パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 立川グランデュオ 「フランスフェア」
  • 5月15日(月)〜23日(火)
  • 1階 イベントマルシェ内
  • 西荻窪・本店「ぼわっと」の営業時間は
  • 24日(水)まで11:00〜18:00と短縮となります
  •    
  • 2017年「バブーカレンダー」の通販開始しました
  • 壁掛けタイプと卓上タイプの2種類
  • パリの写真満載のカレンダー
  • 詳しくは「ぼわっと」HPをご覧ください → http://boite.tv 
  •    

<   2009年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

得意技は食いしん坊

弟天使くんとバブー。
この2人共通の得意技は…。
c0024345_18414946.jpg




パリときどきバブーを応援…


食いしん坊なこと。
とてつもなく食いしん坊なこと。
いいにおいがしてくると、誰かが台所に立つと、思わず待ってしまう。
2人の得意技です。
c0024345_18421134.jpg

ペロッ。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-04-30 18:49 | プチ天使ちゃん&弟くん | Comments(8)
仕事がら、おすすめ化粧品は何かということを本当に本当によく聞かれます。
おすすめしたいものはたくさんあるけれど、今私がとにかく自分もはまっていて本当は秘密にしたかったところ(?!)が今日紹介するブランド、Mon Soin du Visage(モン・ソワン・デュ・ヴィサージュ)です。
c0024345_9525192.jpg




パリときどきバブーを応援…


「カフェと雑貨が好きな人のためのパリを旅する本」に紹介したかったのですが、残念ながらまだブランドが立ち上がったばかりで、日本のメディアへの取材許可が出ていなかったので、掲載できませんでした。
だらら今回は特別にブログで紹介します。
最近だれかに質問されるたびにおすすめしているお気に入りスポットです。
ここはパリにオープンした店舗ながら、経営者は日本人女性。
こういう人が自分の上司だったらなあ…と思うような面白くて、一生懸命で、パワフルで、キュートな女性が作ったブランドなんです。
c0024345_9531593.jpg

彼女とはもう何年も前からのつきあい。
すでにフランスでも思いつく限り全ての雑誌やメディアから取材されて一気に人気が高まっているこのブランドですが、まさか本当にお店がオープンすること、ブランドが出来上がることなんて想像もしなかったころからのおつきあい。
会うたびに、世の中で売られている化粧品達に、いかに体によくないものが入っていて、原価なんてただ同然のものが何万円という値段で売られているのだという話に花を咲かせていた私達。

私も、もとはといえばこの仕事に興味を持ったきっかけは、世の中こんなに化粧品があふれていて、日本にはメイク雑誌だけでもいくつもあって、カリスマヘアメイクさんがもてはやされて、彼女達がおすすめする商品が売れる…。
そんな中で一体どうやったら本当にいいものを見つけられるのか。
雑誌の世界はどこまで信じても大丈夫なのか。
そんなことを追求し始めたのがきっかけ。
c0024345_9535310.jpg

全てのメイク関係の記事に片っ端から目を通し、色々なものを自分で試し、何が本当で何が商品を売るために作られたものなのかを出来る限り判断できるようになったらなんてA型根性で研究をはじめ、さらには自分でも化粧品作りをしてみたり。
そんな根性があるのなら、もっとまじめに働きなさいと、会社の上司は思っていたに違いないほどメイク関係のことに興味を持ち始めたのでした。
私達が住む現代社会、あまりにもものがあふれていて、あまりにも複雑で、あまりにも情報がありすぎて、正しいことを見破るのも難しい。

一方で「これは悪い、あれも悪い」「全部ナチュラルな自然派ビオで」といっても生活の中では限度もあるし、お金もかかるし。
そこまでこだわった人になろうとも思ってもいないのだけれども…。
体に直接入って行く基礎化粧品のことや、食べ物のことはすごく大切だなあ、出来る範囲で気をつけられたらいいなあと日々思っています。
c0024345_9542241.jpg

と、いうわけで、前置きが長くなりましたが、このブランドを作った女性はそんな私の根本にある考えとドンピシャ一致、毎日ラボにこもって自ら研究を続ける彼女を見ては、1日も早くブランドが立ち上がる日を待っていた訳なのでした。
そしてそれがついに実現し、あっという間に人気になっているブランド。
パリに住んでいる友達に聞かれるたびに、観光で来る友人に聞かれるたびに困っていた質問の答えが出来たのでした♪

このブランドは100%オーガニック。
説明書に「ペットが舐めたって大丈夫。」と書かれているように、パーフェクトにオーガニックでナチュラルなのです。
(私はいつも化粧水やクリームをたっぷりつけた後の顔や手をバブーが舐めるのが気になっていたのですが、これで一安心♪)
c0024345_9545258.jpg

「じゃあ一体、どうやって保存料を使わないでいられるの?それじゃ商品にならないじゃないの。」
と聞けば、保存料になっているのは「わさび」や「日本酒」なのだということ。
世界中に出ている「オーガニック」「ビオ」「自然派」と書いてあるもののほとんどは、100%オーガニックであるものはほとんどないと彼女に断言されてから、私も全ての成分表をチェックするようになりました。
読み上げるたびに、
「はい、それも石油〜。はい、それも石油〜。」
「そんなに石油が入っていたら体にいいわけないでしょ?そういう商品を使っている先進国でしか婦人病とかがないのも納得できるでしょ?」
ということらしいのです。

この話を聞いてからは私は今まで以上に体の中に入って行くものに気をつけるようになったのでした。
もちろん上にも書いたように、自分の心地よいと思う範囲で、出来る範囲でというだけですが…。
c0024345_9551865.jpg

揃っているラインは「ゆずシリーズ」「バラシリーズ」「しそシリーズ」「檜シリーズ」とまたまた香りも最高のアロマ効果抜群のものばかり。
体調や気分に合わせて使い分けています。

もちろんまだパリでしか手に入らないですが…。
旅行シーズンに突入して、毎日何通も「パリに行きます!パリに行きます♪」というメールやコメントをいただくので、きっとこの情報が役に立ってくださる方もたくさんいるでしょう!
ノートルダム寺院のすぐそば、セーヌ川横の小道に入ってすぐの小さなお店。
自分だけの特別なおみやげに、超おすすめです。

Mon Soin du Visage
3 rue Maitre Albert 75005 Paris
01 43 33 33 20
休み 日、月、祝
www.monsoinduvisage.com/
c0024345_9554636.jpg







↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-04-30 09:57 | お仕事に関するお知らせ | Comments(31)
プチ天使ちゃんが、なぜフランスのおパリで。
星条旗の前でミニーちゃんなのかというと…。
c0024345_7391434.jpg




パリときどきバブーを応援…


パリ日本人幼稚園学芸会のオリジナルミュージカル、「ドラえもん」の中で、ドラえもんとしずかちゃん達が世界中を旅するというストーリーなのです。
だからまずはアメリカへ!
というわけでプチ天使ちゃんは必死で歌って踊っていたわけです♪
c0024345_7393685.jpg

卒園生達がメインキャラクターとなって、各学年がクラスごとに演じる世界中の国に旅行するのです。
ストーリーも、音楽も、振り付けも、衣装も、舞台背景も。
ぜ〜んぶ先生達の夜なべ作業で出来上がったオリジナルミュージカルは、幼稚園の学芸会というものを忘れてしまう出来映え。
c0024345_7395385.jpg

劇団四季も真っ青のミュージカル♪
子供子供、幼稚園生なんてまだまだ赤ちゃんと思っているけれど。
このベベ達がなかなかやってくれる。
幼稚園生の底力を知りました。
c0024345_740634.jpg

前の記事にも書いたけれど、フランスの学校ではみんなで何かひとつのものをみたいなものがなかなかないので、これにはハーフの子供達のフランス側ファミリーも大喜び。
田舎からわざわざこの日のために、おじいちゃんも、おばあちゃんも、家族総出で出てくる人がいるくらい楽しみにしているのです。
最後はみんなボロボロ泣いていました。
チームワークとか、チームプレイとか、集団で何かを…ということが得意なこと。
これ、日本人のすごく得意な自慢すべきことのような気がします。
c0024345_7402080.jpg

そういえば、フランスで何度ミュージカルを見ても、揃っていないのにビックリします。
オペラの本場、バレエの本場だというのに、「うわわわわ。。。このレベルでも主役が出来てしまうのかあ。。。ひょええええ。ダンスも歌も揃ってない。どのくらい練習したのだろうか…。」な〜んて思ってしまったりもしたり。
私はあまり詳しくないのでただただすごいなあとしか見えないバレエに関しても、詳しい人に言わせると、オペラ座のバレエ団は世界のバレエ団の中でもあまりそろっていないのだとダメ出しされていたし。
私達日本人、苦手なこともたくさんあるけれど。
この「スポ根魂」はご自慢お国芸なのかも♪
c0024345_740359.jpg

全ての緊張感と体力を使い果たしたちびっ子達。
出番が終わればあっという間に夢の中zzz

ブログ登場を快くOKしてくださったパパさん&ママさん達。
どうもありがとうございました!





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-04-29 07:53 | パリで出会ったかわいい子供 | Comments(22)
みよ!
このプチ天使ちゃんの見事なシンギング姿をっ♪
c0024345_926283.jpg




パリときどきバブーを応援…


初舞台とは思えぬ見事な歌いっぷり。
あまりにもかわいい姿にかわいい歌声に。
またまたいつものぼやきですが、動画で流したかった。。。

パリの日本人幼稚園の卒園式。
最初はみんなおめでたい日のオシャレをして、いつもとは違う雰囲気に緊張した面持ちで神妙に座っているのですが…。
c0024345_9264940.jpg

この幼稚園の最大の目玉、ビッグイベントはその卒園式の後。
大大学芸大会なのです。

ずいぶん前から、プチ天使ちゃん。
会うたびに、私の家のベランダでも歌いまくり、メトロの中でも歌いまくり、なんなのだこの歌は。。。と思っていたのはこのミュージカルのための歌だったのです。
あまりにも聞きすぎて耳から離れない歌は、ミュージカルの中の挿入歌。
私の記憶が正しければ…

♪ ボンジュ〜ル ボンジュ〜ル ここはフランス〜
花の都の パリジェンヌです〜
ボンジュ〜ル ボンジュ〜ル 遠い国から〜
パリに来てくれて メルシ〜ボ〜ク〜  ♪♪♪

というなんともかわいい歌なのです。
作詞作曲も先生なんだそうで本当にすごいなあ。
c0024345_9284024.jpg

というわけでかわいすぎるプチ天使ちゃんとキャラメル君の初舞台の様子からまず…。
プチ天使ちゃんは一番ちびっ子クラスだけれども毎日通うクラス版。
だからみんな練習に練習を重ね、小さいながらもなかなか見事な歌いっぷり。
踊りっぷり。
c0024345_9285353.jpg

そしてこちら。
完全に固まっているのがキャラメル君♪
パパとママが座っている方向ばっかりず〜っと見てます。
今にも泣きそうだけど、泣くのはなんとか我慢。
キャラメル君の周りの男の子達はみんな泣き叫んでいました(笑)。
c0024345_9272916.jpg

こちらは同じちびっ子クラスでも、現地の学校がお休みの水曜日だけ通っている週1回クラスのちびっ子たちの男の子組。
だから一番甘えん坊でみ〜んなで棒立ち。
泣いている子につられないのが大変です。
c0024345_929225.jpg

各学年、クラスごとにミュージカルのワンシーンを演じて行くのですが、これが同じ週1回クラスの男の子たちでも1年先輩組は
ちびっ子っていうのは1年でここまで大きくしっかりするのか!
と驚くほどの成長ぶり。
今年はとりあえず、泣かなかっただけ本当によく出来ました♪
キャラメル君。
また来年の舞台が今から楽しみです♪
c0024345_92758100.jpg

そしてこちらはプチ天使ちゃんのバレエ教室の発表の部。
バレエ、ピアノ、フルートに合奏ととにかく盛りだくさんな発表会なのですが、プチ天使ちゃんはバレエを習っているのでこちらでもいちばんちびっ子クラスで初登場。
かなり放心状態ですが、がんばってます。
まだ一番小さいサイズでもブカブカすぎたレペットのバレエシューズ。
ゴムで締めてがんばれがんばれ!
c0024345_9294816.jpg

本当にかわいすぎて、舞台を見ながら思わずニヤニヤ。
あっ、いけないいけない。
ひとりでニヤニヤしてしまったと思って見渡してみると。
もうパパもママも劇場の中全員デレデレ。
こんな姿を見せられたら誰もが微笑まずにいられません♪






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-04-28 09:55 | プチ天使ちゃん&弟くん | Comments(16)

パリの幼稚園の卒園式

さて、久しぶりに登場のこのちびっ子、誰か分かるでしょうか?!
前からブログを見てくださっている方は分かるかも?!
c0024345_1635572.jpg




パリときどきバブーを応援…


七五三の着物で公園を走り回っていたペコちゃんです♪
ペコちゃんはこの日卒園式。
ちょっと1ヶ月おくれになりましたが…。
パリの日本人幼稚園の卒園式がありました。
c0024345_16361942.jpg

よく質問されることですが、日本人が何万人といるフランス。
もちろん日本人学校というのがあります。
フランスの学校は9月が新学期のはじまりですが、日本人幼稚園では日本の暦通り。
だから3月に卒園式、4月に新学期が始まります。
日本人幼稚園はパリにいくつかあるのですが、この幼稚園はパリときどきバブーの人気登場キャラクターたちがたくさん通っている幼稚園。
今回の卒園生の中にはペコちゃん。
そしていつもプチ天使ちゃんが後ろをくっついて真似っこして歩いている大好きな姉貴分(↓写真右上)が。
c0024345_16363597.jpg

この幼稚園の卒園式は、お父さん達も楽しみにしている超ビッグイベント♪
なぜって大きな舞台を貸し切って、日本らしい卒園式。
そしてその後には大学芸会が待っているから♪
この間ちょこっと登場したプチ天使ちゃんの学芸会姿。
c0024345_16364915.jpg

あれも幼稚園の卒園式イベントの一こまだったのです。
毎日通う子供達も、現地校に通いながらも週に1回だけ日本人幼稚園に通う子供達も。
日本人の子供達も、ハーフの子供達も。
日本の文化を学ぶために、日本語を学ぶために毎日楽しく通っています。
何か集団でまとまってというイベントがほとんどないフランスの学校。
みんなで練習して、みんなで歌って、卒業証書をもらう卒園式というものがあって…。
c0024345_1637373.jpg

日本ならではの風景が、ちゃ〜んとパリにもあるんです♪





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-04-27 16:52 | パリのイベント&エンタメ | Comments(12)

ホホホゴリラ

ウホホホホホホ〜。
c0024345_19173642.jpg




パリときどきバブーを応援…


ホホホ〜。
ホホホ〜。
突然何やらおかしい人になってしまったプチ天使ちゃん。
c0024345_19172933.jpg

メトロを待つ人たちがみんな振り返っている。
どうしちゃったの?!
この子。
ホホホ〜。
ホホホ〜。
「ねえねえ、何やってるの??」
って聞いたら。
c0024345_1913507.jpg

このポスターの子の真似をしているのだと…。
「これ、してるのよ〜♪」
c0024345_1914310.jpg

ホホホ〜。
ホホホ〜。
ついさっきまで泣いていた機嫌わる子ちゃんだったのに、なんなのだ。この変わりよう。。。
c0024345_19141737.jpg

ええ〜〜〜。。。。。。。
っていうかきみ。
その女の子よりもどっちかと言えば、そっちのゴリちゃんの方じゃないの??
バブーも思っているに違いない。
c0024345_19143127.jpg

「どっちかと言えば、ゴリラじゃな〜い?!」
って伝えてみたら、
「ちがうよ〜。こっちよ〜。」
と、女の子を指していた。
c0024345_19144459.jpg

ホホホ〜。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-04-26 19:23 | プチ天使ちゃん&弟くん | Comments(12)
マドモワゼルから抜け出して、マダムになってなんぼの大人中心の世界フランス。
「あ〜またひとつ歳をとっちゃったわ〜。」
「もう誕生日なんてめでたくもないわよ。」
なんて会話はなく、誕生日はいつまでもめでたいもの。
c0024345_2047218.jpg




パリときどきバブーを応援…


そんなわけでみんな何歳になっても自分でパーティーを開いてお祝いということが多いのですが。
パーティーを開こうにも何せ一部屋のアパート。
テーブルを引っぱりだして全面にギューギューに座ってもマックス6人。
残念ながらパーティーはあきらめて、みんな個別にご飯に招待かなと思っていたら。
c0024345_20472462.jpg

ピンポ〜ン。
で、やって来たのはいつものメンバー全員。
大人8人、子供1人、赤ちゃん2人、犬1匹。
いつもと変わらぬメンバーが、この狭い部屋に大集合。
c0024345_20472717.jpg

みんながサプライズパーティーを企画してくれていたのでした。
みんなが自分の存在スペースを確保するのすら大変困難ですが…。
弟天使くんとポニョちゃんはマットレスで即席ベビースペース。
c0024345_20473190.jpg

夜はまだちょっと寒いテラスと部屋を行ったり来たりしながら。
すれ違うたびに誰かとぶつかりながら。
おお。
それでも詰め込めば入るものだ。
完全すし詰めサプライズパーティー。
c0024345_20473434.jpg

前菜盛り合わせに、カナッペに、サラダに、パスタに、子羊の塊オーブン焼きに(我が家のオーブンがついに利用されたっ!しかも人に作ってもらった料理で…)。
本当にみんなどうもありがとう!
c0024345_20482426.jpg

すし詰めサプライズ。
楽しかった〜。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-04-25 21:07 | バブー家の食卓 | Comments(18)
昨日はたくさんのメッセージ、色々なところからありがとうございました♪
c0024345_2022780.jpg




パリときどきバブーを応援…


みなさんに祝っていただいて本当にうれしく思っています。
誕生日を迎える前日は、昨日書いた通りよだれをたらして昼寝をしてしまうという、まぬけちゃん状態で日付変更線を超えた私ですが…。
その後「うわっっ。げげげげ。。。。」
と大焦りで起きてからは必死で原稿を書いていた私。
そのうち台所から見える東の空がうっすら明るくなって来て。
c0024345_2023062.jpg

ピヨピヨ小鳥達が歌いだして。
そして自分が生まれた日のお日様を迎えることになったのでした。
早起きが苦手な私は日の出なんていうものにはそうそうお出ましできるタイプではないけれど。
これはなかなかおめでたい♪
c0024345_2023392.jpg

素敵な誕生日を迎えました。
しあわせです。

そして、我が家のバジル君ですが、本物の葉が出てきました。
この前の段階は「双葉」っていうのだっけな??
小学生の理科が分からない…。
その双葉を超えて本葉が♪
c0024345_2031293.jpg

でもでも。
このいちばん伸びている子の片方のバジルの葉、かじりとられているの見えるでしょうか。
犯人はもちろん。。。
こちら。
c0024345_2032538.jpg

バブーにかじられてから、その分を取り返そうとしているかのようにひとりグングン成長しているのがこのいちばんのっぽな子なのだ。
我が家の犯人。
コソコソコソコソ、バジル君を狙います。
本物の葉が生えて来て、きっとおいしい匂いがしているのかもしれない。
バジルをひなたぼっこさせようと、窓の近くの地面に置いておくと。
油断したとたんこんなことに…。
油断のならない我が家の犯人。
バブー。。。
c0024345_2024236.jpg

えっ。なにか??
ぼく、悪いことしまして??





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-04-24 20:19 | 私のパリ生活 | Comments(26)
フランスの結婚式、最初から最後まで笑顔がいっぱい。
c0024345_11251973.jpg




パリときどきバブーを応援…


日本の結婚式が「ハンカチ必須、涙が止まらない感動巨編」(?!)
だとしたら、
フランスの結婚式は「ちょっぴりの涙とはじける笑顔のホームコメディ」
って感じかしら。
c0024345_112462.jpg

最初から最後までみんなの笑顔がはじけていて、本当に楽しい。
もちろんちょっと感動するシーンとか、指一本でさっと拭えるくらいの涙シーンはあるのだけど。
c0024345_1125559.jpg

私も相も変わらず毎回毎回、ファインダー越しに見えるお父さんやお母さんのうれしそうな顔をを見るとウルウルしてしまうし。
いい加減に慣れないものかなあ。。。と思うけれど。
全く慣れる気配はない。
c0024345_11261178.jpg

でも、そんなちょっとの涙や感動はあっても。
花嫁さんも列席者も、「号泣」ということはまずありえない。
涙より笑いなのがフランス式の結婚式なのです。
それは日仏カップルの結婚式も、日本から結婚式のためにやってくるカップルのものも同じ。
楽しいから「ウェ〜イッ!」
そして道行く人もみんな一緒になって「ウェ〜イッ!!」
c0024345_11262588.jpg

誰もが楽しむお祭り。
そんなはじける笑顔いっぱいのフランス流の結婚式が私は大好きです。
結婚する本人も、列席者もみ〜んなで楽しいのがいちばんだもの。
c0024345_11263949.jpg

今日も日本から結婚式のためにやってきた2人と、パリ中で「ウェ〜イッ!」っとはしゃいで来た私は、体力を使い果たしてよだれを垂らしてベッドに倒れ込んでいる間にzzz
夜は明け23日。
今日はわたしの誕生日なのだ♪
ウェ〜イッ!






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-04-23 11:43 | フランスの結婚式/ウェディング | Comments(73)

パリでお着物さんぽ

つたの絡まる素敵なアパートで集合して。
c0024345_7462197.jpg




パリときどきバブーを応援…


花嫁さん&花婿さんファミリーで出発したのはパリで最も美しい公園のひとつ、リュクサンブール公園。
c0024345_7464475.jpg

美しい着物とはじける笑顔と。
映画の中から抜け出たようなカップルは公園中の注目の的。
c0024345_7483215.jpg

マラソンをしているパリっ子も思わず足を止めて。
ラッキーにも美しい着物姿の花嫁さんと遭遇した観光客の人々は慌ててカメラを取り出して。
c0024345_7471112.jpg

美しい着物、私の今いちばん憧れる欲しいものNO.1かもしれない。
成人式の時は親に申し訳ないほど断固として拒否し、興味もなかった着物。
c0024345_7472625.jpg

今では着物雑誌なんかを眺めて妄想ワールドに入るようになってしまった♪
でも先日スタッフとして入った某イベントで自分も着物をきることになったのだけど。
やっぱり着物はつ、つ、つらいっ。
c0024345_7491348.jpg

ぐるしい…。
普段からラクチンタイプのチュニックスカートにレギンスみたいなものばっかり着ている私には、着物に耐えることは遥か遠い難関。
c0024345_749264.jpg

この花嫁さんの笑顔と、美しい着物の内側には洋服では考えられないくらい、ひもや帯でがんじがらめになっている世界があるなんて、きっとパリっ子たちは想像もしていないに違いない!
明日からまず、ブヨブヨのお腹周りをベルトで閉めることからはじめてみようかな(泣)。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2009-04-22 08:06 | フランスの結婚式/ウェディング | Comments(32)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.