パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 8月の3周年バースデーに向けて
  • 西荻窪の「ぼわっと」は少しずつ進化する予定!
  • 店長Junkoさんの外装変えいろいろ
  • &店内の模様替えいろいろ・・・etc
  • 変化をお楽しみください♪
  •    
  • 秋以降、再びイベントが盛りだくさんの予定です
  • 順次お知らせしていきます
  • 秋まではのんびり本店「ぼわっと」をお楽しみくださいね!
  •    

エシャロットの偽物と本物?!

フランス料理には欠かせない、大活躍の野菜「エシャロット(Echalote)」。
このエシャロットって、日本では全く違う「生食用のらっきょう」のことを指すのだと聞いてビックリ仰天。
玉ねぎと似ているようで、全然違う。
辛みもまろやかで生のまま使えて、みじん切りにしてサラダに入れたり、ちょっと炒めてソースにしたり日々大活躍のエシャロットたち。
食感も味もぐぐっと変わるので、地味なお野菜とはいえ、ニンニクとエシャロットは常に窓際の瓶に大量に入っている重要なアイテム。
先日ご紹介した新しいレシピ本「パリのおうちごはん」でもかなり頻繁に登場するアイテムなので、これは間違ったら大変と、本の中でも違いの説明を入れてあるのですが、ブログでも大きな声で言いたい。
ぜったいに「らっきょう」と間違わないで下さいね。。。
c0024345_1973768.jpg




パリときどきバブーを応援…


ネットで調べると、東京築地の青果卸売業者が「根らっきょう」の名前じゃ売れないと思ってオシャレな名前をと「エシャロット」ってつけてしまったのが始まりなんだって。。。
そんな本物のエシャロットたちにめっちゃ迷惑じゃないかっ!
日本では本物の「エシャロット」を「ベルギー・エシャロット」って呼ぶのだって。
改めて失礼だわっ。
でもとにかく、本の中で登場する「エシャロット」は「らっきょう」のことではないのでしっかり覚えておいてくださいね。

ちなみに、今回の本はバブー家がいつもやっていることや、友人たちの家で教えてもらうもの、ママンの家で教えてもらうものなどを忠実に再現するため、フランスでの材料をそのまま表記してあります。
もちろん、日本だとあまりにも高価になってしまうものや、非常に手に入りにくいものは事前に調べてレシピの中には出て来ないようにしました。
それ以外、手には入るけれど普通に日本の台所に常備されていないようなものはできるだけ「代用できるもの」を書いてあります。
この「エシャロット」も玉ねぎでも代用はできるのでそう書いてありますが、玉ねぎは生のままでいただくとき水にさらさなくてはいけなくて面倒だったり、やっぱり辛さも甘さもなんとなく違うので、「らっきょう」じゃない本物の「エシャロット」たちも使ってみてあげてください!
友人達に聞くと、最近はかなり色々なところで本物のエシャロットが簡単に手に入るようになったということですし、通販でも売られているようだし。
(他の食材に関しても、通販で簡単に割と安く手に入りそうなものだけ入っているのでスーパーで見つけられなければ通販で探してみて下さい!)
c0024345_1975570.jpg

それにしても、紛らわしい命名をしたもんだなあ…。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by p-のマミー at 2012-06-11 19:57 x
うへぇ、存じ上げませんでした。
勉強になりましたー!!
Commented at 2012-06-11 21:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by florentia55 at 2012-06-12 07:36
フローレンスからボナセーラ
確かにですねぇ。 名前の由来なぁるほどでした。さすがです。
イタリア料理でもこれは頻繁に使われてます。お料理上手には必須?でしょうか。玉ねぎ以上のコクがうれしいかも。大変参考になりました。
Commented by juncook at 2012-06-12 10:58
面白いですね。勉強になりました。私はベルギー・エシャロットを買っていました。ただベルギー産なんだなと思って買っていましたけど違ったのかしら?

ちょっとわからないことがあるのですが
エシャロットって二種類ありませんか?
上のお写真のような玉葱のミニ版のようなエシャロットとらっきょうのようなエシャロット。
あれがラッキョウだったと言うわけではないのですよねぇ?・・・・。どうなんでしょう。

あと、ついこないだマーケットで疑問だったんです。
「ベルギーエシャロット」と、ラッキョウみたいな方には確か「エシャレッテ」って書いてあったのです・・・。
これはフランス読みしただけのことでしょうか。
by tonomariko | 2012-06-11 19:30 | パリの食 | Comments(4)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.