パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 今年も「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • 伊勢丹新宿「ぼわっと」フランスウィーク連動企画 5階センターパーク
  • 4月10日(水)から4月23日(火)まで
  •    
  • 蔦屋書店(中目黒店)内 「ぼわっとコーナー」
  • 好評につきしばらく開催中

パリオペラ座 10ユーロで観劇×感激

c0024345_22401236.jpg前回に引き続き、パリオペラ座。今日はオペラ座劇場内部へ・・・。
パリオペラ座は、19世紀後半、ナポレオン3世によって打ち出された、大規模なパリ改造都市計画のひとつとして建設された。
貴族や資産家の社交場として建設されたオペラ座は、設計コンクールで選ばれた、当時36歳だったシャルル・ガルニエによって設計されたそうだ。(だからオペラ・ガルニエと呼ばれるのだ・・・なるほど。)
内部は、豪華な赤と金で飾られたバルコニーを持つ約2000席の豪華な劇場。
c0024345_22403716.jpg豪華に光り輝いているシャンデリアは、なんと重さ7トンもあるそう!!
天井一面はシャガールによって手がけられた見事な天井画。
この間は1番上の階のバルコニー席だったため、シャンデリアも天井画も目の前。
この席はなんと10ユーロ(約1400円)という安さなのだが、階下のバルコニー席と違い、頭上が天井まで開いているので、視界をさえぎるものが何もない。
c0024345_2241375.jpgしかも構造上なぜか分からないが、舞台もほとんど見切れず見ることが出来る(席からの眺めはこの写真のような感じ)。
下のバルコニー席は、個室で雰囲気は最高に素敵なのだが、残念ながら2列目以降は、乗り出したり立ち上がったりしても、舞台の半分以上が見切れてしまう・・・。(でも雰囲気を味わうだけでも行く価値があるけれど!)
それにしても、たった10ユーロで一流のオペラやバレエが見れるなんて、やっぱりすごい。日本の大人の映画料金と同じだ!!
日本なら安くて3000円、それも安い席は劇場の後ろ数列しかなかったりする・・・。
文化的違いはあれ、まだまだ「舞台に行く」というのが普通に浸透していない日本、この位気軽に行けるものだったらなあ・・・と願ってしまいます。
c0024345_2353391.jpg


←安い席でオペラ座を楽しんでみたい!と思ったらクリック!!
Commented by cinephile at 2005-11-03 03:39
こんばんわ~!本物を見ることができるって こんな幸せなことないよね。私も去年はKIDSをつれて、『魔笛』を見に行きました。高田賢三さんの衣装だったんです。いいものを見せてあげたかったかなあ。その後『眠れる森の美女』のバレエをみに家族で行きましたけど、隣で爆睡のオット、もうぜ~ったいに一緒に行きません!
Commented by tonomariko at 2005-11-03 04:51
→cinephileさん そうですよね。日本で彼らの来日公演を見たら、1万円じゃ足りないですよね・・・。私も眠れる森・・・も見に行きましたよ!!しかも2回も。素敵だったーー。そんな隣で爆睡してたら私なら殴ります(笑)。もしくは私にチケットくれっって感じです。
Commented by とろそれ at 2005-11-03 17:42 x
おはようござます~~
私も今日当たりチケット探しに行こうと思ってました。
まだ今シーズン行ってないんですよ(涙)
ガルニエで観るバレエ、いいですよね。
あの現実感のない雰囲気が鳥肌が立つほど好きです♪
Commented by tonomariko at 2005-11-03 18:36
→とれそれさん 私も年末バレエのチケット買いに行かなくては!!バレエなんて日本ではなかなか見た事がなかったけれど、あの普通に見れる雰囲気、そして舞台に行く事は特別でない男女ともども楽しめる雰囲気が大好きです。
バスティーユのほうが100倍見やすいけれど、やっぱり雰囲気はガルニエですよねえ・・・。
by tonomariko | 2005-11-02 23:55 | パリのイベント&エンタメ | Comments(4)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.