パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 夏から秋にかけても「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • アトレ恵比寿 有隣堂内「ぼわっと」コーナー
  • 8月24日(金)から9月13日(木)まで
  •    
  • シャポー船橋 期間限定「ぼわっと」ショップ
  • 9月18日(月)から10月1日(月)まで
  •      
  • 熊本 鶴屋フランスフェア
  • 10月17日(水)から10月23日(火)まで

カテゴリ:ヨーロッパウェディング( 22 )

時はずいぶんさかのぼり…。
イタリア・カプリ島での結婚式。
c0024345_1736118.jpg




パリときどきバブーを応援…


結婚式の後はカプリ島をまわってフォトツアー。
みんなでお散歩がてら、普通に通行人と一緒になって歩いている花嫁さんと花婿さんは。
「???!!!」
と、みんなが振り返ってしまう珍しい風景でありつつ。
ほのぼのとしたカプリ島の街並に意外にも馴染んでいました。
c0024345_17362767.jpg

パリを中心に、フランス国内やヨーロッパの各国、どこで結婚式をしてもそうですが、とにかく道行く人々がものすごくストレートに気持ちを表現してくれて、まるで前からの知り合いのように一緒になってお祝いしてくれるのが素敵なところです。
c0024345_17363899.jpg

街で出会う人みんながあたたかい目で見守り。
店の中の人はみんな大慌てで外に出て来て。
お隣のお店にも知らせる!
c0024345_17365525.jpg

店番中のネコまで騒ぎを聞きつけて外にのっそり出て来て。
じ〜っと見守る。
c0024345_1737872.jpg

そんなカプリ島の結婚式で私が初めて出会った習慣。
それは花嫁さんと花婿さんに向かって、「ドラジェ」を投げること。
ピーナッツなどを砂糖でコーティングした、ヨーロッパの結婚式では欠かせないお菓子。
c0024345_17372294.jpg

お店の人たちが、何やら「ちょっと待っててっ!!」と店の奥に駆け込んで、お皿に盛って来たのはそのドラジェ達。
「これを2人に向かって投げるの。」
と、言っていたのかは不明ですが…。
たぶんそんなことを説明してくれていたのに分からないから、もう投げちゃえっ♪
って感じでお店の人がドラジェをじゃらっと投げてくれました。
c0024345_17373617.jpg

ドラジェってけっこう大きな重い粒だから(グリコアーモンドチョコのもうちょっと固いのを大量に投げているようなものだもの!)、痛そう?!
なんて思ってしまうこの「ドラジェ投げ」。
お隣のお店の人も慌てて店の奥からドラジェを大量に持って来て、じゃらっと♪
おめでと〜う♪♪
カプリ島のメインストリートには、ドラジェがゴロゴロになりました。
突然参加のカプリ島の人々のおかげで、かなり楽しいフォトツアーに♪
c0024345_17375045.jpg

ちなみに、なんでみんな「ちょっと待ってて!」と店の奥に走って行ってこんなにすぐにドラジェが出てくるんだろう…。
と、今でも不思議な私です。






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-12-29 17:53 | ヨーロッパウェディング | Comments(4)

日本の披露宴のフツ〜?!

大親友さっちゃんの結婚式。
なかなか日本のオーソドックスタイプの結婚式が見れない私にとっては絶好の機会でした♪
c0024345_1713565.jpg




パリときどきバブーを応援…


そして、日本の披露宴はあっという間に嵐のようにすぎていくということは。
もちろん知ってはいたけれど。

フランスの夜通し朝まで踊りまくるダラダラバージョンのパーティー。
企画や計画はなしに近いか、あっても時間は決まってない?!
ぶっつけ本番に近い世界♪
時間も1時間もしくは2時間単位くらいで決めてあれば優秀な方?!
c0024345_17141716.jpg

そんなフランスのゆったりのんびりの結婚式スタイルに慣れている私なので。

友人達にも散々事前レクチャーを受けて。
覚悟してのぞむ!
と気合い入れて参加したのですが、そのスピーディーさ、その完全なるオーガナイズにビビりました。
私が「おおおおっ。」っとちょっと驚くたびにあっちの席、こっちの席、お隣の席から「日本事情」を伝授してくれる友達たち。
c0024345_17143025.jpg

それはそれは楽しい日仏文化比較になった結婚式だったのですが…。
もうその嵐のような過ぎ去り方には、覚悟をしていたものの大変驚いて。
まさに「たまげたっ。」って思いです。
c0024345_17144537.jpg

3時間披露宴にびっしりくまれたスケジュール。
「3時間なんて、割と余裕あるじゃない♪」
な〜んて思った私がバカだった。
c0024345_1714599.jpg

両方の上司のご挨拶(会社の業績込み)に始まり♪
のどが乾いたよ〜。
とお預け状態が続きながら、やっと乾杯。
乾杯と同時にいっせいに運ばれてくる料理達。
飲み物たち。
最初の乾杯のシャンパンに口をつけたとたん、次のビールが。
そしてビールを飲み干さないうちに、次なるワインがっ。
c0024345_17151237.jpg

そしてまるで動きが、導線が、順番が、何もかもが決められているような、まるで舞台の上のダンスを見ているような動きでボーイさん達が動き出して。
料理を次々に持ってくる。
一流ホテルの本当においしいお料理達は、見た目も美しいし、お味もおいしい♪
日本ってすごいわ〜♪

と、感動する間もなく、前菜の時点で、
「最後のお飲物ですが、コーヒー、紅茶、ハーブティーがございまして、ハーブティーにはミントティー、ベルガモットティー…etc。」

「?!?!? 最後のお飲物って?! まだ前菜始まった所なんだけど…。」

と目を白黒してテーブル担当のボーイさんに注文。
まずもって各テーブルに担当さんがいらっしゃることにも大感激していたのだけど。
(しかもこの時注文された飲み物が、ちゃ〜んと○○様、ハーブミントティーなんて言いながら配られた時にも本当にまたもやビックリした。
「は〜い、カフェの人何人?手挙げて。じゃ、紅茶は?」
なんてフランスのシステムとはえらい違う(笑))
c0024345_17152552.jpg

そしてこのフランスで鍛え上げられている、大食いの私をもっても全く追いつかないスピードで運ばれてくる料理たち。
食べても食べても、終わらないうちに次の物が来てしまうから泣く泣くさげてもらう(泣)。

そしてその間にも新郎新婦の生い立ち。
ケーキカット。
高校ボート部の出し物。
大学チアリーディング応援部の豪華な演奏とダンス。
ミュージカル部再結成の歌。
高校同級生全員で歌♪
さらには合間を見計らって新郎新婦との記念撮影をしに中央のテーブルに集まる人々。
c0024345_17153963.jpg

そしてその間にもどんどん運ばれて来て。
この飲んべえの私のテーブルに、手を付けられないままにビール、白ワイン、赤ワインが並んでいく♪

出し物や内容にあわせて後ろのスクリーンが上下して、光に包まれる会場になるわ。
日本庭園が出てくるわ…。

そしてコックさんが大量に出て来て、ボッとあがる炎を合図に会場でステーキが一斉に焼かれ。
極めつけはこのステーキを焼いている間にお色直しをした花嫁さんが入場して、席に到着したと同時に焼き上がったステーキが配られる…。

これはもうマジックにしか見えない。
すごすぎでしょう。。。
c0024345_17155227.jpg

半ばビックリしすぎてボ〜っとし始めた時。
ふと新郎新婦席を見ると、次々にやってくる人に囲まれながらニコニコしているさっちゃん。
そして出し物を見ながらうれしそうに拍手するさっちゃん。

でもってその前に並べられてひとつも手をつけられていないお食事たち。

あ〜、こんなことになってる〜。
と、口を開けてる私に、隣に座っていた友達が。
c0024345_171682.jpg

「まりこっ!まりこっ!しっかり!」
「これ、フツ〜だから。フツ〜。日本じゃこうなの。フツ〜だからっ。」
って、また日本の秘密を教えてくれたのだった。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-11-25 03:33 | ヨーロッパウェディング | Comments(10)
真っ青に晴れたカプリ島。
c0024345_658674.jpg




パリときどきバブーを応援…


青い海と青い空をバックに、ガーデンウェディング。
c0024345_6583131.jpg

まさに雑誌の中から飛び出したような世界に。
思わず私もうっとり♪
c0024345_6585071.jpg

いつかあるはず、自分の結婚式の妄想ワールドを繰り広げずにはいられない。
超〜素敵な結婚式でした♪
(本気でうらやましい。。。)
c0024345_6591129.jpg

この日はホテル中がウェディングを目前にソワソワ。
従業員一同、かなり注目の的で、みんなすっごく気になっていたみたい。
c0024345_6593057.jpg

仕事の合間にのぞきにきたり。
進行状況がどうなっているか偵察に来たり。
c0024345_6594893.jpg

お部屋をお掃除する係のおばちゃま達も、仕事をほっぽり出して♪
2人が入場するところで待機してフラワーシャワーをしてみたり♪
c0024345_707100.jpg

ホテル全体が2人のウェディングを一緒に楽しんでいる感満々。
この次の日は、嵐のような雨模様だったのですが、そんなことが信じられないくらの快晴っ!
c0024345_702662.jpg

まさに結婚式日和のカプリ島ウェディングでした☆





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-10-26 07:10 | ヨーロッパウェディング | Comments(4)
カプリ島ウェディングの素敵なおふたり。
c0024345_18384252.jpg




パリときどきバブーを応援…


「ひとり漫才師」としてすぐにでもデビューでそうな、おしゃべりマシンガントークの上手な明るい花婿さん。
常に笑いを絶やさない彼のおかげで、このカプリで初めて会った人とはとてもとても思えないくらい、出会って5秒で意気投合。
c0024345_1839650.jpg

そしてたまたま、このお2人も私も他のスタッフも、みんな同い年。
そんなことも重なってさらに意気投合して。
笑っている写真しかない、まじめな写真はない?!
そんな撮影大会です。
c0024345_18392345.jpg

そしてかわいくて華奢で可憐な花嫁さんは…。
もう欧米人のような透き通る肌に、本当におっとりとした雰囲気で、雑誌から飛び出た花嫁さんのモデルのよう。
同じ女性として、同じ年数生きて来て、こうも違うものかしら(泣)…。
なんてちょっと自分を見つめてガッカリしてしまったほど素敵な花嫁さんでした。
c0024345_18393970.jpg

「素敵な笑顔、絶やさないでくださいね〜♪」
「楽しそうにしててくださいね〜♪」
という私の要望に
「オッケー。任せてくださ〜い。」
と、頼もしい彼は。
c0024345_18395633.jpg

確定申告の話とか、ジャージャー麺の話とか…。
もうウェディングとはおよそ関係のない話をしながら♪
彼女の笑顔を引き出しつつ、爽やかな笑顔を絶やさないなかなかの腕前。
c0024345_18401487.jpg

聞いてみれば、元演劇部にいたという彼。
さすが役者?!
「この写真、ちょっと帝国ホテルっぽいね♪」
c0024345_18403169.jpg

なんて喜びながら、確定申告の話をする2人にストップをかけ…。
そろそろウェディングの始まりです。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-10-23 18:56 | ヨーロッパウェディング | Comments(10)

カプリ島の結婚式

今回いちばんドキドキしていたのがナポリに着いてからのタクシー。
c0024345_61011.jpg




パリときどきバブーを応援…


悪名高いナポリのタクシー。
メーターは隠してあってまわさない。
乗る前に料金を交渉してもなんだかうやむやにされ…。
降りる時にはやっぱり言っていたことと違い。
法外な値段を言い渡される。
そして負けずにしつこく粘るとだんだん値段が落ちてゆき…。
それでも高すぎる値段に違いはないナポリのタクシー。
c0024345_613063.jpg

以前来た時も、大人3人、しかも大きな男性つきだったにも関わらず。
強気で怒りをぶつけ、半分どなりながら、交渉しているにも関わらず、勝てなかったナポリタクシー。
今回は「観光客には見えない作戦」「わたし、ナポリタクシーの正規の値段知っているわよ作戦」で挑戦したにも関わらず。
やっぱりとんでもないことを言われ。
10分間交渉し、怒り、宿泊先のホテルの人にも電話越しに交渉してもらったけれども。
最終的に私の負け(泣)。
10ユーロくらい多く払うことになりました。
覚悟してはきたけれど、ここでどっと疲れが出ました・・・。
c0024345_614836.jpg

ナポリには、おいしいものがあるのは分かっているけれど。
青い海があるのも分かっているけれど。
このナポリタクシーのことを考えるとこの地に来たくなくなるくらいちょっと疲れてしまいます…。
c0024345_6263.jpg

今回パリからの飛行機でたまたまお隣になったのが、ナポリに10年以上住んでいるという日本人。
そんな現地の方でも
「私たちもさんざん嫌な目に遭っているし、イタリア人の旦那と一緒にいてもダメ。ナポリでは極力タクシーに乗らないようにしているのよ。たま〜に普通のいい人がいるんだけど、相当運がいい場合かな・・・。」
なんて言っていたくらい。
どう見ても子供にしか見えない日本人の小娘ががんばったところでダメか・・・。
c0024345_62242.jpg

きっと何度来ても勝利しそうにありません。
さて、気をとりなおして。
タクシーを降りて、重い荷物をゴロゴロ。
港から船に乗って、カプリ島へ。
船酔いしそうになりながら、半ば座席で倒れていると、いつの間にか島に到着していました。
c0024345_624325.jpg

この写真の素敵なホテルは、私が滞在しているホテル♪
な〜んて言いたいところですが、残念ながらこちらは花嫁さんの滞在ホテル。
真っ青な海を正面に、素敵な素敵なガーデンウェディングが行われるホテル。
ナポリでの「タクシーの悪夢」が一気に吹き飛ぶような。
超高級リゾートホテルです。
さて、どんなウェディングが行われるのでしょう・・・♪
c0024345_625913.jpg

ただいまネット環境がとっても悪いところにいるため、ブログをアップする瞬間だけなんとかつながるところにいるという状態。
明日以降はおそらく無事につながる予定なので、メールやコメントに関しては本日までお休みです!




↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-10-22 06:06 | ヨーロッパウェディング | Comments(14)
パリの朝は、本当に暗くて。
今日も6時前に起きて飛行場に向かいましたが、真っ暗。
7時に起きても、8時に起きてもまだまだ真っ暗で、ただでさえ寒いのに、ちょっとやる気がなくなるパリの冬。
朝起きた時にすご〜く感じる遅い朝です。
冬はサラリーマンの出勤タイム、そしてちびっ子達の学校登校時間になっても真っ暗なのがパリ。
日本に帰った時は数日間、真夜中に起きてしまうという時差ぼけに悩まされるのが常ですが、4時、5時と時間がたつにつれ、太陽ピカピカ、小鳥チュンチュンになる明るい朝が訪れることが救い。
c0024345_5275945.jpg




パリときどきバブーを応援…


でもおパリでは反対。
9時に起きても真っ暗、もう一回寝よう♪
なんて思ってしまうほど真っ暗な感じです。

さて、それはさておき、早起き、ねむねむ、真っ暗な中を重い荷物をえっちらほっちら運んでいた本日早朝。
空港行きの電車に乗ってみれば…。
今日は電車は全て「北駅」(パリ市内の駅)で止まります。
というブルーな情報が…。
「北駅で全員乗り換えるように。空港方面への電車は一応保証されていますが、20〜30分おきに走っています」とのこと。
しかももちろんフランス語だけの案内。
この1年間、パリの飛行場を使っただけですでに3度目の普通に飛行場にたどり着けない状態(泣)。
成田エキスプレスがしょっちゅう止まってしまうようなものです。
これってやっぱり考えられない!
c0024345_5282977.jpg

しかも。
案内はフランス語のみ。
駅構内にそれを説明する駅員はなし。
ちなみに、(いつも通り)エスカレーターの半分は止まっている。
誰も何も保証も説明もしてくれない…。

これがおフランスです。
本当に、お金がかかってもタクシーで飛行場に行くとか、予定時間の1時間前に出るとか、電車やバスは普通に走っていないかもしれないとか。
あらゆる場合を想定して行動しなくてはいけないのだとあらためて感じました。
c0024345_5285158.jpg

サラリーマンに混じって真っ暗なパリを出発して。
壊れているエスカレーターの横を、30キロの荷物をえっちらおっちら運んで。
あげくの果てに電車が動いてなかっただけでドドッと疲れてしまった今朝なのでした。

関係ありませんが、パリの空港は、最近「ラデュレ」とか「メゾンドショコラ」など、日本人に大人気のパティスリーのお店があって、ギリギリでおみやげを買うことが出来るようになりました。
どこもとっても人気です。
特に日本などへの直行便が出ているターミナルでは、かなり大きなお店があって、パリ市内での店舗顔負けなほど商品が揃っているので、ここで買うのが一番かもしれません。
c0024345_5291431.jpg

さて、そんな私は、昨日書いていた、「ナポリでタクシーが怖い」宣言そのものにやっぱり出会い、「パリの空港行き電車スト」に引き続きとっても嫌な思いをしましたが…。
一応無事に「青の洞窟」で有名なカプリ島に到着しました。
青い空と青い海を見て、ちょっと一安心。
もんのすごい注意して来たパスポートと現金と財布は、今のところ無事です♪





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-10-21 05:48 | ヨーロッパウェディング | Comments(16)
c0024345_16135293.jpg

2次会は原美術館の庭園で・・・。

 楽しいガーデンパーティーにここから応援クリック!!

お天気だけが気になっていた2次会。
見事に晴れて楽しくて賑やかなガーデンパーティーに!
チャペルから美術館までは東京横断のちょっと遠い移動。
c0024345_16191833.jpg

のんびりお色直しをして意気揚々とリムジンに乗り込んだ新郎新婦と私は、夕方の東京の「The・大渋滞」に巻き込まれ、こうなったらリムジンを捨ててラッシュの山の手線に乗って移動するしかない?!なんて大ピンチに・・・。
でも刑事ドラマなみに右へ左へ縫うように運転してくれた運転手さん(「普段ならクレームものの運転ですよ・・・。」と洩らしていた運転手さん。どうもありがとう!)のおかげで、ちょっと遅れて無事到着!
c0024345_16192964.jpg

庭園でアルコール片手においしいものを食べながら待っていたみんなに笑顔で迎えられました。
昨日も書いたように、チャペルでのドレスは彼女のママが買ってきてしまったという過去を持つ思い出深いもの・・・。
そして2次会で彼女が着ているドレスはなんと、彼女自身が作った作品(なんと彼女、私のためにパーティー用のスカートまで作ってくれました)。
素敵な頭のお花の飾りは、彼女の仕事仲間が作ったそう。
c0024345_16194458.jpg

自分でデザインし、作り上げたウェディングドレスなんて本当になんて素敵なんだろう・・・。
イメージは60年代風。
目の周りもぐるっと囲んでそれ風に・・・なんて話も出ましたが、「絶対泣くでしょ。パンダになるだけだからやめよう。」という話し合いで一発却下。
予想通り涙でぐちゃぐちゃになった彼女の結婚式。
チアリーダーの応援(彼女は大学時代チアリーダー)まで飛び出した賑やかで楽しいガーデンウェディング。
本当におめでとう!!
c0024345_16195551.jpg



↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2006-10-15 16:39 | ヨーロッパウェディング | Comments(10)
c0024345_842230.jpg

東京での結婚式。
やっと列席することのできた友人の結婚式。

 日本での友人の結婚式!今日もここから応援クリック!!

中学・高校時代の親友の結婚式。
先日東京に帰った第一の目的がこれ!
c0024345_844765.jpg

友人達の結婚ブーム。
第2の波が押し寄せている去年、今年・・・。
毎月のようにある結婚式。
残念ながらほとんど参加できず・・・。
どこでもドアがあったらなあ・・・と思いながら、写真を見せてもらうだけで終わってしまうことが多い。
c0024345_8521.jpg

今回はついについに東京へ飛び立った♪
第1の場所は彼女の卒業した大学のチャペル。
大学のチャペルとは思えないほど立派で大きな自然の中にたたずむ建物。
c0024345_851471.jpg

私達が学生時代に、突然彼女の母親が買ってきたウェディングドレス。
あの時は、結婚なんてまだまだ先の想像もつかないことで、いきなりドレスを買ってきてしまったかわいいママに、私達びっくりして大爆笑したものですが、長い間待ち続けたウェディングドレスがやっと晴れの舞台にたった日。
c0024345_852758.jpg

友人の結婚式は本当に特別なもの。
本人達はもちろん、両親も、介添人も、列席者にも知った顔ばっかり・・・。
みんながボロボロ涙を流している姿を見て、あぶないあぶない・・・。
私は必死でカメラに神経を集中させて、あふれそうな涙をこらえていました・・・。
さて2次会は美術館の庭園です・・・。
c0024345_85397.jpg



↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2006-10-14 08:23 | ヨーロッパウェディング | Comments(30)
c0024345_049794.jpgもうこの香港の旅は、「こんな面白い結婚式を体験してしまったら、私の結婚式では何を出せば超えるのだろう・・・」というほどはちゃめちゃだった。
のん気な花嫁は結婚式前夜、そして当日朝もこの通り・・・。
ドラえもんパジャマを着て、マスクをして、週刊文春を読みふけり、スイートルームのベッドでおくつろぎ。
結婚式の最中に、私は「介添人(ブライドメイズ)だと判明。
「え゛っ。聞いてないよっ。」(私)
「あれ??言ってなかったっけ??」(嫁)
そして私は旦那親族テーブルでお食事。びびる。
c0024345_0492878.jpg香港では1日中、ありえない程ロマンチックな写真を撮りまくる。(例:ローマの休日風、プールで魚みたいに泳いでキス、ラブリーなフラワーガーデンで霧がかかってる?!)
何千枚撮っているんだ・・・というほど写真を撮る。
しかもどこから見てもゴーストバスターズみたいな一団がバチバチ・・・。
何処にいてもレフ板がバサッと広がる。
出来上がり写真が楽しみでしょうがない。
c0024345_0535011.jpgそして披露宴はいつの間にか「チームばばあ」に占拠され?!忘年会の3次会のように・・・。
ブーケ投げではなーんと「チームばばあ」リーダー、花嫁の母がブーケを!!!
うーん。母強しっ!!
感動ではなく、笑いすぎて泣いていることの方が多い花嫁の化粧を、何回トイレで修正したか数えられなかった。
あー楽しかったーー。本当におめでとう!!
c0024345_0574339.gif人気blogランキングへ☆香港への旅、無事?!終了
by tonomariko | 2005-03-31 23:28 | ヨーロッパウェディング | Comments(0)
c0024345_2259412.jpg今回の目的は、友達の結婚式のヘアメイク。
というわけで、到着した日から、私とくにちゃんの結婚式奮闘記は始まった。
髪の毛の飾り探し、ブーケ購入、ヘアメイクテスト、スピーチ練習・・・結婚式直前にしてのん気爆発な花嫁はやる事いっぱい残していました。
毎日街へ出かけて買い物をしました。
毎晩夜なべをしてがんばりました。
c0024345_22592722.jpgそんなこんなで私達のくつろぎの時間はお食事時間のみ。
海老三昧、カニ三昧、豪華中華料理三昧。
食べた事もないような本格中華を頂きました。
が、その食事の時間こそが1日で最も濃い時間だったりした・・・。
「チームばばあ」。
それが花嫁の母と、その濃すぎる友達軍団につけられた名前。
「強烈個性の集まり「チームばばあ」は、花嫁も、私も、地元の花婿家族も圧倒・・・。
c0024345_2313079.jpg誰よりもこの楽しんでいたのはこの「チームばばあ」に間違いない。
すっかりノリノリな彼らは、次なる結婚式ワールドツアーを計画。
次回はくにちゃんの姉の、アラブの大金持ちとのピラミッドでの貸し切り結婚式。
その次は私の、フランスの大金持ちとのお城での貸し切り結婚式。
多分本気で彼らはやってくるだろう・・・。
c0024345_235202.jpg

c0024345_235404.gif人気blogランキングへ☆「チームばばあ」最高!!
by tonomariko | 2005-03-29 22:47 | ヨーロッパウェディング | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.