パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 2018年バブーカレンダーの在庫は
  • 残り少なくなっております。
  • ご希望の方はお早めに「ぼわっと」店舗
  • もしくは「ぼわっと」HPから通販をご利用ください
  •    
  • 大阪・阪急うめだ フランス展に2018年も参加します
  • 3月7日(水)から13日(火)
  • 詳しくはまたお知らせします
  • みなさんどうぞお楽しみに!
  •    
今年の夏、KIKIちゃんがパリに遊びに来てくれたことは先日ちょこっと書きましたが。
c0024345_19413646.jpg




パリときどきバブーを応援…


もう何年も前から、彼女が毎回パリに来るたびに「行きたいね〜。」と言っていた「林檎の礼拝堂」旅行がついに実現しました。
ノルマンディー地方の田舎の田舎にぽつんとたたずむ「林檎の礼拝堂」。
c0024345_1942129.jpg

正式には「Chepelle Saint Vigor de Mieux」(シャペル・サン・ヴィゴール・ド・ミュー)。
崩れかけていた村の礼拝堂が1983年に閉鎖されてして放置されていたものを、日本人の美術家、田窪恭治さんが手がけ礼拝堂の美術館として再生させたという場所です。
c0024345_19421567.jpg

車じゃなければ絶対にたどり着けない超田舎のため、今までなかなか機会がなく毎回次回へのお楽しみになっていたけれど、今年はついに念願かなって行ってきました。
内部は撮影禁止だったのですが、礼拝堂の方のご好意で、撮影させていただけることに。
というわけで「林檎の礼拝堂」の旅、一緒にお楽しみください♪
c0024345_19423124.jpg

まず印象的なのは、屋根の部分からもれる色とりどりの光。
外から見ると、きれいな色の透明のガラスが屋根瓦の代わりに並んでいます。
c0024345_19424831.jpg

使える瓦はそのまま残して、それ以外の部分には特注のガラス瓦を使っているそうで、この組み合わせと一部分から見える美しい色の光がとっても素敵でかわいい。
c0024345_1943342.jpg

そして「林檎の礼拝堂」という名前の通り、内部の壁には一面に林檎の樹が描かれています。
近くでよ〜く見ると、色々な色が複雑に重なって描かれているのが分かるのですが。
c0024345_19431914.jpg

これは壁面に張った鉛の板に、色々な色を塗り重ねて、数十層の顔料の層を塗り、それを浅く削ったり、深く削ったりして微妙な色合いを出していくという方法だそうです。
c0024345_19433316.jpg

家族ごと、移り住んでこの礼拝堂再生プロジェクトをしたという田窪さん。
詳しいことに興味がある方はこんなインタビュー記事も参考にしてみてください。
c0024345_1943497.jpg

バブーももちろん、いつものようにカバンの中から、じっくり礼拝堂を観察しておりました♪







↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2010-09-08 20:12 | フランスの旅 | Comments(18)

チューリップが満開

ノートルダム寺院の周りは、かわいく咲き乱れるチューリップがいっぱい!
c0024345_10344473.jpg




パリときどきバブーを応援…


春のしあわせを感じずにはいられない景色になっています。
冬物のコートやジャケットがいまだ離せない日が多かったりして、確実に春が近づいているのに人々の格好はまだまだ冬。
c0024345_1035725.jpg

でも昨日は一気に気温があがって。
夜19時半の時点で通りかかったお店の前に掲げられていた温度計は20度。
いきなり暑いくらいの陽気で、いつものように着て出てしまったジャケットを脱いで、持ち歩いている人がたくさん。
そしてどこのカフェもテラス席はびっちりの人、人、人。
c0024345_10352173.jpg

パリのあちこちにある桜の木も花が咲き始め。
ノートルダムの横も、チューリップと一緒に、人気の撮影スポットになっていました。
今度こそ本物の春でありますように…。
c0024345_10353748.jpg






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2010-04-10 10:43 | パリの公園 | Comments(7)

奇跡のメダイ教会

ブログにも何度か登場していますが、久しぶりに奇跡のメダイ教会に行きました。
「奇跡のメダイ」がガイドブックで紹介されたりブログで紹介されたりしていることもあって、ここ数年、かなりかなり観光地化しているこの教会ですが、毎日あらゆる人種の人が集まるミサが行われるこの教会は、真剣にお祈りをする方たちが多い場所。
c0024345_2124274.jpg




パリときどきバブーを応援…


ブルーとゴールドが美しい教会は、こじんまりとしているけれど、とてもとても落ち着く場所です。
私が初めてこの教会に来たのは渡仏して数日後。
住所さえあればどこへでも必ずたどり着く、パリ生活では欠かせないパリマップを初めて活用した場所のような気がします。
今考えると、サンジェルマンデプレ地域のボンマルシェというパリの有名デパートのすぐそば。
パリのど真ん中。
ところがパリにたどり着いて数日後。
c0024345_213514.jpg

どれがカフェなのかレストランなのか見分けもつかなくて、温かい飲み物に到達できず、吹雪の中で凍えそうになっていた、まさにそういう日。
やっと見つけたこの教会はパリの果てまで来た気分だったのを思い出します。
高校までずっとカトリックの学校に通っていた私。
学校にはたくさんシスターがいて、パリに行く前、お世話になったシスターのひとりが、
「これを持って、パリに着いたらこの教会にぜひお行きなさい。」
と、最後の一枚だという奇跡のメダイ教会のハガキをプレゼントしてくださったのがこの教会を知ったきっかけ。
渡仏数日後の私にとっては日本から持ってきた絵ハガキをたよりに、この教会にたどり着いたっていうのがもう大冒険。
とっても懐かしい思い出です。
c0024345_2132185.jpg







↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-07-23 02:26 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(14)
1ヶ月に1回くらいは、繰り返してブログに書いておかないと、みなさんこのブログに登場するちびっ子達はみんな私の子供だと思っているようで…。
だとしたら、いったい私には何人子供がいるんじゃ〜となりますが。
c0024345_5524959.jpg




パリときどきバブーを応援…


最近「かわいいお子さんがいるんですね。」とか「まりこさんの子供だと思ってました〜。」ということがあまりにも多いので、再び宣言しておきますが。
かわいいかわいいちびっ子達は、残念ながら私の子供じゃあありません♪
ここに登場するようなちびっ子達が私の子なら本当にいいのですが。。。
c0024345_5531673.jpg

誘拐したくなる誘惑といつも戦っているのですが?!
残念ながら…。
自分の子供だったらこんなに「かわいいかわいい」書きません(笑)。
きっと…。
というわけで、私の子供は今のところ犬1匹。
みんな友達のお子ちゃま達です。
でもまあ、かわいいバブーキッズ達は半分親戚みたいなものです♪
c0024345_5533362.jpg

さて、相変わらずプライベートショットを撮るような時間もネタもなく、まだまだプチバカンスのネタが続くのですが…。
今回小さな中世の村やイベントなど、そして大自然の中のホテルなどをブログで紹介して、「どこですか〜?!」と色々な方に聞かれているのですが。
ごめんなさい。
日記にも書いているように、2日前に突然参加が決まったプチバカンス。
私はかばんひとつと自分の身ひとつを車の片隅に乗せてもらって便乗しただけなので、本当にどこに行ったのか分かっていません…。
というわけでそのうちに聞いておきます。
c0024345_5535366.jpg

ひとつ確かなのは、そこはプチ天使一家、パパの故郷「Poitiers(ポワティエ)」付近だったということ。
ポワティエは、パリから約1時間40分、フランス中西部に位置するガイドブックにも載っている街です。
プチ天使パパ&ママの結婚式に行ったり、実家に一緒に遊びに行ったりと、ポワティエに行く機会は割としょっちゅうあるのですが、実は街を見学したことはなかった私。
今回は初めて街を案内してもらいました。
プチ天使ちゃんのママの留学先であった街であり。
ちょっと不良風だった(?!)プチ天使ちゃんのパパが生まれ育った街。
c0024345_554123.jpg

街の見所である教会、ノートルダム・ラ・グランド教会(Eglise Notre-Dame la Grande)は、彼らいちおしのスポットで、中がとても美しい!
教会の中の柱には、それぞれカラフルで色いろな幾何学模様の色彩がほどこされていて、とても暖かい感じがします。
教会というと、石造りでひんやりとしていて、ちょっと冷たい感じがするところが多いですが、ここはなんだか暖かい空気に包まれているような空間。
c0024345_5542761.jpg

「すてきやろ〜。いいやろ〜。」
というプチ天使ちゃんママの言葉通り。
「スーパーきれいな教会だから!」
というプチ天使ちゃんパパの言葉通り。
とっても素敵な教会だったのですが。
この2人がこんなにここをオススメするのにはもうひとつ訳があって…。
ここは2人の出会いの場所なのだそうだ。
この教会の前で2人は出会ったのだって…。
ニヤニヤしながら話してくれる2人。
へえええ。
教会の前で出会うって、ナンパ?!
よくわからないけれど、2人はここで出会ったのです。
c0024345_5544475.jpg

「パパとママの思い出の教会なんだよ。」
と、カラフルであたたかい教会を見上げながら、プチっ子ファミリーはお話をしているのでしょう…。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-06-11 06:13 | フランスの旅 | Comments(8)

鐘が知らせる時間

街のあちこちにある教会。
c0024345_16421935.jpg




パリときどきバブーを応援…


この教会の鐘が、時間を知らせてくれる。
こんなデジタルな社会で信じられないけれど、おそらく昔から人々に時間を知らせて来た教会の鐘。
フランスではいまだに活躍している(夜中はならないけれど)。
c0024345_16424591.jpg

パリのどこに住んでいても聞こえるのかは分からないけれど、少なくとも私が今まで住んでいた所では全て、教会の鐘の音で時間を知ることが出来た。
8時になれば8回。
15分、30分、45分の箇所でなる音は微妙に教会毎に法則が違うけれど、毎日注意して聞いてみるとすぐに分かるようになる。
毎朝ベッドの中で、目覚ましが鳴るよりも先に教会の鐘をぼ〜っとしながら数えて「ああ、もう起きなくちゃ」と思うこともしばしば。
c0024345_16413519.jpg

たまに最初の1回を聞き逃すと大変なことになるのだけど、私はこの教会の鐘が知らせる時計が大好きで、かなり利用している。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-04-04 16:50 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(10)
「どうやったらパリに住めますか?」
「どうやって自分で仕事を始めたんですか?」
「フランスに行ったきっかけを教えて下さい。」
「どうやったらヘアメイクになれますか?」
…etc.
c0024345_8403110.jpg




パリときどきバブーを応援…


1年を通してこういう感じのメールをいただき、毎回困り果てるのがこのような質問たち…。
質問されている内容や、質問して下さっている気持ちなどは、私もかつて同じだったので、すご〜くすご〜くよく分かるのだけど、そう一言で答えられるものではなく…。
だからといってその人にとって、すごくすごく重要な人生を左右するような悩み事であるのも分かり…。
いつも簡単にお返事を出せないと思って悩んで時間がたってしまっていたりします。
こういうすご〜く大きなカテゴリーの質問は、けっこう困ります。正直…。
価値観も、経済状態も、好きと感じるものも、苦しいと感じるものも、全部人それぞれ。
簡単に答えられることじゃあありません。

私も、いまだにどうやって行こう、どうして行こう。何をどうして行こう。
毎日悩みだらけ。
でも悩んでいるだけではしょうがないので、時にはどころか、失敗ばかりしながら、それでも「まあ、なんとかなるっしょ♪」という気持ちでもってなんとか日々前に進んでいる状態。
フランスに来たきっかけだってたくさんあるし。
楽しかった会社をやめてまで、毎月当たり前に払われていたありがたい給料生活を捨ててまで海外に来たのも様々な思いがあるし。
今やっているような仕事を少しずつ少しずつやっていけているのも色々な人との出会いや、色々な紆余曲折があるし。
一言では説明出来ない…。
そんなわけでやっぱりなかなか答えることは出来ません。
一晩中飲み明かして語り合える時間があるなら別だけど?!
c0024345_8405412.jpg

そんなわけで、期待に応えられるようなメールのお返事がなかなか出来ないことがとても心苦しいのですが…。
これからも出来そうにありません。
ただ、同時に…。
フランスで生活してこの12月で丸6年。
私がしょっちゅうこのブログでも愚痴っているように…。
先日も書いていたように、涙が出てくるほど、もうこんな想いをするくらいなら日本に帰ろうかと思うほど、理不尽なことも、嫌なこともたくさんある海外生活。
(特に働かない国♪ フランス…)
いまだに、慣れないことの方が多いと自分では思っているのですが。
「いつかパリに住んでみたい。」
「フランスを旅行してみたい。」
「海外で暮らすってどういうこと??」
…などなど、夢を持って、憧れを持って、「いつか」と思っている方達から見れば、たしかに「フランスで暮らすってことは…」ということをちょこっとは知っている立場。
ABCの読み方すら分からなかった私も、「地球の暮らし方 フランス版」の本を暗記するほど読みまくり、銀行口座を開くのも、アパートを借りるのも、携帯の契約をするのも、ビザを取るための書類も…何もかもフランスに住む大先輩達に助けてもらい。
そして今ではちょこっとだけど、フランスにやってきた友人に、同じようなことを助けてあげられるようになったのも事実。

ちょうど昨日、「フランスで音楽を学びたいのだけど、治安面や経済面を含め、両親も心配しているのでどうなのでしょう…。」というメールをいただき。
「将来パリに住みたいと思ってがんばっている高校生です」なんていうメールをいただき。
まあ、個人個人立場が違うということは大前提にして。
そして価値観が違うということも大前提にして。
私なりの、「フランスで暮らすってどうなの?」「フランス暮らし便利ノート」的なものは発信していけるかなと思ったところ。
というわけで、少しずつ少しずつではありますが、そういうこともこれから書いていこうと思っています。
c0024345_8411933.jpg

個人個人にはなかなか丁寧に的確なお返事が出来ないのが現状なのですが…。
フランスで生活するって?!
と、知りたいことがあったらぜひ教えて下さい!
まだまだ慣れないと言いつつも、やっぱりついつい「日常」になってしまっていることも多く、ハッと新鮮な気持ちに戻れるので!
もちろん素敵なことも、素敵じゃないことも…。
フランスにはた〜くさん、ありますから…。






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2008-12-13 08:42 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(4)
先日、半日のお休みを取って、シャンパンの街、ランス(Reims)へ日帰り旅行をしました。
もちろん、シャンパンにおぼれるために!
c0024345_725969.jpg




パリときどきバブーを応援…


フランスの北東部、シャンパーニュ地方はもちろん、その名の通り、シャンパンの地域。
その中心都市がここランスです。
TGV(フランス版新幹線)が開通してからは、パリから45分。
あっという間についてしまうので、半日旅行にはぴったりの場所。
c0024345_735018.jpg

ここはランスでいちばんの見所、世界遺産にも登録されているノートルダム大聖堂です。
小雨が降る、どんより曇り空の中での散歩だったせいか、大聖堂はなんとなく地味で暗い第一印象だったのですが、中をゆっくり歩いて、次々にあらわれる個性的なステンドグラスにすっかり心奪われてしまいました。
c0024345_742024.jpg

↑こちらはシャガールのステンドグラス。
しばらく見入ってしまったほど素敵です。
c0024345_744926.jpg

私が個人的にいちばん気に入ったのはこの一番下の写真のステンドグラス。
家にこんな窓があったらいいなあ…。
晴れた日は、きっともっと輝きが増して明るい印象なのでしょう。
また夏に再チャレンジしたい場所です。
もちろん見所を巡った後は、シャンパンづくし。
c0024345_751964.jpg

本当に溺れるほどシャンパンに近づける街なので、酔っ払う前に、午前中に観光をすませないとダメ!
帰りの電車は爆睡ですzzz






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2008-12-10 10:45 | フランスの旅 | Comments(4)
パリのど真ん中、Chatelet les Halles(シャトレ・レアール)。
かつては巨大な食糧市場だったというここは、今は大きな公園になっています。
地下は巨大なショッピングモールに郊外からの電車も乗り入れる駅。
c0024345_195118.jpg



この公園は麻薬の売買なども行われたりと、ちょっと治安が悪いのでも有名だったのですが、1年中1日中パトロールしている警察がウヨウヨしているので今ではほとんど問題なし。
バブーのお散歩コースとしても何度もこのブログにも登場している場所です。
そんなレ・アール公園の北側には、これまた私が大好きな教会(St Eustache教会)があります。
公園散歩中の素敵な目印になるほど大きな教会。
ラッキーにもこの教会の鐘がガランゴロンなっている時に通り過ぎるといつもとてもうれしくなります。
c0024345_195402.jpg

そんな大好きな教会で、結婚式がありました。
こんな規模の教会で、普通に結婚式が挙げられるなんて思ってもみなかったので、参加出来る喜びにドキドキ♪
実際の式は、想像を遥かに超える素敵さでした。
c0024345_196255.jpg

天井も高くて巨大な空間で…。
人間が小さく小さく見える教会で、ひときわオーラを放っていたのはもちろん花嫁さん。
美しくて背が高くて、こんなドレスを着こなせる人はなかなかいないだろうなぁ…とうっとり。
そんな花嫁さんは、なんと私の小学校〜高校までの同級生の友人だと発覚して今度はビックリ。
世界って本当に狭いっ!!
c0024345_1964665.jpg

そういえばこの日、私と花嫁さんが乗ったパリではなかなか見ないような高級車に、教会到着直前、若者が乗っていたかなりのポンコツ車(?!)が横から追突するという事件が…。
(ちなみに、結構な衝撃でぶつかってきたのに、結局傷ついてへこんだのは相手の車のみ。高級車のすごさを思い知ったのでした。)
さらにはタクシーが混んで、花嫁のお母さんと妹が到着出来ないというハプニング。
そして、オルガン奏者に送られた神父様からの「ちょっと待ってくれ〜。」という合図がスタートと間違えられ(だって教会が広くてお互いの合図が豆粒みたいだから…)、花嫁入場にお母さん&妹ちゃん間に合わず…。
c0024345_1993358.jpg

こんなにムーディーで素敵な結婚式も。
裏側をのぞけば実に色々なハプニングが起こっています(笑)。
駆け込んでくるお母さんと妹ちゃんを内心の焦りを隠しながら、一生懸命探していたのは、招待客に素敵な笑顔を振りまいている花嫁さんだったり…。
仲むつまじい新郎新婦2人が、コソコソっと耳元で内緒話をしている内容は…。
「ママと妹が来てないっ!!」
だったり(笑)。
c0024345_1984236.jpg

この教会には観光客もたくさんやってきますが。
幸運にも結婚式にめぐりあった人々は、みな周りの席に座って、最後までうれしそうにこの祝福の瞬間に立ち会っていました。
花嫁入場後、祈りの時間のように見えた数分間の静かな時間。
新郎新婦も、神父様もハラハラドキドキしながら、お母さんと妹ちゃんの到着を待っていたなんて、だ〜れも知りません♪
c0024345_1991119.jpg

それにしても本当に素敵です。
土曜日は素敵な花嫁さんに会える可能性が多い、パリの教会です…。
by tonomariko | 2008-10-26 19:43 | フランスの結婚式/ウェディング | Comments(4)

パリ郊外の結婚式

c0024345_1973750.jpg




楽しんでいただけたらパリときどきバブーを応援!


真っ青な空の晴れた日。
パリ郊外の小さな美しい教会で。
結婚式。
c0024345_198521.jpg

みんな笑顔で華やかに着飾った人が続々と到着する中。
ひときわ目立って楽しそうだったのは花嫁さんとその仲間たち。
c0024345_1982644.jpg

世界各国から大集合した、女子校の時の同級生だそう。
「花嫁っ!表情かた〜い!!笑顔えがお!!」
と、しょっぱなから突っ込みを入れられるのも中学&高校の悪友(?!)ならでは♪
c0024345_19113756.jpg

本当にみんな楽しそうで仲が良くてキラキラして、おしゃべりが止まらなくてはしゃいでいて。
「は〜い!!
式が始まりますから早く入って下さ〜い。」
と、神父様が叫んでいたけれど誰も気づかない…。
こんなにきれいな青空の下で、かつての同級生達が大集合して、はしゃがずにはいられないのも大納得!
c0024345_19115562.jpg

そんなわけで楽しい結婚式になりそうな予感…♪



↑ブログ楽しんでいただけたら応援クリック忘れずに!

1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
最後に忘れず応援していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2008-09-11 19:27 | フランスの結婚式/ウェディング | Comments(2)

伯爵様の結婚式

c0024345_085926.jpg




伯爵様の結婚式に…応援クリック!


このシャトーホテルの結婚式の素敵な所は伯爵様自身が式を行ってくれるところ!
ぼくも伯爵のお話をきちんといい子に聞いてます♪
結婚行進曲とは全く違う、伯爵チョイスの音楽が流れ、伯爵の司会とともに式が始まる。
c0024345_092753.jpg

そしてさらに素敵なことは、当日シャトーホテルに泊まっている他の宿泊客にも結婚式への招待状が届けられること!
だから同じ日に泊まっていた人にも列席してもらうことができる。
c0024345_094418.jpg

伯爵家で代々使われて来た小さなチャペル。
一族の結婚式もここで行われて来たそう。
やさしくて犬が大好きなおじいちゃんの伯爵は、ぼくの列席も快く承諾してくれて。
c0024345_010132.jpg

ぼくのタキシード姿を褒めてくれた!

c0024345_0101846.jpg

その日にたまたま居合わせた宿泊客達も大喜び。
みんなで記念撮影をして、みんなでハッピーを分かち合いました。
c0024345_0103850.jpg

もちろんぼくも、ちゃっかりど真ん中に陣取って。
はい、パチリ。



↑ヨーロッパランキング。応援クリックを!

1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
最後に忘れず応援していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2008-07-22 00:19 | フランスの結婚式/ウェディング | Comments(4)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.