パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 立川グランデュオ 「フランスフェア」
  • 5月15日(月)〜23日(火)
  • 1階 イベントマルシェ内
  • 西荻窪・本店「ぼわっと」の営業時間は
  • 24日(水)まで11:00〜18:00と短縮となります
  •    
  • 2017年「バブーカレンダー」の通販開始しました
  • 壁掛けタイプと卓上タイプの2種類
  • パリの写真満載のカレンダー
  • 詳しくは「ぼわっと」HPをご覧ください → http://boite.tv 
  •    

藤田アトリエ内部

c0024345_1451941.jpg




人気ブログランキング・・・

つづき藤田のアトリエ内部。
家の一番上の階に彼の宝箱の中のようなアトリエになっている。
階段を上がるとまず飛び込んでくるのが壁一面の壁画。
c0024345_14514311.jpg

シャンパーニュ地方の町ランスに造った礼拝堂の壁画の下絵がこの絵だそうだ。
いすには彼の上着がシャツがかけられ、まるで彼がただ席を立っているだけと感じるような、生きているアトリエだった。
なんだか彼の外出中に秘密で忍び込んでしまったような、ちょっとドキドキする空間。
c0024345_14533854.jpg

たくさんの絵の具、筆、キャンバスetcもそのままで、おかっぱ頭の動いていない彼の画像しか見たことがない私なのに、ものすごく想像力をかきたてられてとても興味深かった。
この、車で通っても気づかないような小さな彼のアトリエハウス、何が素晴らしいって日本語オーディオガイドがあったこと!
c0024345_14535168.jpg

まるで美術関係には無関心&無知識なわたしでも、彼の生き様がとてもよく分かるように解説してもらえたからだ。
交通の便的にはちょこっと不便とはいえ、パリからは30キロたらず、パリからタクシーを利用しても目が飛び出るような料金ではないはず。
有名なランスの礼拝堂の壁画を見に行く前に、ぜひぜひここで彼の空気を感じるのがいいような気がする。
c0024345_1454638.jpg

家の内装や調度品も全て彼が作り出したものということで、本当に器用で多彩だった彼の様子がうかがえたのがこの最後の写真、ミシン!
自分からこんなにも1人のアーティストの人生に興味を持ったのは初めて。
今度はぜひシャンパーニュ地方の礼拝堂を訪れたいなあ・・・。
バブー家はこれから地方結婚式へと1泊でかけます。
コメントなどは帰ってきてからまとめてお返しします!
c0024345_14542128.jpg



↑人気ブログランキングへ↑

★1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです。
毎日応援のワンクリックを、どうぞよろしくお願いします
Commented by AKI at 2006-09-02 16:04 x
はじめまして。といってもずいぶん前から読ませていただいてました。

フジタの回顧展は、私もはるばる見に行きまして、
東京の人波にもまれまくりながらも感激しました。
ここでまたフジタに触れることができるとは。^^
絵画も素敵ですが、彼の作る帽子などの小物のセンスの良さに感嘆!
あれは現代のデザイナーとしても十分通用しますね。
Commented by noel-1-1 at 2006-09-02 16:12 x
はじめまして! 真珠君ブログから飛んできました。
私もつい先日、展覧会に行ってきました。 私もあまり美術館巡りは得意でないのですが、素晴らしい作品に圧倒されました。
アトリエ内部、本当に当時のままなんですね。
いかにも芸術家らしい人生にも興味をもちました。
入り口すぐにあった、彼の写真(髪型)には、いきなりガツンとやられた感じでした (^^) 
Commented at 2006-09-02 19:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by katz at 2006-09-02 21:05 x
本当にすばらしいもの、おしゃれなもののぎゅうーっと詰まった、宝箱のようなおうちですね。彼のセンスのよさ、エネルギーには驚きました。
今でも十分通じるくらい素敵なインテリア。サロンなんてまり子さんの好みじゃないですか?^^  以前まりこさんが欲しいって書いてた木ぼりの人形おもいだしましたよ。
でも、こんなに彼の生前そのままの状態が残されていては、彼、なかなかここを去れないんじゃないかなぁ。^^
Commented by goya77e at 2006-09-02 21:10
 こんばんは。ほんとうに、良いものをみさせていただきました。こういうものは、現地に行かないと見れません・・・いったような、臨場感(昨日のを含めて)が、あります。有難うございました。
Commented by claraY at 2006-09-02 21:26
藤田さんがクリスチャンだったことは、ある方のBlogで知りました。
でも、この部屋の壁画を見ると、彼がどんな思いで生きていたかが
伝わってきますね・・・見せてくださってありがとう!
Commented by mimijean at 2006-09-02 22:44
*こんにちは、marikoさん。
 goyaさんの言われる通り、ホント、良いものを見せて頂きました!
 フジタのことは、わたしも本を読んだがあります。個性的な人ですね。
 是非、ここに行きたいです。パリから遠くないとのことですが、どこにあるのですか?
Commented by sevemama at 2006-09-02 22:52 x
Marikoちゃんのおかげで念願のアトリエ・フジタを訪ねることができて本当にうれしかったです。思っていた以上にすばらしい展示で、今回の旅で一番印象に残った場所といえます。階段を上がったところの壁に残された、彼の身長を測った目盛りのあと!今もふっと藤田さんが現れそうな空間でしたよね。興味のある方は、こちらもどうぞ。http://www.museesdefrance.org/museum/serialize/backnumber/0604/museum.html
Commented by sevemama at 2006-09-02 22:58 x
http://www.museesdefrance.org/museum/serialize/backnumber/0604/museum.html
すみません。さきほどのURL,途中で切れたみたい。もしもこれでもだめだったらミュゼ・ド・フランスで検索して、国内の展覧会のところから、藤田展をさがし、右のマークをクリックするとたどりつける、、、はず。
Commented by いちご at 2006-09-02 23:19 x
貼って下さった、「生誕120年の展覧会」(↓)を、ポチッとして見て来ました^^
アトリエ、なんて素敵なんでしょ。
壁画の下書きも!
絵でも写真でも、それ以外でも、モノづくりをする方ってホントに魅力的です。
藤田さん、今も暮しているような感じですね。
秘密で忍び込んでしまったようなドキドキ感、わかるような気がします。

sevemamaさま、貼って下さったURLからも入れました。ありがとうございます^^
Commented by さるママ at 2006-09-02 23:27 x
素敵~~~♪ボキャブラリーがなくてなんと表現していいのか分かりませんが、暖かい光りがこぼれていて素敵です!(写真の坊ちゃんチックなご本人も味があります)
こんな昔は、日本食品なんて手に入らなかっただろうに・・・・。何時間かかって(何ヶ月かな?)フランスまでたどり着いたのだろう?
フランスに住んでた邦人大先輩に敬礼!
Commented by Sette at 2006-09-03 00:55 x
’今ちょっと席をはずしております’的な、自然な不在がいいのかもしれませんね。人間として感じられるというか。下絵の色が、淡い色使いできれいです。あの一度見たら忘れられない髪型のまじめそうな人がきれいな絵を描いていたんですね。
Commented by credenza at 2006-09-04 06:33
藤田のアトリエが生前そのままで残っているとは、知りませんでした。
何とか機会を見つけて訪れて見たいですね。
Commented by kanabo73 at 2006-09-04 19:00
私も美術関係は全く無知なので、初耳でした。でもパリに住んでいると、自然に「芸術」に触れられますよね。日本にいた頃より敷居が高くないというか。昨日も第一日曜日の全美術館が無料の日だったので、前から行きたかった美術館に行ってきました。今度このアトリエ・フジタもぜひ行ってみたいと思います。
Commented by 双子ママ☆hana at 2006-09-04 21:37 x
当時のままのアトリエ、見たいです。
壁一面が壁画なんて素敵だなぁ。見たい~。。。
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:08
★AKIさん ちょうど行かれたんですね!!私もぜひ日本の回顧展に行ってみたかったです。本当にかれは趣味がよくて、過去の写真などを紹介ビデオにしたVTRも見ましたが、このおかっぱ頭で相当モテモテだったんだろうなあ・・・と思うほどかっこよくて粋でした!!
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:09
★noel-1-1さん こんにちわ。はじめまして!!やっぱり彼の髪型にはがつんとやられますよね(笑)。フランス人の男の子のマッシュルーム頭にはなれていますが、彼のはインパクトがすごい!!でも本当におっしゃるとおり芸術家らしい生き方とセンス。生きている彼に会ってみたかったなあ・・・と思います。
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:11
★chizuneneさん ここは本当に、全くまったく混んでいるなんていう言葉からはかけはなれたところなんですよ!!本当は予約しなくてはいけないくらいのところなんです。夏休みは土日だけが見学可能で予約なしで大丈夫なのですが。ゆったりとした環境中でゆったり見れますので今度ぜひぜひ!!
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:13
★katzさん 各国で集めてきたというインテリアや小物、彼が全部手作りしているというものたち、本当に今でも通じるオシャレなインテリアたちでした。洋風だけれどもどこかにやっぱり和が混じっているような。
生きている藤田さんにこのサロンに招待してもらいたかったなあ(笑)。
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:14
★goya77eさん よろこんでいただけたならば私も本当にうれしいです。ありがとうございます。パリにいらっしゃることがあっても、やっぱりパリを拠点に小さな町や村にいくということはなかなか難しいですものね・・・。ちょっとマニアックでしたが、これからもたくさん素敵なところを見つけたいと思っています♪
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:15
★claraYさん 彼はこの壁画の中にも遊びこころを忘れていず、尊敬する人たち(画家やレオナルドダヴィンチなど)や、自分の顔なども入れているそうです。このアトリエの下絵と礼拝堂の中身も少し違うようで、ぜひ両方見てみたいと思っているのですが!!
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:18
★mimijeanさん パリから南西にちょっとはずれた郊外にあります。一応住所は、7-9 route de Gif 91190 Villiers-le-Bacleです。バスの本数が少ないようですが、パリから電車とバスを乗り継いでもいけるようなところですよ!
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:19
★sevemamaさん わたしもsevemamaさんたちに一緒に音もさせていただいたおかげでこんなに素敵なところに行くことができて、しあわせ。いい経験でした。そして彼のことをもっと知りたいと思ったのですから、美術館苦手の私にして大きな進歩でした(笑)。
次回はぜひランスに行きたいですね!!さて、次はいつ?!
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:20
★いちごさん 全部のことがセンスいい人というのは、ものづくりをしても、本業の絵を描いても、何をしてもセンスがいいんですよね。きっと。そしてどこかで楽しい遊びこころを忘れていないような気がして、とっても尊敬しました。何もかもがこころから楽しんでしているようで!
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:22
★さるママさん ほんとほんとフランスに来ること自体が大変だった時代、すごいことよねえ・・・。しかも彼はそうとう世界各国色々なとこも回っているようで、当時としてはものすごいことだったんではないだろうか?!
女性もころころたくさん変わって、しかもみんなすごく美しい人だった!!やっぱりかっこよかったんだなあ・・・。
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:23
★Setteさん 一度見たら忘れられない風貌って、すごいすごい才能ですよね(笑)。きっとただでさえ有名だったのに、あの髪型でさらに有名度を増していたのではないかしら?!まじめそうだけれども、彼はそうとうお茶目なところがあったのではないかしらと思うような、写真もたくさんありましたよ!!
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:24
★credenzaさん 曜日によっては予約なしでもOK、それ以外は予約を取って訪れることができます。ブログに書きましたが、日本語オーディオガイドもあって、本当に分かりやすく、訪れる価値のある場所だと思いますのでぜひぜひ!!
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:26
★kanabo73さん たしかに敷居が高くないからこそ、簡単に楽しめますよね。こんなに美術苦手な私でも、あまりにも普通に生活に溶け込んでいるので、第一日曜日はお散歩がてら、美術館にいってみようかなあ・・・なんて思いますし!!
私はロダン美術館のお庭が大好きです!
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:27
★双子ママ☆hanaさん 小さなお家の中じゅう、かわいらしくてセンスのいい、ちょっとオシャレなものたちでいっぱいの本当に宝箱のようなところです。ふたごちゃんにも見せてあげたいなあ・・・。いつかみんなでパリ旅行♪
by tonomariko | 2006-09-03 15:05 | フランスの旅 | Comments(29)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.