パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 大分百貨店 トキハ「フランス展 2017」ぼわっと参加します
  • 3月23日(木)〜29日(水)
  • 本店8階・催し物場(最終日は18:00まで)
  • 大分に「ぼわっと」初上陸。どうぞお楽しみに!
  •    
  • 2017年「バブーカレンダー」の通販開始しました
  • 壁掛けタイプと卓上タイプの2種類
  • パリの写真満載のカレンダー
  • 詳しくは「ぼわっと」HPをご覧ください → http://boite.tv 
  •    

もうひとつの観光地名物

パリの観光地を歩いていれば、必ず出くわすのが地面にお店を広げている観光客目当ての物売り。
おみやげ物屋でも見かけるような、エッフェル塔の置き物や、キーホルダー、ポストカードセットなどパリにちなんだもの。
c0024345_416122.jpg




パリときどきバブーを応援…


子供が好きそうな空飛ぶ鳥の遊び道具。
有名ブランドの偽物品など、種類は多数。
こんな風に、観光地の前にずら〜りと並ぶ。
エッフェル塔の真下、エッフェル塔がきれいに見渡せるトロカデロ広場、ノートルダム寺院の前、そしてこの写真のサクレクール寺院など。
c0024345_4164420.jpg

もちろんこれらは違法。
だから彼らはいつもポリスといたちごっこ。
組織立っているので、必ず見張り役がいて、ローラースケートや自転車で、見回り中のポリスがどんな遠くにでも見えようものなら口笛などの合図が飛び交う。
そしてふろしきをガッとまとめて商品を持って、一目散に逃げてゆく。
c0024345_417955.jpg

まさに「蜘蛛の子を散らすような…」とはこのことですという程見事に散り散りに逃げてゆく。
こうやって物を売っているのは欲しければ買うというだけで、あんまり押し売りもされないのでいいのだけど、いちばんしつこくて今でも苦手なのが、モンマルトルの丘・サクレクール寺院のふもとにいる「ミサンガ隊」。
階段でサクレクール寺院に向かって上がって行くには絶対に通らなくてはいけないところに、何十人も待ち構えている。
腕をつかまれて、ミサンガを手首に勝手に巻かれて後からお金を請求されるというものなのだけど、この人たちは見事にしつこい!!
「ノンメルシー」と手で払うくらいじゃあ、諦めてくれません。
とにかく歩こうとする前に前に立ちはだかって、腕をつかまれるなんてボディタッチは当たり前。
c0024345_4173946.jpg

「ポリスよ〜。今、来ておくれ〜。」
と、いつも心の中で叫ぶけれどここはいまいちポリスの監視が甘い場所でもある…。
ここにいる彼らはしつこい上に、
「いらないですっ!(怒)」
と、こっちがあまりのしつこさに怒り気味になったりすると切れる人までいる。
あくまでも相手の方が悪いので、切れられた所で大丈夫なのだけど、結構本気で切れる人が多くてけっこうこわい…。
…が、こちらも負けずにいかないと、一瞬おののいたのを利用されてまたしつこく手首に紐を巻こうとしたりするので、サクレクール寺院では強くなるべしっ。
c0024345_41808.jpg

青い空の下に真っ白く輝く美しいサクレクール寺院に思わず見とれてしまうのですが、そんな注意も必要な、世界一の観光地パリなのです。







↑最後に応援クリック!


1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by Lblanche at 2008-11-10 15:50
ちっと寒そうなバブーのおしりに1票♪
Commented by gastronomique at 2008-11-12 02:15
初めまして。やすと申します。
いつも綺麗なお写真を拝見させて頂いてる一人です。
ミサンガの件で思わずキーボードを叩いてしまいました。
僕もその件では何度もコワい思いをしました。
僕の場合、ボディタッチ所では無く、腕を掴んで引っ張るわ(横の茂みに引きずり込もうとする)、体を押して前に行かせないは・・・もう正面からは絶対にサクレクールには入りません(笑)
裏から入って裏から出ます(笑)
まぁ上手く逃げましたけどね!

急に失礼しました。
またお邪魔させて頂きます。

やす
Commented by tonomariko at 2008-11-13 08:24
★Lblancheさん 寒そうなバブーのために、ちょっとカットをせずにボーボーバブーにしているわたしです(笑)。
Commented by tonomariko at 2008-11-13 08:26
★gastronomiqueさん こんにちわ。はじめまして!そうですよね。ひどいときって本当に腕は引っ張る、前に立ちはだかる。特に男の人の前だとすごいですよね。かなり覚悟を決めてのズンズン前進でも負けずに間に入ってくる。ほんと私も正面のサクレクールが大好きなのに、とっても苦手です…。
by tonomariko | 2008-11-10 04:42 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(4)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.