パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • ぼわっとは3周年を迎えました
  • みなさんんおおかげです
  • これからもどうぞよろしくお願いいたします
  • そしていつも応援してくださるみなさん
  • 本当にありがとうございます♪
  •    
  • 「ぼわっと」が長野に初上陸します!
  • ながの東急百貨店「フランス展」
  • 9月14日から9月20日まで
  •    

ルルドの夜「ロウソク行列」 

「ぼわっと」のことや「2014年ダイアリー」のお知らせで途切れていますが、まだちょっと「ルルド」のつづき。
「奇跡の水」を求めて、世界中から信者が集まる聖地「ルルド」。
夜になると「Procession Mariale」(プロセッション・マリアル)という「ロウソク行列」が行われます。
c0024345_033518.jpg




パリときどきバブーを応援…


4月から10月まで毎日行われる「ロウソク行列」。
21時の開始を目指して、夜8時をすぎると、聖堂前の広場にどんどん人が集まってきます。
c0024345_04297.jpg

真夏のこの時期、夜8時を過ぎてもまだまだ明るい夕方のような暑くて西日が強い時間帯ですが、「聖域」と呼ばれる一帯に、どんどん人が集まって来る。
表現の仕方は悪いけれど、まさに何かがうじゃうじゃ「わきでる」かのように、一つのところ目指して人が集まる姿、ちょっとすごいです。
どこにこんなに沢山の人がいたんだろうと驚くほど!
c0024345_061113.jpg

風よけになる紙のつつみで覆われたロウソクをみな手に持ち。
行列の先頭になるマリア様の像を目印にしてみんなが集合します。
ロウソクや紙のつつみ部分(日本でいうとぼんぼりみたいなもの)は街中のおみやげ物屋さんなどで売られています。
c0024345_062842.jpg

大人もこどもも。
観光客も敬虔なカトリック信者も。
夕暮れを迎える「聖域」広場に集まって。
夜9時になると静かにマリア様の像を先頭にして「ロウソク行列」がスタートします。
c0024345_064356.jpg

まず最初に、車いすに乗った方達や、担架に寝た寝たきりの方達。
それを押すのはシスターやボランティアの少年少女たち。
ゆっくりゆっくり。
行列は「聖域」の中の敷地をぐるりと一周歩いて行進します。
c0024345_065817.jpg

聖堂の前では、世界各国の言葉で聖書が読まれ、ミサが行われています。
そして聖歌隊を中心に歌い続けられる聖歌。
いくつか歌が歌われますが、何度も何度も繰りかえされるのがカトリックの学校に行っていた人ならたぶん何度も何度も歌ったことのある懐かしい「あめのきさき」というマリア様を讃える歌。
c0024345_071287.jpg

簡単で覚えやすいメロディーに、後半繰り返される「アヴェ・マリア〜♪」の旋律。
初めて聞いた人だって、あっという間に一緒に歌える「アヴェ・マリア〜♪」の部分。
この部分になると、いっせいにロウソクを持った手を上に掲げて、広場中の人の合唱になって。
c0024345_072795.jpg

目には見えないけれど、何かとてつもない大きなパワーというか、「アヴェ・マリア」の合唱とともに空に向かってうねりあがる何かを感じずにはいられない、そんなロウソク行列でした。
聖域内をぐるりと一周して、聖堂前の広場に集まるこの「ロウソク行列」ですが、本当にあとからあとから、どこにこんな人がいたのだろうと思うほどの数。
全員が一周して集まるだけで1時間以上かかる大行進です。
c0024345_074596.jpg

車いすの方達を先頭に(↑)、徐々に徐々に秩序をもって広場に並んで行くロウソク行列。
毎日この規模の「ロウソク行列」が行われていることにも驚き、毎日誰が参加するかも分からないものなのに、最初から最後までものすごく完璧に秩序だって美しく行進/配列が行われる事にもすごく驚き感動したのでした。
ちょっと表現の仕方は適切ではないけれど、あまりにもすごくて、まるで「ディズニーランドのようなテーマパークにきているみたいな気がして来た」というのが私たち全員の感想でした。
c0024345_0823.jpg

数えきれないほどの車いすや担架の数の何倍もの、少年少女のボランティアもたくさん。
各国語が飛び交うボランティアのグループ。
日中やロウソク行列の時は暑い中一生懸命体の不自由な人たちをサポート。
そして夜の「ロウソク行列」という一大イベントが終わったあとは。
夜中3時過ぎまであちこちから街中にズンズン響くパーティーの音。
「やっぱり若者たちだったんだな〜。(笑)」
と思わずにはいられない音。
ある意味パリのど真ん中に住んでいた時よりもものすごい騒音の中眠りについたのでした。
c0024345_081883.jpg

色々な雰囲気が混在する聖地「ルルド」。
そのパワーに圧倒されて、そしてカトリックの信者でもそうでない人たちも同じように楽しめる素敵な場所でもあり。
またきっと絶対に来るね。
と話しながらルルドを後にしたのでした。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-08-10 01:14 | フランスの旅 | Comments(0)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.