パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 博多「ぼわっと」
  • 11月23日(木)から26日(日)まで
  • 福岡・博多 冷泉荘にて
  •    
  • 京都「ぼわっと」
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

バブーのその後

c0024345_813213.jpg



楽しんでいただけたら応援クリック!

プチ天使ちゃんにお散歩してもらっているバブー君。
バブーにお散歩されているプチ天使ちゃん。
一体どっちが正しいか分からないけれど、この2匹もお互い2才(プチ天使ちゃん)&3才(バブー)となって、ちょっとは成長したのか、一緒にお散歩が出来るようになっていた。
パリでは初めてのお散歩かな。
なかなか息は合わないけれど、なかなか楽しそうなお散歩。
c0024345_815444.jpg

昨日、「餃子&バブーのその後」なんていう題名をつけつつ、餃子に夢中になってバブーのその後を書くのを忘れたのに気づいてから慌てて題名を変えた。
というわけで、バブーのその後。
獣医さんの指摘通り、ビオで買っていたドッグフードの消化が悪かったのがひとつの原因というのは正しいかもしれない。
(自然食品と聞けば正しいような気がしていた何も疑わず信じていたものを考えさせられた一因。自然食品だからといって、その子に合うかはまた別の話なんだ…と。)
でもそれ以外にも観察していて、そして色々な方からコメントやメールをいただいて検証した結果。
そしてここ数日バブーをじ〜っくり観察して検証した結果。
本当に人間が考えている以上にとっても繊細な生き物ワンコ。
バブーも実はちょっとしたストレスを感じていたようだという結末に。。。
c0024345_82941.jpg

この夏、初めての日本滞在で、今まで以上に大切にかまってもらっていたバブー。
私の母や、私のおばや、私の友達や…今までになく1日中遊んでもらえて、始終相手にしてくれる相手がいて…。
バブーは1人っきりですごさなくてはいけない時間がほとんどなかった。
そしてパリに帰ってきてからも「きゅるコロむ」の旅などに出て、1日中一緒にすごす日々。
どうやら「甘やかされ〜た」になってしまったバブーは、普通のパリの生活に戻って、ちょっと寂しいと感じていたみたい。
「一緒に遊んで」「ぼくにかまって」という気持ちが重なって、ストレスを感じていたみたい。
普段の生活だって、決して1人っきりのお留守番ばかりということはないけれど、この夏のバブーの体験からすると、ちょっと寂しかったみたい。
同じ部屋にいても遊んでもらえないとか…。
このまま「甘やかされ〜た」で通すのもよくないけれど、ちょっとずつちょっとずつバブーの負担にならないように・・・と思って意識してあげると、仕事をしていても膝に乗ろうとしたり、ぬいぐるみを加えてきたり、今までにはない行動を。。。
やっぱりちょっと寂しかったんだなあ。。。と、厳しく甘く、それに気づいてからはバブーの調子はすっかりもとに戻りました。
ワンコは飼い主にとっても繊細な信号を発しているんだなあと反省。
そしてバブー君、私にとって本当に大切。
何か分からなかったときは、夜中に何度も目が覚めて眠れなかったけれど(バブーも眠れてなかったけれど)、ちょっと今では2人で並んで仲良く寝てます。
c0024345_822217.jpg




↑今日も忘れずに応援クリックはこちらから・・・↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです
by tonomariko | 2007-10-06 13:50 | 子犬っ子バブー | Comments(0)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.