パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 秋・冬も「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • 京都タカシマヤ「ぼわっと」ポップアップショップ 1階ゆとりうむ
  • 12月5日(水)から12月11日(火)まで
  •    
  • 京都町家ギャラリー「ぼわっと」ブロカント編 バブー参加
  • 12月14日(月)から12月17日(月)まで
  •      
  • マルイ・北千住店 「ぼわっと」ポップアップショップ
  • 12月14日(金)から12月26日(水)まで

水の都、ヴェネツィア

c0024345_714470.jpgミラノから3時間、水の都運河の街、ヴェネツィアへ。
こちらも2000年訪問以来、2度目の場所だったが、前回も1番気に入った街だったのがここ。
車も自転車も通らない、運河を走るボートと自分の脚だけが移動手段の水の都。
何千、何万羽?!いるかもわからないほど鳩で埋め尽くされた広場は、生演奏の流れるカフェに囲まれたサン・マルコ広場。
c0024345_7153367.jpg1日中、観光客で溢れかえっている活気に満ちたリアルト橋。
橋から運河を眺めれば、下をゴンドラが行き交い、橋の両側にはびっしりみやげ物屋が並ぶ。
パーフェクトに観光地にされているこのヴェネツィアという街、観光客として周っても完璧に楽しめる。
そしてちょっと上級テクニックを見せて、観光客のいない小路へ小路へ・・・と入っていくと、ゴンドラと舟が並ぶ、狭くて静かなヴェネツィアのもう一面を見ることが出来る。
c0024345_7231784.jpg地元の人たちが犬を散歩し、夜ご飯のための買い物をし、子供達がボールを追いかけ、運河沿いで親子が休憩する・・・そんな日常の風景に出会うことが出来る。
迷っても狭いヴェネツィアのこと、街中に表示されている矢印に沿っていけばすぐに観光スポットに出ることが出来るので、私は迷わず小さな路地へ入っていくことをお薦めする。
c0024345_7273441.jpg私の夢のひとつだったゴンドラは、またまた次回へもちこすことにした。
あまりお安くないゴンドラ、貧乏旅行には似つかわしくないので、いつかまたここに来れる時ようにとっておいた。
その代わり、たった9ユーロ(29歳まで。それ以上は10.5ユーロ)で24時間乗り放題のチケットで、ヴァポレットと呼ばれる水上バスを駆使して、思いっきりヴェネツィア運河の旅を楽しめる。
周辺の島へも行き放題だし、夜中中運営されている舟に乗れば美しい運河ナイトクルーズが楽しめる。
昨日の日記に書いた、最高においしいレストランもここヴェネツィアのお店だし、また近いうちに来る事必須な素敵な運河の街なのです・・・。
c0024345_7292890.jpg


←このブログが気に入ったら応援クリックを!!
Commented by ichiroy813 at 2005-09-06 10:15
ベネチアいってみたいです。。食費が高いとききましたが。。。
Commented by さこ at 2005-09-06 12:06 x
ベニス、私もすっごく好きです。また行きたいな~
Commented by tonomariko at 2005-09-06 18:11
→食費とか、そんなに高くないです。観光地のど真ん中でさえ、少なくとも、パリより全て安いです。そして昨日紹介したおいしすぎるレストランなんか、たくさん食べて飲んで、ひとり2000円かかりませんでした!!
Commented by ichiroy813 at 2005-09-06 22:05
そうなんですか?でも全体的にヨーロッパはたかいっすよね。。。
う〜む。
Commented by tonomariko at 2005-09-08 03:35
→そうですね。ヨーロッパは外食が特に高くつきますよね・・・。日本のような680円でコーヒーまでついてしまうようなおいしい定食があったらどんなに助かるか・・・とよく思います(泣)
by tonomariko | 2005-09-03 23:07 | イタリアの旅 | Comments(5)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.