パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 博多「ぼわっと」
  • 11月23日(木)から26日(日)まで
  • 福岡・博多 冷泉荘にて
  •    
  • 京都「ぼわっと」
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

おいしい食と空間の関係

昨年オープンして以来、最近気になるレストラン話に花が咲くと必ず登場する「Agapé Substance」(アガペ・シュブスタンス)。
年末に食関係の仕事をするおいしいもの大好き美食家の友人とランチに行ってきました。

↓お通し「スポンジとムースとカリカリとゆずのジュレ」(という複雑すぎて一度では覚えきれないメニューは、こんな表現でしか覚えられません♪)
c0024345_21423750.jpg




パリときどきバブーを応援…


「シェフがミシュランの星への登竜門とも言われる賞をとったから行くなら今のうち」
とか
「今、料理人たちの中で話題のお店はここ」
だとか、食いしん坊の私の周りにいる友人達はもちろん食いしん坊ぞろい。
話題のお店はカウンター式。
なのですが…。
入ったとたん、あまりの狭さに驚くカウンター式。
奥へと細長い店舗の手前には長〜いカウンターテーブルが置かれ、その奥半分はオープンキッチンになっています。
c0024345_21425884.jpg

「カウンターだと狭すぎて写真が撮りにくいからこっちの方がいいよね」
と親切にしてくれて、カウンター以外に壁際に2つだけある小さなテーブル2人席に座れたので写真を撮れましたが、これ、カウンターだったら本当に無理だったかも。
雰囲気はすご〜くかわいいけれど、お料理の話の前に狭さが際立つお店でした。
我らはランチの「シェフのおまかせコース」65ユーロを注文。
(ちなみに99ユーロコースもあり ビストロのランチとしてはけっこう強気な値段設定)
c0024345_21431396.jpg

↑カニとグレープフルーツのお料理

一緒に行った友人は、ワインのスペシャリストなのですが、「う〜んワインがかなり高い。」と漏らしていたので、お料理に合わせてグラスで注文することに。
c0024345_21432884.jpg

↑たまご(温泉卵風)とクレソンのお料理

素材の味が生かされていて、オシャレに盛りつけられてすご〜くおいしいのだけど、とにかくお店が狭くて働いている人もとっても大変そう…という話にすぐになってしまう私たち(笑)。
1枚長いテーブルがある雰囲気はとっても素敵なのだけど、とにかくお隣の人との距離がギューギュー。
わりと恰幅のいいムッシューたちなんてお隣さんと肘はぶつかり合うし、スツール席からお尻ははみ出しているし。
c0024345_2143449.jpg

↑カボチャのスープ 生ハムのムース仕立て

カウンターの後ろは人が座ってしまった後は横向きに通らないと歩きにくいくらいのすき間しかなく、サービスする人も本当に大変そう。
お皿をさげて、新しい料理を持って来てと今にもお皿ごとひっくり返してしまうんじゃないかしらと常に気が気でない雰囲気。
c0024345_21435967.jpg

↑丸ごとニンジン ムースとピュレつき

一瞬、「大好物のカラスミ、1本来ちゃった?!うれしいけどカラスミって1人1本食べれるか?!」と驚いたプレートは甘みたっぷりのニンジンでした。
これは見たことのないプレートだしすご〜くおいしくて印象的。
カラスミでもうれしかったんだけど。。。(笑)
c0024345_21441837.jpg

↑ホタテとブロッコリー ちょっとカレー風味

お隣との距離が近くて(というかくっついていて)、ぶつかり合いながら、みんなが大きな声でおしゃべりしてというビストロカフェ的お店はもちろんたくさんあってとてもフランス的。
フランスらしい雰囲気を楽しめる、素敵なお店の魅力のひとつでもあるのだけど、そういうおみせはぼ〜んと一皿にすごいボリュームのものがのってくるようなイメージ。
c0024345_21443579.jpg

↑白身魚のソテー

ここは出て来るものたちはすごく繊細でオシャレで(シェフも一流レストランで働いて来たすごい人なのです)シェフのアイディアにあふれているのだけど、狭さを含めたお店の雰囲気とこの繊細さがあっていないのかもしれないなあ…というのがちょっと残念でした。
出て来るお料理が、ちょっと高級感あふれる優雅な気分でゆ〜っくり長い時間をかけて食べたいようなものばかりなのに、お店はパリっ子が集まる下町風ビストロが似合いそうな空間。
c0024345_2144517.jpg

↑ピジョン(ハトのお肉)ベトラーブソース

私が今まで避けて来たフランス料理。
「ピジョンくん」(ハト)
ハトとウサギだけはどんなにおいしいのが分かっていてもなんとなく避けてしまっていたのですが、シェフのおまかせコースで「食べれないものありません♪」と言ってみたらなんとメイン肉料理は「ピジョン」。
これはもう運命なのだ!
と覚悟を決めて食べる。
う〜ん。この血のしたたるような肉の味。
フランス人が好きなのも納得。
私は最後の最後まで「私ってハトを食べているんだ。。。」という恐怖心が抜けず心からおいしさを堪能できたかというと苦笑いですが、新しい経験ができてよかったです。
でもやっぱり自分では頼めないメニューだ。。。
でも初体験をこういうおいしいお店でできたのはよかったのだと言い聞かせる(笑)。
c0024345_2145867.jpg

↑熟成コンテチーズの薄切り

で、またまたお話戻りますが、トイレも「飛行機のエコノミークラスよりも小さい」という友人のコメントで、レストランというのは、内容も雰囲気も全てのトータルが大切なんだねえという話で終始盛り上がりました。
星をとると言われているとはいえ、すでに星つきレストランに匹敵する「おまかせコース」のお値段。
高かったら料理がおいしいのは当たり前。
となるとやっぱり雰囲気とかサービスとかお料理以外の付加価値が加わるからこそのお値段高めレストランや星つきレストラン。
c0024345_21452442.jpg

↑かぼちゃのスイーツとそばアイス

さてさて、ミシュランの星への審査には、味はもちろんトイレの広さから設備から色々な基準があるというのは有名な話ですが。
今年のミシュランでは一体どうなるのかな!?
興味津々な私たちです。
ちなみに。
オープンメンバーでもあるこのお店で働いていた知人、やっぱりお店が狭くてあまりにも働きにくいので辞めてしまうそう。
たしかに。
この11皿ものランチコースを出しては下げてもらうのだって、本当に大変そうだったもの…。
働く側にもとっても重要な、食と空間のバランスなんだなあ〜。
c0024345_22142729.jpg

↑チョコづくしプレート







↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented at 2012-01-20 00:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakae at 2012-01-20 00:58 x
見るのも芸術性たかいね。
食べたらお味も芸術的でしたか?
Commented at 2012-01-20 01:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Sette at 2012-01-21 06:53 x
コメントはお久しぶりですが、毎日楽しく拝見しております。
オサレな盛り付けですね。私のフランス料理のイメージはこんなです。ランチ65ユーロは結構なお値段ですが、11皿だったら納得~。空間は広い方がゆったりできそうですね。・・・・でもちょっと行ってみたい。
Commented by asa.co at 2012-01-23 12:57 x
誠にその通り!
食事ってお味もそうだけど、実はそのときの雰囲気とかが最後の決め手スパイスだよね。高いお金を払うと、余計にケチつけたくなっちゃったりして、笑。
そんなこんなで最近めっきり外食が減りました。日本は高いお店が増えたし、安いお店は時間制限があったりする。あの時間制限ってなんなんでしょう。私のもっとも不快なレストランポイント、笑。
人の心を満たすことのバランスって何においても大切だね~☆
Commented by tonomariko at 2012-01-24 00:23
★鍵コメ大さん ピジョンくん本当にがんばりましたよ〜。そうなんですよ。おいしいのだけどお店の広さが。。。やっぱり雰囲気とお店とサービスと、とにかく全てのことがすごく大切に絡み合っているんだなあと感じました!
Commented by tonomariko at 2012-01-24 00:26
★sakaeさん もちろん。お味はとってもおいしかったですよ!シェフはすごく有名なお店で働いてきた人なのでグルメたちの中でも話題のお店です♪
Commented by tonomariko at 2012-01-24 00:29
★lacasamia3さん こんにちは!ありがとうございました♪ほんと、半年帰らないだけで浦島になってしまうんですよね。。。新しい電車とかできていて迷ってしまったりします。ではでは楽しみにしていてくださいね!
Commented by tonomariko at 2012-01-24 00:31
★Sette さん こんにちは。お久しぶりです!!まあたしかにちょっと奮発なお値段ですが、お腹はかなりいっぱいになりました。もっともっとゆっくりした空間で食べたかったなあ。。。と。思いました!
Commented by tonomariko at 2012-01-24 00:33
★asa.coさん そうだよね。やっぱり。私たちってそういうの見ちゃうよね(笑)。確かに時間制限許せないよね。2時間ってすぐやん!!みたいな(笑)最近フランスでも2回転させるところが多いんだけどでもさすがおフランス逆に追い出さないからただただ待たされることも多いんだ。。。
by tonomariko | 2012-01-20 00:04 | パリの食 | Comments(10)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.