パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 大分百貨店 トキハ「フランス展 2017」
  • 無事終了しました。
  • 次のイベントはまた近日お知らせします。
  • どうぞお楽しみに!
  •    
  • 2017年「バブーカレンダー」の通販開始しました
  • 壁掛けタイプと卓上タイプの2種類
  • パリの写真満載のカレンダー
  • 詳しくは「ぼわっと」HPをご覧ください → http://boite.tv 
  •    

外国に生活するということ

c0024345_6204029.jpg




楽しんでいただけたらパリときどきバブーを応援!


「外国に生活するということ」なんていう堅苦しいタイトルですが…。
最近日本でも「モンスターペアレント」なんていう言葉があったり、それを題材にしたドラマがあったり、時代とともに日本の中でも人の性格や、表現の仕方など色々変わってきてはいるとは思うのだけれど。
日本というのはやっぱり直球ではない国。
オブラートに包みながら、包みながら、そして相手の行間を読みながら、やんわりと緩いカーブを投げる国。
悪い方向に使われると、時にそれが陰湿だったりすることにもつながるけれど、すごくソフトな国だと思う。
ついこの間、田舎の結婚式で仲良くなったフランス人のマダムやムッシュー達にも言われてやっぱりそうなのかなあと思った。
「日本人は本当に気だてが良くて、みんな気持ちよくて、やさしくて、言葉は分からなくたって一緒にすごしていてとっても気持ちがいいよ!こんな田舎で日本のことだってなんにも知らなかったけれど、日本人が大好きになったよ。みんな(=花嫁さん側の出席者)によ〜く伝えておいてくれ!」
…と。
「図々しく出来ない、ニコニコしているだけでハッキリものを言わない」という言い方も出来てしまうけれど、初めて会った人に礼儀をわきまえて気持ちのよい空気を与えるというのは素晴らしいことだと思う。
c0024345_621973.jpg

一方フランスは日本に比べれば直球の国。
意味もなくニコニコなんて絶対にしない。
主張してなんぼ、ハッキリ言ってなんぼ、謝ったら負け。
日本で同じことをしてしまったら殴り合いの喧嘩、もしくは絶縁になってしまうようなことだって平気で言ってしまう。
そしてそれが当たり前なので、実は本人達は大して気にしていない。
次の日になったらケロッと忘れて何事もなかったかのようになっている。
そんな直球の国。
これはこれでハッキリしているし気持ちよいほどスパッとしていていい所もたくさんあるのだけれど。
問題は緩いカーブの国から来た私が住んでいるのがこの直球の国フランスだということ。
何も考えずヘラヘラおいしいものを食べているばかり(?!)の私だけれども、けっこうこういうことで日々悩んで落ち込んでいたりする…。
郷に入っては郷に従え!
フランスにいるのであればフランスのルールに従わないと自分が痛い目にあう。
泣き寝入りするのは自分。
だからその国に、習慣に合わせるということはとても大切なことだとは思っている。
c0024345_6212632.jpg

だけれども、なんだかどんどん図々しくてきつくてトゲトゲした性格になるような気がしてすご〜く悩んでいる。
よく帰国子女の子が転校して来たり、海外に長くすんでいた人と知り合いになるとちょっとした違和感があるのはこういうことなんだろうなあと思う。
「ノーが言えない日本人」にとっていい方向に働けばサッパリしてスパッとして気持ちの良い人になれるのだろうし。
あまり良くない外国風味が身に付いてしまうと…。
パリにも数えきれないほどのたくさんの日本人がいて。
フランスに足を踏み入れたばかりの人から在仏うん十年という人までいて。
私もその中のひとりなのですが、他人を客観的に観察して、色々な人の姿を観察していると、外国に住んでいることって…。
と、すごくすごく考えてしまって怖くなることがあります。
外国人としてまずその国で生きる権利をもらうことから始めなくてはいけないのだから、太く強くなるのは当たり前かもしれないけれど。
c0024345_6214433.jpg

…と、私は1年たっても、3年たっても、5年たっても、そんなことをしょっちゅう考え込んでいるのです。
そしてブログでつぶやくほど悩んでいるのは、そう。
「1年に2回は日本に帰る」法則を断ち切ってしまったから?!
私の中では1年に2回以上、日本でリラックス、自分の周りの友人たちの姿に刺激されて日本であらためて自分を見つめなおすという行事をしなくてはいけないのに。
それによっていいバランスを保てていたのに。
今年は年末まで帰れない〜(泣)。
という結果、やっぱりこういうことになった。
あ〜あ。
でも大丈夫。
その代わりと言ってはなんだけど。
今年は鍋にはしることにしたから♪
年末年始の一時帰国を一緒に指折り数えながら、鍋をつつき合う友人がいるお陰で♪
結局おいしいものとおしゃべりで幸せになれる私ってまだまだ大丈夫だ。
アンコウ→貝→タラ→肉団子→エビ。
焼酎→日本酒→ひれ酒。
これだけすでに制覇しました♪
年末まで乗り切ります。さて、次は何鍋をしよう。
上記に続く鍋メニュー、いつでも募集中。
一緒に食べたい人も、いつでも募集中。
c0024345_622226.jpg

パリの片隅で悩む食いしん坊でした。



↑ブログ楽しんでいただけたら応援クリック忘れずに!

1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
最後に忘れず応援していただけるとうれしいです!
Commented by maururu0724 at 2008-09-13 11:55
色々な国へ旅に出る度に、文化の違い、国民性の違い、宗教の違いなどたくさんの事を感じます。日本に産まれたことを感謝した国もありました。だけれど、日本が忘れてしまった物がその国にはあったり、子供たちの目もキラキラしていたり。。。 帯に短し襷に長し。。。

今はとても恋しく思うパリに住んでいた時も、心ない事に出くわしたりすると、急に日本が恋しくなったりしていました(笑)
色々なことがあるけれど、色々な発見もあるからやっぱりパリが好きです。パリでするたこ焼きやあん肝の鍋も好きでした(笑)

東京も鍋が合う涼しさに少しだけ近ずいてきましたょ〜
Commented at 2008-09-13 20:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-09-13 20:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-09-13 23:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-09-13 23:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-09-14 07:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tonomariko at 2008-09-15 22:00
★maururu0724さん 何でもないものねだりはいけないなあとは思うのですが(笑)、、、やっぱりたまにこうなってしまうのはしょうがないのですよね。。。パリももちろんいい所がたくさんそして日本もいいところがたくさん!私自身のことというよりも、なんだかこちらの日本人社会を眺めていてちょっと疲れてしまったわたしでした…(笑)。おいしいものを食べればすぐに元気になりますが!
Commented by tonomariko at 2008-09-15 22:04
★鍵コメiiさん 本当にたしかにおっしゃる通り、人生で2つのことを体験出来ているのはすご〜くすご〜く貴重で素晴らしい経験ですよね。そう思ってがんばります(笑)。
年末年始、どれだけ長く帰れるかを作戦練っている最中です。去年程は長く帰れない恐れもあるけれど、またお会い出来たらうれしいです!
Commented by tonomariko at 2008-09-15 22:08
★鍵コメKaちゃん コメントありがとう〜。何がど〜んとあったというわけではないのだけど、いつも話しているように、人の噂しかしない、悪口しか言わない、一見仲良さそうで仲良くないの?!パリ特有のよくわからぬグループの話を聞いていたら、聞いていただけなのになんだかがっかりどっと疲れてしまったのでした…。鍋パーチーしようしよう!そしてメンテもいつでもOKよ!出来るだけ早く連絡くれた方が確実です!
Commented by tonomariko at 2008-09-15 22:10
★鍵コメyuさん はじめまして!そしてコメントありがとうございました。なんだか会ったことはありませんが、ご近所さん!?そして共通の友だち?!何て思ってすごくうれしくなりました♪そして元気づけられました。またこれからもどうぞよろしくお願いいたします☆そしてバブーを見かけたらぜひぜひ声をかけてくださいね〜♪
Commented by tonomariko at 2008-09-15 22:12
★鍵コメhaさん 久しぶり〜!!コメントありがとう!最近みきちゃんの赤ちゃんの話をしていたりしたからうれしかったよ〜。すっかりお母さんでかわいい赤ちゃん育ててしっかりやっているのね♪私もこっちからうれしく拝見しています!また私もコメントするね〜!
Commented by tonomariko at 2008-09-15 22:14
★鍵コメeyさん こんにちわ!コメントありがとうございました♪私もフランス人に対してはプンプン腹をたてることもあるけれど、もうそういうものなんだと思っていい所を発見出来たりいい感じなのですが、フランス人になりきってしまっている(しかも余計な部分だけ)日本人を見ているとこんな悲しい気持ちになったのでした。せめて自分はそうならないように人の振り見て我がふり直さないとなあ。。。と(笑)。
Commented at 2008-09-17 06:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tonomariko at 2008-09-19 08:31
★鍵コメddeさん こんにちわ。はじめまして!心強いコメント、どうもありがとうございます(笑)。今回は「わたしも〜」という感想を色々な方からいただいて、やっぱりすごく元気になりました(笑)。わたしなんかはかなり比較的日本人社会に入っている方だと言っても過言ではないのですが、それでもこう思うのですから…。本当に人の振り見て我がふりなおせ、反面教師ですよねえ。。。これからもどうぞよろしくお願いいたします☆
同じ女子校のり同士として(笑)。
by tonomariko | 2008-09-13 07:21 | 私のパリ生活 | Comments(14)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.