パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 8月の3周年バースデーに向けて
  • 西荻窪の「ぼわっと」は少しずつ進化する予定!
  • 店長Junkoさんの外装変えいろいろ
  • &店内の模様替えいろいろ・・・etc
  • 変化をお楽しみください♪
  •    
  • 秋以降、再びイベントが盛りだくさんの予定です
  • 順次お知らせしていきます
  • 秋まではのんびり本店「ぼわっと」をお楽しみくださいね!
  •    


コルシカ島は、13年ちょっと前パリに来て間もない頃友達になった日本人の女の子が、当初コルシカ出身のフランス人と付き合っていたこともあって、バカンスだ、クリスマスだ、夏休みだってしょっちゅうコルシカ旅行の話を聞いていたのでず〜っと気になりながらもなかなか来れなかった場所。
パリから飛行機で飛べばあっという間だけれども、車があった方が何百倍も楽しめる場所だなというイメージがあったので、パリから車ごと来れる機会を狙っていたらようやくになってしまいました。
(もちろんレンタカーという手もあるけれど、オートマ車を探すのが大変な上に割高だから!)


c0024345_07281025.jpg





パリときどきバブーを応援…



というわけで、ようやく来ることができたコルシカ島ですが、想像していたところとかなり違う驚きがたくさん。
(いい意味での驚きが多いけれど!)
南仏からフェリーに乗った瞬間、そしてコルシカの地に降り立ってすぐに感じたのは「なんてイタリア色が強いのかしら」と感じたこと。
(おいおい書きますが、だからフランスでは茹ですぎパスタ問題が勃発するので絶対に知っているところでしかパスタを注文しないけれど、コルシカでは大抵のお店でフランスとは比べものにならないほど悪くはないアルデンテパスタがいただける♪)



c0024345_07273825.jpg


そしてなんだか人がものすご〜くサンパ(感じがいい)♪
フランスの地方(パリ以外)を旅すると、大抵感じるいつも(パリ)とは全然違うフランス人の優しさですが、コルシカ島のそれはそれを上回る感じのよさ。



c0024345_07273835.jpg



アジア人自体が珍しい(コルシカはもちろん観光地ではあるけれど、やっぱりまだまだ他の場所と比べればアジア人は圧倒的に少ないし、私たちが割とより小さなマニアックな町や村を重点的に回っているから)みたい。
そして「なぜ君達はフランス語が通じるんだ。」「な〜るほど。パリに住んでいるのか〜。」
なんて具合にどんどん会話が弾んで、みんながいろんなことを教えてくれたりお世話してくれたり。
基本、とっても明るくて優しい人が多い印象。



c0024345_07273899.jpg



マルシェやスーパーに並ぶ野菜たちもパリとは全然違う!
日本と比べると、ぜんっぜん揃っていなくて、大きさも形もバラバラでと感じているパリの野菜よりさらに何十倍も「ソバージュ」(野生的)。
不揃いでナチュラルな感じがOKなパリでもさすがにこれはダメかもなんて思っちゃう大地の恵みたっぷり受けた、ごつごつゴロゴロした野菜やフルーツがいっぱいで見ているだけでも楽しいのです。



c0024345_07273839.jpg


コルシカの旅も後半戦。
明日は北から南へ海岸線を駆け抜けて、ロングジャーニーで移動します。
というわけでおやすみなさい・・・。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-05-17 08:05 | フランスの旅 | Comments(0)


フランスお得意の、「晴れ曇り雨マーク=全部やん!」がずらりと並ぶ今週のお天気予報ですが、今日日曜日は気持ち良い春の空。
早起きをして、久しぶりのマルシェにお散歩に行ってきました。



c0024345_20385943.jpg





パリときどきバブーを応援…


日本もおいしいものだらけですでに恋しいものばかりだけど。
苦みや甘み、それぞれの味がちゃんとあるフランスの野菜のおいしさはフランスがピカイチ♪
特別なドレッシングをかけないでも、塩と胡椒をガリガリして、たっぷりのオリーブオイルとレモン汁をあえるだけで抜群においしいサラダができてしまうんだもの。
スーパーで売っている野菜すらすでに全然味が違うけれど、マルシェで買うそれらはまた比べ物にならないおいしさ。



c0024345_20385852.jpg


今日はロケット(ルッコラ)にかぶにドライフルーツにマンゴーにベリー類にイカにクトー(マテ貝)に・・・。
とお馴染みの食材に加えて、なにげに買ったことのなかったもの達も色々チャレンジしていこうと冒険してみました。
まだまだフランスには使ったことのない、知らない食材だらけ。
ビストロに行った時のシェフ任せにしていないで、自分でも挑戦してみなくちゃと思った久しぶりのマルシェなのでした。



c0024345_20385926.jpg



窓を開けっ放しにしていても気持ちいいテラス日和な日曜日のブランチ。
マグロを焼いて柚子胡椒といっしょに。
5種類の葉っぱがモリモリサラダ。
千切りの何やらよくわからないものは、生のベトラーブ(=ビーツ)と生のシューラーブ(日本語ではコールラビと出てきた!ダイコンとりんごの間のようなサクサクとみずみずしいちょっと甘みのある野菜です)とアボガドをわさび醤油で和えたもの♪







↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-04-03 21:23 | パリの食 | Comments(0)


つい数日前パリから届いたばかりの荷物を、出してはお店に並べ、出してはお店に並べ。
ようやく今日ひと通りはお店に並べられた「バスク祭り」。
1日中みなさんに「バスク」の話をしていたら、再び気分は数週間前のバスク♪


c0024345_02162427.jpg




パリときどきバブーを応援…


何が最高って、雑貨のかわいさだけじゃなくて、バスクはおいしいこともポイント大♪
そしてスペイン側のバスクだけれども、「食」的に最高なのはサンセバスチャン。



c0024345_02162432.jpg


まさに「町中」に点在するピンチョスバー。
特に旧市街はどの路地を入ってもワイン片手に店の外まで溢れ出す人でいっぱいの独特の喧騒が。



c0024345_02162438.jpg


趣のある路地をぶらぶらと歩きながら、バーを見つけるたびにのぞいて、気になるところにふらり。
バーカウンターに並べてあるピンチョスの中からつまんだり。
生ハムや揚げ物を注文したり。



c0024345_02162478.jpg



ちょこっとつまんで飲んでは次の店に移動する。
何軒でもはしごしていきたいところだけど、最初からおいしすぎてスパートをかけすぎて、案外2軒目、多くても3軒でギブアップしてしまうのが我が家の毎回のパターンだけど。。。



c0024345_02162401.jpg


バスク地方の発泡ワイン「チャコリ」や自家製サングリアもぐびぐびすすむ♪

カウンターや路地にたむろして豪快に笑い、豪快に飲むムッシューたちの様子を観察しながら。




c0024345_02162449.jpg


いかにも「おいしいものを食べて飲んでますっ!」っていうお腹の持ち主の地元ムッシューたちの集いの楽しそ〜な雰囲気をちょこっとおすそ分けしてもらえる。

ピンチョスバー♪



c0024345_02162431.jpg


サンセバスチャン、ピンチョスバー全制覇ってのをいつかやってみたい・・・。
と、本気で思っている私です。



c0024345_02162461.jpg


バスク雑貨以外にも、どんどん新アイテムが追加されていて、紹介しなくてはいけないものがたくさんすぎて、ブログが追いつきませんが、日曜日にはパリの写真と大好きなブランド「mYmI」とのコラボ企画で作っている新しい写真シリーズなどもお店に到着する予定。
あ〜楽しみ♪

阪急うめだのフランスフェアにもおいしいバスクたちがたくさんやって来る模様。
た〜の〜し〜み〜だ〜!!!






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-03-06 02:43 | スペインの旅 | Comments(0)


爽やかなシャンブル・ドットの朝。
真冬の閑散期で。
他のお客様な誰もいず。
外では嵐雨の始まりの暴風が吹き始めていて。
写真からはあまりわからないかもだけど、けっこう『荒れ果てた』雰囲気。


c0024345_05330292.jpg




パリときどきバブーを応援…


それでも暖かい「おもてなし」に迎えられてほっと一息つけるフランスのシャンブル・ドット。
いわゆる日本のペンション的なもので、自分たちが住んでいる家の中の部屋を宿泊者に提供するスタイル。
基本的にはトイレとかシャワーは部屋の中にあって、建物への入り口は共通(お部屋ごとに鍵)というのがほとんど。
たまに入り口自体独立していたりということもあります。



c0024345_05330171.jpg



自宅の一部を解放して旅客をおもてなすということなので、とてつもなくセンスのいいパターンもとっても多いし、「じぇじぇじぇ・・・」というとてつもないごってごてのセンスのお部屋という場合もあるし、単純に部屋が余っているからちょっとでも小銭稼ぎのためにということでやっているので清潔感が・・・という場合もあり。
個人経営がほとんどなので、大手のサイトに掲載されているものは少なく事前に仕入れられる情報も少なかったりして「いちかばちか」感もお楽しみのひとつ。
そしてちょっと豪華なラグジュアリータイプもあったりするのでお値段もピンキリなのですが、基本的にお安い。
たまにブログで登場する、国道沿いのただただ安さが自慢の「大人になって、泊まりたくな〜い!!」というチェーン系列のホテルよりは広さも清潔さも優しさもお値段もよしってことが多いので、我が家はなるべくこのパターンを探します。



c0024345_05330262.jpg



そんなシャンブル・ドットですが、先日バブー家が泊まったところは大正解。
バスクへの買い付けの旅からパリへの帰り道、約800km。
長距離旅行は慣れたので、行きは一直線で行くことがほとんどだけど、帰りは一泊休憩を挟んで帰ってくることが多いんです。



c0024345_05330289.jpg



で、そんな時にはもちろん泊まった翌朝、どこかで週末開かれる蚤の市を狙う。
というわけで、「フランスの田舎のマニアックな場所で開かれる蚤の市のそばの・・・」となるので泊まる場所も必然的にとってもとってもマニアックな場所になるのです。

「この後私達はいったい全体、夜ごはんにありつけるのか・・・」
という時間(冬の閑散期である上に、田舎すぎるとカフェorレストランの数も半径数km以内にあるかないかの上に、やっている確率が低い上に、閉店時間が異常に早い)ギリギリに到着した私たちに、この素敵なお宿のマダムは、
「ひとつだけギリギリ可能性があるところがあるわ。でも全然いけてないわよ。」
と、電話してくれたのが「駅カフェ」とという名前の、真横に廃線すぐそばの超ジモティーなカフェ。



c0024345_05330260.jpg



廃線横のこのカフェ以外、夜集まるところは一切ないという田舎で、超地元の人が数人夜のいっぱいを楽しんでいる場所。
もうキッチンを閉めようとしていたところにマダムが入れてくれた予約の電話。
いったい誰がくるんだろう?!
と好奇の目に飛び込んできたのは「なぜ、君たちがここに・・・?」という小さな犬を連れたアジア人2人(笑)。
みんな不思議な顔で見ていたな〜。
みなさんいい人たちで結果的においしくいただけたけれど(笑)。
こんな時代のフランスでも、ほんと〜にど田舎に行くと、すごく好奇の目でみんなにジロジロ見られるというちょっと面白い経験をすることができます。



c0024345_05330183.jpg



なんだかお部屋や建物全体が素敵だと思ったら、どうやらマダムは半分アーティスト。
特に今は照明に凝っているようで。
違うデザインの部屋や共用部分全ての照明がマダムの手作りだそうです。

夜遅く到着して1泊だけの宿泊ですが、朝起きればマダムの心のこもった朝ごはん。
シャンブル・ドットは、朝ごはんがつくのが基本というところもフランスのホテルとは違うところですが、これももちろんお宿によって違うので、当たり外れも。



c0024345_05330233.jpg


朝いちばん、村にひとつだけあると思われるパン屋さんでマダムが買ってきてくれたバゲットやクロワッサンはパリのお店に負けないおいしさで。
手作りクレープに丁寧に切られたオレンジ。
ドライフルーツ、生ハム、チーズ、ジャム・・・。
ブロカント(=骨董品)を上手に使ったインテリアの空間でいただく朝ごはん。
何もかもおいしかった♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-02-24 06:32 | フランスの旅 | Comments(0)

パリのインド



友人と、パリのインド街に遊びに行ってきました。
あるんです。
パリにもインドが♪


パッサージュ(屋根付きのアーケード街)とその周辺の通り。
カレー屋さん、インドスーパー、床屋さんなどがずらずらずらっと並んでます。



c0024345_09190515.jpg


匂いも独特な香辛料。
インド系の人たちの中に、インドスーパーに用事があって来たフランス人がちょこっと混ざっている感じ。


c0024345_09190629.jpg



レストランには必ず呼び込みのお兄さんが立っていて、この人たちからけっこうしつこく声がかかります。
ちょっとでもメニューを見ようものなら。
ちょっとでもレストランの中が気になってのぞいていようものなら。
けっこうお断りするのが大変で。



c0024345_09190589.jpg



そういうのにちょこっと弱い私は、いつもドキドキしながらここを通ります。
カレーの定食セットなんて、パリのランチ値段を考えるとありえないお安さなので、パリに留学したばかりのころはよく来たものですが、お店によってあたりはずれが激しい。
ラッシーすらまずくて飲めないなんていうお店もあったなあ〜。



c0024345_09190611.jpg



この日はインドスーパーでお買い物♪
床から天井までびっしりの調味料とかお香とか。
久しぶりにじっくり吟味して色々買ってきました。
お香は普段使っているフランスのお気に入りのお香やアロマキャンドルを考えると、とてつもなく「あらい」強烈な「にほい」ですが(笑)。
破格のお値段考えたらしょうがないっか。



c0024345_09190655.jpg


昨日、渋谷ヒカリエでの期間限定「ぼわっと」2ヶ月半が無事に終了しました。
初めてぼわっとに遊びに来てくださった方、地方からいらしてくださった方、何度も何度も立ち寄ってくださった方、みなさん本当にありがとうございました!
2月はのんびりペースのぼわっとの予定です♪






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-02-01 09:41 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(0)


鍋にぴったりな寒い日が続いているパリ。
日本から必ず持って帰るおいしい柚子胡椒、おいしいちり酢、土鍋が大活躍する毎日。
「パリの鍋奉行」と名乗ってもよいでしょう♪
と自ら自信を持って宣言する鍋マスターになりつつある私です。

そして昨夜の鍋大会で初登場したのが、2015年の岩手ぼわっとでの思い出、「ひっつみ」。
いつもはご飯やうどんやラーメンでするしめの代わりに、後半戦は「ひっつみ」を登場させてみました。


あまりにもおいしかったので、本日週末のお昼ごはんも、ひとり用土鍋で「ひっつみ」ランチに(↑)しちゃいました♪

岩手県奥州市のりんご農園カフェで開催した2015年9月の「ぼわっと」。



c0024345_23063893.jpg



「りんご農園」なだけに、りんごに関するもの(りんごジュースやジャム)がおいしかったのは言うまでもないけれど、最終日前日に作ってもらった「ひっつみ汁」なるものを全員で囲んだ楽しい晩ごはんも忘れられない思い出。
「おふくろの味、ひっつみでも食べる?!」
なんて言われた時は、一体全体どういう物体なのかも想像もできず、初めて耳にする言葉だった「ひっつみ」。



c0024345_23063940.jpg



岩手県、北上地方の郷土料理。
小麦粉を練ったものを指でひっぱってつまんで鍋に入れ茹でられたもの。
わかりやすい一言で表現するなら、「すいとん」です。



c0024345_23063901.jpg



「とってなげ」とか「つめり」とか「はっと」とも呼ばれるそうで。
家庭によって味付けや具材が変わるそうです。
「すいとん」以外で表現するならば、「こしのあるうどん」「手作りの餃子の皮」という感じ。
「すいとん」「うどん」「餃子の皮」。
モチモチ大好き。
どれも大好物な私にしてみたら、「さ・い・こ・う」♪



c0024345_23063999.jpg



「ひっつみ」ファンになりました。
そして1日中、休みも取らず大忙しでみんなで働き続けたあと、みんなでテーブルを囲んでいただくこのおいしさと楽しさ♪
楽しかったな〜。



c0024345_23063905.jpg



「この地方ではどこでもひっつみ粉が売ってるよ。」
ということを聞いて、帰りに寄った産直スーパーで購入した「ひっつみ粉」。
ようやく昨日、パリのバブー家で日の目をみたというわけなのでした。

みんなにも大・大・大好評。
買ってきたのは研究開発された「粘り」が特徴のもののようですが、原料は小麦粉。
だから特別なこの粉がなくてもいつでもどこでもできそうです。
「家でやるときは中力粉でやるのがいいかもね。」
「数時間ねかせるってのがモチモチのポイントだよね。」
と、パリチームでも検討をし、さっそくみんなやってみるって♪



c0024345_23063848.jpg



我が家では、いつもの定番鍋から白菜とか豆腐は抜いてみて。
おいしいダシスープを作った中に、しめじ、えのき、ごぼう(ささがき)、にんじん(ささがき)、油揚げ、肉だんごと一緒にに投入。
ちり酢と柚子胡椒と一緒にいただきました。

モチモチ具合がおいしすぎて、鍋だけじゃなくてパスタとかにしても絶対においしそう・・・。
クリーム系のパスタとか、ゴルゴンゾーラチーズのパスタとか、手作りトマトソースのパスタとか・・・。
ニョッキにしちゃったりとか・・・。
しばらく「ひっつみ」ブームが到来しそうです。



c0024345_23063833.jpg


買ってきた粉の袋には、ゆるきゃら「はっとくん」なるものも発見。
「はっとくん」、私は全力で君を応援していきますよ。
パリで岩手の郷土料理、広めておくね〜♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-01-23 23:38 | バブー家の食卓 | Comments(0)


パリに帰ってきました。
羽田空港からエールフランスの飛行機の中に入ったとたん、いちばん後ろのキャビンスペースで、乗り込んでくるお客さんのことはさておき、ず〜っとず〜っと同僚としゃべりたおし楽しそうにしている乗務員たちの様子をうかがいながら(私たち、犬連れなのでたいていいちばん後ろの席をおさえます)、すでに「お〜フランスに帰ってきたぜい」感満載。


昨日はなぜかフランス人クルーはムッシューが多くて、ちょっとつんけんした態度もありがちなマダムパターンとは逆で、やたら陽気なラテンのり♪

ご飯を配るときも、配膳車を挟んでず〜っとおしゃべりしながら、
「シャンパンいる?!」
「他には?!ワインとかビールも欲しい?!」
「おっと、水こぼしちゃったけど大丈夫だよね。ソーリーソーリー。」
楽しそうで、食事が終わっても
「食後にウィスキーどうよ。」
なんて言わないでもお酒をどんどんすすめてくるムッシューたち。

仕事なのに楽しそうだわ〜この人たち。
飛行中もず〜っと後ろでおしゃべりしているし。
耳栓越しにみなさんの止まらないおしゃべりが聞こえてくるし。
帰ってきた〜おフランスに♪



c0024345_18060294.jpg


観光客が激減している模様のパリですが、日本に帰るときに乗った12月の半分以上乗客がいないというガラガラの状態とは違い、パリに帰ってくる方の飛行機はまあまあいっぱいでした。
が、ほとんどが乗り継ぎの客だったようで、荷物待ちをする人たちの数はほんの少し。
観光客らしいのは10人グループくらいのツアー客だけ。
あとはフランス人かみんな現地在住組のようで、やっぱりまだまだパリへの観光客は少なくなってしまっているようです。

バブーはいつものようにパリに戻ってきた喜びで家中を駆け回り。
和食党の私はいつものように帰ってきてすぐに日本から持ち帰ったおいしいもの&ご飯&熱々の緑茶をいただき。
和食が全然恋しくならないタイプの旦那様はいつものようにすぐに「パンが食べたい」と買いに行き、「パンオショコラ」をいきなり3つもたいらげ。

それぞれの「久しぶりのパリ」がスタートしました。



c0024345_18060258.jpg


パリもまだまだ寒い冬。
今日は久しぶりに「ラクレット」かな?!
それとも「ブッフブルギニョン」(牛肉の赤ワイン煮込み)かな?!
(ちょうど連載コラムを書いているParis magに最近この2つの料理について書いたので、リンクを貼っておきますね♪)

バブーはうきうき散歩に出かけています。
あ、ちなみに、今日の写真は我が家ではありませんよ。
こんなに素敵だったらいいのだけどなあ・・・。
仕事で写真を掘り返していたら、素敵なシャンブルドットの朝ごはん風景が出てきたのでそこから写真を取り出してみました♪






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-01-13 18:34 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(0)


今年は日本で新年を迎えることができました。
みなさん明けましておめでとうございます。
あったかポカポカ、美しい日本の冬の晴れの日。
バブーも朝から窓際で日向ぼっこをしています。


ありがたい母の手作りおせち料理。
バブーもこれを食べさせてもらえるものなら、いくらでも食べたいのだろうけれど・・・。
そんなわけにもいかないので私がバブーの分までいただきます♪

キッチンでお雑煮を作る母に。


c0024345_12221646.jpg



「ボクはおもち、2つでお願いしますね〜。」
と必死で訴えているバブーです。

さて、今日はまったりゆっくり日本のお正月を過ごして、明日2日からは渋谷ヒカリエ「ぼわっと」が始まります。
昨日の大晦日は、どこの売り場も初売りに向けてバックヤードでは戦争のような品出し作業&福袋づくりが行われていました。
クリスマスが終わった日の夜に全てのクリスマス関係を片付け、大晦日までは年末商戦、そして大晦日の夜には初売りに向けての準備。
たった5日間くらいの間にコロコロと変わっていかなくてはいけない日本の売り場事情を裏の立場からも体験できたことはなかなかおもしろい。

1月下旬まで、ず〜っとクリスマスデコレーションのままのフランスもたまにどうかと思いますが、日本のこの魔法を使ったような素早い衣替えもすごいなあ・・・。



c0024345_12215342.jpg


ぼわっとのTwitterやFacebookではお知らせしましたが、今年はくだらくて楽しい企画をたくさんやりたくて。
さっそく第一弾を昨日から始めました。

私がパリの日常、携帯で撮っている写真をプリントしたものをプレゼントします。
パリの風景、バブーの日常、ちびっ子達の素顔、そして荷物作業でバタバタごちゃごちゃしている我が家&隊長の姿・・・etc
プライベートショットから抜き出した写真たち。
ぼわっとファンでなければ全く嬉しくない企画(笑)。

とりあえず、2日と3日の渋谷ヒカリエで、私かじゅんこさんに「例のものを・・・」とお声かけください。
プレゼントします♪
(写真がなくなり次第終了ですが、できればパリ帰国直前、来週末も西荻ぼわっとでできたらいいなと思っています)



c0024345_12215334.jpg


明日2日(土)と3日(日)、私は渋谷ヒカリエ5階のぼわっとにいます。
(バブーはお正月休み♪)

年明け、ぼわっと西荻窪本店は6日(水)からの営業となります。
8日(金)から10日(日)はバブーと私、西荻窪のお店にいます。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。
2016年も楽しくて美味しくて素敵な1年でありますように・・・。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-01-01 12:46 | 雑貨&蚤の市イベント「Boite」 | Comments(2)
先ほどのブログからちょっと更新情報。
私の年末年始の予定が決まりました。
今月30日(水)まではバブーとともに西荻窪のお店に出勤します。
(火曜日の定休日以外 & 24日(木)は夕方以降になります)

31日(木)、2日(土)、3日(日)は渋谷ヒカリエに出勤します。
(大晦日はヒカリエは18時までの営業)

みなさんにお会いできるの本当に楽しみにしていまーす。
どしどしお声かけくださいね!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週はクリスマスウィークですね♪
なかなかお知らせできていない私とバブーの出勤予定ですが、少しずつ固まってきました。
まず、明日23日(水)祝日は1日、西荻窪のお店にバブーと私出勤します。
(上記の通り予定が決まったのでさっき書いた予定は消しました!)


年末年始は元旦以外、どこかに出没することになりますね。
日本ってなんて働き者の国なのかしら・・・(笑)。


c0024345_17230469.jpg


西荻窪のお店も、渋谷のヒカリエも、今週は最後のクリスマス直前スペシャルということで「ノエル」な気分いっぱいでお待ちしています♪
パリから連れて帰ってきたクリスマスの雑貨やオーナメントやインテリアたち。
ガラスのasacoちゃんが届けてくれたワイングラスマーカー(どれが自分のグラスかわかるようにつけるガラスの目印アイテム♪)。



c0024345_17230581.jpg


そして年末年始、お店では「ラクレットトースト」を楽しんでいただこうと思っています。
今日更新だった連載コラムほぼ日刊イトイ新聞「パリこれ!」も、ラクレットの話題を書いたのですが、よくこのブログにも登場する「ラクレット」。
冬になると友達とパーティーってなるとしょっちゅうしょっちゅう登場するフランスでは定番の冬料理。
いつも「どんな味か気になる〜。」というお便りをいただくので、持って帰ってきてみました♪
西荻窪のおいしいパン屋さんの田舎パン、カンパーニュの上に乗せてとろりと溶けるまでトーストしたのをお出ししています。
そしていつも通り、パリから直送のおいしいチーズたちも揃っていますので食いしん坊の方はお早めに!



c0024345_17230416.jpg


西荻窪のお店は、年末は30日まで営業(31日から5日までお休み)の予定でおりますが、こちらも決まったらあらためてお知らせしますね。
それではちょっと雨模様な感じ??
の明日の祝日ですが、バブーと一緒にお店でお待ちしています♪
クリスマスパーティー用のプレゼント探しも、500円、1000円、3000円などみなさんの予算に合わせてご相談くださいね♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2015-12-22 17:42 | 雑貨&蚤の市イベント「Boite」 | Comments(2)


今日は19日(木)、「ボジョレーヌーボー」解禁日。
例年通り、本場フランスの「ボジョレーヌーボー」は案外ひっそりしていますが、日本もきっとこんな状況なので、例年よりもお祭り具合がぐっと減っているのかなあ・・・なんて思いながら「ボジョレーヌーボー」を眺めていました。


それでも今年はあの、39度の毎日を冷房なしで過ごした暑〜い夏をがまんしたおかげなのか?!
ワインには最高の年だったようで、「ボジョレーヌーボー」も例年になく素晴らしい年だそうです。



c0024345_09063095.jpg



というわけで私も久しぶりに解禁の日のワインを買ってみました。
なんとなくみんなで集まる夕ご飯もお預けのここ数日ですが、そろそろ友人と食卓を囲みたいな・・・。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2015-11-20 09:40 | パリのイベント&エンタメ | Comments(2)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.