パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 博多「ぼわっと」
  • 11月23日(木)から26日(日)まで
  • 福岡・博多 冷泉荘にて
  •    
  • 京都「ぼわっと」
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

なんでもないもの The・トーキョー

c0024345_2022331.jpg



ブログを読んだら応援クリックも忘れずに!

このあいだ何かで誰かの文章に(本のタイトルも作者名も覚えていないのが問題だ。。。)、「なんでもないことの素敵さ」みたいなことが書いてあってわたしはえらくふむふむ納得してしまった。
その人はたしか、地方から都会に出てきて生活をしていたけれど、あるときふと田舎に戻った時に、今まで意識したことのなかった当たり前のなんでもないことが、なんだかえらく素敵なものに見えたというようなことを俳句にして言っていた。
正確にいえばわたしはその解説を読んでいたのだけど、いずれにせよ題名も名前も覚えていないのだからその暗記力たるやすごい♪
c0024345_2024374.jpg

前置きが長くなってしまったけれど、その「なんでもないことの素敵さ」という言葉にすごくすごく納得して、わたしが最近日本に帰るたびに感じる驚きとかおもしろみを思い出したので、いきなり今日はこんなに「The・トーキョー」な写真を引っ張りだしてみたのでした。
日本のその他の地には観光として行ったことがある場所がいくつかあるだけで、東京のことしか分からないけれど、この街はほんとにすごい!!
c0024345_20255100.jpg

パリにいながらにして、いつまでたってもパリジェンヌになる気配はなく、いつまでも超日本人をしているこのわたしでさえも、そして少なくとも年に2回は日本に帰っているというのに、その進化についていけない。
帰るたびに驚きとまどう超ハイテクいけいけシティ東京。
最近そのギャップが楽しい。
完全に「おのぼり ぼり子さん」になっている。
みんなの持っている携帯は「それ、カメラ??携帯?何?」と聞いてしまうほど見たことのないものに変わるし、JRのイオカードは自動改札を通れなくなっているし、ジャニーズはみんな同じ顔に見えるし、コンビニは新商品ばっかり♪
c0024345_2031491.jpg

いいことも悪いことも、全部含めてパリは本当に変わらない街。
いいことも悪いことも、全部含めて「トーキョー」という街はどんどん変わる。
でもだからこそ「なんでもないこと」がものすごくインパクトある素敵な、なんだかホッとするようなものに見える。
平和なのんびりしたバスの外側は渋谷だったり。
246はすごい渋滞で真っ赤だったり。
小さな居酒屋で友達が必死に「山芋のシソ巻き」を食べていたり。
c0024345_2032698.jpg

最後の一杯と言いながらウーロン杯を飲んだり。
「明るい農村」というかわいすぎるネーミングの焼酎があったり。
ほろ酔いでちょっと楽しそうな友人がさっさとスキップして行ってしまう後ろには酔っぱらいのちょと悲しそうなお兄ちゃんがたたずんでいたり・・・。
こういう「なんでもないこと」のよさは、自分が生まれ育った国でないと感じられないことなんだろうなあ。。。
パリも素敵だし、ずいぶん慣れたけれど、やっぱりフランスは外国。
The・トーキョーに帰るの、楽しみだなあ!
c0024345_2034171.jpg




↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです
Commented by kanabo73 at 2007-07-06 17:05
「なんでもないものの素晴らしさ」、よく分かります。ワタシの場合、一旦日本を出ることによって、その「素晴らしさ」に気づいたような気がします。もしあのままずっと日本で生活をしていたら、めまぐるしく続く変化に飲み込まれて、何が本当にすごいのか、何が本当に大切なのかわからなくなっていたような気がします。一度日本を離れてみたからこそ、こういう「なんでもないこと」が「素晴らしい」と感じられるようになったかな~。Theトーキョー。本当にスゴイ街ですよね。帰るたびに刺激をいっぱい受けます。次の帰国は、いつになるのかなぁ~。
Commented by tonomariko at 2007-07-08 06:14
★kanabo73さん わたしも当然、日本を出たからこそ気づいたことがほとんどで、あのままOLサラリーマンをやっていたら、やっぱり日常に忙殺さえて、気づいてはいなかったかもしれません。外に出たからこそ、おもしろいなあと思えることがたくさん作れることは幸せなことですね♪
by tonomariko | 2007-07-05 20:40 | 私のパリ生活 | Comments(2)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.