パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 熊本・鶴屋百貨店 フランス展
  • 今年も「ぼわっと」参加します
  • 10月18日(水)から24日(火)まで
  • 本館6階 大催事場でお待ちしています!
  •    
  • 11月23日(木)から26日(日)までは福岡で
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

牡蠣のワイルド食べ放題

バブーを飼い始めてすぐ、初めての遠出をしたのが「モンサンミッシェル → カンカル → サンマロ」コース。
強い子に育ってもらわなくちゃ!
と、バブーの適応能力を高めていった(?!)私。
c0024345_6533272.jpg




パリときどきバブーを応援…


車にすぐ酔ったり、乗り物に乗れなかったり、ひとりで閉じ込められて長時間いれたりしなかったら、これから先一緒に色んな所に行けないと、まだまだコートのポケットに入るミニミニサイズのバブーを連れて行った思い出の旅行。
そんなバブーはすぐに乗り物酔いする私なんかよりもず〜っと強い子に育っちゃいました。

さて、そんな思い出の地。
モンサンミッシェルとサンマロの間に立ち寄るのはカンカル。
c0024345_6535657.jpg

牡蠣の養殖場が海辺にずらっとある場所で、超破格なお値段で牡蠣を食べれるのが有名な場所。
もう一度、あそこに行きたい〜!!!
と長年思っていた願いがついに叶い、牡蠣食べ放題♪
この安さっぷりに、もうしばらくパリでは牡蠣を食べられないかも…。
とショックなくらいの値段。
c0024345_6541232.jpg

屋台のような牡蠣屋さんに好きなだけお願いすると、その場でプラスチックのお皿に牡蠣を次々とあけていってくれます。
レモンを添えてもらって、すぐ横の海辺の石段に座って、ワイルドな牡蠣食べ。
食べ終わった殻はポ〜ンッと、目の前の海に向かって投げる!
c0024345_6542882.jpg

おしぼりもないワイルド食べ。
手はベッタベタになるけれど、一緒に飲むワインもないけれど。
気持ちよくて最高の食べ方!
みんなが食べた牡蠣の殻がそこらじゅうにこんなにたくさん。
c0024345_6544257.jpg

生牡蠣好きにはたまらない場所。
ものすご〜く未練タラタラに後ろ髪をひかれながら。
また次回来る時まで。
牡蠣達、待ってておくれ〜。
c0024345_655274.jpg

牡蠣ラブ。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by sakae at 2011-03-12 07:27 x
ここのカキは一度全滅して日本の牡蠣を持ってきたんですよね。
だから今や美味しいといわれている牡蠣は日本の牡蠣なのです。
ちがったっけ?
by tonomariko | 2011-03-11 07:11 | フランスの旅 | Comments(1)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.