パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 春夏のイベントのため西荻窪「ぼわっと」本店の営業時間が変則的です。
  • 4月から7月は金曜日と土曜日は20時まで
  • それ以外は18時閉店となります(火曜定休)
  • こまめに「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムをチェックくださいね!
  •    
  • 渋谷ヒカリエ・シンクス5階に「ぼわっと」期間限定ショップ
  • 4月1日(日)から7月31日(火)まで
  •      
  • 東京都庭園美術館ミュージアムショップ「ブラン」内
  • 期間限定「ぼわっと」ショップ
  • 3月15日(木)〜6月12日(火)まで
  •    
  • JR阿佐ケ谷駅 ビーンズ内
  • 期間限定「ぼわっと」ショップ
  • 5月18日(金)〜6月30日(土)まで
  •    
  • 5月3日(木)〜5日(土) 国際フォーラム
  • ラ・フォル・ジョルネにも「ぼわっと」が登場します
  •    

カテゴリ:パリのお菓子( 66 )

何度通りかかっても、思わずウィンドーにへばりついて、「うわ〜っ。」っと目がハートになってしまうパン屋さん、ケーキ屋さんの店先に飾られたかわいいおいしそうなお菓子たち。
c0024345_21333437.jpg




パリときどきバブーを応援…


パリのこういう風景には、もうかなり慣れっ子になっているはずなのに、こういうウィンドーの前を通る私はいつまでも目がキラキラしてしまい、思わずはりついてしまいます。
毎日食べるんだったら、和菓子の方が大歓迎だけど。
見るんだったらパリスイーツでも楽しい♪
c0024345_2134062.jpg

日本に帰るたびに、「日本のお菓子の方がパーフェクトに揃っていて、美しくて、甘さもほどよくて、パリに負けていないな〜。」と感動するけれど。
やっぱりパリは何かが違うんだよな〜。
と、こういうウィンドーを見ると感じるのは。
たぶん、日本ではデパ地下などに整然と美しく並べられているのを目にすることが多いけれど。
パリでは普通に歩いている町中のパン屋&ケーキ屋で、しかも通りに面したウィンドーにこういうものが山ほど並べられているから魅力的なのかも。
「お〜こんなにも直射日光にさらされているケーキ達よ、大丈夫かい。。。?」
と、心配になってしまうのはさておき。
まるで宝石や洋服のように、外に見えるように並べられているのが楽しおいしい。
c0024345_21341310.jpg

そしてきれいに揃っているということもさておき。
大胆に、細かいことはそこまで気にせず作られているのが一つ一つの顔に個性があって素敵なのかも。
そういえば、長いこと日本の有名店、そしてフランスでも数店舗で修行していたというパティシエの女友達。

この世界は両方とも厳しいけれど、日本は本当に半端ない!
ケーキの大きさが違うなんてもってのほか。
ちょっと横が崩れたのをそのまま並べるなんてもってのほか。
ケーキの上にちょこっとのせる、お店のロゴが入ったチョコの位置が1mmずれてるだけで
「ふざけんな〜っ!!」
と怒鳴られて全部目の前でゴミ箱にケーキを捨てられて蹴られた。
日本は本当に厳しいよ〜。

と言っていたのを思い出します。
c0024345_21342661.jpg

どっちにしても、美しくて見ているだけでもウキウキしてくるようなケーキは、最高!
眺めてるとニヤニヤしてしまう。
そしてそんなこっちの気持ちを知っているようにこちらを向いて並んでいるパリのウィンドーは散歩の楽しみ♪
一口ずつ食べたい!
c0024345_21344054.jpg






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2010-03-17 21:57 | パリのお菓子 | Comments(18)

薬のういろう

小田原のういろう。
山口のういろう、そして名古屋のういろうに加えて。
私の「ういろう図鑑」にまた追加された、新しい「ういろう君」。
c0024345_2039338.jpg




パリときどきバブーを応援…


花嫁さんのお母様からいただいた素敵なプレゼント。
「ういろうセット」説明書つき。
です。
c0024345_20395914.jpg

最も好きだと言っていた山口の「豆子郎」に加え、私にとっては新顔の、でも実はいちばんの大元、発祥の地は小田原であるらしい?!
小田原のういろう。
栗入り。
(これは超もっちもちの栗蒸しようかんのようで本当においしかった!)
そして「薬のういろう」?!
c0024345_20401432.jpg

薬のういろうって?!
と、端っこから端まで説明書を読みまくり。
なるほど〜。
私の大好きだった「ういろう」は、もとはといえば、薬。
だからいただいたこれにも、「お菓子のういろう」と、わざわざ「お菓子の」と説明書きが書かれているけれど。
今回並べて食べて、読み比べることによって、また「ういろう」と仲良くなれたような気がした。
そして新たな「薬のういろう」の出現。
c0024345_20403158.jpg

そしてハッと思い出した!
そういえば、ミュージカルをしていた学生時代、「ういろう売りの台詞」とかが出て来て練習した覚えがあるけれど、「ういろう」っていうのは「ういろう売り」の「ういろう」だったのだ〜!!!
と、私の頭の中で別々のものだった「ういろう」がピッタリつながった気持ちのよい瞬間!
銀色の仁丹のようなコロコロした「薬のういろう」には。
なんと、専用の印籠型の入れ物まであるらしく…。
うほ〜っ。
私の心をくすぐるこの印籠ケース。
小田原に買いに行きたい〜っ。
次なる目標は、元祖小田原のういろうをたずね。
c0024345_20404343.jpg

印籠ケースを手に入れることに決定♪
それにしても、まさかパリで、こんなにも「ういろう」の知識が増えて行くとは…。
なんだか不思議な気持ちです。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2010-03-03 20:58 | パリのお菓子 | Comments(14)

開口一番カフェデート

年末のお菓子屋さん事件を書きましたが…。
一方で昨日も書いたように、すっごい「ウェルカム〜」でやさしく迎えてくれるお店の人もとってもたくさんいます。
c0024345_19462799.jpg




パリときどきバブーを応援…


おそらくかつてのパリでは考えられないほど。
以前はお店に並べてあるものを勝手に触るなんてとんでもないっ!
ということが多かった国だったみたいですが、世界一の観光都市。
毎日毎日世界中から、た〜くさんの人たちがやってきて。
そしてその中でも日本からはとてつもないほどの数の観光客がやってきます。
だから今はお店側の人もなんとなく日本人のことを知ってくれている場合も多く、やさしく迎えてくれることが多いです。
もちろん、いくら恥ずかしがりの国民だと分かってもらってるとはいえ、「ボンジュール」と「メルシ」の挨拶ルールが守れないとダメですが♪
c0024345_19465343.jpg

というわけで、お店の取材に行っても、昨日の事件のように「ありえんっ。」「むぎゃ〜っ!」「出た〜っ。フランス人〜っ。」ってことがしょっちゅうありつつも。
すぐにテンパってしまう人が圧倒的に多いのは事実ですが…。
まあまあまあ。
みんなとってもいい人のことが多くて。
本日登場のムッシューをはじめ、仕事をほっぽり出して相手をしてくれます♪
c0024345_1947782.jpg

この人気パン屋さんのムッシューも、いちばん忙しそうな時間帯だというのに、待ち合わせの時間にお店を訪れた私達に開口一番。
「じゃ、カフェでも飲みに行く?!」
と、店を飛び出してお隣のカフェにおしゃべりをしに…。
「えっ…。いいんですか…。」
「あの〜〜お仕事は〜〜…。」
って、こっちが心配になってしまう感じ。
「いいのいいの♪だって質問たくさんあるでしょ?カフェ飲みながらの方がゆっくり出来るでしょ♪」
と。
握手とともにそのまま手を取られたまま連れて行かれる感じで。
c0024345_1947223.jpg

そんな風に挨拶とともにお隣もしくはお向かいのカフェに連れて行かれたパターンが一体どれだけあったでしょう(笑)。
しかも、超〜お忙しいパン屋さんにこの傾向が多いのはどうしてだったんだろう(笑)。
最初は「え〜仕事ほっぽり出してそんなにお時間いただかなくても…。」と申し訳ないなあ…とカフェに連れて行かれていたのですが。
けっこうしょっちゅう起こるので、こちらもお言葉に甘えてたくさんお時間をいただくことにしちゃいました。

そしてみんなあつく語りだす♪
ほんと職人さんは心があったかい人が多いです。
そして当然のことながら、人気店となるようなお店のオーナーは、自分の仕事に誇りを持っていて、自分がつくり出す商品ひとつひとつに愛情を持っているので「あつい」!
そのまますぐに、情熱大陸1回分できちゃうほどみんなおしゃべり好きだったりするのです。
c0024345_19473951.jpg

そんな彼らは初めて出会った私に対してもこんな風にしてくれるから。
お店の常連さんともすっごい仲良しで。
お店に立っているとひっきりなしに顔見知り、知り合いがやってきます。
「どう?あれおいしかった?」
「う〜んもう最高だったわ♪」
「バカンスはどこか行くの?!」
なんてそんな会話ばかりで、いっこうにレジが進まない…。
どんどん客がたまっても、もちろんそんなことは気にしない♪
みんな楽しそうに会話しておいしいパン屋に幸せモードがたくさんあふれている感じ。
c0024345_19475396.jpg

そういえば、けっこう前にコーヒーは超たっぷり牛乳&砂糖入りしか飲めないお子ちゃまな私がちょっとずつカフェを飲めるようになってきたと書いたことがありましたが。
この「開口一番カフェ」の日々が続いてさらにコーヒーが飲めるようになってしまったのは間違いありません♪






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2010-02-19 06:06 | パリのお菓子 | Comments(8)
昔は、お店で勝手に物を触ろうものなら、飛んで来て怒って嫌な顔をするマダムが多かったというパリ。
そんな話は母からもおばからも、そしてかつて旅行をして来た色々な人から聞いていますが。
今のパリはずいぶんずいぶん日本人に、観光客に優しくなりました。
c0024345_2026369.jpg




パリときどきバブーを応援…


「ボンジュール」の挨拶などのルールさえ守れば。
「お客様は神様です。」精神は未だに全くないし、おしゃべりしながら、ガム噛みながら仕事しているかもしれないけれど、「そういうものなんだ。」と覚悟してさえいけば、みんなけっこういい人だったりする♪
しゃべれなくたって、問題なし。
「日本人はみないい人だわ。いつもニコニコしてるし、行儀がいいし。」
と、けっこう好感度は高かったりする。
c0024345_20265731.jpg

が、一部本当に感じの悪い人は、吹き矢でふいてしまいたいほど感じが悪い。
こういう人がテンパっている時はなお最悪。
そして普段は普通の人でも、一度テンパルととんでもないことになる人が多い。

今日は愚痴です♪
おフランスの「テンパッちゃう人多すぎる話」です。

フランス人って、同時にいくつものことをしたり、先へ先へと考えて行動したりすることがとっても苦手なような気がします。
よくフランス人と結婚した友達たちなんかと愚痴を言う時に出てくるのは、
「効率という言葉を知らない人たちだ。」
ということ。
もちろん例外だってあるけれど、あくまでもおおまかに分析したところ、絶対に効率が悪いっ!
同時に2つ以上のことが出来ない!
そして思わぬことが起こったり、いつもよりたくさんお客さんが来てしまったりすると、すぐにテンパって怒っちゃって感じ悪さを全開にする。
そんなことでけっこうしょっちゅう「ムカッ…。」とするわけです(泣)。
c0024345_20271283.jpg

このかわいい〜おいしい〜お店に取材に行った時も。
この店で働くお姉ちゃんはいつもより客が多くて、自分ひとりで行列(行列っていってもたかが3人くらいだけど…)をこなさなくちゃいけないことにイライラしてて。

「ふ〜っ。なんで私ひとりがしなくちゃいけないわけっ?!」(聞こえるように独り言)
「何がほしいのっ?」(客へ)
「そんなの今無理。」(2つの袋に分けて入れてくれと言った客へ)

って感じでそれは〜それは〜考えられないくらいイライラ失礼な態度。
さすがのフランス人のムッシューも呆れて帰ってしまっている人もいましたが…。
c0024345_20272773.jpg

そして取材のお約束をしていた私達は、
「約束しているものです。」
と挨拶いたしました。
ちなみにもちろん、お客さんが途切れるのを20分くらい待って。
誰もお店にいなくなったところを見計らって。
そしてお約束の日時を指定したのはお店側。

「今そんなこと相手してる場合じゃないのよっ。わたしひとりしかいないんだから無理よっ。」

とヒステリックに言ったっきり無視。。。。

ギョギョギョ〜出た〜!!
出た出たフランス人のテンパリ〜。
今客いないじゃん。
わたし一人って、クッキー売るくらい一人で出来るんじゃ〜!
そっちが時間指定したんじゃ〜!!

と、今でこそこうやってかなり落ちついて書けますが(笑)。
年末からそうとう長い間心の中であっため続けたこの事件。
はっきり言ってこの時は超〜超〜顔がひきつりました。

この店員はここのオーナーマダムの娘。
マダムは「私ちょっと昼休みに行くから。」なんてキーキーいう娘を置いていくし。

「すみません。あなたの娘さん、営業時間とか使えるカードとか、そんな質問にも答える時間ないって言っていますけど…。」

「大丈夫よ。あの娘に聞いて。そうじゃなかったらまた来週電話して。とにかく私、今からお昼食べに行くの。」

・・・。
c0024345_20274135.jpg

こういう感じです。
お客様は神様だってどころじゃなく、店員さんは神様です…。
こんな感じの悪い出来ない人がいるところ、載せる必要ないかなとも思ったりするのですが。
そんなこと言っていると、どんどん載せる所が減っちゃったりして…。
そんでもってそういうとこに限っておいしかったり、かわいかったりするし。
これはたまたまの出来事だったりもするし。
どうしたらいいのじゃ〜!!

私の本を持ってお店に行ってくれた人に嫌な思いは絶対にしてほしくないし。
これは同時に2つ以上のことが効率よく出来ないおフランスの典型的パターンでもあるし。
私は本当にこの時悩みました…。

また同じことされたらもうバッサリ切ろう!
ということで、後日この時テンパっていた娘さんから聞けなかったことを聞きに行くことになるのですが…。
それが〜普通に感じよかったりするんだなあ〜。
おみやげにクッキーまでくれたりして。
(ちなみに、前回のお詫びでクッキーをくれているわけでは全くない。とにかく言いたいこと言って、やりたい態度をあらわして、コロッケロッとするのがフランス人の特徴でもあるので、そんなこと相手は覚えてやしない…。)
c0024345_20275748.jpg

もうちょっと、がんばろうよ。。。
3人くらい並んでもテンパらないで、サクッとお客さんをさばけるようになろうよ。。。







↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2010-02-17 21:14 | パリのお菓子 | Comments(47)

せんべい屋をパリにっ!

見ているだけで幸せになる、
かわいいかわいいフランスのスイーツ。
大〜好きだけど。
c0024345_111991.jpg




パリときどきバブーを応援…


どうして甘いものしかないんだろう…。
「スイーツ」っていうくらいだから甘くても文句言われる筋合いは、スイーツさん達にはないわけだけど。
c0024345_1113157.jpg

フランスと言えば。
「おやつ」って言葉じゃなくて。
「スイーツ」と表現されるように。
ほんとに甘いものしかない。
けっこう前に、チョコレート屋での取材にて、試食に試食を重ねてもう「たずげでぐれ〜っ。水〜っ。」ってなった話を書いたのですが。
そのころ毎日毎日「スイーツ」のお店を取材して思っていたのは。
c0024345_111397.jpg

なんでやこの国には「せんべい」というおやつが存在しないのじゃということ。
フランスのおやつを紹介するとなったら、ともかく「甘いもの=スイーツ」になってしまう。
「おやつ」と言われる甘くないものといえば、パン屋のバゲッドサンドイッチ?
はたまたスーパーで売っているポテトチップ??

でもフランスの子供達が学校帰りに食べているものといえば、パンオショコラにチョコレートバーにチョコクッキー。
でもってプチ天使ちゃんのパパ達など、フランス人の大人達が食べているのも同じくパンオショコラにチョコクッキーにニュテラクレープ?!
甘〜いチョコのオンパレード。
c0024345_111506.jpg

というわけで、日本で「おやつ屋」さんの取材をすることになったら。
ケーキ屋さんにまんじゅう屋さんにあんみつ屋さんはもちろんだけど…。
せんべい屋さんとかせんべい屋さんとかせんべい屋さんとか…。
とりあえず塩系のものがたくさんあって気分転換になって絶対いいなあ〜。
甘いだんごやおしるこにだって、ちゃんとお口直しの塩系のものがついているし。
c0024345_1115945.jpg

甘・辛・甘・辛・・・。
よけい食べ過ぎちゃったりするのかもしれないが。
パリにせんべい屋を作りたい〜っ!!!






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2010-01-23 01:28 | パリのお菓子 | Comments(16)
1月に入ってからのフランスの風物詩。
ガレット・デ・ロワ。
c0024345_20463658.jpg




パリときどきバブーを応援…


年内から売り出すところがあったりと、年々発売時期が早まっているような気がするのですが。
まだまだクリスマスの前ですが、2010年に入る前に、1番目のガレットをいただいちゃいました♪
ちょっと気は早いけれどサクサクパイにアーモンド粉をたっぷり使ったしっとり中身。
あ〜おいしい♪
c0024345_2047118.jpg

クリスマスムードたっぷりのパリを発つ前の日。
最後の最後にパリの味をたっぷりいただいて。

バブーは飛行機に乗って…。
一路、地球の裏側へ…。
トランジットの空港で。
c0024345_20471674.jpg

あ〜まだまだ長旅が続くな〜。
ぼく、ちょっと疲れちゃったからこの辺で一休み…





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-12-15 21:08 | パリのお菓子 | Comments(12)
ちょっと前に、「日本人のお買い物の法則」についての記事を書きましたが。
c0024345_7432197.jpg




パリときどきバブーを応援…


毎日色々なところに取材に行くたびに、全く同じ話が出ることがとっても多いです。
どこのお店でも、「日本人の法則」は同じみたい。
先日行ったアイス屋さんでは…。
c0024345_7434353.jpg

以前、日本の雑誌にこのお店が紹介された時、取材用にと特別てんこもりパフェを作って、難色もアイスを重ねて入れたそうですが。
それが掲載されると、1日に何人もの日本人が、同じページを開いて、
「これと全く同じのをくださいっ!」
ってやってきて大変なことになったそう。
「何味かなんて、色を見ただけじゃ分からないし、あのときは取材用に特別に盛り合わせたものだったし、季節限定の味もあるし、同じものをくださいって来られるのがいちばん困っちゃうわ〜。」
と、マダムは笑っていた。
ピンクでも「いちご」「フランボワーズ」「木いちご」「チェリー」などなど…色々あるのだ。
c0024345_744039.jpg

だから私の本で紹介するときは、
「同じものくださいっ。」
っていうのは禁止よってちゃんと書いてねと念をおされてしまった…(笑)。
なかなか難しいお願いです。
こうなると、食べ物に関しては、必死でフランス語を覚えるしかないのかな?!
c0024345_7441855.jpg

でも食いしん坊的には、どんな言語でも、食べるためならがんばって覚えられるかも♪
文法は嫌でも。
メニュー解読語ならなぜか頭にスラスラ入る?!





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-11-17 07:54 | パリのお菓子 | Comments(12)
ここ1週間続いている。
パリの素敵な青空天気を喜んでいるのは。
私だけでも。
パリジェンヌたちだけでもなくって。
c0024345_7335520.jpg




パリときどきバブーを応援…


アイスクリーム屋さんも♪
すっかり夏の気候に戻って、昼間の太陽の下は暑いくらいのパリは。
閑古鳥が鳴いていたアイス屋さんがまた大復活しています。
パリでいちばんおいしいと言われている、サンルイ島名物、「ベルティヨン」のアイスクリームも同じく。
サンルイ島の中は、このベルティヨンのアイスを食べられるアイススタンドでいっぱい。
c0024345_7341950.jpg

どこの店も「ベルティヨン」をうたって、アイススタンドを出していますが、どこも大盛況。
並ぶのがちょっとという場合は、そしてお天気の時に大人気ですぐにいっぱいになるテラス席は通り過ぎて。
店内が穴場だったりします。
西日が差し込むカフェで、セーヌ川を横目に見ながら。
ベルティヨンのアイスを食べる♪
まだまだおいしくアイスをいただける日が続きそうです。
秋の味覚、「マロン」はまだ時期にはもう少しかかるなんて言われてしまったし。
マロンを食べられる日まで。
c0024345_7343789.jpg

暑すぎるくらいの日が続きますように…。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-09-24 07:41 | パリのお菓子 | Comments(10)
あああっ。
ラデュレがまた模様替え。
c0024345_716759.jpg




パリときどきバブーを応援…


ウィンドーが秋になっている〜。
秋の味覚。
キノコ。
シャンピニオン。
c0024345_7162595.jpg

かわいいシャンピニオン一色♪
真っ赤なキノコとの、同じ色のマカロンちゃん。
あたし、これが欲しい〜!!
c0024345_7164838.jpg

プチ天使ちゃん。
赤いキノコに夢中♪
c0024345_717438.jpg

絶対、コレがほしいっ。
ほしいっ。
こうなったらもう離れない。
赤いキノコちゃんが気になってしょうがない。
c0024345_7174119.jpg

かわいいマシュマロ人形買ってもらったばっかりなのに…。
あたしは赤いキノコがいい…。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-09-22 07:22 | パリのお菓子 | Comments(6)

ラデュレ・バー

小・中・高と12年間を一緒にすごした同級生がパリに遊びに来てくれました。
c0024345_19325036.jpg




パリときどきバブーを応援…


ドイツで声楽をしているという彼女。
オーディションなどに使うプロフィール写真をパリに撮りに来てくれました。
実は数えてみたら会うのは卒業ぶりだということが判明。
高校卒業。。。
何年前かは数えたくありません。。。
c0024345_19331127.jpg

超感動の大再会を果たし、ヘアメイクしてパリの街へ写真を撮りに繰り出したらあっという間に高校時代に逆戻り。
大爆笑しながら、美しいパリの街を背景に、オペラ歌手なりきりモードで写真を撮って、おおはしゃぎ♪
とんでもない長い年月がたっているけれど。
小・中・高。
よきも悪きも全てを知り尽くし合う時代を一緒に過ごした友人とはネコをかぶる必要もなく♪
かぶってもムダで♪
卒業以来の空間を、一晩で語り倒しました。
c0024345_19332355.jpg

一緒にお茶したここは、「ラデュレバー」。
シャンゼリゼ通りのラデュレの奥に新しく出来たラデュレのバーです。
メニューのスイーツなどはちょっと違ったりするけれど、もちろんマカロンは食べられます。
夕方近くだったというのに、サロンドテは長蛇の列。
おみやげお持ち帰りコーナーも超・長蛇の列。
観光シーズンのパリ。
どこも行列ですごいことになってきました。
c0024345_19333663.jpg

まだまだあまり知られていないお店の奥のラデュレバーはそんな大混雑の行列を通り抜けて。
ちょっと大人な空間でした。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-05-06 19:46 | パリのお菓子 | Comments(18)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.