パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 2018年バブーカレンダーの在庫は
  • 残り少なくなっております。
  • ご希望の方はお早めに「ぼわっと」店舗
  • もしくは「ぼわっと」HPから通販をご利用ください
  •    
  • 大阪・阪急うめだ フランス展に2018年も参加します
  • 3月7日(水)から13日(火)
  • 詳しくはまたお知らせします
  • みなさんどうぞお楽しみに!
  •    

カテゴリ:パリの食( 183 )

c0024345_7432571.jpg日本でも有名な紅茶屋さん、Mariage Freres(マリアージュ・フレール)。
「言わずと知れた・・・」なんてガイドには書いてあるが、私はいつも同様無知で、日本にいる時は名前をどこかで聞いたことがある程度だった・・・。
お恥ずかしながら、パリに来る友人達が、ここの紅茶をおみやげに買って帰るのを見ていてきちんと知っただけ。
c0024345_737568.jpgコーヒーはほとんど飲まない(牛乳たっぷりでないと飲めないお子チャマだ。)完全なる「紅茶派」のくせして、紅茶派おいしければいいなんて適当に思っていた。
そんな私を見て飽きれたやさしい後輩が、先日日本に買って帰るおみやげと一緒に、私にまでおみやげを買ってきてくれたのが私が本当にマリアージュ・フレールと出会ったきっかけ。
それが、誰もが知る(本当にみんな知っているの?!)、「マルコポーロ」との出会い。
本当に香りがよくて、目をつぶって深呼吸するとアロマテラピーのよう。c0024345_7382220.jpg
私もそれ以来、ちょっとでもゆったりできる日の朝には、ティーバックではなくて「マルコポーロ」を淹れるようになった。
400種類以上のお茶があるこの紅茶専門店、ブランチも大人気、予約なしでは入れないということで、日本からのお客様にご一緒させてもらい、私もついに念願のマリアージュ・フレール初入店(入ったことすらなかった・・・)。
c0024345_739138.jpg「ブランチ」といっても、シャンパンに始まり絞りたてフルーツジュース、スコーンとマフィン、フォアグラとサラダ(この写真のチョコレートケーキのようなものがフォアグラです)、ワゴンから好きなものを選ぶデザート、そしてもちろん400種類以上の中から選ぶ紅茶・・・とかなり盛りだくさん。
あまりの盛りだくさんぶりに、お腹一杯になりすぎて、デザートの前にギブアップしてケーキにたどり着かず・・・!!デザートはお持ち帰りにしてもらったのでした・・・。
問題はお値段?!
c0024345_7393530.jpg以前からここのブランチは本でチェックして気になっていたのですが、まだフラン表示のこのこの本によると、なんと昼のブランチが30ユーロ弱(約4000円)。
現在はユーロ変換時の便乗値上げもプラスされたのか、なんと39ユーロ(約5200円)なのです・・・。これをどう受け止めるかは人それぞれということにして・・・。
素材のひとつひとつは本当においしい。私のこの日の衝撃No.1は焼きたてのマフィン!!
私にとっては本場イギリスのマフィンを完全に抜き去るほど、中がモチモチしていておいしかったので帰りには隣接のお店でお持ち帰りまでしてしまいました・・・。(でもやっぱりその場で食べた方がおいしかった!!)
とっておきの優雅な休日ブランチに、たまにはこんな贅沢はいかが・・・?!
c0024345_7522659.jpg


←人気ブログランキングの応援ありがとうございます。
by tonomariko | 2005-11-15 23:20 | パリの食 | Comments(12)
c0024345_1140074.jpg毎日おいしいものを食べ歩き、素敵な場所を体験する、ご機嫌な飼い主様を横目に、非常にご機嫌ななめ?!なバブー君。
自分は変わらぬペットフード。
飼い主様はマカロンやらフレンチやらを食べ歩く1週間・・・。
これも日本からのお客様が来ている時だけの私の楽しみ♪
だから許してもらおう。今日もおいしいもの。
c0024345_11545483.jpgパリで200年前から続くパン屋さん、POILANE(ポワラーヌ)。
日本はもちろん、世界中に発送されているポワラーヌのパン中で、最も有名なのが名物 PAIN DE CAMPAGNE 〈パン・ド・カンパーニュ〉、ポワラーヌの田舎パン。
昔ながらの製法をそのまま受け継いで作られているという、ず~っしりとした栄養分豊かなパン。
c0024345_1251527.jpg1個の直径はなんと30cm、重さは1.8kgもあるそう。
表面は硬く、中身はもちっとした食感で、ちょっと酸味のある、独特な風味。
好き嫌いはあるのかなと思うが、ビックリするほどの人気。
パリ中のスーパーマーケットや総菜屋で売られているし、ポワラーヌのパンを使っているパリの有名なビストロやカフェも多い。
c0024345_1293951.jpg私自身は「この田舎パンだけを食べたい!!」というほど好きではないのだが、このポワラーヌに隣接しているカフェレストランはちょっとしたお気に入り。
(ポワラーヌが経営しているのかなどは全く知らないが・・・)この田舎パンのタルティーヌを食べる事が出来るお手軽なレストラン。
20種類くらいあるタルティーヌはどれもとってもおいしい。
c0024345_1215725.jpgいつも昼時になるとにぎやかな満席御礼。
地区柄、とてもオシャレなフランス人達。そしてやっぱりここも日本人(店の入り口には日本の雑誌で紹介された記事が貼ってある)でいっぱいで、この日も15分待ち。
今回は迷った挙句、①スモークサーモン、②アボガドのディップとカニ、③チーズと生ハムのタルティーヌ。
ボリュームたっぷりなタルティーヌは、それぞれ違うものを注文して、色々な味を楽しむのがベスト!
相変わらずカフェの名前も覚えていない私・・・。お隣ポワラーヌの住所だけ。
★Poilane(ポワラーヌ) 8 rue du Cherche Midi 75006
c0024345_1229726.jpg


←人気ブログランキング、応援のワンクリックお願いします!!
by tonomariko | 2005-11-12 23:21 | パリの食 | Comments(10)

小さなイタリア総菜屋

c0024345_6523150.jpgおいしいものの話が連続しているが、今日も懲りずに「食」で・・・。
仕事が忙く疲れ果てている時なんか、食い意地娘とはいえ、野菜をきざむ気力がなくなってしまうことだってある・・・。
そんな時は昨日の日記のように、たまの贅沢お菓子やお惣菜が強い見方。
非常事態の強力なパートナーになりそうな、おいしい総菜屋さんに出会った。
ぽっちゃりした陽気ないかにもイタリアンなおばさんマダムのいる、6区にあるイタリア総菜屋さん。
小さな店内にはショーケースに並べられたサラダなどのお惣菜、チーズ、生ハム。
一面の棚に並べられた各種パスタやオイルやワイン・・・。
c0024345_775142.jpg店の外のテーブル席では食べる事が出来る模様。聞くところによると、週末のお昼なんか、いつも人で満席だそうだ(そんなことを聞くと余計行ってみたい)。
お隣のカフェと協力してやっているそうで、飲み物などはお隣から運ばれてくるらしい。
とりあえずこの日は、2種類のラビオリと3種類のお惣菜を買って帰る。
シコシコ具合が最高の生パスタは、さっとオリーブオイルにからめて。
乾燥トマトのオイル漬け、セップ茸のオイル漬け、アーティチョークのオイル漬けは塩辛すぎず最高の味!!
少し薄れてきていたイタリア熱(→イタリア5日間の旅編 ブログ8月31日~9月5日)を、完璧に蘇らせてくれた陽気なマダムのお店だった。
張り切ってもらってきた名刺は、どうやらお隣の協力カフェのものだったらしいので、お店の名前も分かりませんが、カフェのお隣だと思われるので、こちらの住所を記しておきます。

★協力お隣カフェ 81 Rue de Seine 75006 Paris
c0024345_775039.jpg


←人気ブログランキング、毎日1回クリック!!
by tonomariko | 2005-11-05 22:33 | パリの食 | Comments(5)

辛いもので風邪に対抗

c0024345_21153140.jpg一気に気候が変化したパリ、風邪が流行っている。
特に子供の中ではかなり流行しているらしい。
本業の傍ら、くもんの先生やら家庭教師やらをしている私にはもちろん、子供達とやたらめったら接触する機会も多く、風邪菌を頂くチャンスが増えてしまう。
そんな風邪菌に対抗すべく、辛くておいしいタイ料理。
c0024345_21155718.jpgもちろん、何度も登場しているお気に入りのお店。
ここは何を食べても感動のおいしさが体験できるため、他のお店にチャレンジしてみようなんていう必要性を全く感じない。
多分これからもタイ料理といえば、このお店だろう♪
初チャレンジは「皇帝牛肉」。
意味が分からない。
が、周りを見回すといつもかなり多くの人々が注文している品。
c0024345_21171834.jpg焼肉のカルビとビーフジャーキーの柔らかいものの中間?!のようなものが、しょうが漬けになって味がついている。感じ・・・。
説明が難しい。酒飲みにはたまらない一品。
そしていつもの小蟹の揚げ料理。鶏のから揚げ竹の葉包み。生海老のニンニク&ミント包み、激辛ソース食べ・・・etc。
「いつもと違うものを注文して新しいものにチャレンジする」という目標を、今日もまた対して果たせぬまま、はちきれそうなお腹を抱えて帰ってきたのでした・・・。
c0024345_21204491.jpg

c0024345_10194785.gif←この写真を見てお腹がすいた人は1票!!
by tonomariko | 2005-10-04 21:07 | パリの食 | Comments(4)
c0024345_2235476.jpg先日、お店だけは紹介済みのユダヤサンドイッチ、ファラフェル。
ひよこ豆のコロッケに、揚げナス、紫キャベツやキュウリなどのたくさんの野菜たちがピタパンにサンドされたもの。
マレ地区のロジエ通り(rue des Rosiers)は、通称ユダヤ通りと呼ばれていて、ユダヤ食品店、美容室などが軒を連ねる。
このファラフェルも、もちろんこの通りに何軒もお店があって、ランチタイムからおやつ時にはどこのお店も人がいっぱい並んでいる。
紹介するほど色々なお店で食べた事はないが、大抵どこもおいしくて、ボリュームたっぷり。
c0024345_22354113.jpg今日は日本のガイドブックにも「味・量ともにベスト1」と紹介されているお店へ。
色々なソースとぎっしりの中身で何がなんだか分からないが、確かにボリュームたっぷり。
かぶりつくというよりは、スプーンで中身をすくいながら食べる感じ。
お値段はこれ(ファラフェル・スペシャル)で4ユーロ。
サンドイッチといっても熱々の揚げたてナス&コロッケがたっぷりなので、お腹も十分満たされます。
オシャレなお店のウィンドーショッピングをしながら、食べ歩きファラフェル。
ちょっとお薦めお手軽ランチコースです。
c0024345_223891.gif人気blogランキングへ★ベジタリアンにもぴったりサンド
by tonomariko | 2005-09-14 22:18 | パリの食 | Comments(4)
c0024345_859986.jpgいつも色々なおいしいものを教えてくれる友達に、また新しい食べ物を教わった。
つぶれたモモとミラベルというフルーツ。
つぶれたモモはなぜこんな形なのかは分からない。
見た目は和菓子。
ツルツルで白餡で出来ていそうなお饅頭。
種は小さくて皮も手で剥けて、中は甘~くて白桃そのものの味。
思わず次の日八百屋で探して発見。
c0024345_8595232.jpg「平らなモモ」というそのままの命名を受け、おいしそうに並んでいた。
ミラベルは私にとっては初めてのフルーツ。
見た目はチェリーよりちょっと大きめサイズ。
梅のようにも見えるこのフルーツは食べるとチェリーとアンズのあいのこ。
酸味は少なくてちょっとねっとり感があるところがアンズっぽい。
知らなかったので見過ごしていたが、スーパーでチェックしてみたら、やっぱりこちらもきちんとフルーツコーナーに並んでいた♪
ミラベルっていう名前がかわいい♪
c0024345_904172.gif人気blogランキングへ★おしりのようなモモ♪
by tonomariko | 2005-08-23 22:51 | パリの食 | Comments(0)
c0024345_933185.jpg2年半前、パリについて私がまず夢中になったもの。
それはもちろんおいしいパンとケーキとチーズとワイン。
出発前に友達にもらったパリのカフェ本を片手に、毎日のように偵察に出かけ、もちろん試食。
そんなことをしているうちに、もちろんあ~っという間にデブり、後悔しまくった。
そんな私もいい加減に食べ過ぎて、日本食を求めて日々さまよいまくっていたが、再び周期がやってきたのか、最近むしょうにおいしいケーキが食べたくなる。
新しいアパートに移って、歩き回るところが少し変わったりしたせいもあると思う。
だってここは歩けば色とりどりのフルーツが上からこぼれそうになっているウィンドーにぶつかり、歩けば毎日1種類ずつ食べても1年で終わらないというチーズに出会い、カフェでは水よりワインが安い国なのだ。
夏休みに向けて日本からのお客様がしばらく続くし、またダイエットとは程遠い日々が続きそう・・・。
c0024345_941090.gif人気blogランキングへ★ケーキ♪チーズ♪ワイン・・・
by tonomariko | 2005-07-01 23:52 | パリの食 | Comments(0)

ぶっとびタイ料理

最近グルメねたが少ないが、素敵なパリネタを日記に更新している間にも、私はつねにおいしいグルメを求めてさまよっている。
パリではおいしいアジア料理がたくさん食べれるが、この間はぶっとびおいしいタイ料理に出会った。
今まで、お値段も安くはない有名タイ料理に行っても、「おいし~い」くらいだったが、この間連れて行ってもらったところは、やばい。
半信半疑でついていったが、1品目で私はノックアウト。
「青いマンゴーのサラダ」
何もかもがおいしいし、確かに超人気で満席だし(私たちは22時半まで待った)、安いし、言う事なし。
パリに遊びに来てくれた人をご案内する場所がまたひとつ増えました。
先週もすでに2回目に行ってしまったくらいおいしい。
今まで食したもの。
「青いマンゴーのサラダ」、「チキンのから揚げ笹の葉包み」、「タイ風グリーンカレー&もち米」、「オムレツ包みタイ風焼きそば」、「マンゴーともち米のデザート」・・・などなど。
名前は勝手に付けたので定かではないが、とりあえず私のグルメ人生に新たな記録。
ちなみにボリュームもあるのに色々食べたいので、常に4人以上で行くのがベスト。
c0024345_20373839.jpg

c0024345_2038225.gif人気blogランキングへ★パリで1番おいしいタイ料理
by tonomariko | 2005-04-30 23:22 | パリの食 | Comments(4)

グルメ三昧

c0024345_291216.jpg日々グルメを堪能しているが、今日は今まで気になっていたものをかなりまとめてグルメした。
いつもはなかなか足を伸ばさない7区にあるお店たち。
パリのおいしいもの屋ばかりが集まった本に載っている気になっている店。
パリでNo.1に輝いたバゲットのあるパン屋さんで買ったバゲット。
もうひとつのパン屋で購入したりんごタルトとマカロン。
c0024345_2101378.jpg自分の店の地下にあるカーブで、最高の状態にまでチーズを熟成させてから店頭に出すチーズ屋さん。
(チーズはもちろん、ここのバターが超一品だった!!)
天井から高級生ハムが大量にぶら下がり、色々な種類の総菜屋料理が並ぶ総菜屋(こういうのは何屋というのだ??)さん。
生ハムもきれ~いに薄く切ってくれる。
c0024345_2113513.jpg日本からのお客様と一緒なので、これでもかというほどおいしいものをゲットして、豪華なディナーパーティー。
いつもは適当に直感で選ぶワインも、今日はそれぞれの素材、料理に合った赤ワインを厳選して購入。
凝った料理でなくても、素材がおいしいだけでこんなに一つ一つに味があのだと感動した。

←このブログが気に入ったら応援クリックを!!
by tonomariko | 2005-03-22 23:02 | パリの食 | Comments(2)

オーガニックマルシェ

c0024345_8534381.jpg長~い暗~い寒~い、パリの冬にもようやく終わりが見えてきて、このところ続くお天気に、早く起きないと損な気がした。
いつもだったら週末好きなだけだらしなく寝てしまうのも反省し、今日は朝早く起きて2つもマルシェへ。
待っていてくれたような快晴で、バブーと気持ちいいお散歩がてらまずは近所の朝市。
「な~んだ。朝早い時間に来ればこんなに品物あるんだぁ。」と思いつつ、2004年度金メダルのお安いワイン購入。
更に電車で足を伸ばして、日曜日限定のラスパイユ通りのオーガニックマルシェへ。
c0024345_8564373.jpg入ったとたんに野菜の美しさに感動して思わずパチリ。
おしゃれなパリガイドなら、「日曜日は早起きしてオーガニックマルシェへ。出来立てのタルトや新鮮な果物を買って、パリジェンヌのようにかぶりつくのもいいだろう・・・」
なーんて書いてありそうだが、貧乏学生にとってはそう簡単に買えない。
オーガニックは普通よりお高めです。
c0024345_8572087.jpg「見るだけ。見るだけ。」と思って十分楽しんでマルシェを通過。
が、地下鉄をホームで待ちながら、なんだかせっかく来たのにと思い直して再びマルシェへ。
長ネギのキッシュとオレンジアーモンドタルトを今日のランチに♪
そしてどうしても気になった長蛇の列の乳製品屋さんで、ヨーグルトを購入♪
c0024345_8581433.jpgこのお店ではみんなが買う前に空き瓶を置くのでなんだろう・・・と思っていたら、どうやら毎週買って帰ったヨーグルトや牛乳の空き瓶をまた持ってくるようだ。
みんな常連さんなんだ。
そして出口のそばにあった鳥の丸焼き屋がまたやばい!
数あるチキンの丸焼き屋さんの中でも圧倒的に目を引くチキンの焼き加減とおいしそうさ。
思わず近寄ってまたまた写真を撮っていたら、お兄ちゃんが
「俺のパフォーマンスを撮ってくれよ~!!ほーらみんな見てみて!俺のぱすっごいパフォーマンスが始まるぜ。」
c0024345_923764.jpgと言いながら焼きたてチキンにグサッと包丁を振り下ろし、真っ二つに・・・。
彼はもう切れているチキンに何度も何度も包丁を振り下ろし、私に写真を撮らせた。
見せると「お金を払うから焼き増ししてくれ。」と。
「来週持ってくるよ。」と思わず言ってしまったが、また来週この誘惑の中を歩く事になるのか・・・。
c0024345_933622.gifお兄さんの豪快なパフォーマンスにクリック!!
by tonomariko | 2005-03-13 23:40 | パリの食 | Comments(0)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.