パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 8月の3周年バースデーに向けて
  • 西荻窪の「ぼわっと」は少しずつ進化する予定!
  • 店長Junkoさんの外装変えいろいろ
  • &店内の模様替えいろいろ・・・etc
  • 変化をお楽しみください♪
  •    
  • 秋以降、再びイベントが盛りだくさんの予定です
  • 順次お知らせしていきます
  • 秋まではのんびり本店「ぼわっと」をお楽しみくださいね!
  •    

225キロで即落下?!

都会であればある程、ご近所付き合いはドライになっていきますが。
それはここパリでも同じ。
c0024345_8161410.jpg




パリときどきバブーを応援…


人に会ったら「ボンジュール」。
ちょっとでもぶつかったら「パードン」。
日本に比べればはるかに人と目を合わせ、言葉を交わすことが多いけれど、それはもともとそれが当たり前の文化であって、当たり前の合図のように出て来ている言葉だったりする。
だからご近所付き合いなどに関しても、実はかなりドライな都会。
c0024345_815199.jpg

もちろん会えば挨拶はするけれど、引っ越しの挨拶なんかをすることもされたことも思いつく限りないし、お互い最後まで何をやっている人なのかも知らないで過ぎたりする。
せっかくなんだから、そんなのもちょっと悲しいなと。
今のアパートに引っ越して来た時は、管理人さんやお隣ご近所さんには引っ越しのご挨拶をしてみた。
お箸やお茶、小さな日本のプチカドーを持って。
初めて会ったとき、ちょっと怖そうなフランス人マダムだったお隣のおばあちゃんも、お返しにとチョコレートを持って来てくれて。
それ以来会うたびにニコニコしてくれる。
すごい働き者の管理人さんも、無骨で無愛想な感じなのにとっても優しいし、一気にみんなとお近寄りになれた感じがしています。
c0024345_817375.jpg

さて、そんなお隣のおばあちゃん、引っ越し荷物を大量にエレベーターで運んでいた日。
廊下でばったり出くわして。
初めて交わした言葉が…。
「あなた、あんまりたくさん荷物積みすぎちゃダメよ。
225キロを越えた瞬間、落下するんだから…。」
と…。
定員3名、最大重量225キロのエレベーター。
1グラム越えた瞬間真っ逆さまに落下するということみたい。
「はい。大丈夫です。重くないですから。」
と答えながらも、おばあちゃんはかなり心配そうだった。
c0024345_816098.jpg

それ以来、お隣のおばあちゃんは「225キロ越えると即落下」のおばあちゃんと呼ばれている♪






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by マロンフィールド at 2009-03-31 12:26 x
何処の国でも同じですね。うちも同じマンションにどんな人が住んでいるのか知りませんよ。
でも、うちの隣はおじさんが住んでいます。
だって、加齢臭臭いんですもの・・・(^^;)
Commented at 2009-03-31 16:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakae at 2009-03-31 18:01 x
確かにドライかも?
何年か前に日本人の奥さんのお宅へ遊びに行ったときドアに「〇〇さんここよ!」と日本語で張り紙が。
なんだろうと思ったら
前日に部屋を間違えた日本人の子達が隣のドアをドンドン!間違いと分かった後にそこのマダムからものすごいクレームが(汗
さすがに2日連続だと訴えられるからって訳で張り紙だったそうです。
どこの都会でも隣は何をする人ぞなのですね。
Commented by meg at 2009-03-31 21:20 x
3人で225kgってなかなか超えられるもんじゃないですよね(笑)3人分のスペースじゃ225kgの物だって運びこめませんよね?!フランス人の重さに対する感覚ってすごい!
私も前に1年ちょっと住んでたところは、引っ越す寸前に隣の隣が日本人家族ということを知りました。それくらいご近所付き合いなかったんですよねー。こうゆうの考えると、「おばちゃん、ご飯(白米)わけてー」と行けた日本の生活が恋しくなります。
Commented by あやや at 2009-03-31 23:48 x
マリコさん。ご無沙汰してます~♪久しぶりに、遊びにまいりました☆
マリコさん、お引越しされたんですね!最近は日本でもご近所さんに
挨拶をする人なんてすごく少ないですよ~。
私も今年の秋にマンションへお引越しをするので、引っ越したらまずは!
ご近所への挨拶をしようと改めて思いました。今は日本も治安が悪いし、
自分の家の回りにどんな人が住むのかはとても重要だと思います。
私も新居では犬を飼う予定なので、事前にお知らせをするのもマナー
かなと。こういうちょっとした事で、お互いの印象って変わりますもんね!
Commented by のりちぇろ at 2009-04-01 00:10 x
以前に住んでたアパート、お隣は1軒だけだったし、引っ越してきた時に挨拶したと思うんだけど・・・・・
そのうちそのお隣さん、カップル(ゲイ)で住むようになって、その年のクリスマスにケーキを焼いて、サンタを模ったクッキーを焼いてもって、キレイにラッピングしてもってきてくれました!
今住んでるコンドのお隣さん、赤ちゃんがいる者同士で仲良くしてもらってるし、留守中に郵便物を預かってもらったりできるほど信頼できる方たちです。
もう一つのお隣さんは・・・・・・住んでるのかどうかも謎です!(笑)
Commented by ddeneuve at 2009-04-01 06:40
右隣は会社員と思われる若い男性ですが、左隣は短期貸しをしているようで、聞こえてくる声がしょっちゅう変わります。英語だったりスペイン語だったり。でも日本語はまだ聞いたことがありません(笑)
ちょっとした心遣いって大切だなと思います。まりこさん、さすがです。それにしてもまりこさんの新居うらやましすぎます!キッチンが別になっていてテラスもあって。私の理想ですよ~♪
Commented by tonomariko at 2009-04-02 09:36
★マロンフィールドさん 確かに住んでいる人で匂いって違いますよね!!前のアパートはアラブ人が多かったのですご〜い毎日スパイスの匂いがしていました(笑)。
Commented by tonomariko at 2009-04-02 09:37
★鍵コメbonさん みんなに聞かれるんですよね♪どこで買ったのかって!!ちなみに、モノプリで全く同じ柄(多分コピー)のもっと安っぽいエコバックが売っていました♪すぐやぶれそうな感じの。
Commented by tonomariko at 2009-04-02 09:39
★sakaeさん これで挨拶に行ったらとっても変な人でなんて怖い重いも嫌ですが、やっぱりなんだかんだ知っておいた方がいいですよね。。きっと。
Commented by tonomariko at 2009-04-02 09:40
★megさん 「225キロをちょっとでも越えたら即落下」していたら、もう今まで何度も落下しているよ(笑)と突っ込みをいれたくなりましたが、おばあちゃんの真剣な表情で言えませんでした♪
Commented by tonomariko at 2009-04-04 16:53
★あややさん こんにちわ!お久しぶりです♪コメントのお返事遅くなってしまってごめんなさい!!私はまだまだ引っ越し後の荷物が片付けられていなく(泣)、このまま今年が終わってしまう予感がしているのですが。。。(笑)。お隣さん知っているとちょっと安心ですよね。
Commented by tonomariko at 2009-04-04 16:55
★のりちぇろさん そんなにやさしくしてもらえたら本当にいいですね!!私はこの前の家は完全にマレ地区のゲイ地域だったので、アパート内の半数以上の世帯がゲイカップルでした(笑)。みんないい人だったけれど。。。
Commented by tonomariko at 2009-04-04 16:56
★ddeneuveさん 私が前住んでいた所の道をはさんでお向かいさんも短期貸しアパートだったらしく、やたらと人が入れ替わっていました。欧米系の人が。だからいつも窓越しにハロ〜ってやっていましたよ(笑)。
Commented by アルベルト at 2009-04-05 14:06 x
あぁ~日本にもそういうのありますよね。田舎に行けば行くほど人のやさしさを感じます!このあいだは二つ良いことありました。街中の喫煙所でタバコを吸おうとライターをガサゴソ探してたら、隣の男性が(しかも若い!)おもむろにサッと火を点けてくれた事とスーパーのレジで菓子パン片手に並んでいたら「私の方が買う物多いから」と言って先に会計させてくれたおばちゃん・・・こういう事あると気持ちが上向きになりますね!フランスの田舎もそうなんでしょうかね??
Commented by tonomariko at 2009-04-05 19:01
★アルベルトさん そうですよねえ。そういったちょっとしたことでその日一日幸せだったり、人にもやさしくできたりしますよね♪たしかに田舎の方が圧倒的に確率が高いけれど、この意地悪なパリのど真ん中でもそういうことに出会うとうれしくなってしまいます♪
by tonomariko | 2009-03-31 08:29 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(16)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.