パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 8月の3周年バースデーに向けて
  • 西荻窪の「ぼわっと」は少しずつ進化する予定!
  • 店長Junkoさんの外装変えいろいろ
  • &店内の模様替えいろいろ・・・etc
  • 変化をお楽しみください♪
  •    
  • 秋以降、再びイベントが盛りだくさんの予定です
  • 順次お知らせしていきます
  • 秋まではのんびり本店「ぼわっと」をお楽しみくださいね!
  •    

工事に伴うモンサンミッシェルのアクセスの仕方

ただいま大工事中のモンサンミッシェル。
満潮の時には海に浮かぶ神秘的な島だったモンサンミッシェルが、砂が堆積してしまったせいでその姿が失われてしまったということで、元の姿に戻そうという大プロジェクト。
もうけっこう前からこのプロジェクトは進められていたのですが、観光客として訪れる私たちの目に見えて、私たちにも影響がある大工事が始まったのは今年くらいから。
2015年に全て完成するそうです。
c0024345_18142094.jpg




パリときどきバブーを応援…


以前は島の真下の駐車場まで乗り入れることができましたが、今年の4月からは2.5km手前の本土側につくられた大駐車場に車を停めて、専用無料ナヴェットで島の近くまで移動するというものに変わりました。
もちろんかなり遠いけれど徒歩もOKだし、時間はかかるけれど馬車が車輛をひく「ラ・マランゴット」(こちらは有料)というのもできるみたい。ちょうど先日取材に行った時には馬たちが往復の練習してました。
c0024345_18143925.jpg

人間が島の目の前につくってしまった以前の大駐車場などのせいで、世界遺産の本来の姿が失われてしまったのだからこのプロジェクトは素晴らしいことなのだけど、歩く距離が格段に多くなってアクセスが大変だったのにはちょっと驚き!
とにかく毎日た〜くさんの人が訪れる世界遺産。
「本土側の駐車場」
と一言で言ってももんのすごく広く、ナヴェット乗り場までが遠い…。
ナヴェットは頻繁に来るのでそんなに問題はないけれど今までの駐車場よりはずっと手前で降ろされて島に到着。
バブー家まさかこんなに歩くと思っていなかったのでちょっと疲れました。そのくらい遠い。
c0024345_18145284.jpg

これはバスでパリから来るツアーなんかにも相当大きな影響があるのでは?!
と思って調べてみたら、どうやら団体ツアー等は事前に申し出をしておけば駐車場の中でも一応いちばん近い降りるポイントで降ろしてもらえるようなので、車で行く一般の人に比べたら歩く距離は少ないみたい。
でも明らかに今までよりも合計1時間弱のロスになってしまうのでただでさえ早い集合時間が早くなったり、パリに帰って来る時間が遅くなったりしているのかなあと思っていたのでした。
ちなみに、バスで片道4時間の旅は本当に疲れるので、私個人的にはTGV(フランス版新幹線)とバスを乗り継いで行く個人旅行が疲れも少なくてオススメなのですが、このレンヌからのバスだけは今の所ナヴェットと同じところまで乗り入れが許されているそうで。
個人で行くならますますこの方法がオススメだなあと思ってしまいました。
いいなあ。。。レンヌバスは。。。って(笑)
だってそのくらいバブー家歩かされたんですもの。。。
(もちろんツアーはぜ〜んぶ連れて行ってくれて案内してくれて、切符を買う必要もないし、初心者には大安心で、ツアーだからこそのよさだってあるのであくまでも個人的にという話ですが!)
c0024345_181571.jpg

大昔はこの巡礼地を目指して多くの人が干潮で陸と島がつながったところを一生懸命歩いて、そしてたくさんの人がせまってくる海にのまれたというのが元々の姿。
そのくらいすごい場所だったのだから観光させてもらう私たちがちょっと大変な思いをするのは当たり前なのですよね。。。

その代わり、前は島の前に並ぶ車がずら〜っと写真に入ってしまっていましたが、素敵な写真が撮れるようになりました。
この今の道路もこれから全て取り壊されて、新しい本土と島を結ぶ橋ができるそうです。
そして海の中に浮かぶ島が元通りにも戻るそうで。
その姿も楽しみ。
c0024345_18152085.jpg

きっと3年なんてあっという間にすぎてしまうんだろうなあ〜。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by florentia55 at 2012-05-30 19:56
フローレンスよりボンジョルノ
私達は5月中旬1泊しましたがそこからも頻繁にシャトルバスがでてました。駐車場直通でもかなり頻繁にありました。ということは工事の場所の関係でまた変更されたということなのでしょうか。対岸のあの見晴らしの良いホテルにしたので充分に楽しめました。ブログにて写真UPしてますのでよろしかったら遊びにお出でください。バブー君のポーズ決まりすぎ!可愛いですね。
Commented at 2012-05-30 20:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eric-tsuji at 2012-05-31 01:30 x
いいな、モンサンミッシェル。牡蠣とワインはミュスカデで。ガレットとシードル。また行ってみたいなぁ。
Commented by ozoz0516 at 2012-05-31 09:31
こんにちは。わたしは、電車とバスを乗り継いて、対岸のホテルをチェックインしたあとに、ひたすら、歩いて、モンシャンミッシェルにいきましたが、今となっては、いい思い出です。写真に車がうつらなくなるのいいですね。また、行きたいな〜と思ってしまいした。
Commented by farfallina at 2012-05-31 16:55
私は今年の3月にモンサンミシェルへ行きました。
確かにステキなところでしたが、やはり、島の前にずらりと並んだ車が残念でがっかりしました。
是非、工事が終わったらまた行きたいな♪
ちなみに、私はTGVとレンヌバスを乗り継いで行きました☆
とても良かったですよー!!
Commented by sakae at 2012-06-01 09:47 x
綺麗になる頃に言ってみたいなぁ。
Commented by hanacoromo at 2012-06-02 21:27
始めまして。いつもこっそりと拝見させていただいています^^
5月中旬、私もモンサンミシェルへ行ってきました。
私の場合はツアーを利用したので、本土の村の中までバスで入ることが出来ました。
以前の写真を見ると、確かに島の麓が車でびっしりで、逆に驚きました!!
私にはのんびりと観光客の人たちが島に向って歩いている姿が印象的でした。
本当に行って良かったです(^^)
by tonomariko | 2012-05-30 18:38 | フランスの旅 | Comments(7)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.