パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
プロフィール
by tonomariko
プロフィールを見る
画像一覧
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 8月の3周年バースデーに向けて
  • 西荻窪の「ぼわっと」は少しずつ進化する予定!
  • 店長Junkoさんの外装変えいろいろ
  • &店内の模様替えいろいろ・・・etc
  • 変化をお楽しみください♪
  •    
  • 秋以降、再びイベントが盛りだくさんの予定です
  • 順次お知らせしていきます
  • 秋まではのんびり本店「ぼわっと」をお楽しみくださいね!
  •    

フランスの物価は高い??

フランスの物価は本当に高い…。
ユーロと円の関係を抜きにしたって確かに高い。
だから外食をしても高いなあ…と思ってしまうけれど。
c0024345_20305470.jpg




パリときどきバブーを応援…


日本だったら1000円札1枚で定食がいっくらでも食べられる。
しかも食後のコーヒーつきで。
お釣りだってくる。
そんな素敵すぎる日本と比べたら、フランスに勝ち目はないのですが。
でも、まあ、ある意味、「高い」「高い」と言っているけれど、この量を考えると。
「まあまあまあ、こんなものなのかもしれない」
と、思うことがしょっちゅうある。
c0024345_20313434.jpg

サラダを頼めば日本で言う4人分くらい。
メインのお肉だって、大きめのオシャレ盛り用皿に、これでもか〜っていうほど
ど〜ん。
ぼ〜ん。
と、乗っかってくる。
付け合わせのポテトや野菜だって、
ど〜ん。
ぼ〜ん。
…と。
前菜の牛肉のカルパッチョだってこのボリューム。
c0024345_2032040.jpg

もちろんこちら、1人前です♪
この後に、メイン、デザートと普通にいただくのだから、ちょっと驚きの量です。
付け合わせ部分は、またメイン皿と同じお皿で別にやってきてしまう…。
なんてこともしばしばで。
↓こんなポテトのような状態になります。
c0024345_20324481.jpg

どう考えても、ひとりでこのポテトだけでも無理なのに…。
これはあくまでも、メインのお肉ちゃんの付き添いです。
と、こう考えると、このボリューミーなものに対しての値段。
「高すぎるっ!日本だったらこの値段で…。」
と、すぐに「日本だったら」と比べるのは大きく間違っているなあとふと気づいたり。
でもそれにしても、この半分の量で半分のお値段だったらいいのに…。
c0024345_20321715.jpg

よく、テレフォンショッピングで、
「今なら、な〜んと!お値段据え置きでもうひとつ。2つついてくる〜!」
というのを見て、
「だったらお値段半分で、1つにしてくれればいいのに…。」
と、思ってしまうのと同じように。
お値段半分で、半分の量が出てくれればちょうどいいのに…。
そんなことを私はいつも考えてしまいます♪
c0024345_2033471.jpg

それにしても、このレバーの量。
これも焼き鳥、一体何本出来るんだろう…。






↑最後に応援クリック!


1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
Commented by dan0512 at 2008-11-08 21:35
こういうのって、二人で行って、一人分だけ頼んで半分こなんて、ひんしゅくなのでしょうか?
Commented by lacasamia3 at 2008-11-09 00:49
判る~。イタリアもボリューム多いですよ。それに慣れてしまった自分が恐ろしいのですが・・・。前菜、プリモ、セコンド、ドルチェとガツンと食べられるようになってしまいました(苦笑)。家でもパスタの時など「大盛り」です。暫く日本に帰っていないけれど、素敵な日本のイタリアンなどに行ってしまったら、「少ない」と思っちゃうかも・・・
Commented by tonomariko at 2008-11-10 04:51
★dan0512さん カフェとかなら全然大丈夫ですよ!ちょっとちゃんとしためのレストランだと、何か1品は頼まないとなあ…という感じはありますが、もちろん前菜なしとかは問題なしです♪わたしもよく、「一緒に分けます」って言って食べていますよ。
Commented by tonomariko at 2008-11-10 04:53
★lacasamia3さん その通りです〜!!!わたしもがっつん食べられるようになってしまった…怖いけれど…。日本から来た女の子たちが「量多い〜。もう無理〜」というのを横目に、「た、た、食べれる…」みたいな(笑)。胃の大きさがすっかりヨーロッパ使用になってしまいましたよね。。。
特に私もパスタで感じます。日本って「1人前100g」が基本ではなかったっけ…と思いながら、100gって、そんなかわいい量、前菜でも足りない〜っと♪
by tonomariko | 2008-11-08 20:46 | パリの食 | Comments(4)
Copyright‐©2005-2014 tonomarikoAll Rights Reserved.