パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 夏から秋にかけても「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • アトレ恵比寿 有隣堂内「ぼわっと」コーナー
  • 8月24日(金)から9月13日(木)まで
  •    
  • シャポー船橋 期間限定「ぼわっと」ショップ
  • 9月18日(月)から10月1日(月)まで
  •      
  • 熊本 鶴屋フランスフェア
  • 10月17日(水)から10月23日(火)まで

ちょっと問題の暖房とオーブンのミニやけどと

この2日間、また中央暖房の配管にお湯がうまく通っていなくて寒いおもいをしてました。
「また」というのも、中央暖房は建物全体でお湯が通る配管がグルグルしていてあったまるわけですが、我が家建物いちばん上の階のため、どうやらたまに空気がたまってしまうようです。
共有廊下にある中央暖房の配管をいじって、ごぼごぼ空気を抜く作業をすればまた元に戻るらしいということは最近分かったのですが、空気を抜いたら水も加えなくちゃいけないとかで、勝手に空気だけ抜いてはいられない。
ということでいちいちアパートの管理組合のムッシューや管理人さんにお願いします。
でも彼ら、フランスとしてはけっこう一生懸命してくれて「暖房がきかなくて寒いのですが。。。」と言うとわざわざ「ごぼごぼ」やりにきてくれたりして優しい人ばかり。
ちょっとそれに救われてます。
c0024345_8113181.jpg




パリときどきバブーを応援…


寒かった部屋はようやくまた暖かくなりつつある今晩です。

寒い、暑いの連想で思い出しましたが、数日前オーブンから焼いたものを取り出そうとして、手とひじの間位をちょっとやけど。
鉄板にじゅっと腕をつけてしまいました。
幅はほんのちょっとだけど、230℃のオーブンの鉄板だったから、今でもかなりの跡。。。(泣)。
すぐに冷やしたけど全然だめだった。
まさに、よくパティシエの知人たちの腕中についているやけど跡。
オーブンを毎日開けしめするパティシエや料理人の人たちはおなじみの傷跡らしいけど、あんなに冷やしたのに赤茶色の傷は消える気配もありません。
このまま消えないのかなあ。。。(泣)。
狭い我が家に無理矢理置いてる小さいオーブン。
私にとっては高い位置にあるのでちょっと出し入れが難しいのよね。
と、いつも思ってはいたけれど、ついに鉄板でやけど。
c0024345_8115498.jpg

2cmちょっとのやけどだし、生活には全く支障はないけれど、このまま消えなかったらショックだなあ。。。
オーブンのやけどって消えないのかしら。。。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by mayumi at 2013-03-28 10:26 x
効くかどうかわかりませんが。。。
傷跡を目立たなくするお薬があります。「スカージェル」で探してみてください。(日本にはアットノンというものがあります!)

私もやけど跡があって、この薬の存在を知ったのは数年後。間があきすぎていたせいか、あまり効果はなかったのですが少しは薄くなりましたよ。
Commented at 2013-03-28 13:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakae at 2013-03-28 18:41 x
やけどのは油を塗るといいですよ。
動物系でも植物系でもOK。
スクワランオイルとか馬油やノーハート(あこれは商品名か
Commented by のんちゃん at 2013-03-28 22:28 x
わたしは熱湯で腕をかなり広範囲にやけどしたことがあったけど、お医者さんで処方してもらったアロエ入りの薬を毎日塗ったら2ヶ月ぐらいできれいに消えたよ〜〜。ただ当時はまだ若かったので、現在の年齢だと治癒力に大きな差がある気もするけど。。。
Commented by hanu at 2013-03-29 05:25 x
はじめましてm(_ _)m
私も油効くと思います。
毎日パンを焼いていてやけどもたまにしますが、スクワランを塗り続けてだいぶ目立たなくさせることが出来ます!
Commented by hanu at 2013-03-29 05:25 x
はじめましてm(_ _)m
私も油効くと思います。
毎日パンを焼いていてやけどもたまにしますが、スクワランを塗り続けてだいぶ目立たなくさせることが出来ます!
Commented by みなちゃんママ at 2013-03-29 08:17 x
漢方薬の紫雲膏(しうんこう・紫根が入っていてごま油の香りです)は、娘が小さいときにアイロンを触った時につけました。今大人ですけど痕は残っていません。でもパリでは入手できないかしら?跡形が消えることを祈ってまぁす。お大事に!
Commented by hiroman at 2013-03-29 08:30 x
ドレニゾンテープというステロイド含有の傷跡を目立たなくする貼り薬がありますよ。何事も早いうちがよいので。目立たなくなるといいですね。お大事にしてください。
Commented by のり at 2013-03-29 10:35 x
火傷はステロイド系の軟膏を塗るといいですよ。炎症を抑えるのが早いし(炎症が長引くと痕にもなり易い…)、痕も薄く目立たなくなります。
ステロイドを敬遠する方もいらっしゃいますが、その程度の使い方なら気にしなくて全然大丈夫です。
Commented at 2013-03-29 16:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Sumiko at 2013-03-29 22:49 x
はじめまして。
いつも素敵な写真やフランスの情報を拝見しております。
やけどには、ラベンダーのオイルが良いですよ。

ひどい火傷の場合、原液を何日間か塗り続けてみてください。私も、学生の時にケーキ屋さんの厨房でアルバイトをしていたので、当時火傷が絶えなかったのを思い出しました。

どうか、傷がきれいに消えますように。。。
Commented by わかめ at 2013-03-30 18:22 x
出遅れましたが・・・
私もSumikoさまと同じく、ラベンダーの精油をお勧めします。

で、なぜすでに書かれているのに書いたかと言いますと、
私自身、やけどを冷やし終えた後、こまめにラベンダー精油の原液を塗っていたら、どこをやけどしたのか本当に分からなくなったほど。
かなり広範囲だったので本当に驚きました。

と言う実体験をお伝えしたかったのです~
Commented by 阿部洋子 at 2013-04-02 02:10 x
私の火傷は炊飯器の蒸気火傷でした。圧力がかかった蒸気が時々出るのですが、うっかり、炊飯器の先の窓を開けようと炊飯器の左手を伸ばした時に、すごい勢いで蒸気が出て、ひじ上のやわらかいところを火傷しました。午後6時半ごろでしたが、翌日、病院へ行くまで氷で冷やして、火傷専門の病院へ行けばよかったです。救急で女子医大で夜間に見てもらいその後は形成外科で治療しましたが、火傷は進行するそうで、皮膚の変色は消えず、直ったといわれてしまいました。
結局、保険のきかない火傷専門病院へ2年近く通って今は後もわからなくなりました。東京・雑司ヶ谷・川添火傷病院です。保険はきかないので、薬を取り寄せることはできると思います。ぜひ、インターネットで調べて、治療を始めることをお勧めします。有名な病院で、全国から火傷の患者さんが来ます。
by tonomariko | 2013-03-28 08:23 | 私のパリ生活 | Comments(13)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.