パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 東京・西荻窪 フランス雑貨&ブロカントのお店、
  • 『「Boite」(ぼわっと)の営業時間が変わりました。
  • 毎日 11:00〜20:00まで(火曜定休日)
  • ただいまフランスのクリスマス雑貨がいっぱいです!
  •    
  • 2017年「バブーカレンダー」の通販開始しました
  • 壁掛けタイプと卓上タイプの2種類
  • パリの写真満載のカレンダー
  • 詳しくは「ぼわっと」HPをご覧ください → http://boite.tv 
  •    

カテゴリ:ポルトガルの旅( 11 )

c0024345_1213486.jpg



ポルトガルバーチャルツアーを楽しめたら・・・

しつこくやってきたポルトガル旅行も多分もう最後。
いい加減に「パリときどきバブー」に戻さなくちゃ?!
わたしがあまりにも「ポルトガリータ」(という言葉はないかもしれないけれど・・・)になって、ポルトガルを回顧しているために、これが生中継なのかと思われてしまっていたみたい。
c0024345_1215726.jpg

2月下旬の3泊だけの思い出。
でもそれだけインパクトも強くて素敵だったということもあるのかしら。
さて、最後はヨーロッパ大陸西の果て、ロカ岬。
先日登場した世界遺産の街、「シントラ」からさらにバスに揺られ数十分。
c0024345_122141.jpg

最西端が記された十字架がたたずむ岬だけなのだが、地平線をのぞみ、「ここが西の果てなのかあ・・・」という感慨はなんともいえず。
ちょうど夕方日が沈む時間についたのだが、それが何よりも最高!
地平線に大きな太陽が沈んでいく姿を、誰もが言葉なく見つめていた。
c0024345_1223419.jpg

最終バスを逃したら、わたしたちどうなってしまうのかしら・・・という最果ての地。
1秒ごとに地平線に消えてゆく、色が刻々と変化する太陽を見送って、帰りのバスでは思わずぐっすり。
短いけれどギューッと詰まった素敵な旅でした・・・。
ポルトガル大好き!
c0024345_1225383.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-03-11 12:17 | ポルトガルの旅 | Comments(8)
c0024345_9391451.jpg



かわいいちびっ子たちを楽しんでいただけたら・・・

昨日のつづき、カーニバルから。
かわいいちびっ子たちの仮装にゆうに1週間は割きたいくらい、あっちからこっちからちびっ子大好き心をくすぐる子供たちが登場する。
カメラを見つけると喜んで歩いてくる子供たちもいて、全くわからないポルトガル語に日本語でこたえてみる♪
c0024345_9385071.jpg

日本のお祭りというものに、久しく参加していないけれど、ちょっと日本のカーニバルも改めてまわってみたいなあ・・・。
花火大会も、各地のお祭りも。
20数年間日本に住んでいて、知らないものがたくさんあるけれど、ぜひこの目で見てみたい。小さい頃に近所の祭りで山車を引いて、お菓子をもらって歩いた小さなお祭りとかもなつかしい。
ああいうのってまだあるのかしら・・・。
c0024345_938239.jpg

世界の祭り&カーニバルを巡る旅なんていうのもしてみたいなあ・・・。
と、かなり現実離れした妄想を。
最近「たび」がしたくてしたくてしょうがない。
バブーをお供にカメラを持って♪
いつか実現するかしら・・・。
バブーにも世界各地の「犬のえさ」を食べさせてあげよう!
c0024345_9373880.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-03-10 09:51 | ポルトガルの旅 | Comments(10)
c0024345_14384851.jpg



このブログが気に入ったら・・・

プチバカンス中はちょうどヨーロッパの各地でカーニバルが行われていた日。
街を歩いていると何やら変そうした子供たちがたくさんいて、ポルトガルでは子供ってみな着ぐるみなの?!・・・と思っていたのだがそんなわけだったのだ。
c0024345_14393349.jpg

まだ自分が何を着せられているかわかっていないちびっ子から、子供と一緒に変装したり、武術ごっこをしている親子や。
それはそれは色々な仮装ちびっ子が、あっちからもこっちからも。
うじゃうじゃしていて楽しいカーニバル。
c0024345_1440246.jpg

よくみてみると、街のなかには「仮装グッズ専門店」が結構ある。
ということは、カーニバルの日以外にもお店経営が成り立つということなのかしら???
ミッキーもミニーも、くまもうさぎも、赤ずきんちゃんも白雪姫も。。。
いったい何種類の仮装グッズがあるのかしら?!
c0024345_14402551.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-03-09 14:49 | ポルトガルの旅 | Comments(2)
c0024345_8353877.jpg



このブログが気に入ったら・・・

スペインやポルトガル方面にいったら夢中で飲むもの。
それはサングリア!!
今回のポルトガルの旅でもほとんどサングリアを飲んでいたわたしたち。
店を決める基準のひとつに「サングリアがあるかないか」ということが入っていたくらい。
ありがちだけれど、ジュースの用にごくごく飲み過ぎてしまって、2人でカラフ注文はあっという間になくなってしまう。
c0024345_8361014.jpg

ちなみにポルトガルって、どこのカフェやレストランでも付属で出てきたパンやバターやおつまみは有料。
ちょっとでも手を付けるとお金を払わなくはいけない(といってもこれがたいした値段ではないのだが)。
でもサングリアとこんなおいしそうな「ビールが進むくん」状態のおつまみが出てきてしまうと、もう止まらない♪
海鮮にオリーブに。。。
サングリアってどうやったらおいしく家でできるのかしら。
c0024345_8363645.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-03-08 10:02 | ポルトガルの旅 | Comments(12)
c0024345_2364064.jpg



ポルトガルの旅を楽しめたら・・・

「パリときどきバブー」ではなくなって、すっかり「ポルトガルときどきバブー」になってしまっている。
それだけポルトガルが気に入った。
お天気に恵まれたせいもすごく大きいと思うけれど。
c0024345_236503.jpg

何よりもおいしくて安いんだもん。
それがのん兵衛食いしん坊にはたまらない。
外食なんてちょっとした覚悟の上のパリ。
ポルトガルでは値段を見ないでオーダーしまくっても、パリに比べたらお安い♪
c0024345_237842.jpg

シントラ(Sintra)の街のお昼ご飯。
小さい町だけれど完全なる観光地になっているので地元っぽいレストランを探すのがちょっと大変。
そこで食いしん坊隊はやさしい地元のお兄さんにアドバイスをもらう作戦に。
にぎやかな通りの裏手にあたる小さな食堂。
c0024345_2371925.jpg

小さな店内には、一軒家の庭にパラソルと一緒に置いてありそうな、ガタガタいう簡素なテーブルに折りたたみイス。
テレビでサッカーの試合を見ながらおじちゃんとおばちゃんとその家族が切り盛りしている小さなお店。
厨房からは食器のガチャガチャ洗い物の音とおばちゃんたちのおしゃべり。
これぞ「The・食堂」という懐かしい感じのお店でもやっぱり、大盛りの魚料理&野菜をいただいた。
c0024345_2373551.jpg

英語すら通じているのかあやしい感じだけれども、気さくなご主人とおばちゃんは、お店を出るときまでポルトガルで陽気であたたかい会話を投げかけてくれた♪
さて、デザートはどのガイドブックにも書いてある、シントラの名物お菓子「ケイジャーダ&トラヴセロ」。
小さな丸いお菓子がケイジャーダ。
チーズを使ったお菓子で横綱級だと書いてある。
細長い方がトラヴセロ。
グラニュー糖をまぶしたサクサクほろほろくずれるパイの中には、卵黄でできたようなほんのり甘いクリームが。
c0024345_2374757.jpg

なんといってもこの丸いチーズのお菓子の方が名物らしいのだが、私たちの中ではちょっとこちらは微妙・・・。
あまり味がしない上に、まわりの皮の部分がなんと表現していいか。
「弾力ある生春巻きの皮を長時間外に放置してしまってバリバリになりかけている状態」?!
そんなわけで私たちはパイの方がお気に入り。
いずれにせよガイドブックに載っている名物は全部トライしたい私。
これでシントラの名物も制覇だっ♪
c0024345_238027.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-03-05 03:00 | ポルトガルの旅 | Comments(2)
c0024345_822790.jpg



ポルトガルの旅を楽しめたら・・・

おととい登場したポルトガルのシントラ(Sintra)。
首都リスボンから日帰りで行ける世界遺産の街。
そのシントラのもうひとつの見所が山の上にそびえたつ王宮(Palacil Real)。
c0024345_8221975.jpg

シントラ一周バスの「ムーアの城跡」停留所は「王宮前」(歩いても10分弱)。
かつての王家の夏の離宮だという王宮は、一見ユーモアにあふれるかわいらしい遊び心満点のおもちゃの城。
そして王宮の外側は、ポルトガルらしいタイルばりが太陽の光でキラキラと輝いている。
c0024345_8224062.jpg

ちょっとおもちゃのようなこのお城、中に入ると雰囲気は一転。
残念ながら撮影禁止のお城の内部は、一見の価値ありの豪華絢爛さ。
どの部屋も「よくぞこんなに調度品がそのまま残っているのね・・・。」と思ってしまうほど、当時のままの家具や装飾品やテーブルウェアや・・・。
お風呂もキッチンも、サロンも食事の間も、礼拝堂も何もかもが豪華絢爛、見事な調度品たちでそのままの姿で残っている。
c0024345_8225137.jpg

ムーアの城跡では、見事な景観ながら、強風に吹き飛ばれないようにするのに必死だったけれど、このお城の展望台はポカポカ日向ぼっこをしながらゆったり・・・。
素晴らしい景色を眺めながら、お城のバルコニーで、サンドイッチをかじりピクニック気分の家族が何組も見かけたけれど、あれは大正解!
王宮前から再びバスに乗って、いちばんにぎわってる広場、レプブリカ広場へもどって腹ごしらえ・・・。
c0024345_823396.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-03-04 08:36 | ポルトガルの旅 | Comments(2)
c0024345_815539.jpg



ポルトガルの旅を楽しめたら・・・

ポルトガルの首都リスボンから電車で45分のエクスカーション。
しかもなんと1.6ユーロ(約180円)の旅。
なんて物価が安いのだ!!
「エデンの園」とうたわれたという景勝地、シントラ(Sintra)。
世界遺産にも登録されている美しい景観。
c0024345_816543.jpg

駅でシントラの街をぐるっと一周するバスの1日券を購入し、まず向かったのは「ムーアの城跡(Castelo des Mouros)」。
現在は廃墟になっているムーア人によって築かれた城。
停留所を降りて、看板の矢印に従い歩くこと5分。
万里の長城を思わせるような空へと続く石段が現れる。
c0024345_8162041.jpg

緑が生い茂る森と、突然空へとポカンと抜ける石段。
まるで「天空の城ラピュタ」の世界のようでもある。
この石段、はっきり言って相当怖い。
上空かなり激しい風が吹き荒れる中、ひざより高い石段を1段1段登り、風で吹き飛ばされそうになりながら、頂上を目指す。
c0024345_8163262.jpg

強風に負けないように城跡のふちにへばりつきながら、後ろを振り返ればそこは世界遺産に登録されている美しい景色。
青空に白い雲がモクモク♪
「あ~美しい♪」とホッと一息ついていると、いきなりスコールが!!
「ギョギョギョッ!!」っと見上げればそこには雨雲が・・・。
c0024345_8164915.jpg

風はさらに強くなり、「ああ、ここで吹き飛ばされても誰も気付いてくれないんだろうなあ・・・(泣)。」なんてしがみついていると、あっという間に雨雲がはれる。
「次の雨雲が来る前に、なんとか下に降りなくちゃっ!!」と必死で下り始めると、目の前のシントラの街には大きな虹がかかっている!!
さあ無事に下まで降りたら、今度は山の上の宮殿に出発!
c0024345_817048.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-03-02 08:34 | ポルトガルの旅 | Comments(2)
c0024345_3435576.jpg



ポルトガルの旅を楽しんでいただけたら・・・

ポルトガルリスボンの旅。
3泊4日の食すべてを「魚」でとおした私たち♪
「さかなさかなさかな~♪」って音楽が頭の中をグルグルまわり続けるほど、おさかな天国♪
c0024345_344833.jpg

ポルトガル語、「ありがとう」と「こんにちわ」すら何度見ても覚えられないのに、「いわし」「タコ」「イカ」「甲イカ」「タラ」・・・etcと、お魚さんの名前はあっという間に頭に叩き込まれる。
お目当ての魚を目指して、メニューの中からはその言葉しか探そうとしない。
c0024345_3442645.jpg

どこで食べてもモリモリもりだくさん、しかも野菜もたっぷりついてきて、1皿4ユーロ~7ユーロくらい(約600円~1050円)。
パリのカフェオレの値段じゃない(泣)・・・と物価の安さにうれし驚き、さらに「お魚君」への意気込みが増す。
c0024345_3443893.jpg

味付けは全てあっさりした塩味。
必ずオリーブオイルとビネガーが運ばれてくるので好みで味付けをする。
「白いご飯一杯!!」と思わず叫びたくなってしまう、日本人には最高にうれしい味♪
ああ、わたし、やっぱりここに住めるかも・・・♪
魚が運ばれてくるたびにほっぺたがゆるむ♪
c0024345_3445679.jpg

このおいしい「お魚天国」でこっそりかばんにしのばせていたもの。
それは一味唐辛子としょう油。
そのままでも十分おいしくて、結局しょう油は使わなかったけれど、一味唐辛子は黄門様の印籠状態で大活躍。
おいしいお魚君がピリ辛になってさらに食欲増進。
ポン酢もしのばせてきたらよかったかしら・・・。
c0024345_345872.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-02-26 03:59 | ポルトガルの旅 | Comments(12)
c0024345_20311537.jpg



ポルトガルの旅を楽しんでいただけたら・・・

リスボン市中心部から西へ市電でゴトゴト。
前述のベレン(Belem)地区のいちばんの見所が、世界遺産に登録されているジェロニモス修道院(Mosteiro dos Jeronimos)。
c0024345_20312589.jpg

マヌエル様式を代表する建物は、レースのように美しくて繊細な彫刻が柱という柱、壁という壁・・・にほどこされていて本当に美しい。
c0024345_20313935.jpg

ちなみに、入り口は正面(インペリオ広場に面した側)のこの2つの塔の下あたり。
奥行きがある建物なので地図で見るとちょっと分かりにくかったので、私のまわりに偶然ちらほらいるリスボン行き計画中の方々へ♪
c0024345_2032727.jpg

教会の天井に向かってのびる何本もの柱の美しい彫刻たちが豪華で、どうやらこれはヤシの木を模したといわれているようで、なるほど!
海洋をモチーフにした模様が刻まれている。
c0024345_2032245.jpg

教会の奥は55m司法の回廊に囲まれた中庭になっており、青空と白い雲と静かな空気が流れて別世界のよう。
美しい彫刻たちにしばし見入って、芝生の中庭の階段に座ってぼ~っと休憩する人があちこちに・・・。
c0024345_20323785.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-02-23 20:49 | ポルトガルの旅 | Comments(8)
c0024345_7475068.jpg



人気ブログランキングへ・・・

リスボン市中心部から西へ6キロベレン地区へ。
哀愁ただよう街並みの中を抜けていく、市電(15番)をチョイスして約30分。
テージョ川岸沿いのこの街、「川」というには幅の広い川、そして川岸にはヨットハーバーが並び、雰囲気は海岸のよう。
青空の下を歩いて川岸に出ると、そこには「発見のモニュメント(Padrao des Descobrimentos)」。
c0024345_748427.jpg

1960年にエリンケ航海王子の500回忌を記念してつくられたモニュメントだという。
先頭にいるのがどうやらエリンケ王子。
その後ろには、天文学者・宣教師・船乗り・学者たち・・・とその当時第一線で活躍した人々が続いているんだ。
ふむふむ。
「ガイドブックってなんて素晴らしいのだろう♪」って感動しながら、片時もガイドブックを離せない。
5分おきにページを広げながら高さ52メートルの壮大なモニュメントと青空の下に座って一息。
ガイドブックがなければ、きっとずーっと「この人ってバスコ・ダ・ガマなんだ。きっと♪」なんて思い込みに走っていた。
途中まで、私たちは意味もなく勝手に命名して、「バスコ・ダ・ガマの像」を目指していたんだから・・・。
c0024345_7483151.jpg

ガイドブック様様なのだ。
そこから川沿いに歩くこと約10分。
そこには世界遺産にも登録されているという「ベレンの塔(Torre de Belem)」(写真いちばん下)。
歩きつかれたら、ポルトガル一のエッグタルト(パスティス・デ・ナタ)の老舗、パスティス・デ・ベレンでティータイム・・・と書いてある通りに行動してみる(笑)。
どのガイドブックを書いてもこう書いてある。
どうやら世界中のガイドブックに書いてあるようだ。
c0024345_7484989.jpg

そんなわけで、持ち帰りようのカウンターも、お茶を飲むサロンも、市場の中のような活気にあふれて人でいっぱいになってしまっている・・・。
店員は足りていないし、店に入る列すら出来ていず、食べている人の横でプレッシャーをかけて席が空いたら椅子とりゲーム状態・・・。
それでも食いしん坊の私たちは、最後まで負けずにねばってエッグタルトを食べるまで諦めない♪
「ポルトガルの銘菓」と紹介されているエッグタルトを2つペロリと平らげて、再びリスボン中心部へと戻っていった・・・。
c0024345_749173.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
by tonomariko | 2007-02-22 08:12 | ポルトガルの旅 | Comments(6)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.