パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 熊本・鶴屋百貨店 フランス展
  • 今年も「ぼわっと」参加します
  • 10月18日(水)から24日(火)まで
  • 本館6階 大催事場でお待ちしています!
  •    
  • 11月23日(木)から26日(日)までは福岡で
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

藤田嗣治 アトリエ・フジタ

c0024345_0531844.jpg



応援クリックはコチラ・・・

藤田嗣治(1886-1968)が晩年をすごした住居兼アトリエである、メゾン・アトリエ・フジタを訪れた。
日本でもまさに彼の生誕120年を記念して展覧会(生誕120年 藤田嗣治展)が開かれているようだが、フランスにおいて最も有名な日本人画家とも言われているという。
お恥ずかしいことに、私は美術関係が非常~に苦手・・・。
この芸術の街パリにいながらにして、苦手すぎていまだに美術館を満喫しきれていない(泣)。
今回も観光で訪れた知人に誘われなければきっと行くことのなかった場所。
もちろん行くまで彼についての知識ゼロ・・・。
c0024345_053511.jpg

パリの郊外(30キロほど離れてた場所)にある小さな村、ヴィリエ・ル・バックルにたたずみ小さな小さな家がそのアトリエ兼住居。
今まで全貌が明らかになることがなかったという彼の生涯。
彼の最後の婦人、君代夫人が県に寄贈したために内部の見学が可能になったという。
美術館への苦手意識をかなり変えてくれたのは、一度見たら忘れることのない彼の顔(ヘアースタイルかな?!)。
そして「彼は散歩に出かけていて、ちょっと留守にしています。」とでもいうような、彼の生活がそのまま残されている内部。
今なお生きている藤田が動いている空気を感じるような空間はとても素敵で興味深かったのだ。
家の中の詳しい様子をご覧になりたい方は、下のmoreからどうぞ・・・。
そしてフランス・ランスの礼拝堂壁画の下絵が残されている、彼のすばらしいアトリエの様子は次に(写真を整理中なのです)・・・。
c0024345_0541865.jpg



↑人気ブログランキングへ↑

★1日1回のクリックがランキングに反映される仕組みです。
毎日応援のワンクリックを、どうぞよろしくお願いします★



c0024345_105273.jpg

目立った表示もなく、村の民家に溶けこんでいるアトリエの入り口。
唯一の手がかりはこの門のところにある小さなポスター。
c0024345_055064.jpg

美空ひばりさんのレコードなどがおいてある家のサロン。
遊びこころ溢れた置物もたくさん。
c0024345_115454.jpg

サロンの隣は寝室。
ベッドの上には各国で集めてきたというアンティークの人形(ちょっと怖い!!)が並んでいる。
c0024345_055338.jpg

お菓子の型でを使って作ったというライオンの壁掛け。
手先がとても器用だった彼は、裁縫から置物までかなり色々な作品を残していた。
c0024345_056883.jpg

台所の横に貼られたタイル。
なくなって欠けてしまった部分は自分であとから補修したそう!
なんてまめな人!!
c0024345_0564884.jpg

生活感がそのまま残っている台所。
電気釜や日本のザルなど、日本を感じるものもたくさん。
c0024345_0572279.jpg

アトリエ・フジタの正面。
道路に面しているたたずまいは本当に知らなかったら通り過ぎてしまうほど、静かで小さなすがた。
この中に彼のすばらしい世界が広がっているなんて、想像もできないほど・・・。
Commented by yu-ko at 2006-09-02 07:25 x
こんにちわ。
京都での藤田嗣治展に行ってきましたが、大盛況で美術館の中は人で本当にいっぱいでした。私も彼の髪型もとても印象的でしたが(笑) 

フランスのアトリエ素敵ですね。 是非ランスにも行ってみたいです。
Commented by 71翁 at 2006-09-02 08:02 x
アトリエの写真は、なかなか貴重なものでした。藤田嗣治は展覧会やテレビでも取り上げられて、日本でもチョッとしたブームでした。
小生も、それなりに勉強しましたが、アトリエの写真は初めてでした。
昨日は、リール近代美術館所蔵の展覧会に行ってきました。
この報告は、また後ほど。MARIKOさんの行動力には感服です。
Commented by voyageurse at 2006-09-02 09:03 x
うわ~素敵ー!!
モネのお家もすっごく楽しかったから、ここの行ってみたい!!
藤田の絵がある?大聖堂、前回行こうとしたら、修復中で入れなかったの・・
次ここ行ってみたいー。
そっか、まりこちゃん美術館苦手なんだ~ww
私、パリでお気に入りの美術館は、ジャックマールアンドレ美術館と
ギュスターブモロー美術館です☆
機会があったら行ってみてね♪
Commented by 71翁 at 2006-09-02 10:54 x
マリコブログにハマって、少しくどいな~。
東京・渋谷のbukamuraミュージアムで、『ピカソとモディリアーニの時代』展をみてきました。北フランスにあるリール近代美術館所蔵の100点が出品されていました。ほかに、ユトリロ、ルオー、ミロ、ビュッフェなどがあり、中々楽しめた。
終えて、パリのドウマゴを模したドウマゴ パリで、ワインとチーズを肴に、一時のパリの夕べを過ごしてきました。
Commented by tonomariko at 2006-09-04 07:01
★yu-koさん コチラのお家はほとんど行く人もいないようで、来館記録をのぞいたら、私たち以外はほとんど日本や海外のメディアの取材陣でした。それでも1日に数組という感じのひっそりしたアトリエ。日本の混雑は想像もできないんですよ!!
Commented by tonomariko at 2006-09-04 07:03
★71翁さん 誘ってもらえなかったらおそらく知ることのなかった藤田という人の人生。私も苦手意識を持ちながら、なかなか美術館に関してはおしりが軽くないのですが、ちょっとずつでも色々なことを知っていくのはおもしろいなあ・・・とあらためて今回思いました!
Commented by tonomariko at 2006-09-04 07:04
★voyageurseさん 修復中だったなんて、なんて残念なのでしょう!!ここにはいくつかもちろん絵があったけれど、展示されているというよりは、彼のアトリエに置いてあるのがそのまま置いてあるという感じでした!今度パリに来たときは、ぜひぜひここに行ってみてください!!
Commented by tonomariko at 2006-09-04 07:05
★71翁さん いえいえ、はまっていただいてうれしいです(笑)。かわいいキャラメルボーイ君が育っているパリ、どんどんはまってしまってくださいませ・・・(笑)。すっかりフランス的ナすごし方をされたようで、私よりはるかにフランスっぽいですよ!!
Commented by 双子ママ☆hana at 2006-09-04 21:33 x
今広島でもレオナール・フジタさんのやってます。子供達とはやっぱりいけませんが、学生時代は美術館行くの、好きでした。私も美術館系は(も!)苦手です。
行った気分になれました^^ ありがとう!!*'☆.:*:'☆':*: (o^-') 
Commented by tonomariko at 2006-09-05 07:06
★双子ママ☆hanaさん 日本もお子chamaもあたりまえに美術館に一緒に行けるような環境だったら素晴らしいのにっ!!って思います。こちらではどこの美術館に行っても赤ちゃん連れや子供連れがたくさんいますもん!!
Commented by sankutyuari at 2006-09-07 19:56 x
藤田さんのアトリエまだ残ってるんですね。
凄く貴重な記事で、勉強になりました。

私は藤田さんの直弟子の竹谷富士雄さんの絵を紹介させていただいております。

その師である藤田さんの事をもっと知りたいと思っております。
また、新情報がありましたら宜しくお願いします。<(_ _)>

パリ、いいですね!
Commented by tonomariko at 2006-09-08 06:30
★sankutyuariさん こんにちわ。喜んでいただけたようで、本当によかったです!私は恥ずかしながら今回藤田さんのことを知りましたので、初めてのことばかりだったのですが、とても印象に残る素敵なところでした。「素敵な方でした」ともコメントしたくなるような、生きている彼そのものを感じました。
Commented by Yasuhiro at 2009-05-01 01:12 x
すごく昔の記事に記入で恐縮です。
藤田嗣治のことを調べていて、ここにたどり着きました。すばらしい写真をありがとうございました。 私も、パリを愛し、絵や写真を趣味としていますので、共感をもち、書き込みました。
Commented by tonomariko at 2009-05-01 05:36
★Yasuhiroさん コメントどうもありがとうございます。しかもすごくすごく古い〜記事に(笑)たどり着いていただいて光栄です♪今年の夏はランスの藤田の聖堂に行くつもりです。また写真アップしますね!
by tonomariko | 2006-09-02 01:31 | フランスの旅 | Comments(14)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.