パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 大分百貨店 トキハ「フランス展 2017」
  • 無事終了しました。
  • 次のイベントはまた近日お知らせします。
  • どうぞお楽しみに!
  •    
  • 2017年「バブーカレンダー」の通販開始しました
  • 壁掛けタイプと卓上タイプの2種類
  • パリの写真満載のカレンダー
  • 詳しくは「ぼわっと」HPをご覧ください → http://boite.tv 
  •    

パリの街中アートと小銭稼ぎ

ポンピドゥーセンターの前に出現する巨大チョーク絵。
c0024345_4174670.jpg




パリときどきバブーを応援…


おじさんが、モクモクとチョークをつかって絵を描いて行く。
シュレックの世界が見事に再現されていて、思わず立ち止まって見入ってしまう人がほとんど。
c0024345_4181610.jpg

最近こういう感じの、チョーク絵のアーティストをしょっちゅう見かけるパリ。
セーヌ川の橋の上とか。
観光名所の前とか。
空いている所があれば。
チョークを持ってさらさらと。
そして絵の下には必ず。
「政府からの補助が少なくなった。」とか
「お金がなくてアート活動が出来ないから寄付を。」とか
そんなことが書いてあります。
c0024345_4183493.jpg

私は、ず〜っと前に、ブログで書いたのですが、パリにいたら1日中ありとあらゆるところで出会う、こういう小銭を集めているアーティスト達とか、メトロの中でアコーディオンを演奏する大道芸人達とか、パン屋さんのお店の前に座り込んでいるホームレスの人たちとか。
そういう人たちに、どうやって、いくらくらい小銭をあげたらいいのか、いまだに分かりません。
だから、実はまだ一度もお財布を出して、小銭を入れたことがない。
こんな風に絵を書いているおじさんの後ろに置いてあるおぼんにちょこっと小銭を置くだけならまだしも。
c0024345_4185244.jpg

じ〜っといくら入れたか見られている紙コップや、手の中に、小銭を入れる勇気がなくて。
一度もしたことがありません。
でも、パリで生活していると、驚くべき程、日常の中で、老いも若きも、小銭をお財布の中から、ズボンのポケットの中からさらっと出して、さらっと入れる姿を見かけます。
私も含め、日本人お得意の「見て見ぬ振りをする」という人ももちろんいるけれど、そうでない人もたくさんいることにいつもビックリ。
でもどうやっていいか分からない。
女だから、ズボンのポケットにジャラジャラ小銭が入っているわけでもない。
お財布を出して、期待されているのに、小銭がなかったらどうしよう。。。
ああ、これだけかって思われたらどうしよう。。。
って、勇気が出ません。

このシュレックアートおじさんの時には、私もコソッとこの銀色のおぼんに小銭を置いて帰る初めてのチャンスかなと思ったのですが。
誰かがお金を置くたびに、ジロッと振り返って、何かモゴモゴ言っているおじさんに結局気後れしてしまって。
入れられずじまい。
友達とか一緒にいたら出来るかも。
と思いながら、このことばかりはいつまでも小心者な私。。。
c0024345_419756.jpg

小心者すぎるのかなあ…。






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by nakamura at 2010-10-09 09:04 x
ヨーロッパに行くとよくこんな機会に遭遇しmarikoさんと同じように小銭を入れるタイミングを逃していました。
日本人のシャイな正確か見て見ぬふりをしていたことが何度かありました。
大同芸人も絵を描いてる人もバイヨリンを弾いている人も
馬らりの雰囲気と合ってなかなか素敵なものです。
今度こそポケットに小銭を忍び込ませトライしてみます。
Commented by のりちぇろ at 2010-10-09 10:34 x
道端で財布をカバンから出すところを他人に見られたら、なんかスリとか変な人に狙われそうで・・・・・危険
私もこういうの、お金を置いていったことありません。
そう、私もたまたまポケットに小銭が入ってたなんてことないですから。
Commented by 通りすがり at 2010-10-09 13:31 x
じゃぁ、ポケットに50サンチームか1ユーロ1枚だけ常に入れておいて、ここぞと云う時に出してみればどうでしょうか。
Commented by クー at 2010-10-09 13:47 x
こんにちは。私はドイツから帰国したばかりですが、ドイツも多かったです。私は、犬が大好きなので犬をつれた人、それと楽器もやっているので演奏している人たちにはお皿の上に「おやつをあげてね」とおいてきます。ほんと、向こうの人たちはさらっと入れていますよね。
今回のドイツは犬連れの人が結構いましたよ。女性もいました。
ヨーロッパしか旅行しませんが、どこの国行っても多いですよね。
日本では考えられませんが、陸続きで簡単に移動できるのなどの原因もあるのではないでしょうか?
Commented by sakae at 2010-10-09 14:01 x
小心者!?
ガンダム世代の僕たちには懐かしく思えるフレーズでしゅ(笑
Commented by tomo at 2010-10-09 23:23 x
実は、私投げ銭ライブをやったことがあって・・・
終わったあと、小銭の入った(お札もちらほらはありましたが)籠をしばらく眺めていたのを思い出します。
フランスの人たちは、それが生活の糧になっているので、思いは違うのかも知れませんがセント銭でも助けになると思いますよ~

ちなみに、私がフランスに行ったとき基本ポケットの中に小銭を入れていたので適当に放ったら笑顔をくれたチャーミングなマダムもいましたよ♪
(これ書いてから、日本でもポケットに常にいくらか入れていたことに気づきました)
Commented by AKKO at 2010-10-09 23:26 x
おじさん、素晴らしいですね^^
チョークということは雨が降ったら消えちゃうんでしょうか?

小心者というより、きっと 「優しすぎる」 んですよ~♪
 
Commented by チャイハネ at 2010-10-10 03:23 x
ああ、よくわかります!
学生さんがびっしり並んでたっている募金も
うちの子たちと同じくらいの年だな、入れてあげたいな…
と思いつつも、「おねがいしま~す!」のコールの中
近づいてお財布を出して、痛いくらいの視線の中で箱に入れる勇気が…。
さっとポケットから出して入れてスマートに立ち去りたいのですが!
by tonomariko | 2010-10-09 04:35 | パリのイベント&エンタメ | Comments(8)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.