パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーと3歳の息子プチモンスターと共に、パリの日常をお届けします。
東京・西荻窪のフランス雑貨店「ぼわっと」オーナー。
パリのガイドブックなど著書は13冊。雑誌やウェブメディアでもコラム連載中。
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • うめだ阪急「フランスフェア」2022
  • 2月23日(水)〜28日(月)
  •    
  • 西宮阪急「フランスフェア」2022
  • 3月16日(水)〜22日(火)
  •    
  • 新刊「パリの小さなアパルトマンで楽しむおうち時間」(世界文化社)発売しました
  • センスいっぱいのフランス人のおうちもいっぱい登場します
  •    
  • 「ぼわっと」通販サイトがオープン
  • shop@boite.tv から色々お買い物いただけるようになりました!
今週からイースターバカンスが終わってまた学校が始まって、なんとなく静かな平日の昼間を過ごしています。
もうこれであと数週間学校に行ったら学年末。
1年でいちばん長い2ヶ月の夏休みに突入し、さらにフランスの幼稚園の年中さんも終わるなんて信じられない!

6週間(7週間のことも)学校に行って2週間のバカンスを挟む慌ただしいスケジュールを過ごしていると1年間のあっという間度が3学期制の日本よりもさらにあっという間のような気がしています。



イースターバカンスは、後半に隊長パパが帰ってくる予定だったので、我が家は大きな予定は立てず、毎日小さな楽しみを見つけて過ごしていたパリでのバカンス。
プチモンスターは大好きな幼稚園のお友達と公園で待ち合わせしたりしてプチデート。
学校の帰りに寄る公園とは違うところでクラスメイトと遊べるのは子供にとってもまた違う楽しみのようで。
小さな恋人ちゃんと終始笑顔♪



パリの公園の片隅にある小さな人形劇場_c0024345_22153479.jpg


このプチモンスターと本当にいつも仲がいい小さな恋人である女の子(とっても優しくて賢い)。
バカンスに入る前の日の学校帰り、
「もっと2人で遊びたい。公園で遊びたい。」
と、迎えにきたパパが困り果てるほど大泣きだったので
「バカンスに入ったらすぐ会おうね。」
って約束をすぐに果たしてみたのでした♪



パリの公園の片隅にある小さな人形劇場_c0024345_22153586.jpg


大きな公園の片隅には、小さな小さな野外人形劇場が。
バカンス中になると毎日開演。
お兄さんが1人で管理して、1人で人形を操って(だから両手1人ずつで登場するのは合計2つの人形まで)運営する小さな人形劇場。
パリの市内だけでもけっこうあちこちの公園にあって、ノスタルジックでとても素敵な可愛い世界を楽しめます。
お兄さんが鳴らすカランコロンという鐘の音合図に、遊具や砂場で遊んでいた子どもたちが集まってきます。



パリの公園の片隅にある小さな人形劇場_c0024345_22153448.jpg



この時代にこれ?!
と驚くほどハイテクとは程遠いアナログな世界だけど、大喜び、大爆笑、大悲鳴(主人公が悪者に倒されそうになったりするシーン)で小さな劇場は大盛り上がり。
そんな子どもたちの表情や声や動きを見ているだけで、嬉しそうな大人たち。
とてもとてもほっこりするかわいい世界です。



パリの公園の片隅にある小さな人形劇場_c0024345_22153432.jpg


こんな世界でキラキラした目で楽しむ子どもたちを眺めてられるのはあと何年くらいなのかな・・・。
なんて心配になるくらい、フランスのこの昔ながらのアナログでノスタルジックな世界が大好き。
隊長パパがパリに帰ってきてからと、1ヶ月ちょっと遅れで開催しようとしている今年のプチモンスターのお誕生会は、このギニョール(人形劇)でする予定にしています(場所は違うけれど)。
それもどんなことになるか今から楽しみ♪




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

# by tonomariko | 2022-05-12 22:45 | パリで子育て | Comments(0)
日本に仕事に行っていた隊長パパが3ヶ月ぶりに春まっさかりのパリに帰ってきました。
最近我が家は年間トータルしたら5〜6ヶ月ワンオペです。
大変だねえと言われますが、もうけっこう慣れたもので、プチモンスターと2人の生活リズムができるし、ごはんはプチモンスターのだけなんとか考えていれば自分のは適当にできるし、ある意味過ごしやすかったりもします(隊長パパには秘密・・・笑)



戦争の影響で、飛行機のキャンセルがしょっちゅうあるようなので(実際、本当は先月帰ってくる予定だった隊長パパが当初取っていた飛行機も直前になってキャンセルになってました)、毎日
「パパはあと何日で帰ってくるの?」
と聞いてくるプチモンスターには最悪キャンセルになったときにがっかりしないように、ちょっと多めの日にちを伝えていたので。
突然
「今日あとで帰ってくるよ。」
ってなったもんだから、大はしゃぎの大喜び。
おしゃべりが止まらなくなっちゃってもうどうしようかと思いましたが。
無事にイースターバカンス中に帰ってくることができました。



隊長パパ、3ヶ月ぶりにフランスに帰ってくる_c0024345_18212937.jpg


バブー2代目もプチモンスターも大喜び。
隊長パパに遊ぼう遊ぼうってまとわりついて。
やっと
「ねえママ見てー、ねえママ一緒にあそぼー。」
攻撃から解放されて1人になれた感じ♪

パリはイースターバカンスの後半。
どこかに旅行に行きたいけれど、本当に日程通り帰って来れるかもわからなかったので、予定は立てられず。
あと数日のバカンスは何も決まっていませんが、もしかしてどこか近場に行こうかな??
行きたいな。



隊長パパ、3ヶ月ぶりにフランスに帰ってくる_c0024345_18212972.jpg


5月1日、メーデーはフランスでは「すずらんの日」。
大切な人に幸せを運ぶと言われるすずらんを贈る日。
プチモンスターは、いつも仲良くして可愛がってもらっているご近所の洋品店のムッシューにスーパーに連れて行かれて。
好きなお菓子を買ってもらい、ママにはこれを渡せとすずらんまで買ってもらっていました。
ワンオペばっかりの私にさりげなくフォローを入れてくれるムッシューたちの優しさにもいつも救われていて。
ご近所さんたちが優しい人いっぱいで感謝感謝。



隊長パパ、3ヶ月ぶりにフランスに帰ってくる_c0024345_18213007.jpg



今年はバカンス真っ最中(フランス全土が3つのゾーンに分かれていて、パリは一番最後の日程のバカンスグループだった)に「すずらんの日」が当たっていたため、多くの人がバカンスに旅立ってしまっている静かなパリ。
道端ですずらんを売る人も少なくて、なんとなくいつもより「すずらんイベント」が盛り上がっていないように感じたのですが、友人たちからもすずらんお届けしてもらったりして、我が家にはたくさんの幸せが運ばれてきました♪
日本はゴールデンウィーク後半。
みなさん素敵な楽しいゴールデンウィークをお過ごしくださいね。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

# by tonomariko | 2022-05-04 19:10 | パリで子育て | Comments(0)
パリ、イースターのバカンスに入ってまた学校が2週間お休みです。
約6週間登校したら、2週間のバカンスが挟まるおフランス。
本当にバカンスが多いです。
そして本当にバカンスのたびにみんなどこかへ旅立っていく。
「次のバカンスどこいくの?」
「う〜ん1週目はパピー&マミー(おじいちゃん&おばあちゃん)のところに子供だけ預けて、2週目は南仏かな。」
みたいな。
6週間ごとにそんな会話ばかりで、もうバカンスの話ばっかりで、笑ってしまう・・・。
特にバカンスが関係ある学校に通っている子供がいると、本当にそんな話ばっかりで、笑ってしまう。
いいな。フランス。本当に羨ましい。



というわけで、2週間のバカンスに突入したばかりの週末ですが、私はプチモンスターとバブーと一体何をしようかなあなんて思いながら過ごしています。
スタージュ(バカンス中限定の子供の習い事とかアトリエなど)で色々させようなんて調べていたのだけど、まだ何も申し込めていないという日曜日を過ごしています。
さて、バカンスで学校はお休み中ですが、今日はフランスの学校の給食の話を。



フランスの学校の給食「カンティーヌ」_c0024345_19464728.jpg


フランスの学校の給食(カンティーヌ)。
これは学校の給食を選択しても、一度家に帰って食べるを選択してもOK。
給食で出るものが嫌いという子供も少なくはないし、何しろ昼休みが2時間近くあって余裕で家に一度帰って食べてから帰って来れるので、家で食べるを選択する子も何人かはいるのですが、やっぱり親の負担が大きくなるのでほとんどの子供たちはそのまま学校に残って給食。
見ていると、クラスに1人、2人いるかなあというイメージです。



フランスの学校の給食「カンティーヌ」_c0024345_19464638.jpg




一応フランチ風に、毎日のメニューが「前菜・メイン・チーズなど乳製品・デザート」とちゃんと分かれていて、献立だけ見ていると小さい頃から一丁前です♪
プチモンスターの学校は、幼稚園生はこんな風にワンプレートに入れてもらって、食べ終わったらデザートを配布されてました。
(小学生は学食や社食風に、お盆を取って次々にお皿を取っていくスタイル)
フランスは担任の先生が一緒に給食を食べることはない(その時間はちゃんと先生のお休み。先生は先生でお昼ご飯を食べる)ので、給食室にいるのは給食専門の仕事の人たち。
彼らが前菜のサラダ、メインの肉や魚やパスタなどをどんどんのせて行ってくれます。
でも、ほとんどの子供が嫌がりそうな「野菜のサラダ」とか「野菜の炒め物」みたいなものは、
「キュウリのサラダいる人!」
って聞いて手を挙げた子だけに配っていたりして(クラスに2人くらいしかいない・・・汗)、頑張って少しずつでも食べさせるジャポン風の教育とは真逆です笑。



フランスの学校の給食「カンティーヌ」_c0024345_19464774.jpg


というわけで、我が家のプチモンスターも、給食ではほぼ野菜は食べていません・・・苦笑。
だから家のハンバーグや肉団子にはありったけの野菜を入れまくってます。

ちなみに、フランスの学校の給食。
コロナ対策はそれぞれの学校が色々工夫して、もちろんプチモンスターの学校も始まる前に手を消毒するとか(当たり前じゃ!だけど笑。むしろ手を洗って欲しいけど、校庭で遊んだあと、手は洗わず消毒しているだけだった・・・)していますが、「黙食」とかはありません。
みんな超楽しそうにおしゃべりしながらご飯食べてます。



フランスの学校の給食「カンティーヌ」_c0024345_19464701.jpg



なんなら給食係の陽気な、子供たちに大人気のムッシューが、お盆をギター代わりにして歌い踊ったりしていて。
みんなで大合唱になったりして。
自由すぎる姿に苦笑いだったけど・・・。
特にその後、その映像や写真を親たちが見ても誰からもクレーム入らないあたり、おフランスの自由さを感じています。
私は個人的にはそんなおフランス流、嫌いではありません♪



フランスの学校の給食「カンティーヌ」_c0024345_19464793.jpg


さてさて、今日もお天気のパリ。
我が家はこれから幼稚園のお友達と待ち合わせて近所の公園へ。
仲良しファミリーたちは、コルシカ島に旅行中の家族、アドリア海へクルーズの旅に出かけた家族、アメリカやカナダに飛び立った家族、最後のスキーを楽しみにアルプスの山へ旅立った家族・・・etc色々ですが、数少ないパリに残っている友達たちも。
残っているチームはそのチームの中で仲間を探して、春真っ盛りのパリを楽しみます♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

# by tonomariko | 2022-04-24 20:30 | パリで子育て | Comments(0)
おじいちゃん姿のプチモンスター(笑)。
プチモンスター、週末は「テアトル」(演劇)のクラスのミニ発表会でした。
フランスでは学校行事の「学芸会」というものはないけれど、習い事で「テアトル」というのがけっこうメジャーなもの。
演劇の入門の入門編ということで、小さなちびっ子クラスは大体4歳くらいから。
つまりフランスの学校で言えば年中さんくらいから始められるようになっています。



プチモンスターの習い事「テアトル」の発表会へ_c0024345_03520755.jpg





パリときどきバブーを応援…



人前で何かを話したり発表したりする練習にもなるし。
フランス語をしゃべるという練習のためにも。
我が家のような両親両方が外国人で正しいフランス語を教えてあげられない場合や、日仏家庭のように片親が外国人の場合などにも、フランス語のために「テアトル」を取るという家庭も多いみたい。



プチモンスターの習い事「テアトル」の発表会へ_c0024345_03520991.jpg


今年度プチモンスターがとっているクラスの先生は、プチモンスターが2歳の時に初めてちびっ子赤ちゃんのためのコース(音楽に合わせて体を動かすダンスへの導入や、いろいろな音を聞いたり歌ったりする音楽、壁に貼った大きな紙に好きなようにできる絵などを混ぜてやってくれる)の中にいた先生の1人。
「リストの中にノアの名前を見つけた時にすぐ分かったし嬉しかったわ♪」
と覚えていてくれて、成長を見守ってくれています。



プチモンスターの習い事「テアトル」の発表会へ_c0024345_03520886.jpg


30分の発表会は2部構成。
1月に食べるフランスの伝統菓子、「ガレット・デ・ロワ」のお話と「白雪姫」のお話。
ガレットの方ではおじいちゃん役、白雪姫の方では狩人役(白雪姫を森に連れていって戻ってこれないようにしてしまいなさい!って王妃様に言われる狩人)で頑張っとりました。



プチモンスターの習い事「テアトル」の発表会へ_c0024345_03520933.jpg


ちょっぴり声が小さくて、聞き取りにくいところもあったけど、フランス語でセリフを言ってちゃんとみんなと楽しそうにやっているなんて立派だ立派だと。
「テアトル」作戦大成功♪

日本の素晴らしすぎるくらいの発表会や学芸会のように、パーフェクトな出来上がりを目指すというよりは、セリフを覚えていなくたって、上手にできなくたって間違えてもいいから、子供たちがこの舞台に立つことを楽しんでくれたら良い。
というフランススタイルは、ツッコミどころも満載だけれども、本当に子供たちが生き生きと楽しんでのびのびしていていいなあと思いました。



プチモンスターの習い事「テアトル」の発表会へ_c0024345_03520860.jpg



衣装も小道具も全部シンプルでできるものだけをやるというスタイルも良い感じ。
子供たちは上下とも黒の柄のないものを着てきてねという指定だけあって、最低限の小道具を先生が用意してくれていました。



プチモンスターの習い事「テアトル」の発表会へ_c0024345_03520884.jpg


4歳から一気に幅が広がっていくフランスの習い事。(フランスは全体的に習い事を始められる年齢が日本に比べたらとても遅い)
私もいろいろなものを見て知ってみたいという興味があるし、あとは私たちがフランス語を教えられない分、いろんなところでいろいろな人が話すフランス語を聞いてきてほしいという願いを込めてプチモンスターも毎日のように何かしているのですが、
「どれが一番好き?」
と聞いても
「ぜんぶ」
としか毎回返ってこないこたえ。
いつまでたっても何が好きかよくわからないのだけど、まあなんでもどこでも楽しく行けているならそれほど素晴らしいことはないかなと思っています。
そんなプチモンスターはこの日で5歳に。
お誕生日の様子はまた次回に♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

# by tonomariko | 2022-04-12 04:21 | パリで子育て | Comments(0)

4月4日(月)、「ぼわっと」で開催されるワークショップのお知らせです。
パリの老舗の人気手芸店で働く、刺繍作家のKaoriさんによるワークショップ。
ぼわっとではとてもとても久しぶりの開催となります。
今回は、この季節に合わせて「ミュゲ」=すずらんのブローチを刺繍して作っていただきます。
Kaoriさんのフランス刺繍のテクニックを色々教えてもらって楽しんでくださいね♪

【開催日】4月4日(月) 
【時間】①12時半〜16時、②17時半〜21時
【場所】西荻窪ぼわっと
【参加費】8000円(税抜)カフェオレを無料でサービスいたします

ご希望の方はご希望時間とお名前、ご連絡先を明記の上 info@boite.tv にメールをいただくか、ぼわっとのインスタからDMをいただくか、お店にお電話ください。
定員になり次第締め切らせていただきます。



「ぼわっと」での刺繍のワークショップのお知らせ_c0024345_17564661.jpg




パリときどきバブーを応援…



5月1日(メーデー)はフランスでは「すずらんの日」。
大切な人にすずらんを贈り合うのが習慣になっていますが、最近はすずらんモチーフの雑貨も増えたりと、幸せを運ぶすずらんがとても人気になっています。
先日は久しぶりに「ウルトラモッド」に行って打ち合わせ(↓)。



「ぼわっと」での刺繍のワークショップのお知らせ_c0024345_17564774.jpg


海外からもひっきりなしにお客様がくる本当に人気の手芸店は、ここだけ時間が止まっているかのような錯覚におちいらずにはいられないノスタルジックな素敵な空間。
何度足を踏み入れても不思議な感覚に包まれます。
実は「ウルトラモッド」の手芸雑貨(ボタン、リボン、ピンクッションetc)などもこれから「ぼわっと」に少しずつ登場する予定です。
早ければ今週からお店に並ぶ予定?!
手芸好きな皆様どうぞお楽しみに!



「ぼわっと」での刺繍のワークショップのお知らせ_c0024345_17564798.jpg



ブローチの縁は、ゴールドかシルバー、好きな方を選んでいただけるそう。
きっとどちらの色かで雰囲気がガラリと変わりますね。
私はKaoriさんが日本から帰ってきてからこのワークショップをパリでしてもらう予定で今からとても楽しみにしています♪



「ぼわっと」での刺繍のワークショップのお知らせ_c0024345_17564772.jpg



それでは皆様今週も良い1週間を♪
ぼわっとの新しいバイトチームでの新体制もいきなりバッチリすぎるほどいい感じで動いています。
せっかくなので、色々、パーフェクトに変えるまでもう少し日本で頑張ると言うことで、我が家の隊長パパも日本滞在を少し伸ばす予定。
お店に出勤している日も多いと思いますので皆様、おしゃべりも楽しんでいただけたらと思っています。
パリでお留守番の私チームも。
サマータイムになったパリで、お店におくれる素敵なものを探しています♪




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

# by tonomariko | 2022-03-28 18:20 | フランス雑貨&ブロカント「ぼわっと」 | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.