パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 8月の3周年バースデーに向けて
  • 西荻窪の「ぼわっと」は少しずつ進化する予定!
  • 店長Junkoさんの外装変えいろいろ
  • &店内の模様替えいろいろ・・・etc
  • 変化をお楽しみください♪
  •    
  • 秋以降、再びイベントが盛りだくさんの予定です
  • 順次お知らせしていきます
  • 秋まではのんびり本店「ぼわっと」をお楽しみくださいね!
  •    

ジャン・コクトーの礼拝堂(ミリー・ラ・フォレ)

先日、KIKIちゃんと訪れた、Milly-la-Forêt(ミリー・ラ・フォレ)。
パリから南へ50kmちょっと。
あの「美女と野獣」(もちろん昔の方の映画)の監督。
詩人であり、画家であり、小説家であり、脚本家であり…etc。
あらゆる芸術分野で活躍したジャン・コクトーが晩年をすごした静かな小さな町です。
c0024345_894348.jpg




パリときどきバブーを応援…


その町の外れにあるのが、ジャン・コクトーが内装を手がけた小さなひっそりとした礼拝堂「Chpelle Saint-Blaise des Simples」(サン・ブレーズ・デ・サンプル礼拝堂)。
今回の目的はここ!
KIKIちゃんは毎回、観光地としてはちょっと地味目な(笑)マニアックな場所を希望してくれるので、一緒に行くバブー家としてもかなり楽しい。
c0024345_810365.jpg

ここも前から気になって行ってみたかったものの、どうしても後回しになってしまって訪れていなかった場所。
だって、ガイドブックでもページのはじの囲み程度の扱い。
暗くて地味目の写真しか載っていないし、「どうなのかな〜。」なんて思ってしまっていたのだけど、それが想像以上に素敵で、「大好きな礼拝堂」上位にランクインしました。
c0024345_8101819.jpg

12世紀の簡素な石造りの礼拝堂には、壁一面にジャン・コクトーの絵がが描かれています。
正面にはキリストの受難と復活。
他の3面の壁には花をつけた薬草。
c0024345_8103284.jpg

ここはかつてらい病患者の病院付属の礼拝堂だったということですが、治療には約束を用いていたため(礼拝堂の名前も薬草を用いて治療にあたった司教である医師の名前がつけられているそう)薬草が描かれ、礼拝堂のある庭にもありとあらゆる薬草が植えられています。
c0024345_8104720.jpg

この礼拝堂には、ジャン・コクトーと彼のパートナーであったエドゥアール・デルミが眠っていて、祭壇前の床の墓石には「Je reste avec vous.」(あなたたちと共にいる)と刻まれています。
c0024345_81118.jpg

ミリー・ラ・フォレは、この礼拝堂の薬草からも分かるように、昔から薬草や香草の栽培で知られていたそうで、特にミント(ミリーのミント)が有名!
町にはミントをはじめ色々なハーブの味のキャンディーを売る専門店もありました。
帰り道はそのミントキャンディーを舐めながら、ドライブして帰ってきました。
c0024345_8111588.jpg






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by 大助・小太郎ママ…MASAKO at 2013-06-14 11:19 x
小さな教会。中に画かれてる絵が本当に素敵ですね♪行ってみたい場所がドンドン増える(笑)
Commented by sakae at 2013-06-14 17:52 x
コクトーって
わたしの耳は 貝の殻、海の響きを懐かしむのひとですよね?
詩人だとばかり思っていました(汗

Commented by hiro at 2013-06-15 06:24 x
marikoさん おはようございます♪

 この町、礼拝堂ハーブに囲まれてとっても可愛い~
ハーブ大好きな私には見逃せません^^
ジャン・コクトーの最後の地なのですね!
この方の絵が大好きで、マントンの市役所にある婚礼の間はいつか行ってみたいと思っていたのです。。
ここだったらパリからちょこっと行けそうですね^^*
Commented by tonomariko at 2013-06-25 07:37
★大助・小太郎ママ…MASAKOさん 本当に素敵なところ。たしかにフランスの魅力は本当に奥深い。日本もこんな風に旅してみたいなあと思います。
Commented by tonomariko at 2013-06-25 07:37
★sakaeさん 詩人ですよ!それ以外にも本当に色々な芸術活動をしていたみたいですよね。
Commented by tonomariko at 2013-06-25 07:38
★hiroさん お返事遅くなってごめんなさい!私もマントンにもぜひぜひ行ってみたいのです!!ミイラフォレはパリから近いのでいつかぜひいらしてください♪
by tonomariko | 2013-06-14 09:00 | フランスの旅 | Comments(6)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.