パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 博多「ぼわっと」
  • 11月23日(木)から26日(日)まで
  • 福岡・博多 冷泉荘にて
  •    
  • 京都「ぼわっと」
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

2月2日は「クレープの日」

2月2日はフランスで「クレープの日」。
というわけで今日のおやつはクレープです。
ほのかに甘くてモチモチしたクレープに、バナナを入れていただきます♪
c0024345_23521445.jpg




パリときどきバブーを応援…


クリスマスから40日目にあたる2月2日の「クレープの日」は「Chandeleur」(シャンドゥルール)と呼ばれるキリスト教のお祝いの日、「聖燭祭」。
聖母マリアのお清めの儀式、そしてイエス・キリストの奉献のために、人々がキャンドル「Chandelle」を灯して行列してお祝いしたことに由来します。
この日にクレープを食べるようになったのは、キャンドルを灯す「光のミサ」とも呼ばれるこの光と太陽が結びついて、クレープの形や色が太陽の光のようだから食べる習慣になった。
とか。
長く厳しい冬が去り、少しずつ春の兆しが見え始める日と今年の豊作を願って、貴重な小麦粉を使ってクレープを焼いて食べるようになった。
とか。
ローマ法王がお腹をすかせていた巡礼者にクレープをふるまったから。
とか。
色々な説があります。
きっと色々なことがつながっているから全然別の説ではないのだろうけれど…。
今回も色んなフランス人に聞いてまわったけれど、み〜んな言うことはバラバラ。
「なんで2月2日はクレープの日なの?」
という質問に、上のような答えをしてくれる人はごくごくわずか。
いちばん多いのは
「だってクレープの日だもん。」
という…お答え(笑)。

そうなんです。
「だってクレープの日だもん。」
というわけで。
私もクレープを食べてみました。
ちなみに、左手にコインを持って右手でもったフライパンのクレープをうまくひっくり返せたらその年は繁栄の年になると言われていて、みんな一生懸命コインを持ってクレープをひっくり返します。
c0024345_23523740.jpg

今日は手抜きで、フランスのスーパーではおなじみ、ちょっとあっためるだけのできあいクレープで。
これもちょっとフライパンであっためると、もうできたてみたいなおいしさで。
ほのかに甘くてモチモチ感がたまらない、フランス人も大好きなクレープなのです。
冷蔵庫に入っていると、ついついあっためてしまう危険な商品。。。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by 大助ママ…MASAKO☆ at 2013-02-03 02:20 x
フランスでの行事では、食べ物を使って何かする事も多い?どの行事も美味しそうで楽しそう♪日本は、2/3節分の日。さぁー、お豆巻かなきゃぁ~♪恵方巻き食べなきゃ〜♪今年は、どっちを向いて食べるんだろ〜(笑)何も言わずに一気に食べなきゃ〜♪♪♪
Commented by hanana at 2013-02-03 15:05 x
バナナクレープ、美味しそう~^^シャンドゥルール=キャンドル、そうか!聖燭祭!!美味しくお祝いするのはいいですねぇ♪
Commented by snow at 2013-02-03 18:48 x
このクレープの皮、すっごくおいしそうですね!!
コストコとかに売ってないかな。。
Commented by tonomariko at 2013-02-11 08:28
★大助ママ…MASAKO☆さん 恵方巻きっていうのも一度でいいからやってみたい。いつか節分の時期に日本に帰れることがあるかなあ。。。
Commented by tonomariko at 2013-02-11 08:28
★hananaさん バナナクレープがいちばん好きです♪これにちょこっとチョコ&クリームを加えたら最高♪
Commented by tonomariko at 2013-02-11 08:28
★snowさん すっごいおいしいのです!このクレープ。ヘタに家で作るよりおいしかったりして♪ついつい買ってしまいます。
by tonomariko | 2013-02-03 00:29 | パリのお菓子 | Comments(6)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.