パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 博多「ぼわっと」
  • 11月23日(木)から26日(日)まで
  • 福岡・博多 冷泉荘にて
  •    
  • 京都「ぼわっと」
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

恋多き男、バブー

c0024345_7531325.jpg
さて、昨日に引き続き、サル姉妹の家での出来事。
エロキティバンドにおおはしゃぎのサル姉妹の真横では、この家の老婆うさぎのケリーちゃんに、バブーが猛アタック中。
c0024345_754743.jpgもうかなりお年を召したおばあんちゃんうさぎということを知っているのか、知らないのか、バブー君。
ケリーちゃんに初めてあったその日から、彼は彼女に恋をした。
初日は猛烈に嫌がられていたバブオ君は、どんなアプローチをしたのかしらないが、最近結構ケリーちゃんと仲がよい。
が、決して半径5センチ以内には近寄らせてもらえない。
そう簡単に許してもらえぬケリーちゃんへの接近。
が、バブーはなぜか彼女に対してだけは、普段は全く見られぬ忍耐と根性を見せる。
c0024345_757023.jpg今回もまたそーっとケリーちゃんの家のそばに近寄り、アプローチ開始。
ケリーちゃんの真正面に座り込み、見つめる。見つめる。見つめる・・・。
言葉は発さず男バブーの目線だけの猛アタック。
真横のソファーでは、サル姉妹がエロキティバンドを貼った顔のまま、ピョンピョンピョンピョン飛び跳ねて大騒ぎしているのだが、そんなものには目もくれない。
バブーの目線アタックを真正面から受けているケリーちゃんも、身動きもせずに受けてたつ。
c0024345_821528.jpgが、いっこうに2人の中は縮まらない。
どの位時間がたったか分からないほど長い間、2人はこうして真正面に座りあって見詰め合っている。
猛烈アタックにも全く動じない彼女に、少し自信を失ったのか?疲れたのか?ちょっとうなだれるバブー。
が、姿勢を崩しても、依然顔はケリーちゃんの方へ向けて目線アタックを続ける。
結局この日も進展がないまま、バブーはサル姉妹の家を出ることになったのだった・・・。
ここまで一生懸命な彼を見ていると、なんとかして距離を縮めてあげたい飼い主様・・・。
バブーのラブラブ光線はいつか彼女に届くのだろうか・・・。
c0024345_863150.jpg


←このブログが気に入ったら応援クリックを!!
Commented by KAORU030 at 2005-11-27 11:01
ワン語とウサ語・・・言葉の壁は厚いのでしょうか、正面から見つめ合うなんてロマンティック~♡~♡~♡
いつの日かバブー君の恋が実ることを祈って!(ポチッとな!です^^)
愛は国境を超える~~~~っ!
Commented by ted at 2005-11-27 11:34 x
我が家のヨーキーのココもバブーちゃんと1ヶ月半しか誕生日が変わらないのね~。(で、ココの方がお兄ちゃん)体重が2キロなくていつまでも赤ちゃんのようだけど、ココもいつの日か恋に落ちる日が来るのだろうか・・・?
Commented by とろそれ at 2005-11-27 17:05 x
ああ~切ないですねぇ。バブー殿。
これだけアプローチしても相手はじっと見つめ返すだけ・・
ケリーちゃん、なかなかテクニシャンよのぉ(笑)
特に最後の写真はわらっちゃいました。拗ねたばぶーちゃんと
彼を見つめるケリーちゃんの対比がかわいい♪
Commented by lastcupid55 at 2005-11-27 17:38
へぇ~バブー君がケリーちゃんに一目ぼれですか・・・私は写真を見て食べるのを狙っているものだとばかり、無粋ですいません・・・自分(犬)とも人間とも違う彼女が気になって仕方がないんでしょうね、可愛いバブー君、この恋の行方かなり気になります!
リンク貼らせて貰いました、今後ともヨロシク~♪
Commented by tonomariko at 2005-11-28 06:32
→KAORU030さん ほんとドラえもんがいたら、翻訳こんにゃくをお願いしたいっと思うことが日々ものすごくしょっちゅうあります。
まあ動物の思っていることが分かってしまったら、「生意気だなー」と思う状況も多発すると思われるので(笑)、この方がいいのかもしれませんが・・・。バブーの恋はみのるのでしょうかあ・・・。
Commented by tonomariko at 2005-11-28 06:34
→tedさん あらあそれぞミニチュアの大きさですよねえ・・・。バブーだってちゃんと契約書みたいのには、2キロ以下って書いてあるんですが・・・いつのまにかこんなに大きくなってしまっていて、詐欺じゃん?!ってことになっています。
が、もちろん返却するなんてことは考えられないのですが・・・大きくなりすぎ。コピこそ理想の大きさっ!!
Commented by tonomariko at 2005-11-28 06:35
→とれそれさん どうやら犬よりも他の動物に愛を感じるらしいバブー?!男か女かは関係ないらしいです。
銀ちゃんとはどうなのでしょう???銀ちゃんがうざがる可能性が100%くらいあるのですが・・・。
Commented by tonomariko at 2005-11-28 06:36
→lastcupid55さん もしや食べ物かもしれない?!ケリーちゃんのえさを狙っているという可能性は重々あるのですが、まあ一応バブー君の恋ということで信じてあげる事にします・・・。
アンナちゃんが何度もそんなバブーをケリーちゃんのかごの中に入れようとして、大人たちに怒られていました・・・。
Commented by なちす at 2005-11-28 10:23 x
か、かわいい…バブオ!
こんなシオラシイ、バブオ君をみたことがない気がするよ。
道ならぬ恋ですな。。。
バブオ君は犬ならオスが好きで、犬じゃない動物にも恋心が抱ける、ちょっとアブノーマルなワンちゃんなのかしら???
そのうち、さんまのからくりテレビに投稿できそうだワ。。。
Commented by tonomariko at 2005-11-29 06:49
→なちす なんかケリーちゃんに会った時はなぜかこんなにしおらしくなるバブー。普段はあんなに調子に乗っているくせに、さすがに老婆には勝てないらしく、相当下手に出ます。
私もしょっちゅうからくりテレビ考えてるわ♪にわとりの物まねで出そうかと・・・。
Commented by さるママ at 2006-04-06 04:43 x
ケリーちゃんを知るすべての方に・・・・。
4月5日16時40分。7歳2ヶ月の寿命を全うして天に召されました。
安楽死の選択肢を出されて1年、よく頑張ってくれました。獣医さんには”人間で言えば80歳をゆうに超えていたうさぎだよ!りっぱなもんだ!!”と言われました。死亡後のレントゲンを見たら一年前より悪化していました。
きっと、何も言わない(言えない)ケリーちゃん、痛かっただろうに・・・。
でも、安楽死の選択はとうとう下せませんでした。
さる姉と二人で看取りました。仲良くしてくれたバブー君、ケリーちゃんを知るすべての方にありがとう!!我が家の長女ケリーちゃんにも、ありがとう、そしてさようなら。
Commented by tonomariko at 2006-04-06 08:25
★さるママさん あまりの急なお知らせに、びっくりした・・・。ケリーちゃん、ついに天国に召されたんだね・・・。おばあちゃんだし、もう寿命をゆうに全うしているし、いつかはそのときがくるとはわかっていたけれど、こんなふうに前触れもなくやってくるものなんだろうか・・・。私もとても悲しい・・・。
そして何よりも、ケリーちゃんの親であるサルママちゃんとサル子ちゃんたちのことが心配です。サル子ちゃんたちはちゃんと受け止められたかしら・・・。ほんとケリーちゃんありがとう!!
by tonomariko | 2005-11-26 23:44 | 子犬っ子バブー | Comments(12)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.