パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 博多「ぼわっと」
  • 11月23日(木)から26日(日)まで
  • 福岡・博多 冷泉荘にて
  •    
  • 京都「ぼわっと」
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

オペド・ル・ビュー 〜南仏プロヴァンスの旅〜

写真がふんだんに使われていて、カラーで紙質もよくて、素敵なデザインになっている日本のガイドブックには、ほとんど全ての現地の人も驚きと感動の声をあげるでき♪
フランスで売っているガイドブックなんて、白黒で文字ばかりで、写真はなくて辞書みたいな何がいいのか悪いのかも分からないいけていないガイドブックばかり…。
c0024345_642370.jpg




パリときどきバブーを応援…


そんなわけなので、事前に下調べをする時にはほとんど頼りにならないこちらのガイドブックなのだけど。
現地の人の情報は日本のすぐれたガイドブックよりも結局何倍も役に立つ。
c0024345_644437.jpg

この村「Oppède le Vieux」(オペド・ル・ビュー)も、チェックもしていなかった村の名前。
ところが泊まった全てのシャンブル・ドットのオーナーたちが真っ先に名を挙げたおすすめの場所だったりします。
なぜか日本のガイドブックには載っていなくて、「え〜ほんとかな〜。なんでこんなにみんなオススメするんだろう〜。」なんてちょっと疑心暗鬼で行ってみたりした場所なのですが。
c0024345_65141.jpg

当然ながら、住んでいる人たちの情報は正しいのだ。
車でしかたどりつけないような田舎にある昔の姿がそのまま残る中世の村。
到着すればパーキングにはかなりの車。
やっぱり知らないのは私たちだけ?!
という人気の観光地なのかなあという車の量。
c0024345_652222.jpg

とはいえ、こちらでいう「人気の観光地」とか「人が多い」というのはどこに行っても人があふれている日本から見たらのんびりした人通りのほとんどないのどかな場所なのですが…。
c0024345_654177.jpg

17世紀以降は人に捨てられ廃墟と化していたという村は、徐々にまた活気を取り戻しつつあるという場所。
それでも村のメイン広場にはカフェがあって多少の観光客で賑わっているものの、村の頂上の城跡や教会への道はただの山道だし。
c0024345_6603.jpg

廃墟のようなものがあちこちにあるし。
どの家族連れを見ても、元気にのぼっていくのはイヌたちだけ…。
というかなり険しい道です。
バブーももちろんいちばん元気…。
c0024345_662153.jpg

頂上にたどり着くと、教会前の見晴し台の石にみんなとりあえず座り込んでしまう感じ。
でもこの素晴らしい景色を見ればそんな疲れもあっという間に吹き飛んでしまいます。

地図を広げて、オススメの場所にチェックを入れてもらうと、こんな風に思いもよらなかった場所を「いちおし」の場所と言われることがけっこうあって。
今回の旅でも、時間が足りずに次回のお楽しみにとってあるところがけっこうあります。
c0024345_664227.jpg

例えば今日のこの「オペド・ル・ビュー」村も、地元住民はこぞっておすすめする場所だけど、現地で手に入れる南仏プロヴァンス地方の地図(見所マークなどがカテゴリ別に落ちている)にはただ地名しか落とされていないところだったりするのです。
ということは、見所マークがついているところで全くのノーチェックだった場所、日本的には全く有名でない場所というのはどんな場所なのだろう?!
とけっこう気になっています。
c0024345_67273.jpg

まだまだあまり知られていない素敵な場所をどんどん発掘していきたい!
そして地元の人のおじゃまにならないように、静かにそんな素敵なところをのぞかせてもらいたいな。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented at 2012-02-14 12:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 30代女性 at 2012-02-14 17:10 x
南フランスの小さな村、本当に素敵でいつも写真に見入ってしまいます。高い所から街や田園風景など眺めるのが大好きなので、そういう写真が多いのも嬉しいです!写真をいつまでも眺めていたくなります。
一緒に行って楽しめる旦那様の存在も羨ましいです♪
私も一緒に行きたいです(笑)

私は、「南仏プロヴァンスの12か月」興味をもって2冊最後まで読み切ったうちの一人です。
Commented by sakae at 2012-02-14 19:52 x
こんな所に住んでみたいけど
きっと日本とは時間の流れ方が全く違うから僕のような人間は
何も考えなくなってしまいそうで・・・・・・やっぱ住むの無理だよなぁ(汗
Commented by tonomariko at 2012-02-16 07:41
★鍵コメ大さん きっと日本もまだまだ知らないところだらけなんだろうなと、こうやってフランスという一つの国の中の魅力にせまるほど思います。いつか日本縦断もやってみたい!
Commented by tonomariko at 2012-02-16 07:41
★ 30代女性さん 高い所からの写真、もっともっとたくさんあるのでお見せしたいくらいです(笑)。私まだ2冊目に突入できていないんです。早く読みたいな!
Commented by tonomariko at 2012-02-16 07:42
★ sakaeさん ね。ほんとに。住んだらどういう感じなのかをちょっと実感で知りたいです。いつか田舎暮らしかなあ。。。
by tonomariko | 2012-02-14 06:43 | フランスの旅 | Comments(6)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.