パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 大分百貨店 トキハ「フランス展 2017」ぼわっと参加します
  • 3月23日(木)〜29日(水)
  • 本店8階・催し物場(最終日は18:00まで)
  • 大分に「ぼわっと」初上陸。どうぞお楽しみに!
  •    
  • 2017年「バブーカレンダー」の通販開始しました
  • 壁掛けタイプと卓上タイプの2種類
  • パリの写真満載のカレンダー
  • 詳しくは「ぼわっと」HPをご覧ください → http://boite.tv 
  •    

タグ:パリジェンヌ ( 199 ) タグの人気記事

オープン後まだまだ毎日バタバタの「ぼわっと」ですが、「ぼわっと」ではこれから様々なミニイベントも企画していこうと思っています。
まず第一弾は「ぼわっと」工事のために中断していた「merci flower」(メルシーフラワー)によるパリスタイルのお花レッスン。
せっかくだったらバブー家が日本にいる間にイベントをやりたい!
ということになり、6日(土)と10日(水)に急遽やること決定しました。
フローリストでもある「ぼわっと」スタッフでおなじみのじゅんこさんによるレッスンです。
c0024345_12514083.jpg




パリときどきバブーを応援…


今までは週末だけ、西荻の小さなかわいいお菓子屋さんの片隅などを借りてこじんまりとしていましたが、今度から「ぼわっと」スペースができたので平日も週末も開催することができるようになりました♪
かわいい雑貨に囲まれながら、おしゃべりしながら、終わったあとはカフェオレボウルでカフェを飲んで。
パリスタイルのフラワーレッスンを楽しんでいただきます。
c0024345_12515439.jpg

merciflowerによるパリスタイルのフラワーレッスン

シャンペトルブーケレッスン 12000円
①9月6日 (土) 10:30~
※お申し込み締め切り 9月4日まで

パリスタイルブーケの真骨頂「シャンペトルブーケ」レッスン。
フランス語シャンペトル(champêtre)とは「田園風」という意味です。
パリでは人気のブーケスタイル。
無造作に束ねているように見えて、とってもかっこいいブーケ!
はじめての方でも大丈夫なので安心してご参加ください。

コンポジション(アレンジ)レッスン 8000円
②9月10日(水) 10:30~
※お申し込み締め切り 9月9日まで

コンポジションとは吸水スポンジを使ったアレンジスタイル。
まるで小さなお庭のようなパリスタイルでつくるコンポジションです。

各回とも定員は5名。

レッスン後は西荻窪のおいしいお菓子屋さんのスイーツと、「ぼわっと」特製カフェオレボウルでのカフェオレで楽しいお茶タイムを楽しんでいただきます。
お作り頂いた作品もぼわっと店舗内で撮影できます♪

今回は特別にバブー店長もレッスンに参加しますのでどうぞお楽しみに!

場所:東京都杉並区西荻北4-5-24 「ぼわっと」

※お花代、レッスン後のお茶、お菓子代込み
尚、ハサミや持ち帰り袋はこちらでご用意いたします。

お申し込み方法(メール)
お申し込みやお問い合わせはメールの題名に
「フラワーレッスン希望」と書いていただき、
お名前、お電話番号、ご希望日時をご記入の上、下記アドレスにメールを送ってください。
merciflowerparis@gmail.com
c0024345_12582925.jpg

これからは、スペースも広くなるので今まで以上に豪華でボリューミーなアレンジやブーケを作れるそうで。
私もどうなるのかとても楽しみにしています。
募集がちょっと急となりましたが、みなさんのご参加お待ちしています!
特に土曜日参加できそうな方はお早めにお申し込みくださいね。
c0024345_12584069.jpg

私も参加しようかなあ・・・。
c0024345_1318278.jpg

ボクも参加するからね♪




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2014-09-04 13:16 | 雑貨&蚤の市イベント「Boite」 | Comments(2)
新刊発売のお知らせです。
8月26日、新しい本が発売されました。
その名も「パリのブリコラージュ」(学研)
日曜大工大好きなフランスのDIYをオシャレに紹介した本です。
まるで狙ったように今の私にピッタリなテーマ。
全然狙ったわけではないのですが、日曜大工に命をかけたこの夏(笑)。
運命を感じずにはいられません。
c0024345_1238193.jpg




パリときどきバブーを応援…


日本でもブリコラージュ(日曜大工=DIY)が年々盛んになり、自分の家をオシャレに楽しくリフォームする女子DIYもどんどんはやってきています。
というわけで、日曜大工が盛んなフランス人のオシャレなブリコラージュ(日曜大工)スタイルを紹介する本を作れたら・・・。
といただいた企画の本だったのですが、まるでこれが運命だったかのようにお店のことが決まったのです。
この本のためにたくさんの家やお店を取材して、今まで思っていたのの5万倍くらい?!
フランス人のブリコラージュ(日曜大工)好きと何でも自分たちで作ってしまう精神を知ることができて大きな影響を受けていたところに、ちょうど「ぼわっと」常設店舗の話となり、自分たちでお店を作ろう!
となったのです。
c0024345_12381048.jpg

一緒に取材していた我が旦那様、「ぼわっと」隊長がこだわりにこだわっちゃったのもきっとフランス人のブリコラージュ姿を見ていた影響があるはず。
今回の店舗作りでいちばん難航したのがキッチン作り。
c0024345_12392267.jpg

キッチン板も、シンクも、蛇口も色々お店に合いそうなものを探して。
IKEAで買って来たオーク材の板に穴を開けるところから。
いや〜これがもう大変ったら。
とてもかたいオーク材、素人が使うようなお安い日曜大工道具で切ったり穴をあけたりするものじゃないそうで・・・。
男2人でどれだけ格闘したか!
そしてそんなかたくて大変な板だというのに、絶対に妥協しないのも「ぼわっと」隊長。
c0024345_12384524.jpg

目にふれる場所に素敵じゃないものがあってほしくない。
という隊長のこだわりはいたるところに。
カフェカウンターの下。
ぼっこり金属が出ていてほしくないといことできれいに削っちゃうし。

カウンターもキッチンも。
できる限り木材できれいに覆うと言って作業をするのですが・・・。
c0024345_12392520.jpg

これまた大変で。
床がボコボコのコンクリート仕立てをあえて残したことがあだとなり、全く水平ではない床に大苦戦。
設計図で計算している長さとは違うし。
カウンターの下にあてていく柱となる木も場所によって全く長さが違うから、切り直しの連続。
c0024345_12401632.jpg

カウンターを置いても、床がボコボコだから板で覆っても下に隙間ができるのです。
しかもまちまちの幅で。
そこにも小さな板を挟んだりして隙間を埋めていって。
木と木とつぎはぎや、小さな隙間、ネジのあとなどはペンキを塗ったあときれいな1枚板に見えるようにパテを埋めてヤスリをかける。
c0024345_12395478.jpg

日曜大工は奥が深すぎる・・・。

そしてキッチンシンク下の配管ももちろん自分で。
とにかくこういう配管類も最小限におさえてスッキリ見せたいにこだわる隊長。
(表からは見えなくなってしまうものだけど)
汗だらだらで糸のこぎりで配管を切りながら、ミニマムなキッチン下を作り上げていました。
c0024345_12401724.jpg

そしてできあがったキッチンカウンターは、ガタガタしないしびくともしない。
あんなにつぎはぎがしてあるものには見えない。
バッチリ1枚板に見える素敵なカウンターに変身したのでした。
この夏、私たちの「日曜大工」腕もずいぶんあがったかな。

パリに戻ったら、全く進んでいない水漏れ工事の残骸。
自分たちでやっちゃおうっと。。。
c0024345_1240395.jpg

フランス人の素敵なセンスがいっぱい詰まった日曜大工の本、
「パリのブリコラージュ」(学研)は「ぼわっと」にも置いてあります。
もちろん今までの本もありますよ!(在庫状況により欠品中の本もありますが)

フランス人の「ブリコラージュ」好きに関しては、今週のほぼ日の「パリこれ!」にも書いたのでそちらもご覧くださいね♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2014-08-27 13:41 | お仕事に関するお知らせ | Comments(5)
メトロのホームで素敵なマダム発見!
電車がくるまで、数分間、ず〜っと「素敵」だったわ。
このマダム。

「マダム」(奥さま)と言われるとなんだか「おばさん」って言われているような気がしてショックだったフランスに来たばかりの頃。
「マドモワゼル」(お嬢さん)って言われる方がよっぽど下に見られているということが分かった今。(もちろん親愛をこめて、あえて「マドモワゼル(お嬢ちゃん)♪」って呼ぶこともあるけれど)
「マダム」って言われてなんぼのこの国。

「若い」「かわいい」「女子高生」なんてことが、全くもてはやされないフランス社会。
素敵に歳をとってなんぼの世界。
大人になればなるほどなんぼの世界。
会話の最後に「マダム」とつけられてなんぼの世界。
フランス。

欧米人からすると、この歳になってもいまだにお子ちゃまに見られがちなアジアフェイスの私たち。
c0024345_8324541.jpg

このマダムのオーラが出せるには、あと数十年かかりそうだけど・・・。
歳を重ねることが誇らしげでもあるフランス。
いい国だな〜。
住みやすいわ〜。
と、思う一面♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2014-07-23 08:43 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(8)
新刊カフェと雑貨が好きな人のための パリのお散歩ガイド(翔泳社)がパリにも無事に届きました。
が、今回もまたまた、おフランスの郵便あるあるにより、悲劇になるところをあやうく免れました。
もう、おフランスの郵便なんとかしてっ!!
c0024345_19205824.jpg




パリときどきバブーを応援…


郵便関係のストのニュースもちらほら聞いていて、荷物が全く届かないとか、日本とフランスの間を行ったり来たりして多額の料金が請求されるとか、おそろしい自体を聞いていたので、日本から送ってもらうのをためらい、どのサービスを使っていつ送ってもらうかを悩んでいた私。
それをお世話になっている出版社にお伝えすると、なんともうとっくに発送した後だった!
c0024345_19212286.jpg

ノーーーーー!!!
大変っ!
ってことで追跡番号を調べてみると、「不在だったので持ち帰りました」というメッセージが出て来る。
でーーーーーたーーーーーー。

不在じゃないですし。
毎日バブー家、誰かが家で仕事してましたし。
1日中いましたし。
管理人さんもいますし。
不在票も入っていませんし。

と、いうわけで、フランスお得意の、「ピンポンを押さずに不在通知を入れる(荷物が重かったりすると最初から運ぶ気はない。今回も相当重かったので、最初から配達するつもりはなかったのでしょう。)、さらに不在票も入っていない」最悪のパターンだった今回。
c0024345_19213646.jpg

日本と連絡を取り合っていなかったら、荷物がすでに発送されていたということも知らずに日数が経過し、「受け取り人がいつまでも連絡して来ないから日本に送り返され料金だけ取られる」(←前回このパターンだった)というもっと最悪なパターンになっているところでした。

ほんっと、フランスの郵便事情は先進国とは思えないひどさです。
ストしてばっかり、主張してばっかりのくせに、働きぶりはひどいものです。。。

日本から荷物を送る時は、絶対に絶対にフランス側に伝えて下さいね。
「サプライズ」はなし。
サプライズのつもりで親切で日本から送ってくれていても、本人には届いてもいず、荷物がなくなり、届いていない本人からはいつまでたってもお礼も来ず、失礼な人!
なんて勘違いしてしまう原因にもなるのです。

とにかく無事に手元に届いてくれた新刊たち。
10冊目の本となるパリのガイドブック。
c0024345_1921524.jpg

担当編集者さん、デザイナーさん、地図屋さん、印刷屋さん、営業さん、そして書ききれないほどたくさんの関わってくださった方達、本当にありがとうございました!





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2014-06-27 19:39 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(7)

「音楽祭」の夜のスリ達

毎年恒例、夏至の日の「フェット・ドゥ・ラ・ミュージック」(音楽祭)の夜。
夜中の1時を過ぎても街のあちこちから演奏される音楽がズンズン聞こえてくる夜です。
今、バブー家が住んでいる所は、昔から住んでいるおじいちゃん、おばあちゃん、家族連れなどが多い庶民的な住宅街。
そんな場所でも夜中のズンズン。
さすが自由な国だなああ〜と毎年感じる夏至の日の夜中です。

そして今日はそんな街中のあちこちが、音楽でいっぱいになる「音楽祭」に便乗してなのか?!
少年少女のスリ集団をよく見かけるメトロでは、夕方、いつもとはちょっと違った「音楽祭」仕様の楽しく仮装パーティー風なスリ集団が息巻いてコンコルド広場周辺やオペラ座周辺で降りて出かけていくのを見かけました。

住んでいれば、一目見て分かるようになる、少年少女のスリ集団の顔。
そんな彼らが仮装グッズのカツラをかぶったり、首にパーティーグッズを巻いたり。
いつもとはちょっと違う格好で楽しそうなので、
「あれ?観光客なのかなああ?」
と一瞬迷ったけれど、同じ駅で示し合わせて各車両から降りて、カモに狙いを定める目はいつものスリ集団そのものでした。

夜中まで盛り上がる「音楽祭」に便乗して、夜遊びに出かける若者達に混じって一仕事しようという魂胆なのかあ。。。
楽しい今夜もきっとたくさんの観光客のポケットやカバンから、財布や携帯が消えていくんだろうなあ。。。
と、複雑な気持ちになりました。

楽しい賑やかな「夏至の日=音楽祭」ということは、これから夢の日が長い生活がどんどん短くなっていくのみ!
あ〜今年もついにこの日が来てしまった!!





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2014-06-22 08:35 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)
お天気で、ひなたぼっこ日和で、昼間からぼ〜っとしている人が多いリピュブリック広場。
青い空に手を高く挙げる像を眺めていたら。
c0024345_182969.jpg




パリときどきバブーを応援…


像の中盤くらいをロッククライミングみたいにのぼっていく少年を発見。
ちょっとずつ、ちょっとずつ、移動して行く。
c0024345_1823439.jpg

見えますか?土台の丸い部分の上辺りに灰色の豆のような塊になっている少年が。。。
けっこう小さな小学生くらいの子供です。
あ、あ、あぶないって。。。
と、目が離せなくなっているのはどうやら私だけで。
こういうのもフランス人、完全にスルー。
気にしないんだなあ。。。
c0024345_1824973.jpg

ほんと自己責任の国。
他人のことは気にしない国。
それにしても、少年、一体どうやってそこまで登ったの?!
土台部分が難しそうなんですけど。。。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2014-06-19 18:09 | パリの公園 | Comments(4)
プチ天使ちゃん達と田舎のおじいちゃん&おばあちゃんの家に行った時のことを書いたので、そのままちょっと愛すべきおじいちゃんのことを…。
さて、まずはご覧下さい。
このプチ天使ちゃんのびみょ〜な困り笑顔。
c0024345_863145.jpg




パリときどきバブーを応援…


なぜっておじいちゃんがいきなりこの置き物を引っ張りだして来て、
「ほ〜ら、すごいいいだろ?!素敵だろ?!美しいだろ?!これと写真を撮ったらもっと素敵だ!ほら、まりこに撮ってもらいなさい!」
って、ひとりで盛り上がっているから。
みんな、周りはし〜ん…。
ですよ。
こ、こ、この置き物と?
なぜ。。。
c0024345_865280.jpg

というみなの疑問は全然耳に入りません。
もう「置き物との記念撮影」に夢中♪
ちびまる子ちゃんなら顔に青い縦線が入っているに違いありません。
いや、すでにプチ天使ちゃんの顔にうっすら青い縦線が見える気が。。。

そして弟天使くんも呼び出される。
そしておじいちゃんの期待に応えるべく、がんばる弟くん。
うん、なかなか素敵な笑顔なのだ。
とりあえず笑顔をつくって♪
すぐに困り果ててどっかに行ってしまった弟くんでしたが。
よくがんばりました。
c0024345_87811.jpg

愛すべきおちゃめなおじいちゃんは、本当に子供のようです。
これ、もちろん個人的なキャラクターもありますが、この「アホアホ」加減(愛を込めての言葉です)は全体的にフランス人に共通のような気が。
大きくなってもみんないい意味で単純で子供なんだな〜と。
その単純で子供っぽい感じが、時に「むっか〜!」とフランスでありがちな事件を巻き起こしてくれるのですが、人間としてのキャラクターはやっぱりみんななんか憎めないかわいい愛されキャラのような気がするのです。

さて、話はプチ天使家のおじいちゃんに戻って…。
c0024345_87265.jpg

おじいちゃん、また何かを始めました。
「ほら、みんなこっちに注目〜っ!!」
誰も見ません。(家族はもう「またか。。。」っていう表情です)
「く〜く〜!!!みんな注目〜っ!!!」
見てあげないといつまでもしつこいのでみんなおじいちゃんに注目します。
c0024345_874361.jpg

そして空気を入れたチョコレートが入っていたビニール袋を思いっきり「バンッ!」。
破裂させます。
もう子供です♪
「あ〜あ〜また始まったよ。またこれかよ。」
と、家族達がブツブツぼやいてます(笑)。

そして私は見つけちゃいました。
去年の夏、プチ天使家のおじいちゃんの所に遊びに行った時の写真でも。
c0024345_875927.jpg

おじいちゃんがおんなじことをしているのを。。。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2014-05-22 08:23 | プチ天使ちゃん&弟くん | Comments(4)

ワインバーの片隅から…

昼間からワインバーで立ち飲みをするマダムの後ろ姿がかっこよすぎる。
ヒョウ柄と、赤い水玉のカバンとカチューシャをミックスして着こなせるなんて。
さすがフランスのマダム。
かっこよすぎ。
c0024345_2211308.jpg




パリときどきバブーを応援…


そしてご近所友だちらしい常連客のムッシュー達合流。
みんなでワインを片手に井戸端会議を始める。
c0024345_2273195.jpg

ご近所の常連集まって。
みんなこんな真っ昼間から、ワインバーのカウンターでワイン飲みながら立ち話。
フランスならではの光景。
昼間からこの人達、絵になります。
c0024345_2281179.jpg

全く絵にならない私も。
もちろん、こっちからかっこいいマダムを眺めながら。
昼間っからワイン飲んでましたが…♪
たまにはこんな昼も最高♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2014-04-26 22:16 | パリの食 | Comments(4)
ポカポカに晴れたイースターの日曜日の朝。
イースターの準備が始まります。
c0024345_18181793.jpg




パリときどきバブーを応援…


我が家は今年もプチ天使ちゃん一家の仲間に入れてもらって♪
フランス流パックを楽しみました。
c0024345_18184125.jpg

ちびっ子たちをお風呂に入れたり、違う部屋でゲームをやらせたりしながら。
大人たちはチョコレートの準備。
バブー家が近所のスーパーに行った時に、あんなにあったチョコレートがほとんどなくなっているということは昨日書きましたが。。。
それも納得。
c0024345_1819156.jpg

すごい重量のチョコレートを親戚中で買っているんだもの。
フランス中のスーパーからあっという間にイースターのチョコレートの姿が消えるはずだと納得。
c0024345_1819311.jpg

卵の形。
うさぎの形。
かわいいチョコを。
c0024345_18195719.jpg

総動員で庭に隠します。
草むら。
木の枝。
レンガの隙間。
塀の上。
自転車のヘルメットの中。
植木鉢の葉っぱの上。
c0024345_18201587.jpg

さて、ちびっ子たちはスタートの合図の鐘が鳴るのをいまかいまかと待ってます♪
みんなそれぞれ集めたチョコを入れるカゴや帽子を持って。
準備万端♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2014-04-21 18:36 | パリのイベント&エンタメ | Comments(8)
先日、島っ子りんちゃん家と、ほんのちょっとだけカフェデートしようということになり、デパート「プランタン」の屋上カフェへ!
パリのデパート、「ギャラリー・ラファイエット」と「プランタン」界隈は、もうここはパリかと錯覚するくらい、アジア人観光客のバスであふれかえっていたり、それを狙うスリばっかりで住んでいると何か理由がなければ足を向けない場所だったりするけれど。
久しぶりにあの眺めを見ながらお茶を♪
と、いうわけで待ち合わせ下のですが・・・。
c0024345_18235683.jpg




パリときどきバブーを応援…


まず、「島っ子りんちゃん」の妹ちゃんの大きなベビーカーがあったため、エレベーターで上へ。
でもエレベーターで行けるのは8階まで。
最上階9階へは、超ミニマムな狭い幅サイズのエスカレーターのみ。
しかも、エスカレーター乗り口/降り口のところに意味の分からない銀色のポールがたっているタイプで(あれって何のためにあるんだろう。。。)、とても乗りにくいところへ。
荷物を全部降ろして、子供を抱えて、ベビーカーかついで、なんとか屋上へ。
c0024345_1824183.jpg

わ〜い♪
やっぱりいい眺め〜♪
さ〜て。こうなったらビールでも1杯飲んじゃおうか〜。
と、はしゃぐのもつかの間。
ココへ来て、「島っ子りんちゃん」、トイレに行きたい発言。
げっ!

と、いうわけで、あのエスカレーターを再び大荷物持って下がるのは大変だということで、2手に分かれて。
まずは私と「島っ子りんちゃん」でトイレに行ってくることに。

売場のお姉さんに聞くと、「トイレは1階よ」とのこと。
えええ〜っ。
また1階まで降りるわけ〜???
なんで他の階にトイレがないかな。
と、思って表示版で調べてみるも、本当に1階にしかトイレがない。
まったく!出たよ出たよ、おフランスと思って1階に降りるものの。
c0024345_18243254.jpg

改装工事中につき、1階部分はエスカレーターと、エスカレーター横のコスメショップしか通行出来なくなっている。
???
地図を見て、トイレに行こうとしても、どう考えても工事中で行けない。

そこで、エスカレーター横コスメショップのおしゃべりに夢中になっている店員のお姉さん3人組に聞いてみると、「ここを降りて、まっすぐ歩いて、建物を出て超えて、次の建物に入って、1階へ上がって。」と指をまっすぐ指す。
「ここを降りて、まっすぐ歩いて、建物を出たら・・・」そこはもう大通りだよ。駅だよ。
なんて思いながら「島っ子りんちゃん」の手を引いて地上階へ。
(どうやらこのお姉ちゃんは180度方向が逆だった、デパート本館の方へ行けと言いたかったのかなと後から分かるが、いずれにせよ指示が違いすぎるでしょ。)
c0024345_18244687.jpg

指された方向目指して、地上階をウロウロするものの、やっぱり出口しかない・・・。
「ねえねえ、りんちゃん。私、間違ってるかな?9階のおじさんと、さっきのお姉ちゃんなんて言ってた??こういう意味じゃないの??」
と、幼稚園生に確かめちゃったりして。
でも、「島っ子りんちゃん」も、
「ま〜だ〜?!?!またなの?!?!あの人もウソついたの?!?!」
と、文句言っているからどうやら私は間違っていないらしいと確信。

あああ、「島っ子りんちゃん」、トイレが。。。もれそう。。。って言ってる。。。
「りんちゃんっ!もうほんとにすぐだからね。すぐ。ちょっとがまんして!!」
と私は彼女に気合いを入れる。

そして、地上階で、エレベーター前を歩いていたスーツ姿のちょっとマネージャーっぽいムッシュー。
高級ブランドの化粧品売場で暇そうにしていたマドモワゼル。
デパートの入り口でガードマンをしているムッシュー。
3人に連続してトイレの場所を聞いて行くが、
順番に
「そこのエスカレーターを上がって1階に行けばいいよ。」(だからなかったんだってば!)
「トイレ??私は知らないわ。」(じゃ〜君はどこのトイレにいっとるんじゃいっ!)
「1階にあると思うよ。」(おいおいおい、また1階ですか・・・)
という答えが。

「どうしてみんなウソつきなのっ!!!」
と、完全にお怒りモードの「島っ子りんちゃん」の手を握り、もう一度、エスカレーターで1階に上がってみるけれど、絶対にないんだって。行けないんだって。おしゃべり3人娘しかいないんだって。。。
案内図の前で呆然としていると、同じようにトイレを探しているマダムにもトイレの場所を聞かれる始末。。。
あああ。。。。
c0024345_18250100.jpg

もうこうなったら、お隣の本館に行ってトイレ行くから!
と、連絡通路のある階まで上りなおし、わざわざ一度建物を出て、トイレ探しへ。
そして、ようやく、ようやく、お隣本館のトイレにたどり着いたと思ったら、
「スーパートイレ」みたいな感じでなんとお1人様1.5ユーロ。
有料トイレには何度もお世話になってはいるけれど、1.5ユーロはけっこうな最高値。
だって200円以上ってことでしょ?!
ようやく、ようやくたどり着いたお手洗いが1.5ユーロですさ。。。
まあ、確かにみんなのトイレの使い方が汚すぎるおフランスにおいて、とても清潔で気持ちよく入れるトイレではある。
1人が出るたびに係の人が消毒スプレーを持って拭きに来る。
(でもあまりにも消毒スプレーかけすぎて、便器が濡れてるし。。。それもどうなのさ)
係の人は4人くらいいる。
ハッキリいって、客より多いその数、いらないでしょ。
トイレ関連のグッズ販売までしている。

そこまで「スーパートイレ」に力を入れるなら、他の階にトイレ作ってください。。。
と、思いながらもう一度同じ順路を通って、ようやくようやく再び屋上へ戻れた私たち2人。
トイレに行って帰ってくるまでに30分近くかかってしまった。。。
c0024345_18251542.jpg

で、それを聞いた「島っ子りんちゃん」ママは諦めて我慢すると言う。
でも、妹ちゃんのおむつだけは変えないと!
と、いうわけで、「そういえば、下の階のベビー用品売場に、授乳室使いたかったら、言ってくれれば鍵を貸す」って書いてあったよと伝え、その授乳室へ。
「あれ?前は鍵いらなかったのに鍵が必要になったの??」
なんて言いながらおむつを変えに行ったところ。
なんと授乳室のほとんどがごっちゃごちゃに積まれた商品でいっぱいだったらしい。
そりゃ、鍵かけるよね。
さすがおフランスだわよね。
と、いうわけで、長い戦いの末、ようやくようやくビールを飲めた私たち。
ここまでビールをおいしく飲めるように、デパートが与えてくださった試練なのかもね〜。
ハッハッハ。
と。。。
がまんして振り回されまくったちびっ子達にも、ご褒美にアイスクリーム♪
さ〜て、今回のこの記事の中だけで、「ザ・おフランス」ということが何回登場したでしょう〜♪♪






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2014-04-10 19:06 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(10)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.