パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 熊本・鶴屋百貨店 フランス展
  • 今年も「ぼわっと」参加します
  • 10月18日(水)から24日(火)まで
  • 本館6階 大催事場でお待ちしています!
  •    
  • 11月23日(木)から26日(日)までは福岡で
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

「クリニャンクールの蚤の市」にたどり着くまでの怪しいエリア

パリの人気観光スポット蚤の市と言えば「ヴァンブの蚤の市」と「クリニャンクールの蚤の市」。
この後者、「クリニャンクールの蚤の市」は、もうすんごい広さで、じっくり見たら1日あっても足りないほどの広さと店舗数で、アンティーク/ブロカント好きにはたまらない蚤の市なのですが、メトロ4番線の終点、パリの北側にあるここ、メトロの駅から蚤の市まで10分弱の間がいかがわしく怪しいことこの上なし!
c0024345_2253836.jpg




パリときどきバブーを応援…


この道のりにも、たしかに「マルシェ/蚤の市」と表現されそうな店舗がずらりと並んでいるので、観光客は知らずにここが「クリニャンクールの蚤の市」だと思ってしまうことも多く、今まで本当のその奥にある「クリニャンクール」にたどり着かないで終わっている方に何度かお会いしたので、今日はその道のりをご紹介しておきます。
ガイドブックとかではなかなかこの部分までページや説明にさけなかったりするから…。
c0024345_2255390.jpg

さて、メトロの駅を上がると、大通り越し、ちょっと遠くに見える白い高速道路のようなもの。
これがパリ市の外側をグルリと走っている環状線です。
「クリニャンクールの蚤の市」というのは、この環状線を超えたすぐ左側一帯にあるのです。
環状線を超えるまで、本当に怪しいいかがわしい雰囲気なので、とにかく間違わず、あの環状線を超えましょう!
c0024345_226998.jpg

10分弱ある道のりには、私たちが「蚤の市」ではなく、「ゴミの市」と呼んでしまう、かなりあやしくていけていないマルシェや、同じくあやしいお店がずらりと並んでます。
明らかに盗品と思われるもの、ゴミとして捨てられていたものを拾って来たと思われるガラクタや何かの破片。
そんなものまで売っています。
c0024345_2262528.jpg

で、さらに、環状線の高架下や「ゴミの市」沿いには、たくさんのお兄さん達が立っていて、ブランドの偽物バッグ、偽物時計、偽物香水、偽物Tシャツ。
あらゆるものを売りつけようと、声をかけてきます。
c0024345_2263956.jpg

この雰囲気だけでもけっこう怖いのですが、昼間は大丈夫です。
「クリニャンクールの蚤の市」に向かう、世界中からの観光客もたくさん歩いているので、怖い雰囲気だけど危険ではありません。
c0024345_2265549.jpg

でもとにかくしつこいからさっさと歩かないとつかまります。
ちなみに、この下の写真(↓)こちらに歩いて来る観光客たちに声をかけているストライプのシャツのムッシューが手に持っているのはiPhone。
c0024345_227974.jpg

小さな声で「iPhone。iPhone。」と声をかけたり、すれ違い様に何度もつぶやいたりしてカモを探します。
駅に割と近い商店通り(ここに並ぶ店達も、相当いかがわしい)でも、しつこく声をかけられます。
この下の写真(↓)、赤いコートのマダムの右側の黒いジャケットのムッシューは、ず〜っと西洋人のとあるマダムに時計を売りつけようと200mくらい一緒に歩いていました。
c0024345_2272380.jpg

割と笑いながらとか、断り方がやんわりしていると、図に乗って本当にしつこいのです。
とにかく駅を上がってから、高架下を通り抜けて蚤の市にたどり着くまで全てが怪しくて雰囲気の悪い場所。
でもビビってはいけません。
さっきも書いた通り、昼間は蚤の市に行く観光客がいっぱいで、危険なことはありません。
とにかくしつこい売人には「ノー」ときっぱり断り、さっさと歩いて行けば大丈夫!

ちなみに、さらに。。。
エッフェル塔やモンマルトルの丘周辺、観光客が集まる所でしょっちゅう見る観光客をカモにする「賭けゲーム」。
もちろんここにもいつもいます。
c0024345_2273828.jpg

最初に見せたカードがどこに行ったかとか、3つのコップで隠したボールがどこに行ったかとかを当てるのですが、この周りに立っている男も女もほとんどが「さくら」。
この「さくら」達が50ユーロ札とか100ユーロ札とかけっこうな金額をどんどん賭け、当たって儲けているように見せながら、カモを探しているんです。
あ〜ほんと怪しいところ!
というわけで、「クリニャンクールの蚤の市」にたどり着くまでのエリアに惑わされず、環状線の向こう側まで行く!
ということを忘れずに♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by ましゅまろ at 2014-03-26 09:05 x
いや~
初めてクリニャンクール蚤の市に行った際、
ゴミの市に迷い込んでとても不安だったことを思い出しました。
期待していた可愛い雑貨たちとはかけ離れた
怖いお店、怪しい人々・・・。もっと別の場所でやってほしいですよね!紛らわしい!
Commented by よしえ at 2014-03-26 14:02 x
まりこさんが熱心に現状報告をしてくださる姿勢に敬服しております。どうぞ、まりこさん、お気をつけてくださいませ。←老婆心。


敬つおります。
Commented by tonomariko at 2014-04-13 23:46
★ましゅまろさん ほんとあのゴミの市は不安になりますよね。。。何度とおってもあやしい雰囲気でちょっと怖い。。。
Commented by tonomariko at 2014-04-13 23:47
★よしえさん ありがとうございます!ちょっとでもお役に立ちそうな情報、なるべくたくさんお届けするようにしますね♪♪
by tonomariko | 2014-03-25 22:30 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(4)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.