パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 大分百貨店 トキハ「フランス展 2017」ぼわっと参加します
  • 3月23日(木)〜29日(水)
  • 本店8階・催し物場(最終日は18:00まで)
  • 大分に「ぼわっと」初上陸。どうぞお楽しみに!
  •    
  • 2017年「バブーカレンダー」の通販開始しました
  • 壁掛けタイプと卓上タイプの2種類
  • パリの写真満載のカレンダー
  • 詳しくは「ぼわっと」HPをご覧ください → http://boite.tv 
  •    

フランスは辛抱辛抱です。

先日、とある美術館の中のサロンドテで。
小さいながらも豪華絢爛で人気の美術館にそこに併設されているカフェ。
コートも脱いでしまうような夏らしい日だったので、太陽を待ちわびていたみんなが出て来ていて、そのサロンドテもいつにも増して大盛況だった。
c0024345_1938293.jpg




パリときどきバブーを応援…


愛想のよろしくないパリっぽい感じのマダムの給仕人や、まだ新人の何も分かっていないような若い男の子の給仕人やらでちょっとみんなてんてこまい。
平日なのに客はどんどんやってくるし、多くの人は晴れた日を享受しようとテラスに座りたくて並んでいる。
取材の約束をしていた私も、そんなてんてこまいの中に巻き込まれ、上からの話がうまく伝わっていなくて「そっちが今日この時間にって言ったんやないかいっ!」っとこみ上げるプチ怒りは飲み込み、散々待ったあげくやっと着席。
あ〜あ。
ま、いっか。これがフランスじゃ。
c0024345_19372498.jpg

そう思ってぼ〜っと眺めていると、日本人のご夫婦がやってきた。
「地球の歩き方」を持って観光らしき熟年のご夫婦。
どうしてもテラス席に座りたかったらしく、お目当ての席にずんずん向かって行った所…。
「ムッシュー、ムッシュー!そこに並んで待っていて下さい!」
と給仕係のマダムに注意された。
このサロンドテ、人気のスポットなので客もたえず、入り口には割と分かりやすいようにここでお待ちくださいって並ぶように書いてある。
基本的に係の人がどうぞ〜って言ってくれるまでみんなそこで待つ。
ところがおじちゃんは空いているテラス席を見つけて、
「あそこ、いいのね。」(もちろん日本語で)
って入り口付近にいた、てんてこまい中の若者ギャルソン君に合図を送った。
ギャルソン君も他のおばあちゃんのお会計に手間取っていたため、よく内容は分かってなかったと思うけど、なんとなく「ウィ」って言ったのだ。
c0024345_19391430.jpg

だからご夫婦はその席につこうとしたわけだったのだけど、それを知らなかった給仕マダムが「案内するまで待って」と言った。
「プリーズ、ウェイト、ムッシュー。プリーズ、ウェイト。」
サロンドテがてんぱりすぎていたための行き違いでまあしょうがない。
おじちゃんは一応確認を取ったから座ろうとしたし、給仕マダムはみんなが座りたくて列が出来ているテラス席だから余計、順番に案内するまで待て〜!と思っただけ。
おじちゃんは、「いや、あいつがいいって言ったんだよ。あいつが。」と、若者ギャルソン君を指差す。
もちろん日本語で。
「うわ〜。。。あいつって日本語分からないからと言っても失礼じゃないのかい…。」
と心の中で思いながら、給仕マダムはもちろんおじちゃんの言うことは理解出来ないので
「プリーズ、ウェイト、ムッシュー。」
と呆れた顔で繰り返し、大きくため息ついてしまったりしている。

とってもありがちなフランスでの光景…。
態度の決してよろしくない、いや、サービス大国日本からやってくると「態度が悪い」とも言えるパリのこんな人々。
そして、メルシーもボンジュールも、一言も、一言すらもやってきた相手国の言葉を使ったりせず、上から目線の態度を日本語でとってしまうサービス大国日本からやってきてしまった観光客。
両方のいい分はそれぞれ分かる。
この行き違い、ちゃんと両方に説明してあげたいなと思いつつ、なんか言った方がいいのかしら。。。と思った瞬間。
フランスのサービスにきれたおじちゃん。
「あいつに言ったんだよっ。おいっ!」
っと、パンパンと手をならし、まるで映画の中でご主人様がメイドを呼びつけるように大声を出して若者ギャルソン君を呼びつけた。
これはさすがに日本語でもみ〜んな分かっちゃいました。
あまりにも横柄なおじちゃんの態度に、一瞬サロンドテの空気が凍り付つき。
私も口をポカンとあけたままおじちゃんと目が合うまで思わず睨みつけてしまいました。
c0024345_19375797.jpg

色々言葉の通じない外国だから、習慣が違うから起こる行き違いがあったけれど。
これはやっちゃダメよ〜おじちゃん…。
日本人の評判が下がってしまいます。
っていうか、日本でもダメだと思うのだけど…。
いつもこうなんだろうなあ…。
と思いながら、なんだかちょっと残念な気持ちになったのでした…。






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by みぃこ at 2009-04-17 22:55 x
私もパリに行った時は、ちょっと何かあってもイライラしない、怒ったら負け、と思うようにしています。
「ここはフランス、ここはパリ。お買い物は売り手と買い手の取引。お客さまは神様じゃない。」って。

件のおじちゃんは・・・日本でも困ってる人多し、かも、ですね。
(まさか元ウチの上司じゃないだろうな・・・パリ旅行とか言ってたから)
Commented by orangeyellow-mei3 at 2009-04-17 23:05
こんな素敵なカフェでそんな横柄な態度をとってしまう日本人ムッシューに思わず???です。日本でもどこでもそんな風なのでしょうが…。
それにしてもこの素敵なカフェはどこなのでしょうか?かなりの有名所ですか?いつかパリに行ったらぜひ足を延ばしてみたいけれど、なんだか気が引けちゃいそうな雰囲気だな…。
Commented by mame-kuoo at 2009-04-17 23:17
marikoさん、こんばんは。
何だか、とっても残念な観光客と遭遇されたのですね。。
同じ日本人としてショックです。
旅先に行ったら、旅先の国のルールを少しは気にかけて欲しいですね。
上から目線なところ・・・日本人にありがちかもしれません。
サービスが過剰なだけに、誤解してしまうのかもしれませんね。
Commented by aya0 at 2009-04-17 23:27 x
はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いています。サービス業従事者ですが、海外旅行好きで、何回か旅行しました。海外の店員さんの対応にカルチャーショックを受けたこともありましたが、まりこさんの気持ちすっごく分かります!たまに、海外の店員の人に’同じ日本人として、ごめんなさい’って心の中で謝ります・・・。





Commented by mi-piace at 2009-04-17 23:38
私もこういうおぢちゃん、見たことあります。アメリカとイタリアで・・・。
まさにtonomariちゃんの言うとおり、サービス大国からやってきた人の過ち・・・私もすっごく恥ずかしく思いました。

さて我が家ももうすぐイタリアへ・・・。
とりあえずヴェネチアに行きます。
今回もパリには寄らない日程なので
tonomariちゃんちはイタリアに遊びに行く予定ないですか???
あっちで会えたら素敵なんですけどねぇ・・・。
Commented by atgc-atelier at 2009-04-18 00:10
国境なきってのはいい言葉ですね 

国境なき本性の現われはいやな状態ですねー。

世の中まだまだ まだまだ進化系です。
Commented by jasmin at 2009-04-18 00:40 x
本当に恥ずかしいですし、残念ですね・・・。
私もおじちゃん、睨みつけてしまいそう!!
メトロや郵便局の働かないフランス人も嫌ですが、横柄な日本のおじちゃんはもっと嫌~~。

Commented by ukmari at 2009-04-18 01:46 x
こういうおじちゃんには、こういう文化のぶつかり合いを沢山して、日本じゃないことを体で経験して帰ってください!と言いたいですね。
Commented by meg at 2009-04-18 02:14 x
言葉が通じなくても確実に相手に伝わる仕草、視線、声の調子ってありますよね。このおじちゃんは電車の中だと「おれが一番疲れてる」という顔して席を譲らないタイプだ!日本の常識が世界の常識じゃないことを学んでから海外旅行してほしいもんです。(という私も上から目線な書き方・・笑)
Commented by sakae at 2009-04-18 07:33 x
経緯は解ったっす。
その時代のおっさんは一番たちが悪いんだよねぇ。

でもね、実はそのオッサン初恋の彼女と初デートで奮発してパリまで来ていて彼女のために張り切って舞い上がってたってのはどう?
Commented by maururu0724 at 2009-04-18 11:35
あははははっ(苦笑)
おじいちゃま、ちょっとアレだったですネ。。。

こういう時、両方の意見がわかると困りますよネ〜
実に、仲裁するにもしないにもタイミングが難しい!

ちょっと残念ですが、仕方ないですょ(笑)
Commented by kira at 2009-04-18 13:14 x
おっちゃん・・・・・その態度はあかん~~~~
日本でもそれはダメですよね・・・・
回りの空気を読めない、自己中な人なんだろうなぁ。
ホント残念なシーンに当たってしまいましたね・・・・
Commented by bonbon at 2009-04-18 15:37 x
あーあー、ありがちなニッポンのおじちゃん。それ言葉の問題じゃないよね~。ニッポン国内でもどこへ行っても同じ態度なのよー、きっと。
そういうおじちゃんには、すっげー高い観光税を払ってもらうとか…、いや、入国を許可しちゃダメですね。いや、日本から出国させちゃダメだ。
私は、ルーブル美術館に行ったとき、不幸にも日本おじちゃん団体ツアーに遭遇し、でっかい声で、いろんな場所で、当然挨拶もなしで、「モナリザはどこ?」「トイレはどこ?」「絵葉書はどこ?」と5~6人から聞かれました。 それは、まぁ日本人同士だからしょうがないと笑い話にしましたが…。実はニッポンのおじちゃん、日本女子の間でもめっぽう評判悪いよ~ん。
Commented by シュガーレス at 2009-04-18 16:25 x
う~ん残念な感じですね…
特にサービスを受ける立場になると、なぜか威張る人!
サービスを受ける人が上で、サービスをする人は下みたいな・・・
横柄な態度。
同じ日本人として恥ずかしいです。
Commented by gabbiano_venezia at 2009-04-18 16:28
それと同じようなことが私のお店でも繰り広げられます・・・
日本はお客様は神様なんだけどイタリアでは違うんですよね。
お店に入るときには挨拶をしたほうがいいし、何かを手に取るなら一言声をかけて見せてもらう。お店に入るって事は他人のおうちにお邪魔したのと同じだし商品はお店の持ち物だし、店員さんは一人の人間でお客さんも店員さんも同じ人間なんだって事ですよね。(店員さん神様の場合もあるけれど・・)同じ立場の人に、まして初対面の人に「あいつ」と言う言葉は使いませんもんね。日本とルールが違うから仕方がなくても、日本でも最低限「あいつ」なんて使って欲しくないですね。
Commented by a-monly at 2009-04-19 00:23
とっても残念・・・
日本でもそれはダメですよねー
お店の方や他のお客さんへも心を配りたいなぁ~と思います!
せめて不快感を与えないように・・
やっぱり気持ちよく楽しく過ごす方がみんな良いですものね^^
Commented by beijaflorspbr at 2009-04-19 08:11
私はパリの有名ブランド店で怒っている人を見かけたことがあります。
そこはあまりに客が多いので、名前を聞いて順番に呼び出すという
システムのようでした。店員さんに意味不明の言葉(日本語)でまくし立て
最後は怒って店を出て行きました。どなたか、有名ブランド店での
買物のルールブックを作って頂けたら、と思います。
買うなら入れ、買わないなら入るな、冷やかすなとパリ在住の兄に
いつも釘を刺されます。でもたまには「買わないでも」見たいですよね。
Commented by Ciliege at 2009-04-19 08:30 x
おじいさんはきっと常にそうなのでしょうね。
私もイタリアで販売の仕事に携わっているのですが、
「あら、あんた日本人?」とこの前言われたばかりです。
あんたって…。
「あいつ」や「あんた」は相手に対してとても失礼な言葉なんだという認識はないのでしょうね。
ビックリですが。
一番近くにいる奥様が注意してあげられるといいんですけどね。
「お前は黙ってろ」って言われちゃうかな?
Commented by gogolotta at 2009-04-19 17:49
そうそう、年下だろうがなんだろうが、初対面なのに「あんた」と呼ばれることは日本でもあります。私も最近かなりカチンときたことがありました。
このおっちゃんも、絶対日本でもこんな横柄なんだろうな~。
それに、海外に来たのなら現地の挨拶言葉や、少しの英語は分かろうよ・・・。日本でもお店で並ぶことは多いんだし、空気を読まないと(^^;
居合わせた人たちの、憩いの時間をぶち壊されたことがなんとも気の毒です。
「悪い悪い、がははは」くらいの鷹揚さが欲しいところですね(爆)

でも、日本でも外国でも、こういう人はどこにでもいるんでしょうね・・・悲しいことに。自分も気が付かないうちに、そうなってないようにしなきゃ!
Commented by Maitalia at 2009-04-19 22:10 x
はじめまして!マリコさんと少し同じ気持ちになったのでコメントさせていただきました!!
私が日本で働いていた時も、同じ年層なのにとっても感じのいい方と不快な気持ちになる方2つ分かれてたのを思い出しました。
きっとサービス業につかれた事無い方なのかな、と感じます。
イタリアでもお店でボンジョルノと挨拶をしても、時々日本人のお客様は
ボンジョルノと返してくれないんです。
イタリアではですが、お店はお店の人のお家のような物。
無断で家に入って行くような事と同じで、『お願い!是非ボンジョルノだけは言ってー!!!』と心の中で叫んでしまいます。笑
(もちろん、とっても素敵な笑顔で言ってくださる方もたくさんいらっしゃいます。)
でもその方の横柄さには、とてもがっかり…。私がその場にいたマリコさんだったらとっても悲しい気持ちになってしまうかもしれません。
Commented by がちゃぴん at 2009-04-20 02:31 x
ああ、悲しい。
日本の「お客様は神様です」の商売の在り方は、一方で、
本来対等である人と人との関係を歪めてしまっているのかもしれませんね。

フランスを旅した時、
「ぼんじゅーるむっっしゅー。あんオレンジジュースしるぶぷれ!!」
「I want ルージュ!(赤いのが良い!)」
などという調子で喋り倒し、
それは私の精一杯ではあったのですが、
フランスの方に失礼だったなぁぁと思っていました。
それでも、私のトンデモ語は不思議と問題なく通じ、
フランス人はみなさん感じも良く、懐の深さを感じたのでした。
直接人と人とが触れる場こそ、文化の受容度が試されますね。
次回、機会があれば、もう少し、言葉をなんとかして行きたいものです。

Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:22
★みぃこさん ほんとに、自分が当たり前と思っていることと外国の文化は思っている以上に違うって思わないとダメですよね(笑)。辛抱、辛抱って!
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:34
★orangeyellow-mei3さん この写真、全部違うカフェなんですが、このおっちゃんに会ったのは(一番上の写真)はジャックマールアンドレ美術館のカフェですよ!ぜ〜んぶ次の本に紹介します♪
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:39
★mame-kuooさん あれだけのサービス大国にいると、ちょっと感覚にぶっちゃいますよね。。。でも日本がすごいのだってこと分かってないとこういうことになっちゃいますね。。。
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:41
★aya0さん お仕事がら、きっと色々な例をご覧になっていらっしゃるのでしょうね〜。ほんとカルチャーショックといってもいい出来事ですよね。。。
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:42
★mi-piaceさん イタリア行くのですね〜。ヴェネツィア、行きたいなあ。。。今年は7月までは休みがとれそうにないんです(泣)。お休みとりたい。。。楽しんできてくださいね!
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:43
★atgc-atelierさん 日頃の「当たり前」って思っていることって世界に出ると当たり前ではなくて、難しいけれど、気をつけないといけないことですよね。。。
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:44
★ukmariさん いや〜、なんなら説教したかったけれど(笑)、そんなことをしてしまったら私までダメなやつ?!なんて思って。。。でもおじちゃん〜やっぱりいいたい。。。(笑)。
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:45
★megさん はははん。でもこんなおっちゃんにはみんなで上から目線で教えてあげたいですよね(笑)。会社の上司だったらやだな〜と思ってしまいました(笑)。
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:47
★sakaeさん どうだったのでしょうね〜(笑)。おばちゃんは普通の普通の、品のよい感じの人だったのですが。。。おじちゃんがんばっちゃったのかなあ。。。(笑)。
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:48
★maururu0724さん そうですよね。両方のことが分かってしまうとけっこうきついですよね(笑)。知らないふりをするのが大変!?通訳したげればよかったかなあ〜なんて思いながら(笑)。
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:49
★kiraさん 絶対に日本でも、会社でも同じことしてますよね(笑)。このおじちゃんは。。。絶対に上司にしたくないなあ。。。なんて密かに思ってしまいました(笑)。
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:50
★bonbonさん なんだかこういう人、会社でもいるかなあなんて色々想像しちゃった私でした(笑)。ふふふ。bonbonさんならこの気持ち分かってくれるかしらん♪
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:54
★シュガーレスさん この点はすご〜い日本人の悪いところですよね。。。あのサービスは世界に誇るすごい点なんだけどなあ。。。ちょっと残念ですよね。。。
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:55
★gabbiano_veneziaさん フランスでも同じですよ!お店のものはお店の人のもの。見せていただく、触らせていただくって考え方みたいで、本当に気をつけないと失礼な態度になってしまうので。文化の違いには気をつけないと!
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:56
★a-monlyさん 両方が気をつければ両方が気持ちよくすごせるのに。。。と思うと残念ですよね。サービス大国で客の対応もよければそれこそ世界一ですよね!
Commented by tonomariko at 2009-04-20 06:57
★beijaflorspbrさん この間某有名ブランドで働いている友人にも話をちょうど聞いていたのですが、やっぱりわがままなお客さんですご〜く大変な思いをしょっちゅうするみたいです。。。困ったこまった。。。
Commented by tonomariko at 2009-04-20 07:01
★Ciliegeさん ほんとに、あんたは絶対に絶対にありえないですよね。。。日本でもどこの国でも。って、こういう人にいってもきっと分からないのでしょうが。。。
Commented by tonomariko at 2009-04-20 07:03
★gogolottaさん ほんとですよね。サンキューとボンジュールとノーとニーハオくらい、み〜んな誰だって分かっていると思うのに。。絶対に使わないんですよね。こういう人って。
Commented by tonomariko at 2009-04-20 07:06
★Maitaliaさん ほんとに、お客さんの側がにこやかに挨拶をすれば、お店の人も本当にいい対応をしてくれたりするのに。。。お互い様なのに、こういうのはほんとに残念。。。
Commented by tonomariko at 2009-04-20 07:07
★がちゃぴんさん そのがちゃぴんさんの勢い、いちばん大切ですよね!しゃべれてたって、通じたって通じなくたって、その国の言葉で一生懸命しゃべろうとする姿勢が相手にはちゃ〜んと伝わりますよね!
Commented by tonomariko at 2009-04-20 07:10
★jasminさん いや〜。私睨みつけちゃいましたよ〜。思わずあきれかえって(笑)。もちろんフランスのラポストや宅配便でもかなり睨みつけたくなること多いですけれど(笑)。。。
Commented by アルベルト at 2009-04-22 23:45 x
 どちらも言語は違えど正論を言っているとは思いますが、おじさんはフランスにいるんですから郷に従わなければダメですよね。しかも英語すらも使わず、空気も読まずじゃどうしようもないですね!
Commented by tonomariko at 2009-04-23 11:47
★アルベルトさん ほんとに、いくらいくら出来なくても、ハローとサンキューくらいは誰でもいえると思うのだけどなあ。。。と思ってしまうのはおじさんにとっては意地悪なのだろうか。。。と(笑)
by tonomariko | 2009-04-17 20:15 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(44)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.