パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 博多「ぼわっと」
  • 11月23日(木)から26日(日)まで
  • 福岡・博多 冷泉荘にて
  •    
  • 京都「ぼわっと」
  • 11月29日(水)から12月5日(火)までは京都タカシマヤ
  • 12月8日(金)から11日(月)までは
  • 京都「まほら」でブロカントスペシャルぼわっとを
  • 詳細はまた追ってブログなどでお知らせします!
  •    

新聞もらっていいかしら?

フランスには新聞配達というものがない。
(→後情報で、実は新聞配達はあったらしい!教えてくださった方ありがとう♪ちなみに私は一度も見たことがなくて、そして他の方のコメントによると、やっぱりここはおフランス、ちゃんと届かなかったりすることが多いらしく新聞配達的意味をなしていないようなので、だから頼んでいる人が圧倒的に少ないから見かけないということなのかしら?!今度フランス人の友人達に聞いておきま〜す♪)
だから新聞を読みたい場合は、街の中や駅の中のキオスク的なところで買わなくてはいけないのだけど、日本のようにあらゆる所、あらゆる駅にあるわけではないので、新聞自体、あんまり目にすることがない。
c0024345_831339.jpg




パリときどきバブーを応援…


少なくとも私のような生活をしている人は新聞を持つことがほとんどないし。
友達の家でも新聞を見かけたことは一度もない。
というわけで、新聞の代わりに?
フランス人達が読んでいるのがメトロの入り口などで配られる、フリーペーパー。
c0024345_8313322.jpg

無料の薄い新聞のようなもの。
ニュースから本日のテレビ番組表まで載っているから、ほとんどの人がこれで済ませている。
朝の通勤時間には、数社のフリー新聞が配られているけれど、ほとんどの人がお気に入りのひとつ、もしくは複数のフリー新聞をもらってメトロに乗り込む。
人気のものは朝一番にもらわなかったらなくなっていたりするくらい。

というわけで、メトロに乗ると、大抵何人かがこのフリー新聞を読んでいるのだけど。
この間、とってもすいている日中の時間、ガラガラのメトロに座ると、前に座っていたマダムがこの一番人気の新聞を読んでいた。
c0024345_8314833.jpg

そして、読み終わると、おもむろにポイッと、斜め通路向こう側の空いている座席に投げた。
うわ〜。
かなり投げるな〜。
ちょっとお行儀悪い?!
なんて思っていると、新聞を投げたマダムの横に座っていたマダムが、チラッ、チラッっと「新聞投げマダム」&「新聞」を気にしている。
あら〜。
このマダムもお行儀悪いわなんて気になっているのかしら…。
と、思ったら。
c0024345_832388.jpg

「あの新聞、もういらないの?もらってもいい?」
と。
マダムは投げ捨てられた新聞を欲しかったらしい。
「ええ、いいわよ。もういらないから。」
「メルシ♪」
という会話が目の前で。
そして投げられた新聞を拾って、マダムは新聞を読み始めた。

すごく自由だ。
なんだか本当に自由な国だな〜。
ただ投げられた新聞ひとつで、フランスの自由さを実感したこの瞬間。

優雅なマダムがポイッと自分の読んでいたものを投げ捨てちゃうのもあり。
そんな真横の人がポイッと捨てた新聞をその人の目の前で手を出すのもあり。
「もらっていい?」と普通に聞くのもあり。
知らない人にそうやって話しかけられても「いいわよ♪」なんて普通に答えるのもあり。
c0024345_832179.jpg

この自由さが、ちょっとうらやましくなった。
なんだかすごくいい♪






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by sakae at 2010-03-21 12:26 x
そういえば僕がいた20年前、は新聞もテレビも読むのが恥ずかしい時代だったようね。
自分の意思がない人間がテレビや新聞に頼るとか言って。

今はケーブルテレビで一体何チャンネル?って時代に様変わりだ。。。。。
Commented by tomo at 2010-03-21 12:51 x
フランスに住む日本人の方が共通でおっしゃるのが、日本とフランスどちらも好きで、ちょうど、お互いの「残念」なところがお互いの「良いところ」だったりするようですね。
とのさんのブログはどちらの国にいても、(もちろん水道問題とか大変双ですが・・・)その国の素敵なところを見つけてたのしみ、伝えてくれているので毎日の更新が楽しみです。
これからも楽しみにしています♪
Commented by F at 2010-03-21 18:55 x
フランスにも新聞配達ありますよ。
Commented by NCshimo555 at 2010-03-21 23:14
“RERの中で”ですが、無料新聞を読んでいた人が自分の降車駅が近づいて立ち上がる際などに近くの人に「読みますか?」と渡すところや、乗車してきた人が空いた座席に置いてある(放ってある?)無料新聞を手に取り近くの人に断って(あなたのですか?と確認して)読みはじめるところ。などなど...。車内で新聞を譲りあって(回し読み)いるところをよく見かけます。ストレスの多い郊外線の車内で退屈しないためなのでしょうね。事故で2時間ほど足止めされた際などは、「これはもう読んだ?」と、乗客間でぐるぐると各誌が回し読みされていました。ちょっと温かい連帯感を感じました。:-)
知人がparisienを定期購読しているのですが、配達されなかったり、日が高く昇ってからやっと来たり。と、いうことがよくあるそうです、。日本のように毎朝ほぼ同じ時刻にきちんと届く。ということは期待できないようです。あぁ、やっぱり。という感じでしょうか...?
Commented by tonomariko at 2010-03-21 23:45
★sakaeさん そうなんですか?!へええ。また面白いっていうか、フランス人っぽいというか。面白いですね。そういう変化も。自分の意志がない人がという発想がさすがおフランス!ほんと今はインターネットと一緒に数えきれないほどのケーブルテレビが無料でついてきますものね。。。
Commented by tonomariko at 2010-03-21 23:46
★tomoさん 本当におっしゃる通りなのです。いい所と悪い所もちろん両方あって、悪いと思っていることは、実はいいと思うことへつながる裏返しだったりして、すごく難しいです。。。だからもちろん両方の国とも面白いし大好きだし、大嫌いな所もあるし、どっちがいいなんて聞かれるとすご〜く難しい。。。
Commented by tonomariko at 2010-03-21 23:48
★Fさん おおおっ!それは初耳。貴重な情報ありがとうございます♪全く全く知らなかったです。バブー家のアパートも、100世帯以上入っているようなところで、郵便箱は管理人さんが管理しているので全てのお家の様子を見れるのですが、新聞が入っているのなんて一度たりとも見たことがなく、当たり前にないのかと思っていました!今度フランス人に詳しく聞いてみます♪取っている人が相当いないってことなんですねえ。。。
Commented by tonomariko at 2010-03-21 23:50
★NCshimo555さん そうそう、あなたのですか?って聞くのとかも本当にすごいと思ってしまいます!私なんか、あれ、気になるって思っても手を出せないタイプなので(笑)。
そういえば、雑誌とかと同じように新聞にも購読制度があるのですね!新聞配達さんを一度も見たことがないので全然知りませんでしたが、でもあっても絶対に配達されないだろうな〜と思っていたのでやっぱりなんですね(笑)。意味ないっていう新聞配達ですね(笑)。。。
Commented by F at 2010-03-23 21:32 x
ちゃんと届かなかったりすることが多いから新聞をとる人が少ないというよりも、ずっと同じ新聞を読むよりも、いろいろ変えて読むほうが、右や左に偏ることなく、リベラルな考えがもてるというのが、大きな理由らしいです。
Commented by tonomariko at 2010-03-23 23:15
★Fさん なるほど〜。上のコメントでもsakaeさんが書いていらっしゃるように、ず〜っと昔のパリもそうだったみたいなので、本当にそういう考え方なんですね。フランス人は。これもお国柄の違いがものすご〜く顕著に出ているフランスと日本。おもしろいですね。雑誌にだってだ〜れも左右されないですものね。そういうところがフランスの素敵な楽だな〜と思える部分です!
by tonomariko | 2010-03-21 08:47 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(10)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.