パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 博多「ぼわっと」
  • 11月23日(木)から26日(日)まで
  • 福岡・博多 冷泉荘にて
  •    
  • 京都「ぼわっと」
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

<   2005年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

c0024345_1265584.jpg
今日が今年最後の仕事収め。
そして3年目のパリが終わろうとしている。
そして私の大好きな、本物のもみの木クリスマスツリーが飾られている友人宅で開かれた、「おいしいもの大会」♪
今年最後の「ブログで出会った犬仲間オフ会」兼、「広島焼きを食べようおやぢ大忘年会」が開かれた。
c0024345_1271330.jpg私のブログは毎日毎日おやぢネタばかりだ・・・。
とてもパリ生活には見えない・・・。
オシャレな!?パリで生活していると見せかけて、とてもとてもおやぢ的だ。
でもこれがある意味本当の日本人のパリ生活。こんなことをしてなきゃやってられない?!
残念ながら、「パリって素敵よ~」と宣言できるほどフランスが大好きではない純日本人のわたくし♪、日本の心を忘れる事は出来ないのだ♪
c0024345_1274770.jpg「どこの国にもいいものも悪いものもある。」
そんなことが、当たり前になりすぎていた事が、自分の生まれた国を離れてみてやっと分かった。
だから「君が代」も「国旗掲揚」もバカにしていた私だけど、今は昔よりは自分の国に誇りを持てる。
日本って素敵なところがたくさんある。
これと私の「おやぢ飯好き」を結びつけるのは強引だが・・・、日本にいた時よりも、日本食が美しくて繊細だと思うようになったのは確かだ。
c0024345_1285884.jpgただでさえ日本人人口が多いここパリ、年末を迎える今、日本食スーパーにいけば、おせち料理に向かって食糧を買い求める日本人でいっぱいだ・・・。
今日大忘年会を開いたのは、このブログがきかっけで知り合った犬仲間。
「おしゃれなパリジェンヌ犬ルビー」一家(ルビーは茶色い方)&同じく「オシャレなパリジェンヌ犬ユリス」一家(ユリスは黒い方)。
二人ともミニチュアダックス。色は違うけれど、大きさも賢さも同じぴか一犬です。
残念ながら、ちょっとおバカな我が家のバブーは、彼女達が繁殖期を迎えてしまっているために、家でお留守番・・・。
c0024345_1282444.jpgつい最近のブログで大人気だった広島風お好み焼
(本格的広島風お好み焼きの写真はこちらから♪)はもちろん、具だくさんのおでん、サーモンとおジャガが絶妙にマッチしたサラダ、柔らか~い豚肉の紅茶煮、おつまみビーフジャーキー、日本酒・・・と海外生活者にはうれしいうれしい最高の年末ディナーになりました。
孤独や不安も多い海外生活をしている中で、目的もステータスも年齢も違う人たちと知り合い、楽しみや苦しみやおいしさを分かち合えるのは本当にありがたい事だなと思う。
あと1日で4年目を迎えるパリ生活、いつまでこの「適当王国フランス」に滞在するかは分からないが、こんな仲間がいる限り、なんだかうまくいくような気がする?!
お留守番のバブー君は、繁殖期のにおいをたっぷりつけて帰ってきた飼い主様の洋服からしばらく離れようとしなかったのでした・・・。
c0024345_1292395.jpg


このブログが気に入ったら人気ブログランキングへ・・・
by tonomariko | 2005-12-31 12:09 | バブー家の食卓 | Comments(11)

境界線を超え侵入

c0024345_22465258.jpg
クリスマスには母伝授の簡単おいしいクッキーを作った。
何か人にちょっとプレゼントするとか、そんな時に母はよくこのクッキーを作る。
私も母の子。知らないうちに私まで「何かちょっと♪」という時はこれを作るようになっている(笑)。
c0024345_22503032.jpgオーブンに火をつけて、台所でゴソゴソやっていれば、いつもどおり、当然バブーがやって来る。
台所ドアより先には侵入してはいけないことになっているのに気づけば中にいる。
バブー侵入対策として「サランラップの棒作戦」を決行。
「このサランラップ棒は怖いものだ!!」と思い込ませて、台所境界線に設置する。
彼は境界線の手前に座っている。
「サランラップ棒作戦」大・成・功!!
しばらくすると一応サランラップ棒よりあちら側にいる。顔だけかなり出てるけど・・・。
c0024345_22521352.jpgまあ許そう。
そして彼はそのまま眠りにおちる。
しめしめ(笑)。
そして私はクッキーに集中し、おいしそ~うに焼きあがったクッキーをオーブンから取り出した♪
大量に出来た焼きたてクッキー♪
そして振り向くと、「ゲッ・・・」。
バブーが主張している。
しかも境界線のこちら側で・・・。
あえなく「サランラップ棒大作戦」も失敗に終わったのだった・・・。バブーの勝ち。

人気ブログランキングへ・・・
c0024345_230113.jpg

by tonomariko | 2005-12-29 23:38 | 子犬っ子バブー | Comments(26)

ネコにも振られる・・・

c0024345_22222341.jpgパリに来て、「クリスマスツリーは本物のもみの木!!」という夢を実現した。
今年3月までアメリカ人女性カメラマンと住んでいたアパートは、なんと140㎡のロフト。
サロンの天井は4m以上あったので、クリスマスには自分の背よりもずーっと高いもみの木を置いていた。
アメリカの映画の中でしか見たことのなかった本物のクリスマスツリーは、うれしすぎて1月最後枯れるまで飾っていた。
今のアパートは一人暮らし用で小さくなってしまったので、今年は残念ながら大きなクリスマスツリーは断念・・・。気分だけでも楽しもうと、もみの木を売っている市場や花屋を見つけると何度も見に行った。
シテ島の常設花市場では、どの店先でももみの木が山のように置いてある。
c0024345_22255392.jpgバブーもクンクンやりながら、もみの木の間を練り歩く。
そして気づくとまたいつもの「座り込み」体勢に・・・。
彼の視線を追うとそこには、もみの木屋さんの番人(番ネコ?!)が・・・。
超スーパー目線攻撃を送るバブーをちらりと見ただけで、完全無視。
あーまた振られちゃったねぇ、バブー君。
っていうか、そんな口元にもみの木の破片をつけていたら、かっこ悪くて誰も振り向いてくれないよ・・・。
その後セーヌ川を渡りきるまで彼は全く気づかず、もみの木をぶら下げたまま歩いていた・・・。
c0024345_22292357.jpg


人気ブログランキングへ・・・
by tonomariko | 2005-12-28 22:32 | 子犬っ子バブー | Comments(18)
c0024345_4352822.jpg
日本では25日の夜が終わり朝を迎えると、クリスマスの装飾はどこかへ消え、門松やらおせち料理、年賀状・・・などなど、一気にお正月モードへ切り替わっているころだろうか??
言葉で表すなら、「The・賀正」といった感じの「あけましておめでとう正月」はないこちらパリ、人々はクリスマス前からバカンスに突入し、「メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!!」と年末年始を一言でくくるイメージだ。
c0024345_4362255.jpgだから街のイルミネーションもカフェの装飾もスーパーの食材もクリスマスのまま♪
クリスマスが大好きな私にとってはなんともうれしいこの長~いクリスマス。
今日もバスの中からシャンゼリゼのイルミネーション(シャンゼリゼのイルミネーションはこちら)を眺めてちょっと幸せ気分になった・・・。
凍えそうな体(今日は雪が降った!!)をた~っぷりチーズがかかった4人前くらいのオニオングラタンスープであたためる・・・。
ちょっと味が濃すぎるけれど、そして多すぎて一人では飲み干せないけれど、ま、いっか。
c0024345_4395912.jpg


ブログランキングへ・・・
by tonomariko | 2005-12-27 23:41 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(10)
c0024345_22215868.jpg散々クリスマスムードいっぱいのパリの写真をお届けして、(偽)パリジェンヌを気取っておきながらなんだが、クリスマス直前の我が家は、「純にっぽん・おやぢクリスマスパーティー」だったのだ・・・。
第1弾・広島風お好み焼パーティー!!
(第1弾というのは、年末に向けて、広島風お好み焼パーティーが再び開かれる予定であるため・・・。年末はいつにも増して日本人おやぢと化します♪)
9月10日にパリのアメリカンチャーチで結婚式を挙げた夫婦(パリの結婚式・・・参照)と一緒に・・・。
c0024345_22255890.jpg私達やはり日本人♪おやぢパーティーがやっぱり一番落ち着くのです・・・。
友人夫婦が持参してくれたのは・・・
「ぷりっぷり海老の海苔巻き風」
見た目にも美しいこのお料理、ポン酢もしくは麺つゆ+レモンでいただく。
「たっぷり1日煮込んだブタの角煮」
お箸でほぐれるほど柔らかいこのブタちゃんに、なんとミントとコリアンダー(パクチー)!!
この新しい組み合わせが最高!!ブタのこっくりとした脂身と、この爽やかな葉っぱの相性は抜群で、後味もサッパリ。
c0024345_22423162.jpgこの角煮ちゃん、あと少し残っているので、私は今日当たり、こっそりご飯と一緒に食べるのを楽しみにしている・・・♪
ビールを片手に、ネギがた~っぷり乗った広島風お好み焼も食べて、大・満・足。
おしること黒豆茶でしめて、お腹一杯のクリスマスパーティーなのでした・・・。
おいしいものに夢中になりすぎて、横でずーっと騒ぎ続けていた私達飼い主様の愛犬2匹の写真は全くありません・・・。

このブログが気に入ったらここをクリック
c0024345_22402859.jpg

by tonomariko | 2005-12-26 22:46 | バブー家の食卓 | Comments(25)
c0024345_9504919.jpg

クリスマスイブ、オペラ座バスティーユにて「Le Lac des Cygnes(白鳥の湖)」を観劇。言葉には表しきれないほど素晴らしい舞台で、本当に素敵なクリスマスイブになった。
会場全体が息をのんで見守っているのが分かるほど、素敵なエトワール(Svetlana Zakharova)の踊りは、素人目にも圧巻。あんなに体の曲線が美しい人を今まで見たことがなく、心から感動した。
c0024345_9511132.jpgミュージカルは好きだけど、オペラやバレエはいまいち苦手な私だが、今日の舞台は恐らく一生忘れられなそうな、そこまで素晴らしい舞台だった・・・。
帰り道、クリスマスイブの夜中近く、お腹をすかせてバスティーユからマレの自宅までを散歩がてら、レストランを探す・・・。
が、家族揃って家で過ごすヨーロッパ、どこもかしこも店は閉まり、街中がし~んと静まり返っている。レストランを見つけることはもとより、人が見当たらない・・・。
クリスマスのネオンだけが色々なところでチカチカ光っているものの、人がいない。
いつもは夜遅くまでゲイでいっぱいのこの辺りも、今日はみなどこへ消えてしまったのだろう・・・。
我が家の目の前の通りもこんなに静かな通りになっている・・・。タイムスリップしてどこか次元の違うところに連れて行かれたような錯覚におちいりそうなほど・・・。
c0024345_9513453.jpg

JOYEUX NOEL...

←このブログが気に入ったら・・・ここをクリック
by tonomariko | 2005-12-25 09:51 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(32)
c0024345_102199.jpgクリスマスウィークの今週、ケーキはいくつも頂きました(太る・・・)が、こちらの写真はシューケットで作った手作りクリスマスツリーケーキ。
もちろん、私の作品ではなく、料理人の友達様による作品です。
シュークリームのようなものを積み上げていくケーキは何回か見たことがありますが、クリスマスツリー型は初めて。シンプルな色合いがとても素敵で、かわいくておいしい!!
c0024345_1042916.jpg食べるのはもったいなく、飾っておきたいけれど、もちろんペロリといただきました♪
さて、話は変わるのですが、例のサル姉妹の文字通り、「おもちゃ箱をひっくり返したような・・・」、おもちゃで一杯のお部屋。
この部屋一番の見所は、部屋の奥にある巨大冷蔵庫。サンタ姿で微笑むニナちゃんの向こう側に見えているのがそれです。
これ、なんとおもちゃ箱。もちろん電源は入っていません。入れれば使えます。
人形がいっぱいいっぱいに詰まった冷蔵庫は、どこでも見たことのない、特別なおもちゃ箱でかなり笑えます。
二段ベッドよりもかなり高い冷蔵庫、大きな特大サイズです。そこに人形がびっしり並ぶ。
こういう利用法もあったのかあぁぁ・・・。メーカーの人もビックリだろうなあ・・・。
(もちろん、サルママがおもちゃ箱への利用のために購入したものではありません!!)
c0024345_1081628.jpg


←人気ブログランキングへ投票
by tonomariko | 2005-12-24 10:10 | サル姉妹 | Comments(15)
c0024345_1052946.jpg
パン屋さんやケーキ屋さんのウィンドーには、いつも色とりどりのケーキやタルトが並んでいて、目を楽しませてくれるが、今の季節はクリスマスのお菓子、ビュッシュ・ド・ノエルでいっぱい。
街中で見かけるこの定番のお菓子、どのお店でもオリジナルな趣向をこらそうと必死で、味・色・乗っている人形・・・etc様々なものが見られる。
c0024345_1055090.jpg私の伯母のひとりは元お菓子の先生。彼女が昭和46年(ずいぶん昔だ!!)から4年間、雑誌ミセスに掲載していたお菓子を一冊にまとめた本というのがあって、それは私が宝物として持ってきている本のひとつ。
そのページをめくると、
「ビュッシュドノエルは12月24日、薪をたきながらキリストの誕生を待ったという伝説から作られた、フランスの代表的なクリスマスケーキ」
c0024345_1062070.jpgとある。
ヨーロッパではどこでも食べるお菓子なのかと思ったらそうではないようだ。
「ヨーロッパの国々には、それぞれ特徴あるクリスマスのお菓子があり、キリストの誕生を祝って各家庭で色々なお菓子が準備される。フランスではビュッシュドノエル、イギリスではミンスパイやフルーツケーキやクリスマスプティング、イタリア北部の街ミラノでは、レモンやオレンジのピールを加えたイースト菓子パネトーネが、そしてドイツではクリストシュトレンが焼かれ・・・」
ということ。こんな文章を読んでしまったら、食い意地娘としてはクリスマスのこの季節、ヨーロッパ各地を周ってその土地ならではのクリスマス菓子を楽しみたいなあ・・・と思ってしまう。
今年はもう間に合わない・・・。いつかそんな旅をしてみたいなあ・・・。

人気ブログランキングへ・・・
c0024345_1064599.jpg

by tonomariko | 2005-12-23 10:11 | パリのお菓子 | Comments(12)
c0024345_11420100.jpg

←まずはここから応援クリック

サル姉妹いもうとアンナちゃん、バブーにお菓子を狙われています。
いつにない甘い香りに誘われるバブー。
c0024345_1144215.jpg狙うはフルーツチューイーキャンディー♪
そして、標的の高さは低く、ゲットできる確立が確実に高い?!
「アーちゃん、バブーに狙われてるよっ!!早く口に入れてっ。」と言われ、慌ててお菓子を口にパクッ。
無事にキャンディーはアンナちゃんの口に入りました。
口の中がいっぱいになり、口の横からよだれがはみ出てる!?
こんな小さなひとつのキャンディー、彼女にとっては大きなものなんだろうなあ・・・。
c0024345_1152995.jpg人間様たちが、おいしい甘いにおいの食べ物を口いっぱいにほうばる中、完全におあずけを食らっているバブーは、ちょっとご機嫌斜め?!
散々サルたちの相手をしたのにご褒美はなし?!
子供部屋ではしゃぐ子供達をそっちのけで、ブスッと寝始めてしまいました・・・。
さてさて、そんな彼の活躍するサイト、「犬と人の情報ウェブマガジン/OneWave」の記事(海外ウィークリー&海外特派員ブログ)もアップされています。
こちらもぜひご覧下さい!!
家に帰ってご飯をもらった彼の機嫌は、すっかり元通り♪遊びつかれてぐっすり眠りました・・・。
c0024345_1155098.jpg

by tonomariko | 2005-12-22 11:07 | サル姉妹 | Comments(12)
c0024345_6372515.jpg
「クリスマスリサイタル~サル姉妹の夕べ・・・」を宣言し(サル姉妹の夕べに向けて・・・)、目下練習に励んでいたニナ嬢のピアノリサイタルが本日開かれた(笑)。
観客動員数11人+2匹?!(本人含まず)
なんだかイメージ的に、とてもゴージャスな発表会になっている?!
c0024345_6415964.jpg今日初めて会った3ファミリーとは実は既にブログつながりでお知り合いだった。
実質的に、ブログのオフ会になっていたぴあのリサイタル。パリってやっぱり狭い・・・。
サル姉妹のお友達3人が登場し、一気にそこはサル山幼稚園状態。
こんな子供が5人大集合すれば、みんな好き勝手に動き回って誰もひとつにはまとまらない(笑)。
そこにバブー(犬)とケリーちゃん(うさぎ)も加わり、リサイタル場はすごい盛り上がり(違う意味で??)。
子供軍団が到着する前に、なぜか第1回目のリサイタルを開いてしまった彼女・・・。
c0024345_6584296.jpgリサイタル終了後ももう一回弾きなおしていたし、本日私は彼女のリサイタルを3回も聞いてしまった?!
努力家の彼女、リサイタルに向けてヤミ練を重ねただけあって、結果は上出来♪
ドの音も、ドの場所も知らなかった彼女がたった2ヶ月でここまで上手になってしまうなんて、さすが子供の吸収力は違う!!
「子供が喜ぶツボ」をバッチリ押さえている大人観客群、1曲終わるたびに拍手喝さい&ブラボーの歓声。
ニナちゃんもすっかりいい気分、超ご機嫌ちゃんでリサイタルを終えたのでした・・・。
c0024345_653888.jpgさて、10分間のピアノ演奏が終わるとあっという間にサル山幼稚園?!と化した会場。
子供部屋は足の踏み場のないほどおもちゃが散乱し、ベッドの上で飛び跳ね、飛び降り、バブーが振り回され、頭をぶつけたとかお菓子がなくなったとかで誰かが泣きわめく・・・。
うーん、おサルちゃんがこんなに集まると大変だ・・・。
c0024345_6465349.jpg女の子の今日のブームは電話ごっこ??
ピンクのディズニープリンセスを手に持ち電話しているけど、それって懐中電灯だよ・・・??
かたや赤い電話をピポパポやってるかと思ったら、「カボチャを買わなくちゃ」とか「何言ってるのよ~」なんてお母さんのまねっこ??
みんなが勝手に遊んでそれぞれ熱中していると思ったら、その2分後には全員でベッドによじ登って、ジャングルジムごっこ?!子供って忙しい・・・。
あまりにも動き回るので、コンパクトデジカメ・ノーフラッシュ撮影は断念・・・。元気すぎるサル山幼稚園では泣く泣くフラッシュ撮影に切り替えなくてはいけなかった私なのでした・・・。
ところでぴあのリサイタル、これから1ヶ月おきに行われるという噂?!参加したい方、お申し込みはお早めに!!
c0024345_731953.jpg


←今日もここから応援クリック
by tonomariko | 2005-12-20 23:47 | サル姉妹 | Comments(16)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.