パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 2018年バブーカレンダーの在庫は
  • 残り少なくなっております。
  • ご希望の方はお早めに「ぼわっと」店舗
  • もしくは「ぼわっと」HPから通販をご利用ください
  •    
  • 大阪・阪急うめだ フランス展に2018年も参加します
  • 3月7日(水)から13日(火)
  • 詳しくはまたお知らせします
  • みなさんどうぞお楽しみに!
  •    
c0024345_822790.jpg



ポルトガルの旅を楽しめたら・・・

おととい登場したポルトガルのシントラ(Sintra)。
首都リスボンから日帰りで行ける世界遺産の街。
そのシントラのもうひとつの見所が山の上にそびえたつ王宮(Palacil Real)。
c0024345_8221975.jpg

シントラ一周バスの「ムーアの城跡」停留所は「王宮前」(歩いても10分弱)。
かつての王家の夏の離宮だという王宮は、一見ユーモアにあふれるかわいらしい遊び心満点のおもちゃの城。
そして王宮の外側は、ポルトガルらしいタイルばりが太陽の光でキラキラと輝いている。
c0024345_8224062.jpg

ちょっとおもちゃのようなこのお城、中に入ると雰囲気は一転。
残念ながら撮影禁止のお城の内部は、一見の価値ありの豪華絢爛さ。
どの部屋も「よくぞこんなに調度品がそのまま残っているのね・・・。」と思ってしまうほど、当時のままの家具や装飾品やテーブルウェアや・・・。
お風呂もキッチンも、サロンも食事の間も、礼拝堂も何もかもが豪華絢爛、見事な調度品たちでそのままの姿で残っている。
c0024345_8225137.jpg

ムーアの城跡では、見事な景観ながら、強風に吹き飛ばれないようにするのに必死だったけれど、このお城の展望台はポカポカ日向ぼっこをしながらゆったり・・・。
素晴らしい景色を眺めながら、お城のバルコニーで、サンドイッチをかじりピクニック気分の家族が何組も見かけたけれど、あれは大正解!
王宮前から再びバスに乗って、いちばんにぎわってる広場、レプブリカ広場へもどって腹ごしらえ・・・。
c0024345_823396.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-03-04 08:36 | ポルトガルの旅 | Comments(2)
c0024345_815539.jpg



ポルトガルの旅を楽しめたら・・・

ポルトガルの首都リスボンから電車で45分のエクスカーション。
しかもなんと1.6ユーロ(約180円)の旅。
なんて物価が安いのだ!!
「エデンの園」とうたわれたという景勝地、シントラ(Sintra)。
世界遺産にも登録されている美しい景観。
c0024345_816543.jpg

駅でシントラの街をぐるっと一周するバスの1日券を購入し、まず向かったのは「ムーアの城跡(Castelo des Mouros)」。
現在は廃墟になっているムーア人によって築かれた城。
停留所を降りて、看板の矢印に従い歩くこと5分。
万里の長城を思わせるような空へと続く石段が現れる。
c0024345_8162041.jpg

緑が生い茂る森と、突然空へとポカンと抜ける石段。
まるで「天空の城ラピュタ」の世界のようでもある。
この石段、はっきり言って相当怖い。
上空かなり激しい風が吹き荒れる中、ひざより高い石段を1段1段登り、風で吹き飛ばされそうになりながら、頂上を目指す。
c0024345_8163262.jpg

強風に負けないように城跡のふちにへばりつきながら、後ろを振り返ればそこは世界遺産に登録されている美しい景色。
青空に白い雲がモクモク♪
「あ~美しい♪」とホッと一息ついていると、いきなりスコールが!!
「ギョギョギョッ!!」っと見上げればそこには雨雲が・・・。
c0024345_8164915.jpg

風はさらに強くなり、「ああ、ここで吹き飛ばされても誰も気付いてくれないんだろうなあ・・・(泣)。」なんてしがみついていると、あっという間に雨雲がはれる。
「次の雨雲が来る前に、なんとか下に降りなくちゃっ!!」と必死で下り始めると、目の前のシントラの街には大きな虹がかかっている!!
さあ無事に下まで降りたら、今度は山の上の宮殿に出発!
c0024345_817048.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-03-02 08:34 | ポルトガルの旅 | Comments(2)
c0024345_7475068.jpg



人気ブログランキングへ・・・

リスボン市中心部から西へ6キロベレン地区へ。
哀愁ただよう街並みの中を抜けていく、市電(15番)をチョイスして約30分。
テージョ川岸沿いのこの街、「川」というには幅の広い川、そして川岸にはヨットハーバーが並び、雰囲気は海岸のよう。
青空の下を歩いて川岸に出ると、そこには「発見のモニュメント(Padrao des Descobrimentos)」。
c0024345_748427.jpg

1960年にエリンケ航海王子の500回忌を記念してつくられたモニュメントだという。
先頭にいるのがどうやらエリンケ王子。
その後ろには、天文学者・宣教師・船乗り・学者たち・・・とその当時第一線で活躍した人々が続いているんだ。
ふむふむ。
「ガイドブックってなんて素晴らしいのだろう♪」って感動しながら、片時もガイドブックを離せない。
5分おきにページを広げながら高さ52メートルの壮大なモニュメントと青空の下に座って一息。
ガイドブックがなければ、きっとずーっと「この人ってバスコ・ダ・ガマなんだ。きっと♪」なんて思い込みに走っていた。
途中まで、私たちは意味もなく勝手に命名して、「バスコ・ダ・ガマの像」を目指していたんだから・・・。
c0024345_7483151.jpg

ガイドブック様様なのだ。
そこから川沿いに歩くこと約10分。
そこには世界遺産にも登録されているという「ベレンの塔(Torre de Belem)」(写真いちばん下)。
歩きつかれたら、ポルトガル一のエッグタルト(パスティス・デ・ナタ)の老舗、パスティス・デ・ベレンでティータイム・・・と書いてある通りに行動してみる(笑)。
どのガイドブックを書いてもこう書いてある。
どうやら世界中のガイドブックに書いてあるようだ。
c0024345_7484989.jpg

そんなわけで、持ち帰りようのカウンターも、お茶を飲むサロンも、市場の中のような活気にあふれて人でいっぱいになってしまっている・・・。
店員は足りていないし、店に入る列すら出来ていず、食べている人の横でプレッシャーをかけて席が空いたら椅子とりゲーム状態・・・。
それでも食いしん坊の私たちは、最後まで負けずにねばってエッグタルトを食べるまで諦めない♪
「ポルトガルの銘菓」と紹介されているエッグタルトを2つペロリと平らげて、再びリスボン中心部へと戻っていった・・・。
c0024345_749173.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-02-22 08:12 | ポルトガルの旅 | Comments(6)

パリの田舎

c0024345_1010738.jpg

バブー君、パリの田舎へ出発~っ!!

 ピクニックではしゃぐバブー君にここから応援クリック!!

パリとパリの郊外を結ぶ電車、RER線に乗ってお散歩へ。
たった45分で到着するのは緑がい~っぱいの、真っ青な空の田舎町です。
c0024345_10102461.jpg

「田舎」というのは失礼なほどの普通のきれいな町なのだけど、ゴチャゴチャしたパリに比べたら、大自然に囲まれた45分の距離とは思えないような場所。
ここは8月の日記に登場した元気いっぱいの80代のおじいちゃん(おじいちゃんと従姉妹たち・・・参照)の住む町。
c0024345_10103675.jpg

あの日以来、家族のように仲良くしてもらっているバブー家は、お言葉に甘えてさっそくおじいちゃんの家に遊びに出かけたのです。
アパートの目の前には自然の中を駆け抜けるジョギングコースになっている湖跡があって、バブー君もさっそくジョギング開始♪
c0024345_10104643.jpg

ちょうちょを追いかけながら、野花をクンクンしながら、楽しそうに走り回っていました。
ふたたび45分電車に揺られて、現実の町パリへ逆戻り~!
あまりにも素敵な町だったので、思わず「アパートっていくらくらい?!」と聞いてしまった私なのでした・・・。
コメントのお返事遅れています。
まとめてお返ししますのでもう少々お待ちを!
c0024345_10105761.jpg



↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2006-09-29 10:28 | 子犬っ子バブー | Comments(15)
c0024345_802143.jpg

日本から来ているお客様とともに、世界遺産モン・サン・ミッシェルへ・・・。
砂地にそそり立つ修道院。
中世以来聖地として、多くの巡礼者を集めてきた修道院は、毎日世界中の人を迎え入れている神秘的な、まるで「要塞」のような姿。
今回はパリからTGV(新幹線)に乗りRennes(レンヌ)まで約2時間。
そしてその後バスに乗り換えて1時間半という個人旅行プランでモン・サン・ミッシェルへと向かいました。
c0024345_803443.jpg

パリからの日帰りバスツアーも多く、簡単にいくことが出来るのですが、やっぱり旅は個人旅行が最高。
そして何よりも車酔いに弱い私にとって、片道4時間バスに揺られていくのはつらいつらい・・・。
そんな人にはぴったりの電車&バスルートは、思っていた以上に快適でした。
電車のチケットさえ買うことが出来れば、おすすめの行き方かもしれません。
さてさて、肝心のモン・サン・ミッシェルの中身は後日また改めて・・・。
明日の仕事に寝坊したら大変!
というわけで、ねむねむちゃんの私は今日はモン・サン・ミッシェルの夢を見ながら・・・おやすみなさい・・・。
c0024345_804793.jpg



↑人気ブログランキングへ・・・↑

★1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです。
今日も忘れずにワンクリックの応援をどうぞよろしくお願いします★
by tonomariko | 2006-08-18 08:12 | フランスの旅 | Comments(18)

恐怖の青空バンジー

c0024345_829386.jpg

昨日のつづきです・・・。
意気揚々とチュイルリー公園、夏休みの移動遊園地に突進していったサル妹ちゃん。
さて、楽しみにしていた観覧車目指した彼女があっという間に固まってしまった理由は、この恐怖の青空バンジーのせいでした!
c0024345_8292197.jpg

白いボールはあっという間に青空へ。
びゅ~んと飛んでいきました!
ピ、ピ、ピ、ポ~ン♪
みたいな予告の合図もなく、ほんとあっという間に!
c0024345_8294277.jpg

そして青空の中を何回も何回も、びよんびよんと繰り返す。
いきなりこれは、さすがのサル子ちゃんも固まってしまうはず(笑)。
私も口をあけてしばらく青空を見上げて固まっていた。
c0024345_830230.jpg

「あーちゃん、観覧車じゃなくてこれ乗る??!!」
と問うと、答えるどころじゃなく、相変わらず固まっていたサル子ちゃん。
「ほら、もうちょっと向こうに行ったら観覧車もブランコもアイスもあるんじゃないっ?!」
って背中を押しても半分放心状態で歩いてる。
最初っからいきなり衝撃的だったかしら・・・。
でも大丈夫だいじょうぶ。
すぐそこにはなんだか楽しそうなものが見えてるから!
おいしそうな匂いもするしっ!!
c0024345_830196.jpg



↑人気ブログランキングへ・・・↑

★1日1回のクリックが、人気ブログランキングに反映される仕組みです。
今日も楽しんでいただけたら、忘れずここから応援クリック!
by tonomariko | 2006-08-13 08:44 | パリのイベント&エンタメ | Comments(14)

何かが起こりそう?!

c0024345_17531833.jpg

パリの空。
なんだかもう秋の空のよう。
入道雲の見えないこんな日は、やっぱり肌寒い。
日没前の何か起こりそうな神秘的な美しい空に向けて、みんなカメラを向けていたけれど、肌寒くなる時間帯。
ちょっとした羽織るものが欠かせない・・・。
バブー家はセーヌ川のふもとでのピクニックへ向かう途中。
でもなんだか寒そ~う!!
c0024345_17533212.jpg



↑人気ブログランキングへ・・・↑

★1日1回のクリックが、人気ブログランキングに反映される仕組みです。
今日も楽しんでいただけたら、忘れずここから応援クリック!
by tonomariko | 2006-08-09 17:57 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(12)
c0024345_9134334.jpg

バブー家とKIKIちゃんで、スイスとドイツの国境に程近いロンシャンを訪れました。
近代建築の父と呼ばれているというル・コルビュジェが設計したノートルダム・デュ・オーNotre-Dame-du-Haut(通称ロンシャン教会)。
建築界では、いやそうでなくてもかなり有名だそうですが、私はフランスに来るまで全く知りませんでした。
c0024345_9135612.jpg

かなり不便なところにあることもあり、誘われなかったらきっと行くこともなかったもしれません。
青空が広がる晴れた日、そして相変わらず暑い暑い日、パリ東駅を出発。
スイスのバーゼル行きの電車に乗ること約3時間半。
Belfortという駅についてからはタクシーで約25キロ。
ちょっと長い道のりです。
c0024345_9141375.jpgc0024345_9142331.jpg

1955年に完成したというこの教会は、小高い丘の上に建っています。
丘というよりは小さな山。周りは緑の大自然。
はるか下のほうに町が見渡せます。
シンプルなのにものすごく印象に残る外観。ちょっときのこのような屋根です。
そして教会の中に入ると、小さな窓からやわらかい光が差し込んでいました。
c0024345_9145045.jpg

外観も中も、決して派手なつくりではありませんが、外界からぽつんと離れた丘の上に建つロンシャン教会は、なんだかとても落ち着く場所でした。
いすに座って差し込んでくる光をぼ~っと眺めて、静かな時間をすごしました。
さて、教会から100メートルほど降りたロンシャン教会への入り口。
ここからは犬は厳禁です。
さてさて、バブー君、大ピンチ。一体どうしたのでしょう・・・。
c0024345_915241.jpg



↑人気ブログランキングへ・・・↑

★1日1回のクリックが、人気ブログランキングに反映される仕組みです。
今日も楽しんでいただけたら、忘れずここから応援クリック!
by tonomariko | 2006-07-23 09:34 | フランスの旅 | Comments(16)
c0024345_13555428.jpg

地方での結婚式の出張。
最大の楽しみはその地方それぞれの美しい風景を楽しめること!
フランスの田舎はどこにいっても本当に美しく、食べ物もおいしいし、人は優しいし・・・。
c0024345_13561299.jpg

フランス人が「パリ人」とそうでない人に分けたがる理由が分かるような気がします?!
ついこの間訪れたのはAnnecy(アヌシー)から程近いAix-les-Bains(エクス・レ・バン)。
目の前には湖と氷河が残る山が広がるのどかな町の区役所が、あまりにもかわいくて私のお気に入り区役所リストにもれなくインプットされました!
c0024345_13562895.jpg

バラとその他数え切れないほどの花が咲き乱れている小さな小さな区役所は、いつか何かの絵本で見たことがあるようなかわいらしい所。
今回は教会での式とパーティーでしたので、この区役所で式が行われたわけではありませんが・・・。中をのぞけなかっただけに、この区役所(町役場なのかな???)の扉から出てきそうな、ひげを生やしたおじさん町長さんをひとりで想像してしまいました(笑)。
c0024345_1356436.jpg

区役所前の高台広場では、ピクニックセットを広げた女の子達がおしゃべりと日焼けを楽しんでいるし、なんとものどか・・・。
フランスの田舎に嫁に来るのもいいな~。
・・・と、またまたあらぬ妄想を繰り広げるのでした。
c0024345_13571162.jpg

夕方からの式までの間はちょっとゆったり、撮影タイムだったので、今回は素敵な写真をたくさん撮ることができました♪
「田舎へお嫁に行く願望」が思わず出てしまうような素敵な大自然に囲まれた場所。
そして美しい花嫁さん。
こころよくブログ登場をOKしてくださったので、また写真を整理して大自然をご紹介します♪
c0024345_13572922.jpg



↑人気ブログランキングへ・・・↑

★1日1回のクリックが、人気ブログランキングに反映される仕組みです。
今日も楽しんでいただけたら、忘れずここから応援クリック!
by tonomariko | 2006-06-16 14:16 | フランスの結婚式/ウェディング | Comments(23)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.