パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 大分百貨店 トキハ「フランス展 2017」ぼわっと参加します
  • 3月23日(木)〜29日(水)
  • 本店8階・催し物場(最終日は18:00まで)
  • 大分に「ぼわっと」初上陸。どうぞお楽しみに!
  •    
  • 2017年「バブーカレンダー」の通販開始しました
  • 壁掛けタイプと卓上タイプの2種類
  • パリの写真満載のカレンダー
  • 詳しくは「ぼわっと」HPをご覧ください → http://boite.tv 
  •    

ふしぎのメダイの聖堂

c0024345_23161349.jpgパリのデパートボンマルシェ、そのすぐ裏通り、rue du Bac(バック通り)に「ふしぎのメダイの聖堂」と呼ばれる教会がある。
少し奥まったところにある教会で、決して規模も大きくないが、毎日世界中から人々が集まっている。
実は幼稚園から高校まで、カトリックの学校に通っていた私。
「許す心を忘れない、全ての隣人を愛す」という教えのキリスト教で育ったとは思えない、お恥ずかしい性格なので、とても「カトリックです♪」なんて大きな声で発言出来ないものの、私はイエズス様とマリア様にお祈りをして育った。
c0024345_23163411.jpg聖書の内容はきちんと覚えていないし・・・、宗教の時間は退屈だったし・・・、お祈りは真面目にしない困った時の神頼み?!だったけれど・・・。
さて、そんな私がパリに留学すると決まった時、学校でお世話になったシスターの一人が、「パリに着いたらぜひここに行ってみなさい。」と、私に1枚の絵ハガキを下さった。
シスターが大切に持っていたという最後の1枚の絵ハガキ。それがこの「ふしぎのメダイの教会」。
1830年、この教会の修練女だったカタリナの前に聖母が現れ、メダイを作らせる使命を告げたのがこの教会の呼び名にもなっている「ふしぎのメダイ」の始まり。
c0024345_23165493.jpgこのメダイは、驚くべき早さで広まり、数え切れない奇跡(難病の治癒etc)などを起こしたために、パリの大司教が公式調査まで命じたということ。
お告げを受けたカタリナは、1876年に亡くなり埋葬されていたが、56年後、教会の調査のために発掘された時、なんと全く腐敗を逃れていたという。
今でも彼女は「ふしぎのメダイの教会」に安置されている(近くで見ると、まるで蝋人形のよう!!本当に腐敗していないそのままの状態なんだろうか?!いつもジーッと観察するが、全然分からない!!)。
毎日のミサにはあらゆる人種のあらゆる階層の人が出口のところまで一杯に集まっている。
世界中から「ふしぎのメダイ」を求めて人が集まるこの小さな教会、中もとてもとても素敵なので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?!
★「ふしぎのメダイの聖堂」 Chapelle de la Medaille Miraculeuse
140 rue du Bac 75007 Paris
c0024345_23171548.jpg


←人気ブログランキングの応援クリックをお願いします♪
Commented by ted at 2005-11-22 15:30 x
そういえばこの辺りに教会がありましたね。でも全然気にも留めていなかった・・・。教会内の壁画の水色&金色のコントラストや手すりのアイロンが可愛い感じですね~。
これからもガイドブックに載っていない情報楽しみにしてま~す!
Commented by myamamyama at 2005-11-22 23:54
いつもながら、写真と文の流れがいいですね~。 双方楽しませていただきました。
特に最後の写真、綺麗に細部まで描写されていて、思わず引き込まれてしまいました。
Commented by tonomariko at 2005-11-23 03:52
→tedさん 言われなかったら気づかない教会ですよね。奥まっているし、私もシスターに教えてもらわなかったら知らずにすぎました。
でも別にキリスト教とかにまーったく関係ない友達を連れて行ったりしても、みなこの教会の素敵な雰囲気と色に感動して、ちゃっかりおめだいをつけてみたりしているみたいです。
Commented by tonomariko at 2005-11-23 03:53
→myamamyamaさん 今日も私の文章には間違いが多すぎる、日本語が変だという指摘を受けたばっかりだったので(笑)、よいフォローになりました・・・。ありがとうございます(笑)。
これが一眼レフだったらもっともっときれいに写せるのでしょうか?!それとも、そんなのは関係ないのでしょうか?!私もmyamamyamaさんのようなダイナミックな写真を撮れるようになりたいといつも思っているんです。
Commented by myamamyama at 2005-11-24 01:38 x
一眼レフは大きくて重いので常時携帯できないと思いますし、設定などがセンシティブなので、結構気合を入れて使用する機材と思います。今の写真サイズであれば、あまり変わらないと思われます。(私見ですが)
tonomarikoさんの写真、解像度、色合いとも、素晴らしいですよ。
Commented by tonomariko at 2005-11-24 09:05
→myamamyamaさん 一瞬の映像を捉えるのって、やはり一眼レフがすごいのかなあと勝手に思い込んでいます。実際どうなのでしょうか??そしてわたし的に一番憧れているのが、絞り(合っているか分かりません)による、ぼかし。
食べ物などをとるときとか、後ろがものすごくぼけていた方が雰囲気が出るような気がして、どうしてもそれに憧れているんです。一度、カプリオGX買おうとしたのですが、あれはやっぱり一眼とは違うという指摘を受けて断念したんです・・・。
Commented by myamamyama at 2005-11-26 00:47
確かに、望遠系のレンズを使用して対象以外をぼかしたり、種々の夜景を撮ったり、また、art的な写真を目指すのであれば、一眼レフがベターと思われます。
Commented by tonomariko at 2005-11-26 01:01
→myamamyamaさん 買ってもそれを使いこなすだけの知識と技術がないとしょうがないんだろうなあ・・・と思いつつ、ずーっとずーっと憧れているものなので、やっぱりいつかは買ってしまうんだろうなあと思います。
一応バブーという動いてしまう対象を、瞬間に捉えるためっなんていう理由をつけつつ・・・。
どうせ買うなら、こうやって街を撮ると絵になる場にいる間にほしいなあと思いますし。。。
Commented by dolcemilia at 2006-01-27 09:36
初めまして、メダイのこと書かれてるブログないかな、と探して見つけました。さすが地元の方!とても詳しく書かれているので、私のブログに是非つなげたいんですけど、どうやってトラックバック???をすればいいのかが解らなくて、困ってますー。 Amy
Commented by tonomariko at 2006-01-27 11:45
★dolcemiliaさん はじめまして。こんにちわ!!多分トラックバックは、私のこの記事のトラックバックというのを押すと、トラックバックアドレスが出てくるので、(これです。コピーしてみてくださいね♪→ http://tonomariko.exblog.jp/tb/3105646)これをコピーして自分の記事を記事編集にして、「トラックバック」の欄に貼り付けて送信を押すとトラックバックされるはずです!!やってみてくださいね♪ 
Commented by メダイ at 2006-03-05 23:24 x
私もかなり前にこの教会を訪れました。観光客なにに、地元の信者さんと一緒にお祈りをし、メダイを買って帰りました。お祈りに来ていた信者さんが、親切にメダイの購入を手伝ってくれました。
Commented by tonomariko at 2006-03-06 01:10
★メダイさん この教会は、教会自体も奥まったところにありますし、知っていて向わないと、通り過ぎてしまうようなところですよね。でも中はとっても素敵で、私も大好きな教会のひとつです!たくさんの地元の信者の方でひしめき合うミサに出くわしたりすると、私も入り口の隅のほうに立って、ちょこっと仲間に入れてもらったりしています。おメダイも無事に購入できたようで、よかったですね!!
by tonomariko | 2005-11-20 23:15 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(12)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.