パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 立川グランデュオ 「フランスフェア」
  • 5月15日(月)〜23日(火)
  • 1階 イベントマルシェ内
  • 西荻窪・本店「ぼわっと」の営業時間は
  • 24日(水)まで11:00〜18:00と短縮となります
  •    
  • 2017年「バブーカレンダー」の通販開始しました
  • 壁掛けタイプと卓上タイプの2種類
  • パリの写真満載のカレンダー
  • 詳しくは「ぼわっと」HPをご覧ください → http://boite.tv 
  •    

読めない手書きがおいしさの秘密?

c0024345_17265245.jpg




ヨーロッパランキング、応援はコチラから…


パリの風景で大好きなのがビストロの黒板に書かれたメニューや食料品店のショーウィンドーに無造作に書かれたメニューなど。
このシーンワンカットで「パリ」ってイメージを表しているような気がするけれど、雰囲気があってなんかかっこいい。
これはきっと、母国語がアルファベットを使って表現する言語ではないからなんだろうなあ…と思う。
きっとアルファベットの国の人はこんな所にはそこまでかっこよさは感じていないのだろう。
c0024345_17273535.jpg

私達の「ひらがな」とか「カタカナ」とか「漢字」がそれだけでアートになるように♪
この「手書き文字」、ものすごく癖のある筆記体だったり、カリグラフィーのお手本のような筆記体だったり。
本当に解読が難しい。
フランス語がわからなかった頃は当然解読不能だったし、今でこそ大体メニューなども想像つくようになってきたのでほとんど解読出来るようになったけれど、それにしてもフランス人の書く癖のある筆記体には慣れていないのでにらめっこしてしまう。
でもこれが大きなポイントで、おいしさの秘密だったりする。
黒板に毎日もしくは定期的に自分たちの字で書いてあるようなお店は大抵おいしいし、誰にでも分かるようなパソコンで打ったブロック体を印刷してあるようなお店はいまいちなことが多い。
c0024345_17275475.jpg

もちろん全てにあてはまる法則ではないけれど、確率は高い。
初めて入るお店なんかは、このメニューの書き方で判断することが多いし。
フランス語が全く分からない、観光客の人にとってはこれはとっても大きな壁として立ちはだかる問題。
自分だって他の国に行ったらそうだけれどやっぱり英語のメニューのある所を選んでしまったりするもの…。
でもやっぱりこの法則、大体どこの国に行っても同じ。
だから私は決めたのだ。
今から全部の言葉を習得するのは無理だけれど(泣)、外国に行く時は「ありがとう」「こんにちわ」「さようなら」の他は、メニューで使われる頻出単語だけは勉強して行こうと。
c0024345_17282572.jpg

もちろん「おいしい」も覚えるけれど、こっちは顔で勝負出来るので、やっぱりメニュー単語優先?!



↑ブログ楽しんでいただけたら毎回応援クリックを!

1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
最後に忘れず応援していただけるとうれしいです!
Commented by piccolipassi at 2008-04-14 22:13
うん、うん、わかります!アルファベットで書かれているだけで格好良い気がしちゃう。こういうお店もフォトジェニックですよね♪
イタリア人の手書きの文字もかなり読めないですよ~。おもしろいのがね、お医者さんの処方箋。医者に限って、ミミズのはったような字を書く人が多いらしいんですが、普通の人は読めなくても、薬剤師さんは読めるんです。さすがプロ、なのかな?
私も他の国に行くときに、基本三単語を覚えていくようにしてますが、ハンガリー語は覚えられなかった・・・(涙)。でもグーラッシュなど、メニューの言葉はちゃんと覚えてました♪
Commented by tonomariko at 2008-04-15 08:08
★piccolipassiさん 確かにこちらの人が見ると本当に分かるみたいなんですよね。。。これって行書体とか、毛筆の感じのすっごい美しい字と同じ感覚なのでしょうか。。。でも私はそれも読めないような気がしますが。。。
でも絶対に読みにくい方がおいしい気がするんです。
同じように読みにくい方がいいお医者さんなのかしら。。。
Commented by mi-piace at 2008-04-15 15:13
解る解る!
手書きはホント難しいけど
食べ物単語はどんどん覚えられるよね!
ってフランス語はぜんぜんムリだけど・・・。
イタリアではやっぱりまず食べ物のクセ字を解読することから
始めたものだなぁ・・・。
Commented by tonomariko at 2008-04-18 17:15
★mi-piaceさん イタリアも、絶対に絶対にくせ字で読めないような所が最高においしいパスタちゃんたちが食べられるので、もう絶対に勉強してから行きたいっ!無理矢理入ってもやっぱり分からなことばがたくさんあって。。。ああ、そろそろイタリアに行きたくなってきました♪
by tonomariko | 2008-04-14 17:52 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(4)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.