パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 博多「ぼわっと」
  • 11月23日(木)から26日(日)まで
  • 福岡・博多 冷泉荘にて
  •    
  • 京都「ぼわっと」
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

おとなの遠足 〜アルザス編 オー・ケーニグスブール城〜

おとなの遠足「アルザス地方の旅」2日目。
アルザス地方、ヴォージュ山脈の山間にそびえ立つ赤い煉瓦色のお城「Château du Haut-Koenigsbourg」(オー・ケーニグスブール城)へ。
c0024345_19393100.jpg




パリときどきバブーを応援…


「アルザスワイン街道」と呼ばれる、ヴォージュ山脈沿いに続くぶどう畑を車で走っていると、山のあちこちに要塞跡、城跡のようなものが見えます。
c0024345_19392280.jpg

このお城はその中でも人気の観光地になっているところ。
アジア人はほとんど見かけないこのお城。
ヨーロッパ人観光客はいっぱいです!
c0024345_19393879.jpg

ヨーロッパのガイドブックって、こういう中世の城とか歴史的建造物とか小さな村がたくさん載っていて、みんな大好きです。
こども達も連れて、家族連れで歴史の勉強をしながら観光している人の姿をたくさん見かけます。
c0024345_19395485.jpg

「中世」と言葉がつくような所って車でしか行けない場所も多く、日帰りでここだけ!
という場所でもないので、どうしても日程が短い観光客的には難しいこともありますが。
やっぱりとっても素敵です。
c0024345_1940936.jpg

フランスの地方には、ゆっくり時間をかけて車で移動できると、何十倍も何百倍も魅力が増すところが多いのですが、アルザス地方もそう。
もしもレンタカーの運転ができそうであればぜひぜひそれをオススメします♪

戦争で、ドイツ領とフランス領を繰り返し行き来していたアルザス地方。
c0024345_19402654.jpg

このお城も長い間ドイツ領にあり、戦争で壊され廃墟となったのちの修復もドイツ皇帝ヴィルヘルムⅡ世の命令によって行われたため、お城の内部の雰囲気や装飾はロワール地方のお城群などとは全く違う雰囲気です。
お城の上からは一面のぶどう畑とそのぶどう畑の間に点々と広がる小さな村の景色が。
ちょっと曇りぎみだったけれど霧の中に浮かび上がる景色が幻想的でした。
c0024345_19404016.jpg






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented at 2014-05-02 10:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tonomariko at 2014-05-10 09:26
★鍵コメトさん は〜いまた楽しみにしていらしてください!旅行の風、そのまま持って行きます!
by tonomariko | 2014-05-01 21:11 | フランスの旅 | Comments(2)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.