パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 8月の3周年バースデーに向けて
  • 西荻窪の「ぼわっと」は少しずつ進化する予定!
  • 店長Junkoさんの外装変えいろいろ
  • &店内の模様替えいろいろ・・・etc
  • 変化をお楽しみください♪
  •    
  • 秋以降、再びイベントが盛りだくさんの予定です
  • 順次お知らせしていきます
  • 秋まではのんびり本店「ぼわっと」をお楽しみくださいね!
  •    

パラソルの海岸「ドーヴィル」 ノルマンディー旅行

世界的に有名なリッチなリゾート地、「Deauville」(ドーヴィル)とすぐ隣に隣接する「Trouville-sur-Mer」(トゥルーヴィル・シュル・メール)へ。
c0024345_19442024.jpg




パリときどきバブーを応援…


リッチな匂いがプンプン漂うドーヴィルには、カジノあり、映画祭あり、競馬などもありで上流階級の人々が集まるリゾート地。
白い砂浜が永遠に続くビーチ沿いには高級ホテルとか、夏のバカンス用の高級アパートとかが建ち並び、中心地には高級ブランド街があったり。
c0024345_19452775.jpg

庶民派なバブー家には、こういうリゾート地はなんだかしっくりこず、アウェイ感甚だしいのですが。。。
ドーヴィル名物の、砂浜にずらりと並ぶカラフルなパラソル達の光景を一度見ておきたくて、ちょっとだけお散歩へいきました。
c0024345_19454787.jpg

パラソルの下で新聞を読むムッシューとか、個室のシャワー&着替えルームの前でカードゲームを繰り広げるおじいちゃんとおばあちゃん達とか。
高級リゾート慣れした素敵な人々の香りをかぎながら。
c0024345_1946214.jpg

念願のパラソルずらり風景を見れてもう大満足です。
ドーヴィルは「男と女」(クロード・ルルーシュ監督)というカンヌ国際映画祭グランプリ作品(1966年)で有名にもなったそうで、この映画は知らないので今度見てみなくては!
c0024345_19462112.jpg

海沿いということでもちろん魚介盛りだくさん!
バカンスでしょっちゅうドーヴィルに行くという友人から、
「ドーヴィルは観光地すぎるし全てが高すぎるから、海鮮はお隣の町トゥルーヴィルで食べるように。」
とアドバイスをもらっていたので。
そちらでおいしい海鮮ご飯を♪
c0024345_19465117.jpg

こちらもドーヴィルに隣接する場所なので、十分高級リゾート地お値段だったりはしますが。
たしかにこちらの方が庶民的な賑やかなイメージ。
c0024345_19471687.jpg

トゥルーヴィルの港町にはずらり魚屋さんが並んでいて、店先で立ち食べができるようになっていたり。
白ワイン片手に新鮮な牡蠣を楽しむ家族がいたり。
c0024345_19474557.jpg

お昼を食べたばっかりなのに。
この2人を見ていたら。
また海鮮が食べたくなってしまった私です…。
c0024345_1948484.jpg






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by Lucien at 2011-08-17 21:58 x
私も一度、日帰りでドゥーヴィル・トゥルーヴィルに行きました。二つの街の印象はとのさんと同じでトゥルーヴィルの方が私の肌に合いました。トゥルーヴィルはサヴィニャックの終の住処があって、街のあちらこちらで彼の作品を目にしては写真におさめたことを思い出しました。
Commented by hiro at 2011-08-18 05:41 x
 marikoさん おはようございます♪

 私も、去年の秋のツアーの時にオンフルールからドーヴィルへ行き、寂しい浜辺を歩いたのです。。
今の時期はこんなにも賑やかで華やかなんですね!!
marikoさんのブログで鮮やかなパラソルが見られてとっても嬉しいです♪

このスターたちの脱衣所には、宣伝用なのでしょうけれど私も何か嬉しくなってしまいました^^

by tonomariko | 2011-08-17 21:40 | フランスの旅 | Comments(2)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.