パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 熊本・鶴屋百貨店 フランス展
  • 今年も「ぼわっと」参加します
  • 10月18日(水)から24日(火)まで
  • 本館6階 大催事場でお待ちしています!
  •    
  • 11月23日(木)から26日(日)までは福岡で
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

カテゴリ:パリの公園( 105 )

首吊り場の楽園 第2弾

c0024345_1722666.jpg楽園の続きを。
ここに訪れた日は、まさに公園日和の太陽の光にも助けられ、私のデジカメのメモリー全てを使うほど素敵な日だった。
人の立ち入り禁止になってもいいくらいの手入れが行き届いた芝生は、ビッグサンダーマウンテン池を中心に、斜面になってすり鉢状に広がっている。冬はいい感じのゲレンデになってしまいそう・・・。
大人たちは寝っころがりながら語り合う。
c0024345_17224852.jpgパリの定番ショットで思い浮かぶようなカップルはもちろん、男3人組とか、遊び盛りの男子高生のような子たちもいて、うーん健康的な国だ。。。と感心。
これだけ繁華街やカラオケやゲーセンがなければ、みんな遊びはピクニックなのか?!
子供達は汚れるのなんか気にしないで、芝生のゲレンデをダンボールそりで滑ったり、ごろごろゴロゴロ転がってはしゃぎまわっていた。
マイナスイオンをたっぷり浴びて、気分もリフレッシュ♪
最近フランス語の授業にアップアップしてたから、ちょうどいい気分転換になったのでした。
c0024345_1726396.jpg

c0024345_17283453.gif人気blogランキングへ★今度はおにぎりを持って♪
by tonomariko | 2005-04-25 17:10 | パリの公園 | Comments(0)

パリで1番美しい公園?!

c0024345_2043103.jpgパリの天国?!って思うほどきれいな公園に行ってしまった。
Buttes Chaumont(ビューット・ショーモン)公園。
前々から何人かの友達に、本当にきれいだとお薦めされていた公園だったが、あんなに素敵なところだとは想像してなかった。
公園に入ると先ず目に入ってくるのが、池にそびえたつビッグサンダーマウンテン。と思わずにいられない岩山。
ビッグサンダーマウンテンと池の周りには、ずーっと緑の芝生や小川が続いて小高い丘になっている。
この高低差もこの公園を美しく見せているポイントだと思う。
c0024345_20434753.jpgこの公園、昔は石切り場だったらしい。
しかも首吊り処刑場まであった場所。
19世紀半ばにパリ大改造でこんな天国のような公園に生まれ変わる前は、石切り場の洞窟に盗賊たちまで住みつき、ゴミ捨て場にまでなり、臭くて怖~い場所だったという事。
だからビッグサンダーマウンテンに通じるつり橋には、「首吊りの橋」「自殺者の橋」なんていう恐ろしい名前もついている。
c0024345_2051775.jpgそんな場所が私のパリお気に入り公園No.1に一気に躍り出た!!
そしてこの公園に行った日には、ちょうどこんな素敵な風景にもであった。
公園の向かい側にある市役所で結婚式を終えた黒人カップルが、リムジンで公園入り口に到着。
古きよき時代の映画からそのまま抜け出てきたような、正装した黒人の親戚や友達達が集まる中、彼女達がうれしそうに迎えられていた。
c0024345_20491851.jpg

c0024345_20545059.gif人気blogランキングへ★首吊り処刑場はパリの楽園!!
by tonomariko | 2005-04-24 20:33 | パリの公園 | Comments(4)

パレロワイヤル

c0024345_19252784.jpgパレロワイヤルのパッサージュは大きくて有名だが、この間お散歩に行って改めてその良さに感激した。
長ーい回廊には色々な店が立ち並び、そこに取り囲まれているのは広ーい噴水広場。
春になったせいもあり、新緑の中で子供も大人も遊びまわっていた。
見事にそろった木が、一体何メートル続いているんだろうというほどまっすぐのび、その下を歩いていると、都会のパリのど真ん中にいることを忘れてしまう。
バブーもはしゃぎすぎて洋服が足にひっかかり、大パニックを起こすくらい走りまわっていた♪
かなりいい感じの古着、古雑貨屋さんもあり、買い物欲を抑えるのがもう大変だった・・・。
c0024345_19263364.jpg

c0024345_19275612.gif人気blogランキングへ★新緑のトンネル道
by tonomariko | 2005-04-21 23:23 | パリの公園 | Comments(0)

ムドンの森

c0024345_1950153.jpg日本から来ているお客様(秘密旅行なので名前は明かせない)と共に、ムドンの森へ行った。
ムドンの森は、ベルサイユ宮殿行きの郊外電車に乗って、パリから10分くらいいったところ。
エールフランスの機内誌で紹介されていたところだ。
もちろんバブーも一緒に電車でピクニック。
バブーもちゃっかり一人分の席に座って電車に揺られてます。
ムドンの街は坂道の多い住宅地になっていて、街の周りをずーっと森が覆っている。
高台に登ると、まっすぐ伸びたテラスがあり、美しく切りそろえられた木々と、緑の芝生が広がる。
c0024345_19531975.jpgそしてテラスの向こう側にはエッフェル塔、モンマルトルの丘・・・とパリが一望できる。
犬を散歩する人、子供達とサイクリングする人、サッカーをする少年達、仲良く寄り添い歩く老夫婦・・・。
バブーもリードをはずしてもらって、あっちに行ったりこっちに行ったり、うさぎ跳びでぴょんぴょん駆けずり回っていた。
少年達のサッカーボールを見つければ、いきなり混じっていってボールを追いかけ、子供をビックリさせていた。
夕暮れ時もまた美しく、はしゃぎまくったバブーと人間2人でした。
c0024345_19574950.jpg

c0024345_19581392.gif人気blogランキングへ/ムドンの森へお散歩
by tonomariko | 2005-03-25 19:45 | パリの公園 | Comments(0)

囲いのない観覧車

c0024345_3411335.jpg夏でも冬でもバカンスシーズンになるとあちこちの大きな公園に出現する移動遊園地。
まさに「アメリ」の中に登場する遊園地そのもの。
ちょっとレトロで相当安っぽいこの遊園地では、ハイテクな日本では味わえないと思う。
その中にはもちろん観覧車があるが、窓も何もついていないティーカップみたいのがぶらさがっているだけ。。。高所恐怖症でなくて、これは相当怖い。
日本だったらまず「消防法」にひっかかるこの「子供落ちるよ。大人だって落ちるよ。」の観覧車にはもちろんこの冬休みも乗りました。
相変わらず危険一杯すぎるこの乗り物ですが、眺めは最高。ライトアップされたシャンゼリゼも凱旋門もエッフェル塔もモンマルトルの丘も何もかもが見渡せます。
大人8ユーロ。5歳までは5ユーロ。
何周したかわからなくなるほど何周もするのでお得感倍増♪
c0024345_3405275.jpg

by tonomariko | 2005-01-04 21:41 | パリの公園 | Comments(0)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.