとりでパリに来ていたこの夏も、ルーブル美術館にお散歩に行きました。



c0024345_22533303.jpg


まだまだ世界史なんてやっていない年齢。
ピンとくるもの、聞いたことあるものはごく僅かとはいえ、
「あ、これもしかして教科書で見たことあるかも?!」
「これもきっとそのうち教科書に絶対出てくるから!」
なんて言いながら超有名どころをサクッと楽しむコースに。



c0024345_22533354.jpg


9歳がいちばん好きだったのは、豪華絢爛な「ナポレオン3世の居室」だったそうです。
「めっちゃ広っ!」
「あ、でも私の友達の家もこういうシャンデリアある!その子の部屋も超豪華なんだよ。」
と言いながらはしゃぐ9歳。
比べるのはそこか・・・笑。
とおかしくなりながらも。



c0024345_22535874.jpg


興味を持って「ルーブル美術館」をそれなりに楽しめていることだけでもすごい。
限られたパリ滞在でどこに行きたいかというリクエストにも入っていたし。
彼女が自ら行きたいと言った場所。
わたしなんて、大人になってからもわからないことだらけで微妙な気持ちでいつも美術館見学をするくらいだから。
子供の時なんて美術館にもお寺にも全く興味がなかった。



c0024345_22535851.jpg


えらいぞ9歳。
好きと言っていた割に、家に帰って
「ねえねえ、あの豪華なお部屋、誰のお部屋なんだっけ?」
って確認したら
「誰だっけ〜。」
と言っていたが、許すぞ9歳。



c0024345_22535984.jpg


パリは今、再びバカンス中。
9月に新学期が始まったばかりだというのに、毎度のことですが、2週間の秋バカンス真っ最中です。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-10-21 23:37 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


1日お知らせが遅くなってしまいました。
昨日から「熊本鶴屋百貨店のフランス展」が始まりました!
10月17日(水)から23日(火)。
(最終日は16時まで)




もう毎年来てくださる常連さんもたくさんできて、現場に立つ店長Junkoさんと催事番長Asakoさんの2人は初日からお客様とのおしゃべりを楽しんだようです。
もちろん、熊本グルメもすでにかなり色々楽しんでいるようです。
炭水化物 x 炭水化物的な・・・。

しかも。
前日に熊本入りした催事番長Asakoさんには面白すぎるウェルカムプレゼントが。



c0024345_06215778.jpg


ななななんと、毎年お世話になっている近くのホテル。
チェックインして部屋に入ったら、パンツ一丁の男性が寝ていたそうで・・・。
怖すぎるウェルカムサービス。
でも聞いている方は大爆笑すぎるウェルカムサービス。

みんなに冗談で「またぼわっと来てくれてありがとうってサービスなんじゃないの?!」と突っ込まれていましたが。
いや、もちろんサービスではなくて事故です。



c0024345_06215769.jpg


しかししかし、日本のホテルでそんな間違いが起こるものなのでしょうか・・・。
パンツ一丁で寝ている人に出くわす方も怖いけど。
パンツ一丁で寝ていた所に侵入された方も怖いっていうのだ・・・。
というわけで、熊本入りして早々、お店のことよりも「パンツ一丁事件」でもちきりだった「ぼわっと」ですが。



c0024345_06215640.jpg



2人で素敵な売り場を作ってくれて。
初日無事にスタートしております。
熊本のみなさん。
九州のみなさん。
ぜひ鶴屋百貨店の「ぼわっと」に遊びにいらしてください。
そして催事番長Asakoさんの「パンツ一丁事件」に関してもツッコミを入れてあげてください(笑)。
話に花が咲くこと間違いなし♪
おパリの雰囲気を楽しみつつ、おパリにそぐわぬ熊本事件の話もお楽しみください。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-10-18 06:32 | 雑貨&蚤の市イベント「Boite」 | Comments(0)


カルカソンヌから毎日南フランスの観光地を巡る今回のアテンドツアー。
その日の目的地に向かいながら、おいしそうなものや、気になるものがあったらぶらり途中下車の旅♪




この日は、フランスならではの見どころとお土産のひとつ、料理にも欠かせない「塩」を求めてのぶらり途中下車。
ピンク色に広がる塩田に併設されている「塩」ショップへ。



c0024345_16350229.jpg


ナチュラルな塩はもちろん、ニンニク、ローズマリー、フヌイユ、バジル、コリアンダー、唐辛子、レモンetc。
ハーブなどが入った好きな味を選んで、「ガリガリ」容器に入れます。



c0024345_16350256.jpg


お料理上手な主婦の方ばかり。
みなさんお友達のおみやげにもまとめ買い。



c0024345_16350278.jpg


そして同じ敷地内には、海の幸が食べられる「海の家」的なレストランが。
まだ午前中でしたが、こんなところにきて食べずに帰るわけにはいかない!
と、午前中の「おやつタイム」決行。



c0024345_16350289.jpg



生牡蠣、カニ、巻貝など海鮮盛り合わせをいただき。
これ、本当に「おやつ」の量なのか・・・。
という山盛りでしたが。
「おやつ」ですがもちろん白ワインも一緒に♪



c0024345_16350353.jpg



特に有名でもなんでもない田舎町で立ち寄る、こういうところこそ美味しいものがいっぱいあったりして。
今回も塩だけでなくおいしい「おやつ」にも出会い朝から大満足。



c0024345_16350300.jpg



さらに車を進めて、海辺の人気バカンス地へ向かいます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-10-10 16:49 | フランスの旅 | Comments(0)


どうやったらこんなところにこんなものが作れたのだろう・・・
と、想像もできない切り立った山の上に建つ「サンマルタン・デュ・カニグー修道院」。
タイムマシンがあったら本当にこれを作っているところに行って見てみたいと思わずにはいられない信じられない場所。
フランスのピレネー山脈にある修道院です。




今回のアテンドの旅はもうフランスに何度もいらしてかなりあちこちを旅してきた5人組の仲良しグループ。
というわけでとっても上級者なマニアックなコースです。

カルカッソンヌを拠点にして。
まず1日目は「サンマルタン・デュ・カニグー修道院」へ。
ここに行くためにはひたすら山道を登るのみ。
パーキングに車を止めてから山頂の修道院目指して山登りをします。



c0024345_01361101.jpg


見学は案内していただくガイド付きのツアーのみなので、入場できる時間が決まっています。
その時間に合わせて頂上目指していくのですが、サイトには30分から1時間と書いてあったけれど、
「これ、どんな山登りに慣れている人だったら30分で辿りつくんだ〜!!!」
というほど険しい30分・・・。



c0024345_01361159.jpg


足の悪いお年寄りなども多い巡礼地。
ちょっと大げさ気味に書いてあるのが当たり前だろう
なんて思い込んでいたら、とんでもないことに・・・。
これ、30分で登りきれるの箱根駅伝の選手でしょ・・・。
と思いながら、集合時間を目指していたのでとにかく必死で頑張りました。



c0024345_01361110.jpg


時間に追われて、ひたすら登るしかないこんなにきつい山登りは久々だったけれど。
(↑プチモンスターを背負って登りきった旦那様はさらに辛かっただろう・・・)
達成感はハンパない。
1枚目の写真の景色を目にしたら、そんな苦しい思いも何もかも吹っ飛んでしまいました。



c0024345_01361249.jpg



こんな人里離れた山奥の修道院にいた人々の暮らしに想いをはせながら。
(水ひとつ、食べ物ひとつ、本当にどうやって運んでいたんだろう・・・)
天空の修道院を眺めました。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-10-06 01:55 | フランスの旅 | Comments(0)


すっかり交信の途絶えた人になってしまいながら、パリにも戻り、そして荷ほどきをする間もなくパリを出発して南仏に来ています。
パリから800km。
まるでサーカス一家のような我が家ですが、バブーもプチモンスターも風邪などひくことなく元気いっぱい。
たくましい。




南仏でお迎えしたのは、少しでも台風が進むスピードがずれていたらきっと飛行機が出発できなかったと思われる5人組のみなさん。
台風での漏電、遅延、電車なしなどみなさんトラブルに巻き込まれながらも無事に全員フランスに集合!



c0024345_15520532.jpg


借りていたレンタカーは直前になって
「実は予約してもらっていたのがありませんでした〜。」
という「ごめんなさい」の一言もない『おフランスあるある事件』とかもあったり。
私の方も無事に旅が始められるのか・・・。
と心配もいっぱいでしたが本当によかった。



c0024345_15520504.jpg



太陽いっぱいの南仏を旅しています。
この1年で3度目の登場となる世界遺産の城塞都市カルカソンヌを起点にして。
車でないと回れないようなちょっとマニアックな場所を回っています。



c0024345_15520521.jpg



ここは「フランスで最も美しい村」のひとつでもある「Villefranche-de-Conflent」(ヴィルフランシュ・ドゥ・コンフラン)。
10月に入って、だいぶ静かなシーズンに入っているので人も少なく静かな村の日常をのぞくことができました。



c0024345_15520439.jpg


中世の城壁が残る門をくぐり抜けて2つのメインストリートをぐるりとおさんぽ。
ここはお店の看板が黒い鉄で統一されていておしゃれ。



c0024345_15520591.jpg



小さな村でお昼ご飯を食べて、今回の旅の最大の目的のひとつでもある険しい山の上にひっそりとたつ「サンマルタン・デュ・カニグー修道院」に向かいます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-10-03 16:25 | フランスの旅 | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.