パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーと3歳の息子プチモンスターと共に、パリの日常をお届けします。
東京・西荻窪のフランス雑貨店「ぼわっと」オーナー。
パリのガイドブックなど著書は13冊。雑誌やウェブメディアでもコラム連載中。
プロフィール
by tonomariko
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 西荻窪・フランス雑貨店「ぼわっと」
  • 7月のお休みは5日(金)と6日(土)
  •    
  • 2024年秋以降の百貨店フランスフェアなど
  • イベントのお知らせはもう少しお待ちください
  •    
  • パリオリンピック期間中はバブー家inパリ
  • ブログ、インスタなどから現地の様子を発信します!
  •    
  • 「パリの小さなアパルトマンで楽しむおうち時間」(世界文化社)発売中
  • ぼわっと通販は shop@boite.tv から!

夏のバカンス8 『ポルトガルのヴェネツィア』には「?」だけど可愛い町『アヴェイロ』♪

ポルトガル北部のポルトを出発して、ポルトガル首都リスボンへ。
南下する距離は約320km。
車で3時間くらいなので、その間にちょこちょこ寄り道をして向かいました。
まずは貝や魚の形の名物お菓子『オヴォス・モレス』が銘菓の『アヴェイロ』という街へ。




夏のバカンス8  『ポルトガルのヴェネツィア』には「?」だけど可愛い町『アヴェイロ』♪_c0024345_21462084.jpg








パリときどきバブーを応援…



15世紀に女子修道院で誕生して銘菓になっているお菓子は街を歩いていると、パン屋さんでもカフェでもどこでもウィンドーに飾られているアヴェイロ名物。
私たち日本人的にいちばんわかりやすく説明するなら、最中の皮の中に、鶏卵そうめんの味にそっくりな卵黄クリームが詰まっているお菓子って感じです♪
どっしりずっしり甘い。



夏のバカンス8  『ポルトガルのヴェネツィア』には「?」だけど可愛い町『アヴェイロ』♪_c0024345_21461934.jpg


たくさん食べられるものじゃないだろうなと思って、数個だけ買ってみたけれど、ちょっぴり癖になるお味。
ちょっと和菓子っぽくもある。
そしてカフェというか、抹茶とかに添えて1個いただいたりしたらとても美味しいなあという感想でした。
ポルトガルのスーパーにはどこに行ってもお菓子コーナーにこのお菓子が箱入りで並んでいました。



夏のバカンス8  『ポルトガルのヴェネツィア』には「?」だけど可愛い町『アヴェイロ』♪_c0024345_21461919.jpg



さて、アヴェイロは運河が張り巡らされていてガイドブックには「ポルトガルのヴェネツィア」なんて書いてある町なのですが、
『◯◯のヴェネツィア』という表現は本当にヨーロッパ中であるあるなよくある言い方で、小さめの運河と小さめの船があれば全部ヴェネツィアか〜い!!
とつっこみたくなるところが多いのですが、まさにアヴェイロもそうでした(笑)。
絶対にあるあるだよね。
って言いながら行ったので、やっぱりねですんだけれど、ヴェネツィアではないです(笑)。



夏のバカンス8  『ポルトガルのヴェネツィア』には「?」だけど可愛い町『アヴェイロ』♪_c0024345_21461977.jpg


弓のように反り返った形が特徴的な『モリセイロ』と呼ばれる小舟がこの町のシンボルになっていて、この舟に観光客を乗せて運河をクルーズするのですが、観光客に必ず写真を撮られるだろうカラフルなかわいい街並みが並ぶ中央運河沿いからかなりのエリアが大規模な工事中で、残念ながらさらにヴェネツィア感はなく、工業地帯をクルーズという雰囲気になっていました。
中心のちょっとした部分以外は(↑)こんな感じの景色や塩田が広がっているし。
とはいえ、小さな町自体はこじんまりとのんびり可愛いところなので、町さんぽはみんなで堪能しました♪



夏のバカンス8  『ポルトガルのヴェネツィア』には「?」だけど可愛い町『アヴェイロ』♪_c0024345_21462006.jpg


リビング、キッチン、バスルームと、今我が家に何枚も敷いているマットはこのアヴェイロで見つけたものだし♪
こじんまりとした素敵な雑貨屋さんを見つけたり。
塩を買ったり。



夏のバカンス8  『ポルトガルのヴェネツィア』には「?」だけど可愛い町『アヴェイロ』♪_c0024345_21462050.jpg


そしてここでも、すっかり気に入っちゃったポルトガルのB級グルメ『ビファナ』を求めてさまよいまくり、お店のムッシューとマダムにバブーがもうわしゃわしゃわしゃわしゃ可愛がられて抱きしめられて離してもらえないし♪
みんななぜこんなにイヌに優しいんだろう。
ちなみに、ポルトガルはフランスの日常と比べるとびっくりするほどほぼパーフェクトに飲食店の店内はイヌがNG。
だからカフェやレストランでもバブー連れの時はテラス席を探すしかなくてけっこう苦労したのですが、
イヌ連れでテラスにいたら、もうほぼ100%お店ん人たちが出てきてわしゃわしゃしてくれるくらいみんなイヌが大好きなようでした。



夏のバカンス8  『ポルトガルのヴェネツィア』には「?」だけど可愛い町『アヴェイロ』♪_c0024345_21461904.jpg


なんでこんなにバブーにみんな話しかけてくるんだろう?
まるで動物園で初めての動物に出会ったかのように寄ってくるんだけどなぜなんだろう?
と話しながら旅を進めていたのですが、私たちの観察した結果、どうやらこういうぬいぐるみっぽいタイプの小さな犬種がポルトガルでは珍しく、ほとんど見かけないために話しかけられてバブー抱かれるのかもと気づいた4日目くらいのポルトガルなのでした。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2023-09-02 22:43 | ポルトガルの旅 | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.