パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 博多「ぼわっと」
  • 11月23日(木)から26日(日)まで
  • 福岡・博多 冷泉荘にて
  •    
  • 京都「ぼわっと」
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

パリのごみ掃除機隊

c0024345_2257270.jpg

パリのごみはギュインギュイン、吹き飛ばされ吸い取られていく。
超働き者の日本で育った私にとって、本当にバカンスだらけで1年中お休み?!と見えてしまうフランス人たち。
そんなフランスの中でも、「おおおっ。なんて働きものなんだ!!」とパリに来た当初から感じていた人々。
それはゴミ収集隊の人々。
c0024345_22574496.jpg

朝早くから、ものすごいものすごい騒音でゴミ収集車がやってくる。
日本でこの騒音を出したら間違いなく騒音問題に発展して、自治体で話し合いが行われてしまいそうな音だ(笑)。おかげで目覚ましはいらない。
それが何台かやってきてはパリを掃除していく。
朝だけではない。
夕方まで街中で掃除カーとすれ違う。
この確立でお掃除カーに出会うということは、相当数のお掃除隊がパリを駆け巡っているのだと思われる。
c0024345_22575967.jpg

パリの街。
道路から少し目線をあげて、建物だけを眺めていると本当に本当に美しいと思うのだが・・・。
足元を見れば、前から何度も書いているパリの名物「犬の落し物」はもちろん、「汚い・・・汚すぎる・・・」というほどゴミが散らかっている。
歩けば数十メートルおきに緑のゴミ袋が風になびいているにも関わらず、どうしてこんなにゴミが散らかるのだろうと感心するほど。
そしてそのゴミを飲み込んでいくのがこのお掃除隊たち。
驚くのはすごい水圧の水と強風を同時に出すホースでゴミを思いっきり散らかす(実際は同じ方向に飛ばして集めているらしい・・・?)。
そしてそれを飲み込んでいく飲み込み隊がいるということ。
c0024345_22572236.jpg

この勢いでゴミはもちろん「犬の落し物」だってブウォーンと吹っ飛ばして、全部吸い取ってしまうのだ。
人がいようと気にしない。
「うわぁぁぁー。ゴミが飛んでくるよーーー。」と退散する通行人は気にもせず、爆風&爆水でゴミを蹴散らしてしまうところが適当大王国のフランスなのだ。
私もサル子ちゃんもバブーも、朝一のパリであやうくゴミ&水まみれ・・・。
吹き飛ばしたゴミを、器用にゴミ集めマシーンで集めていく隊員を見ると、アートすら感じるのだが、その前にこんなにゴミ箱が街中にあるのだからそこに捨てるようにすればいいのに・・・と思ってしまう。
c0024345_22581259.jpg



↑人気ブログランキングへ↑

★パリときどきバブー、気に入っていただけたら応援クリックを!
1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです★
Commented by a-green-apple at 2006-10-29 00:40
初めまして、青リンゴです。
私は今年の夏にパリに3週間いました。
掃除機隊には、最初ビックリしますよね。
でも、残念なことに、一番上の写真のっている、
ギュンギュン吸い取っていく機械は見たことありません(T_T)
見たかったです…
Commented by lovecarrie1 at 2006-10-29 02:22
お久しぶりです♡
ロンドンの我が家の回りも週末とかお掃除に人が回って来ない時はもう凄いゴミの量ですよ。どこから現れるのか週末の朝は道路も舗道も紙くずだらけです(涙)。ガラスの欠片まで散乱していてビニーをお散歩させる時もヒヤヒヤ。パリと比べてワンコのウ◎コは断然少ないんですけどね(笑)。日本と比べて国民性違い過ぎますよね。。。
Commented by milky-way2001 at 2006-10-29 20:02
懐かしいぃ~!
私が見たのは3枚目の写真の清掃機より小型で一人乗りタイプで吸うだけのに遭遇しました。
私が片手にゴミくずを持っているのに気づいたらしく、清掃車に乗ったおばちゃんが近づいてきて『ごみ?だったらここに捨てて。吸い取ってあげるわ』と言っているよう感じたので、ホースの前にポイっとゴミを置くと『good!』と言ってゴミを吸い取って去って行った。
便利だなぁ~っと後姿につい見とれてしましました。
Commented by credenza at 2006-10-31 04:37
最初、このゴミ清掃車が登場したときにはおどろきました。と、言うか「またつまらないものを作って・・・」と思ったのですが、随分定着しましたね。
その昔は道路両側の溝から水を流して、おじさんがゴミを下水道に流し込んでいました。
ともあれ、パリはこうやってちゃんと毎日掃除しているのに、ブリュッセルは形だけです。同じ清掃車も走っていますが、1週間に1回来ればいい方です。やる気が無いんでしょうね、ほんと。
Commented by tonomariko at 2006-10-31 21:22
★a-green-appleさん はじめまして。こんにちわ!本当にこの掃除機にはびっくりです。いまだにあきれてしまいます(笑)。こんなものがあるからみんなジャンじゃか道に捨てていくのではないかと思うほどです。
ものすごい税金が使われているような気がしてなりません(笑)。
Commented by tonomariko at 2006-10-31 21:24
★lovecarrie1さん おっしゃるとおり。なんでこんなにガラス瓶が割れているの!!!と怒り爆発になりそうなほどガラスの破片が落ちています。とくに週末、若者たちが夜中のみ明かしたあとなど・・・。最初はお散歩のときバブーが踏まないか気になりましたが、あまりの量落ちているので最近あきらめ気味です・・・。
Commented by tonomariko at 2006-10-31 21:25
★milky-way2001さん その方はいい方だったんですねー。milky-way2001さんが出会ったのは働き者です♪私は色々なパターン見てきましたが、全くお掃除になっていない、むしろゴミを散らかしていっているだけじゃないかーー!!と突っ込みたくなるような人も多数います(笑)。
Commented by tonomariko at 2006-10-31 21:26
★credenzaさん へええええ。昔はそうだったんですねえ・・・。でも私のイメージではブリュッセルは相当きれい。というか、パリ以外はどこにいってもキレイに感じるのは勘違いでしょうか??でもやる気のない人がほとんど。きれいに掃除していくお兄さんを見かけたときは拍手を送りたくなります♪
by tonomariko | 2006-10-28 23:18 | フランス不思議発見 | Comments(8)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.