パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 大分百貨店 トキハ「フランス展 2017」ぼわっと参加します
  • 3月23日(木)〜29日(水)
  • 本店8階・催し物場(最終日は18:00まで)
  • 大分に「ぼわっと」初上陸。どうぞお楽しみに!
  •    
  • 2017年「バブーカレンダー」の通販開始しました
  • 壁掛けタイプと卓上タイプの2種類
  • パリの写真満載のカレンダー
  • 詳しくは「ぼわっと」HPをご覧ください → http://boite.tv 
  •    

アリタリア、やっぱり出てこな〜い

c0024345_6322859.jpg



ブログ楽しんでいただけたらクリック!

「荷物がなくなる」という話では天下一品のアリタリア航空。
先日ローマへ出張した時の話。
数日前のフランスのスト、アパートの水漏れなんていう災難に加えてアリタリア事件もあったのだった。
もうこうなったらなんでも来いっ な、私の災難続き・・・
いわゆる「ロストバゲージ」。
いつも飛行機のチケットの裏にピロリと貼られる「もしもの時のための預け荷物の半券」なんか、使うことはないと思っていたけれど、みんなの話通り、私もアリタリア航空で使うはめに・・・(泣)。
これでもかという程「アリタリアに乗って荷物が出てこなかった事件」を聞いてはいたけれど、初めての搭乗で出てこなかったって、これってやっぱりすごい確率?!
「なくなるなくなるとは聞いてはいたが、そんなになくなるとはWe don't know〜♪」
って、怒りを通り越して大学の時の飲み会のコールが頭にこだましてヘラヘラ笑ってしまうくらい、がっくしな状況。
私が乗ったローマからパリの便で、なんと20名以上がそんな状況・・・
c0024345_6324944.jpg

夜もすっかり遅い、パリ到着時間、待てど暮らせど荷物が出てこないので、半ばイライラし始めた道連れ仲間たちと一緒に、みんなで仲良く紛失コーナーへ。
道連れ仲間の先頭に立っている頼もしいパリジェンヌが、「私たち全員ローマからよっ!こんなにたくさん荷物が出てこないのよ」って怒りどなり気味だけれど、係のお兄ちゃんもお姉ちゃんも、誰一人慌てない。
回答 → 「あ、イタリアからでしょ?それ、普通のことだから。」
みんな → 「普通のことっっっ?!?! (怒)」
と、完全に一気に怒り始めた道連れたち。
でも本当に「普通のこと。日常茶飯事。」らしい。
「大丈夫。そのうち届くから。明日には届くと思うから。」
と、一蹴され、ダラダラダラダラ「ロストバゲージ手続き」をされるから、もう諦めるしかありません。。。
ああ、私の生ハム。
私のサラミ。。。
私のチーズたち。。。
みんなダメになって返ってくるのね(泣)
c0024345_6331114.jpg

と、私はおそらく道連れピープルとはちょっと違う所で心配事があったのだけれども、1時間も書類手続きをして、もう諦めて家路に向かう。
と、そこでなんと気づいた大ピンチ。
家の鍵がロストバゲージの中に・・・・・
あああああ。
サラミどころじゃない(泣)。
そんなわけで友人の家に泊まらせてもらう約束をした私。
一応連絡&配達に備えて、今日泊まる友人宅の電話番号などを残しておこうと思い立ち、再び中に戻る。
荷物のことはさておき、この一回外に出てしまったのに、また「入るの禁止」と書いてある出口から逆戻りできてしまうのが不思議だ。
でた、フランス不思議発見。。。
誰も見張っていないし、誰も何も言わない。
c0024345_6555847.jpg

さて、そうして逆走してもとに戻った私。
さっき担当してくれたお兄さん、ペチャペチャおしゃべりしているのを割って入って「あのぅ、連絡先なんですがぁ。。。」と言うと。
「おお、荷物、もうすぐ○番テーブルで出てくるから♪」
えっ???
1本遅いローマからの便に、みんな積まれて来たらしい。
だったら遊んでないで教えてよー。
連絡先欄に書いた携帯に電話してよー。
帰っちゃったみんなはどうなるの??
放送でも流してよー。
と、山ほど言いたいことを飲み込んで、とりあえずサラミとチーズと鍵が無事だったことを喜び、夜中近くに家に到着。
こんなのもうこりごり。
でもおいしくて陽気で大好き・・・
イタリア。
イタリアに足を踏み入れる限り、このスリルからは逃れられない。。。
教訓 : 家の鍵は手荷物に入れよう (当たり前か・・・)



↑最後に応援クリックはこちらから・・・↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです
Commented by pretty-bacchus at 2007-10-24 23:00
もう、、、、本当にYo〜〜〜kuわかって、笑いながら読んでいたら、、、、、やっぱり次ぎに便で着いたのですね=〜〜!
よかったですね、、、私も同じような目に何度もあっていますから、、、とっても、人ごとでなく、よくわかってしまいました。
ワンちゃん可愛いですね!
Commented by tonomariko at 2007-10-24 23:14
★pretty-bacchusさん 分かっていただけました??(笑)やっぱりそうなんですねえ。。。次の便のことも考えて、今度から時間を決めようなんて思ってしまいました。。。
これで例えばバブーは機内に持ち込めるからいいものの、貨物室預かりの犬が出てこなかったらしゃれにはならないなと、ちょっと心配になりました。。。
Commented by genovanosora at 2007-10-24 23:38
こんにちは♪〟読みながら“えぇぇ~”とビックリしました。でも次の瞬間には
冷静に“アリタリアならあるだろうな”と納得しました(笑)でも、実際のところ
私はこの3年間アリタリアで3ヶ月に1回もしくはそれ以上、移動を繰り返して
いるのですが…1度もロストバゲージはありません。私の周りでも聞きません。なので“なーんだ、アリタリアもそこまで最低ではないじゃん”と
思っていたのですが…最低ですね(笑)そして、私は今のところ運が良かっただけかもしれませんね^^;感謝しつつ気を抜かないようにします。
バブー君も遅くまで大変でしたね、お疲れ様でした☆“
Commented by mi-piace at 2007-10-24 23:55
爆!ってtonomariちゃんには笑い事ではないでしょうが
そんなテキトー大国イタリアに住んでいたアタシには
もう笑っちゃいます。
ね、おフランスより、さらに上行くでしょう?
だからアタシ達夫婦はパリの人、”きっちりしてる”の”親切だ”のと
言っちゃうわけですよ、ほんと。

でもアタシもアリタリアでのロストバゲージ事件は初めて聞いたわ。
アタシはキャセイでローマ入りして、荷物を台風の香港に置き去りにされ、
そしてストライキだったのでホームステイ先のフィレンツェまで
まさにポシェット1コで泣きながら、やっとこさっとこ辿り着いた日が
まるで昨日のことのよう・・・。

絶対フランスよりイタリアの方がテキトーだって!

でも何はともあれ無事荷物が戻ってよかったね。
Commented by sarumama-mimiokun at 2007-10-25 04:21
やっぱり出てこないアリタリア!!我が家も5年ほど前出てきませんでした。コンテナごと違う便に乗ったらしく、ロストバゲージの所は凄い人だかりで手続きに1時間以上かかり、荷物は翌日夜自宅に届きました。

先月アリタリアに乗った時、手荷物で持てる分山ほど持って準備万端乗り込んだら、さくっと出てきました♪

教訓、飛行機に乗るときは一泊分の着替えも手荷物に!!(笑)
Commented at 2007-10-25 04:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ahirunoko724 at 2007-10-25 04:58
あー、家の鍵、先日、バカンス休暇から帰国した同僚がやっちゃいました。

バカンス着で職場にやってきた同僚、「どうしたの?」と聞いたら、「自宅の鍵をスーツ・ケースに入れちゃってたんだけど、ロストしたの。あぁー、バカンス先からいきなり事務所って一気に現実よねぇ」と深いため息をついていました。

それ以来、うちの事務所は「とりあえず、事務所に鍵置いとけばお家に入れるよね」ということで、ほぼ全員がコピー・キーを机の引き出しに常備。

Lessons and learnsでした。
Commented by tonomariko at 2007-10-25 20:45
★genovanosoraさん それはラッキーですね!!どこかの国の愛想の悪いお姉ちゃんだかおばちゃんだか(笑)で嫌な思いをする航空会社と違って、中の人は陽気で最高だし、やさしいし、サンドイッチも割とおいしいし、文句はないのですが、荷物のことだけ・・・(笑)。それでもイタリアに向かう飛行機はほとんど共同運行でアリタリアだったりして、もうこれは避けられない運命ですね(笑)。
Commented by tonomariko at 2007-10-25 20:47
★mi-piaceさん もうペコちゃん一家が話していたイタリアの適当ぶりを思い出さずにはいられないシーンがいくつもありましたよっ!このアリタリア事件だけじゃなくて。でも、住んでいたらきっと別でしょうが、フランスみたいに意地悪な感じでされるよりは、イタリアみたいにもう陽気でぶとばしてくれるともう許さずにはいられない(笑)。
また11月に出張。。。がんばって探したけれど、結局アリタリアしかなく、ちょっと怖い私。。。
Commented by tonomariko at 2007-10-25 20:48
★sarumama-mimiokunさん あとね、携帯の充電器とかカメラの充電器類とか、絶対になくなったら困って納得のいかないものはぜーんぶ手荷物にすることに決めたわ。今度から。。。
ほんと鍵がない時はどうしようかと思ったけれど、充電の残っている携帯がなかったらCDGで夜を明かしていたかも。。。
Commented by tonomariko at 2007-10-25 20:50
★鍵コメさん 今回は、この荷物なくなる事件に隠れてちょっと放置されていますが、搭乗口は変更されるは、時間は送れるは、チェックインカウンターは搭乗10分前になっても表示されていずあやうく乗り遅れるはで、行きも帰りも散々でした(笑)。荷物以外に関しては、フランスが悪いのですが(笑)。こんなドキドキはもうちょっとこりごりです。。。
Commented by tonomariko at 2007-10-25 20:51
★ahirunoko724さん やっぱり!いつも鍵は一体どこに置いておけば一番安全なんだろうと考えて、バカンスに出る時はひとつ友達に預けたりと工夫はしているのですが・・・
それにしても、アパートの鍵、すっごく特殊なものだと簡単に合鍵が作れないので2つしか持てなかったりして不安が残るのですが。。。首から下げておこうかしら。。。今度から(笑)。
Commented by grappa-tei at 2007-10-26 09:40
これ、常識。つまりローマ空港でのロスバゲは当たり前なのですよ。ハンドリングする人間が圧倒的に足らないんだから、まさにこの事態は日常的に発生しているのだ。それを覚悟でいろいろ旅の準備をする、つまり自衛ですな。家の鍵を入れるなーんて、とんでもない!出来ればチェックト・バゲージにしないで済ませるよう、機内持ち込み可能最大サイズで旅行するといいですよ、アリタリアの場合、或いはローマ離発着、または経由の場合は。
Commented by tonomariko at 2007-10-27 06:47
★grappa-teiさん そうなんですねえ。話には聞いていましたが、本当に自分のがなくなるとちょっとびっくりしました(笑)。来月もローマ出張なのに、一体どうなることやら。。。荷物を預けない大きさでというのも無理な話であり、もうこれは運命に任せるしかありませんね(笑)。家の鍵は絶対に手荷物にいれますよ!
by tonomariko | 2007-10-24 07:04 | フランス不思議発見 | Comments(14)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.