パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 大分百貨店 トキハ「フランス展 2017」
  • 無事終了しました。
  • 次のイベントはまた近日お知らせします。
  • どうぞお楽しみに!
  •    
  • 2017年「バブーカレンダー」の通販開始しました
  • 壁掛けタイプと卓上タイプの2種類
  • パリの写真満載のカレンダー
  • 詳しくは「ぼわっと」HPをご覧ください → http://boite.tv 
  •    

生牡蠣の屋台たち

お昼をゆっくり取っている時間がなくて、さらに通り道だということで、時間がない時には最高な、あの屋台生牡蠣のカンカルで生牡蠣タイムしてきました。
c0024345_1828112.jpg




パリときどきバブーを応援…


養殖場を見ながら、マダムの開けてくれた牡蠣をまずは1ダース。
いちばん大きいのだった割に、けっこう淡白で身も小さい。
う〜ん。
いまいち。
c0024345_1828318.jpg

というわけで、向かい側のお兄さんの屋台でもう1ダースリベンジ。
いちばん濃厚でオススメなのをお願いすると、お兄さんの方はおいしかった♪
でもクリーミーなのは7月にならないと出て来ないということで、この時期はさっぱりしたのばかりなんだそう。
(ちなみに、フランスの牡蠣はと〜っても淡白で、日本のクリーミーで濃厚な牡蠣とは比べ物にならないのです。日本の牡蠣食べたい。。。)
7月って牡蠣を食べる時期なの。。。??
と心配になって聞いてみると。
もちろん1年中OKさ。
むしろここでは夏のバカンスシーズンの時がいちばんの人が多い時なんだ。
とお兄さんに説明されました。
c0024345_18284589.jpg

暑い日差しの中。
今の時期だってちょっと心配になってしまうのに…。
牡蠣はやっぱり冬の食べ物という感じがするなあ。
食べ終わったら、ぽ〜んと海に向かって殻を投げる。
これがやっぱり気持ちよい♪
そして牡蠣とレモンで明らかに手がベトベトになるのに、おしぼりもな〜んにもないワイルドさがやっぱりおフランス。
カバンからウェットティッシュ出してきれいにしているのなんてバブー家だけだったわ。。。
みんなどうするの??
と思って観察していたけれど、「舐める」「パッパッと手をふる」「洋服のはじでふく」などなど驚きのワイルドさでした。
c0024345_182903.jpg

さて、予定通り10分ですむスピーディーな屋台生牡蠣のランチ。
生牡蠣娘にとっては最高のランチでした〜。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by la_mia_coccolina at 2012-05-28 18:50
まりこさん、こんにちは。
3度目?のコメントです^^
屋台の生牡蠣、これが食べたいがために(特に8歳の娘^^;)来年、渡仏を計画中です♪
3月末から4月始め。。。「1年中OKさ」との事なら大丈夫かしら。。。?
ウェットティッシュもたくさん持っていかなくちゃ!
Commented at 2012-05-28 21:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by レイニー at 2012-06-08 08:31 x
うふふ。
私も夕べ日本で富山産の生牡蠣食べたのよー。もみじおろしにポン酢で。
最高だね。生牡蠣。
by tonomariko | 2012-05-28 18:42 | フランスの旅 | Comments(3)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.