パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 8月の3周年バースデーに向けて
  • 西荻窪の「ぼわっと」は少しずつ進化する予定!
  • 店長Junkoさんの外装変えいろいろ
  • &店内の模様替えいろいろ・・・etc
  • 変化をお楽しみください♪
  •    
  • 秋以降、再びイベントが盛りだくさんの予定です
  • 順次お知らせしていきます
  • 秋まではのんびり本店「ぼわっと」をお楽しみくださいね!
  •    

うどんパスタ屋で串刺しお菓子?!

c0024345_8574531.jpg




ブログを楽しんでいただけたら、応援クリックを…


プチ天使ちゃんがご機嫌で食べているのはお菓子の串刺し♪
お店のやさしいお兄さんにもらった子供にはたまらない「お菓子の串刺し」。
メニューにも書いてあったから気になっていたのだけど、かわいい。
マシュマロとかグミが刺さっている。
c0024345_858646.jpg

そんな串刺しはさておき、このおいしそうなおいしそうなパスタみたいなものはストラスブールで最初に食べたご飯。
正しい名前はいまだに分からないけれど、この地方の名物なのだそうだ。
私達は全員、「粉が多すぎてぶつっと切れる家で作ったうどんだ。」と、おいしそうなのかおいしそうじゃないのかよく分からないコメントを発しつつ、たいそう気に入った♪
略して「うどんパスタ」。
c0024345_8582753.jpg

う〜ん。
これがとってもとってもおいしくて、お菓子の串刺しに夢中なプチ天使ちゃんの横でみんなでバクバク色々なお味をいただいたのでした。
ストラスブールで食べているおいしいお菓子やこのうどんパスタの様子はコチラから詳しくのぞいてみてください。
お店の情報も載せてあるのでいつかストラスブールに行く機会のある方はぜひ♪
c0024345_8583938.jpg

お店の内装もとってもかわいい!



↑うどんパスタと串刺しお菓子に、応援クリックを!

1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
最後に忘れず応援していただけるとうれしいです!
Commented by ekoekolove at 2008-06-03 20:25
お菓子の串刺しはいいアイディアですね~!
若干食べにくそうだし、小さい子は夢中になってくれて手がかかりませんね(笑)
串には注意!ですけど。
アルザス語と云うのは、今ではないのですか?
戦後直後はフランス語を使わないひとも多かったと聞きましたが。
お料理の名前など、いまだにドイツとボーダーレスな感じがしますね。
Commented by tonomariko at 2008-06-04 07:25
★aoyadomさん こんにちわ!シュベッツレと読むんですね(笑)。結局最後まで分からず、だから読み方も書かなかったわたし(笑)調べる気力がなかったから。
これとザワークラフとっていうおはおいしそう!それはこのお店にはなかったですが食べてみたい。
確かにアルザスはおいしいところどりなんですね!私もグルメの旅にもう一度行きたいです♪
Commented by tonomariko at 2008-06-04 07:26
★ekoekoloveさん これ、誕生日とかにも使えそうですよね。お菓子の串刺し〜。ま、日本だとのどにささったとか事件が起こりそうだからやめたほうがいいかもしれないけれど(笑)。
アルザス語らしきもの、ありましたよ!ドイツ語でもないし、フランス語でもないって言葉。けっこう色々な所で聞きました!
Commented by aoyadom at 2008-06-05 00:56
お久しぶりです。いつも楽しく拝見させて頂いています^^
このシュペッツレ、このペンネタイプを選択して正解です!
南ドイツのStuttgartなどシュペッツレの本場地域だと
お祭りなんかで、このシュペッツレとザワークラウト(酢キャベツ)
の炒めが定番で売られていて、これがとっても美味しいんです。
あの地方の家庭は皆シュッペツレを作る機械を家庭に持っているそう。
アルザスは、ドイツの美味しいとこ取りで、それにうまくフレンチの
エッセンスが交じり合っていて、お料理が本当に充実していると
思います。
フランクフルトから電車で気軽に行けるのも出張族の私と
しては嬉しいので、是非次の出張では寄り道して
こちらのレストランにお邪魔しようかな!
その時にはご報告しますね^^
Commented by tonomariko at 2008-06-10 02:47
★aoyadomさん なぜか一度コメントが消えたのかしら??そしてわたしのお返しコメントが上にあるけれど、これは何かの間違い!?気になったので一応もう一度お返しです(笑)。
by tonomariko | 2008-06-02 09:04 | フランスの旅 | Comments(5)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.